FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROとか日本の首都アキハーバラとか。

セレ「はーい。
   市販されてる大豆の遺伝子を組み替えるのが得意なセレインさんですよ?」

エル『農業法人ニトロプラス…。』

「みなさん、ナイスなウィークエンドをエンジョイしましたか?
 うちはね、ファンタシティックでエキサイティングでエレガントな夜を過ごしてましたよ!」

『中目黒くんと?』

「いや、まぁROしてただけなんですけどね…。

 えー、まずは金曜日の夜。
 早く帰れたのもあって、久々に騎士団に行ってきましたよトリオで。
 うちは槍クルセ、まぁ他の子じゃどうにも色々と問題がねー…。」

『ローグでも良かったんじゃないの?』

「攻撃で即死するんでね、あの子…。
 何せMHPでも5000未満w」

『まぁそうだけど、避けるでしょ?』

「確かにね!
 まぁモスコだけで稼ごうって意気込みです、いつまで続くか分かりませんが。」

『自分で言っちゃったし…。』

「で、まぁ特に南無も無く終了。
 途中危なかったけども、なんとか無事にー。

 収入は一人当たり現金100Kくらい(だたっけ?)とエル5個。
 エルは一人1個で、端数はダイス勝負!

 うちは心優しいと地球全体で有名な人なので、一回目1、二回目2ってわざと出して負けてあげました。

 …わざとですよ?」

『はいはい負け惜しみ負け惜しみ。』

「…次は負けてあげないんだからねっ!

 さてこの日はこれで就寝。

 明けて土曜日朝、待ち合わせして好鈴宅に突入。
 色んな話をしながらワイワイしてました、二人でw」

『カラーコピーがなんたらってのは?』

「ん、カラーレーザープリンターを導入したらしく、色々印刷してましたぜ?
 すごい、家庭用のでもあんなに高精度なのが出てるんだねぇ…。」

『セレの実家にあるプリンターじゃ考えられない速度だったんでしょうねぇ…。
 あれ、何せOSがWin98の頃のプリンターだし…。』

「家庭用でA3なんてありえなかった頃のプリンターですねー。
 しかもあれだぜ?
 レーザーとかじゃないぜ、たぶん。
 何だったか覚えてないけど。
 ていうかうちが使った事なんて1・2回くらいしかないけど。」

『まぁ、使う必要も無かったしねぇ…。』

「で、おしゃべりとお願いしてた事なんかを中心に色々こなしまして。

 話してる最中に、もううちの新居の無線LAN(?)を整えようって話に。
 前に買ったやつは、どうにもこうにもつながりが悪くてねぇ…。」

『ふむ。』

「で、お揃いのを購入すべく二人でアキハバーラへ。
 日本の首都、アキハバーラです!」

『…首都ねぇ…。
 あれが首都だと、もう国が心配になるわね…。』

「変な人はいるけど、犯罪者はそんなにいないんだぜ、きっと。
 悲惨な事件もあったけど…。」

『あったわねぇ…。』

「ま、とにかく突撃な訳ですよ。

 お互い行きたいとこもあったのでね、閉店時間を考えて廻りました。
 まず行ったのは、メロンブックス。」

『…絶対セレが行きたかったんだ。
 絶対セレが行きたがったんだ…。』

「エヘッw

 で、やっぱり気になって仕方が無かったのでゲットです、いちゃいちゃレールガン!
 読みましたよ、すごい、あれならお金出しても惜しくは無いっ!」

『そこまでのいちゃいちゃレベルなんだ…。
 今夜読んでみよっと。』

「で、あと出てたハヤテのごとくの新刊と、やっと見つけた少女素数もゲットですb」

『このペド野郎が…。』

「あの子達12歳らしいんだけども、それくらいの子って兄貴と風呂は行ったりするもんなの?
 うちの妹さん、小3くらいからはうちとは入らなくなったよ?
 うちが一人で入りたいって言いだしたのかもしれないけどw」

『まぁ、どっちかしらねぇ…。
 二次性徴が始まる辺りからじゃないかしらね?
 あんたが小5って事は11歳の設定でしょ?』

「設定ってなんぞやw
 まぁうちの場合はそんな感じで一緒には入らなくなったなーと、ふと思い出してみたりw
 それでも、妹さんは母様とは二人で中学くらいまでは一緒に入ってたから、野郎と入るのだけいやだったのかも?」

『ま、そうじゃない?
 セレ単独で嫌いだった可能性もあるけど。』

「喧嘩はよくしたなぁ…。
 いやまぁ、今考えたらつまらない事なんだけど、当時は譲れなかったみたいな?

 さてそんなこたぁどうでもいい!
 とにかく買いました、でもまだ読み終わってませんw

 ちなみにメロンブックスで購入したら、クリアファイルくれましたよ、これから購入を考えてる人は参考にどうぞー。」

『ん。』

「で、次に向かったのがソフマップ。
 うちの無線LANのメカを買ったりするのと、好鈴が興味あるのがあるそうで突入ー。

 無事にゲットしつつ、うちはちょっと誘惑に負けそうになる一場面もw」

『何を買おうとしちゃったのよ…。』

「えーとね、
 ・御坂美琴のクッションカバー
 ・ギャルゲーのキャラを使ったカード方式の麻雀(PCソフトじゃないよ)
 ・クドのマグカップ
 ・なんかのグラス(忘れた…!)
 ですね。」

『はぁ、麻雀ねぇ…。
 わたしも分からないから教えられないしねぇ。』

「ま、いつか覚えようって程度ですしw
 値段も高かったのでね、値引きされてるのに7800円ですよw」

『高っ!?』

「ま、しゃーないですw

 さて買い物も終わりまして、レッツセレインルームです。
 来る事を想定してなかったので、全く片付けてません!」

『もう玄関の扉を開けただけで
 『The 男の一人暮らし』
 って感じだもんね。

 ていうかさ、いつ誰が来てもいいようにしときなさいよ?』

「しとこうとは思ってるんだけど、結局は
 『誰も見ないんだからいいんじゃね?w』
 ってなるのが私らしさ!」

『そこを改善しろと。』

「で、好鈴に無線LAN(?)の設定的な物を全部丸投げにしていちゃいちゃレールガンを読んでニヤニヤする私w

 さて作業も終わりまして、好鈴帰宅です。
 うちはカッターマットをあげたんですけど、その変わりに値段的には全く勝負にならないナイス商品をもらってしまってたり。
 すごいですよエル姉?
 うちの部屋に、フォトパネルが実装されましたよ?」

『分不相応な物を…。』

「これでめくるめく素敵空間への一歩が!」

『ま、電気代には気をつけなさいよ?』

「うぃうぃー。

 で、それからちょっとログインしてROタイム。
 でも結局眠気が激しくて特に何もしないままに終了ー。

 ベッドに入って、白木さんに借りた無限のフロンティアをしようと思った所で、予想外のアクシデントが…!」

『セレが死んだとか?』

「予想外過ぎるだろw
 この記事書いてるの誰だよw

 あのね、DSがソフトを認識しないの。」

『……寿命?』

「ですかね…?
 前々から少し怪しかったのはあるんですけど、ドラクエ4は普通に認識するんですよ。
 でも、無限のフロンティアは全く読み込まない…。
 なんだろ、刺し具合がだめなのかな…?」

『そんな余地も無いくらいにしっかりはまるロムなんだけどね、DSって。』

「だよねぇ…。

 まぁ色々やってみます、DS本体からロムを抜いてフーフーとかね。
 ファミコン世代ナメンナヨ!」

『あー、ファミコンは息で埃飛ばすのが必須だったらしいわね?』

「ドラクエ3とか、それを怠るだけで冒険の書が消し飛んだりしますからね!

 で、日曜日。
 起きてからボーとしてたらいつの間にか昼過ぎになってました。」

『あんた、時は金なりって諺について真剣に考えた方がいいわよ…?』

「まぁそれからもまったりモード?
 モスコ行ってみたりしてました。

 で、Gv。
 途中途中回線ヤバスとか、ブリトーをレジでチンとかしてて動いてなくてゴメンヨ!
 砦は取らないであげましたよ、俺Gは謙虚なのでね!」

『なんか毎回毎回

 『今日は砦いくつ取とっか?』
 『5つくらいでいいんじゃね?』
 『5つかー、でも5つ取っちゃったら他の弱小ギルド可哀想じゃん?
  だから4つにしようぜ、SE2個と、普通の2個。』
 『そーすっかー。』
 『『謙虚にね!!!』』

 とかアホな会話してるわねぇ…。
 本気でやっても取れない癖に…。』

「本気出したら可哀想です///

 はいGv話終わり。

 ラスト、律Gで、ハイパーパワープレイなETですよー。」

『あのギルドさ、力押し以外の戦術は無いの?』

「あるけど使わないんだろう。
 そう思っていた時期が、私にもありました…。」

『無いのか…。』

「無いっていうか、大抵メンツの問題で何かが足りないんですよね…。

 例えば、前衛が居ないから阿修羅が白羽で全員でフルボッコなんて狩りになるんですw
 かの有名な、律G式生態狩りの真相は、人員不足!

 さて今回の狩り。
 前衛が居ません。
 剣士系職いません、前衛はブラさんです。
 『外出時には、上半身だけは服を着る』
 と世界で有名なブラさんです。
 彼の金剛で無理やり耐える作戦です。」

『力押しもいいとこね…。』

「でもすごい進んだんだぜ!
 今までは78階の剣軍団で全滅ってのが、うちの最高記録だったんですよ。」


※剣軍団の階
 ソードガーディアン、ブラッディナイト、深遠の騎士といった高ATKを誇る剣士で構成された階。
 記録になった日は、4匹程度の剣Gにタコ殴りにされた前衛が即死して決壊した不慮の事故だった。


「今回は慎重に進みましたからね、その階。
 でもまぁ、結局85階のイフリートがどうしようも無かったですがw」

『あー…。』

「今回のET登頂も、前回同様に色々あったなぁ…。」

『前回どんだんだっけ?』

「前回はこれ。」




 50階だかそれくらいまで登った辺りでPTチャット

白木さん『みなさんに、悲しいお知らせがあります。』

セレイン「どうしたw」
他メンバ【眠気?】
    【どうした?】等など


 そして白木さんの口から…


白木さん『楽器が壊れました』


 そして仲間からの熱い声…


他メンバ【エアギターでいけばいいんじゃね?】

白木さん『そうか、了解した』




「素晴らしいチームワークですね?

 でも、やっぱりエアギターがガンホーに認められなかった為、他キャラで物資の補給となりました…。
 で、今回はこれよりもすごいイベントがあったんですよw」

『へぇ?』



 1階に侵入してマスターリングを倒した辺りでPTチャット

白木さん『皆さんに、悲しいお知らせがあります。』


他メンバ【また武器壊されたのかw】
    {早速エアギターかw}
    ≪脱衣とかされたのかねー?≫
    {眠気?}

 そして白木さんからの悲しいお知らせ



白木さん『楽器を忘れました。』



 そして仲間からの熱い声援


他メンバ【途中で拾えばいいよ!】

白木さん『そうか、把握した。』





「なんと美しい友情…!

 その後どうやったのか知らないですけど、白木さんはブラギをちゃんと演奏してました。
 誰か持ってたのかね?」

『さぁ?』

「ETは特に高額レアも無く。
 でもそこそこいい値段の収集品なんかもありまして、一人頭200Kのお金になりました。

 っと、ETで思い出した。
 ウンゴリカード売れましたので、ウンゴリの時のメンバーにお金を順次渡してます。
 あと渡してないのは凪さんとリッドさんの二人!
 ログインしたら教えてくだせぇ、もしくはメッセなりリアル携帯なりを鳴らしてくだせぇ。」

『リッドはあんたのリアルな番号知ってるの?』

「きっと知らない。
 ていうかまぁ携帯アドレスとか知ってる人は少ないんだけどねw
 マスター、白木さん、ブラさん、凪さん、あすくさん、マサさん、さゆさん、くらいかな?
 好鈴も知ってるけど、これはリアルが先だからなー。」

『ふむ。
 ま、セレが勝手に使いこむ前に受け取りに来なさいな?』

「使いこまないよw

 はい、ここまでね今日の記事はここまでね。
 PSPの伝説の勇者の伝説のシステムが面白くてちょっとはまってるけど、無限のフロンティアも早くプレイしたいセレインさんでしたー。

 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イフまで行ったのにその話題には触れないのかー

途中のロリ部屋でロリ誘拐してたとかさー

イフで一瞬で蒸発してたじゃんかー

あれがおもしろかったのになぁ~

Re: No title

> イフまで行ったのにその話題には触れないのかー

書いたつもりだったけど、読み返してみたらほとんど書いてないね…。
今日の記事で書くか、幸か不幸か、特に書く事も無いし?

> 途中のロリ部屋でロリ誘拐してたとかさー

私とチュンイーちゃんがキャッキャウフフしてた所に突然吹雪が発生し、チュンイーたんが遺言を残して亡くなりました。
あそこにSGぶっ放した人間には天罰が下るでしょう…。

> イフで一瞬で蒸発してたじゃんかー
>
> あれがおもしろかったのになぁ~

あれ、これも書いてなかったか…。
なんか書いた記事が吹っ飛んだりしてたから、書いたつもりでいたw
読み返しなんてしないで投稿してるからね!(ぁ
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。