FC2ブログ

お姉ちゃん、きょうはね、エルもがんばるよ!

セレ「はい、えーコメントには誰も書いてくれてなかったけど、どうやら前回の記事の最後部分をちゃんと発見して目撃してた人がいたので、やってみようか!
   エル姉がロリっ娘になったヨ☆
   はいエルー、自己紹介してみよっか!」

エル『うん!
   えーと、おなまえは、エレインです!』

「はい、お名前の後に、何歳ですって言うのを忘れてるよー?」

『あ!
 えーと、エレイン、0歳です!』

「はい、よくできましたー。
 という訳で、生まれて5日で自己紹介までこなしちゃうエルに、もはや人間らしさなんてありませんね!

 あぁ、生まれて5日ってうちはどんなだったっけかなぁ・・・。
 ……覚えてないなぁ、当たり前だろうけど……。」

『ままのおっぱいにむしゃぶりついてたんじゃないかな!』

「ちょ…。
 どこでそんな単語を…!」

『お姉ちゃんの脳にあったよ!』

「うわぁいー……。

 …まぁ、イイヤ!
 気を取り直して、狩りの話をするよっ!」

『おーっ!』

「あ、折角だし、エルに話してもらおうかなー?」

『うん、いいよ!
 あのねあのね、えーとね、お金を渡してね、経験値を増やしてもらったんだよね!』

「(うわぁ、なんかガンホー社員に賄賂渡して不正に経験値数値をいじってもらったみたいに聞こえる……。)」

『あとね、なんか刀を持ってね、筋肉モリモリの人のところに行ってね、ズバズバーって切りまくってたの!
 その時ね、お姉ちゃんのシャツに女の子の写真が縫い付けてあってね、そのシャツ一枚に1200まんえんもお金使ったの!』

「(金持ちの変質者が通り魔事件を起こしたようにしか聞こえない…)」

『あとなにかあったかな? …あれ、無かったかな?』

「ほら、たちゃんたちゃん。」

『あっ! そうだったね!
 あのね、お姉ちゃんの知ってる人のね、友達のね、キノコの人がね、レベルが1になったの!
 転生って言うんでしょあれ?』

「…キノコの人って…。」

『あのね、お股にね、キノコが生えてるの!』

「ちょ…!
 どこで目撃した!?」

『お姉ちゃんにもあるよね、キノコ。』

「えー、お姉ちゃんには無いけど、中の人にはもしかしたら生えてるかもね…?」

『なんでエルにはキノコ無いのー?』

「えーとー…。
 あれはー、その、なんだー。
 あー、今度教えてあげるね☆」

『えええええええええ、今がいいーーーーーー!』

「ワガママ言っちゃメッ!
 ほら、後でブラックサンダーあげるから、我慢ねー?」

『やっほー、ブラックサンダー!』


ブラックサンダー
  有楽製菓株式会社の商品。
  美味しさイナズマ級の黒い雷神。
  セレインさんとエルの好物。


「さて、あとはボス狩りした事くらいかな?
 これはうちが書こうかねー。」

『えー、エルやりたーいー!』

「はぅぁぁ、なんというワガママっぷり…。
 でも、この手足をバタバタさせてお願いしてくるのを見てたらとても逆らえない…!」

『じゃ、はなすね!
 えーと、ドッペルゲンガーってお兄さんを探してゲフェンって町の洞窟に潜って行ってね、ゾンビとか4本足で走り回るわんわんみたいのをずっこんばっこんしながら歩いていってね。
 あ、でもね、途中でね、2階で吸血鬼がいたからね、えむなお兄ちゃんが叩かれて気持ち良いって言ってる間にお姉ちゃんが筋肉攻撃でドッカーンってやったんだけど何も落としてくれなくてショッボーンってなっちゃったんだよねー。』

「うん、文節とか考えたら無茶苦茶だけど、なんとか伝わるからOKだね!
 あと、あの人は決して殴られるのが好きなわけじゃないからね、本人に言っちゃダメだからね?」

『でね、3階に行ってみたんだけどね、グルグルしたらいなかったの。』

「…まぁ、居なかったのが分かるからいっか…。」

『でね、その後でね、ゲフェニアってとこに行ってね、ボスを探してたんだよ。
 そしたらね、お姉ちゃんも他の皆も、37564にあったんだよね!』

「ちょ…、一昔のヤンキーみたいな数字の羅列を使うんじゃないの!
 あと、そんな言葉使ったらだめだよ!
 もっと可愛らしく、
 『皆はお星様になっちゃったんだよ』
 とか、そういう表現を使おうねー。」

『でも、人間が星になるわけないんだもん…。
 星って、大きい岩とかに小さい岩がいっぱい衝突してできるんだもん…。』

「なんという現実的な幼女、ロマンも何も無い…!」

『でね、ボスを見つけてね、ドッペルゲンガーさん相手はなんとか大丈夫だったんだけどね、ロードオブなんとかっていう白いでっかいお馬さんの人はね、なんかすごい攻撃でね、お姉ちゃん達吹っ飛んだの!
 お姉ちゃんが吹っ飛ぶのを見てね、エルなんか楽しくってね、あははははって笑ったんだー。』

「悪魔…!
 この幼女は悪魔よ…!
 エル姉は、幼女化してもやっぱサディスティーック…!」

『で、みんなで経験値減らしながら頑張って倒したんだけどね、黄色い実しかもらえなかったんだって!
 エル知ってるよ、こういうのを
 『踏んだり勃ったり』
 って言うんでしょ!』

「おしい!
 踏んだり蹴ったり、だねー。」

『けったり…けったりか…。
 けるってあれでしょ、足で殴るやつでしょ?
 勃ったりって、何が勃ったのかな!』

「えーとー…、それは、あれだよ、ビッグマグナムだよ!」

『なーんだ、チn(ピーーー)の事じゃないんだぁ…。』

「ちょ…!
 そういう事言っちゃメーッだよ!」

『あははは、お姉ちゃん牛さんみたい!
 メーーーッ♪』

「うんうん、牛さんじゃなくてヤギさんだけどね、この鳴き声…。」

『ヤギさんとか…。
 年考えろよ…って、ねー♪』

「鬼かこの幼女…!」

『それで、あとはー・・・、あ、思い出した!
 あのね、キノコさんが体からぼあーってたまたまが出ててね、みんなでジュノーって町に行ってね、なんかすっごいキラキラのヨロイ来たお姉ちゃんにレベル1にしてもらったんだよね!』

「キノコの人…、奈須きのこさんを示してるみたいだなぁ…。
 えーと、タツさんのモンクが転生したって事ですよ。」

『で、それからみんなでスバルたん狩りしに行ったんだよ、みんなでポリンがいっぱいのとこにいって、いっぱい虐さt…星にしたんだよ!』

「…今、虐殺って…?」

『お姉ちゃんそこでね、緑ポリンに殺されそうになってたんだよ!
 ワロスwwwwww』

「うおーい…!
 ワロスとか言わないのっ!
 誰に聞いたのそんな言葉!」

『えっとね、通りすがりのお兄ちゃん!
 『最近のトレンド、それはワロス…。』
 ってブツブツ言ってたんだよ!』

「そういうお兄ちゃんにはね、近づいちゃダメだよー。
 食べられちゃうぞー?」

『あ、これね、お姉ちゃんの中の人なんだけどね!』

「うおおおおおおおおおおお!?
 そんな事、絶対言ってねえええええええええええええええ!」

『それでね、青いアコライトさんになったキノコさんがね、もっと強くしたいからみんなでロボットみたいののとこに行ったの、ロボットポリン!』

「ん、メタリンね。」

『そこでね、なんと!
 お姉ちゃんが撲殺されちゃったの!
 エルやっぱり面白くなっちゃってね!
 キャハハハハハハハハハ!ってね!』

「人の不幸をこんなに喜ぶ幼女…。」

『こういうの知ってるよ!
 『うはwwwwwwwオメガワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』
 って言うんでしょ!』

「そんな言葉覚えちゃダメーーーーーー!
 そんな言葉遣いしてたら、ブラックサンダー抜きだよ!」

『酷いお姉ちゃん!』

「これもエルを想っての事・・・!
 そう、これは愛の鞭!
 愛するエルに対する、愛情に満ち満ちた鞭なんだよ!」

『テラキモスwww』

「はいブラックサンダー抜きけってーい。」

『うそうそ!
 お姉ちゃん大好き、全然きもくない!
 大好きお姉ちゃん大好き、雷神大好き黒い雷神お姉ちゃん大好き!』

「・・・まぁいいや、一応初登場の晴れ舞台だし・・・。

 あとは特に無いかな?」

『えーっと、あとはねー、無いね!
 お姉ちゃんの中の人がお湯沸かすのにいっぱい色々がんばってたくらいだね!』

「うぅ・・・、火の出ないキッチンがあんなに使いにくい物だったとは・・・!
 IHキッチンとか、料理楽になったのかと想ったら実はそうでも無いとか…!」

『お姉ちゃん、お料理できないもんねー♪』

「いつか…いつかきっと・・・!
 あ、でも材料があればティル・ノムは余裕で作れるんだぜ…?」

『お姉ちゃん、それお料理じゃないよ…。
 エルでも作れるよそれ…。
 ていうか、作るっていう工程は何も無いよ…?』


※ティル・ノム
  『星界』シリーズに登場する、ヒロインのラフィールが好む飲み物。
  桃果汁の事。
  ラフィールはこれを暖めてローブ(レモンスライス)を乗せるのを好む。


「め…目玉焼きは作れるもんね!」

『エルも作れるよ!
 目玉を櫛に刺して焼くんでしょ?
 簡単簡単♪』

「KOEEEEE!」

『あと、何かあったっけー?』

「んー、もう無いかなぁ…。」

『じゃ、これでおしまいだね!
 お姉ちゃん今夜はエルが目玉焼きつくったげる!』

「ええええええ!?
 いや、卵料理の目玉焼きだったらいいけど…。
 でも、晩御飯で目玉焼きかぁ…。」

『ボリューム満点、お姉ちゃんの目玉焼きっ♪』

「お姉ちゃんの目玉焼いたらだめーーーー!」

『ちぇっ、せっかくごはんつくったげようと想ったのに…。』

「ほーら、いじけないの。
 今夜は、エルの好きなご飯作ってあげるから、ね?」

『じゃ、お姉ちゃんのめだm』

「だからそれはダメだとw」

『ぶーぶー!』

「はい、という訳で今日はここまでダヨ!
 妙に長くなっちまったぜ、何故か…。」

『不思議だねー♪』

「…そうだね…。
 じゃ、これにてっ!
 ノシ」

『じゃーねー!
 また明日も来るかもだから、待っててねっ♪』




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

勢いでなんとか書いてみたのはいいけども・・・。
萌えなのか、エロなのか、グロなのか、なんかごちゃ混ぜになったんだぜ…。
ていうか、キャラがまだ育ってないから、書こうにも書きづらい・・・orz
エル姉みたいに動き回ってくれないなぁ、まだw

そのうちまた出るかもヨ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれだね、(´<_`  ) 流石だよ
伊達にロリコンの二つ名をほしいままにしてるだけあるよね?
すっげえ生き生きしたブログアリガトウ(´・ェ・`)
リッ○さんにもちょっとこのブログ進めとくわ。
告発的な意味で(ぁ
本人曰くドSらしいよ?
そうそうこのブログみて思ったんだけど、どっちのエルさんにも重要な共通点がうかがえるね?
それでセレさんがなんたるかがわかったきがします(・∀・)ニヤニヤ
IH使うときは鍋に注意だよ?
対応してるしてないは書いてあるけど、間違っても底が平らじゃないの使っちゃだめだよ?
温度センサー反応しなかったら・・・火傷するよ?
まあエル(どっちでも)に焼き鏝とか押し付けられるのはすきそうだけども?

No title

いっそ自重忘れた姉と、分けた方がいい気がしますよw
まぁ、中身は一緒っぽいですけどw

Re: No title

> あれだね、(´<_`  ) 流石だよ
> 伊達にロリコンの二つ名をほしいままにしてるだけあるよね?

してないよ欲しいままに!

> すっげえ生き生きしたブログアリガトウ(´・ェ・`)
> リッ○さんにもちょっとこのブログ進めとくわ。
> 告発的な意味で(ぁ
> 本人曰くドSらしいよ?
マジカヨ…。
Sな人の気持ちは、分からないなー。
Mも分からないけどね、うん。
あくまでどっちつかずなコウモリ、それがセレインさんだ!

> そうそうこのブログみて思ったんだけど、どっちのエルさんにも重要な共通点がうかがえるね?
> それでセレさんがなんたるかがわかったきがします(・∀・)ニヤニヤ

うちの癒し系っぷりが、やっと伝わったか…。

> IH使うときは鍋に注意だよ?
> 対応してるしてないは書いてあるけど、間違っても底が平らじゃないの使っちゃだめだよ?
> 温度センサー反応しなかったら・・・火傷するよ?

うん、フライパンなんだよね、お湯沸かしてたの。
ていうか、普通の皿とフライパンと包丁くらいしかないんですよね、まだw

> まあエル(どっちでも)に焼き鏝とか押し付けられるのはすきそうだけども?
ちょ…! 烙印…!

Re: No title

> いっそ自重忘れた姉と、分けた方がいい気がしますよw
> まぁ、中身は一緒っぽいですけどw

別の名前にするかなー…。
セレインに似てる感じで、ロリってつけた名前がいいなー…。

セ…セロリ…?
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索