FC2ブログ

生体3でウワーッ!? あと聖なるかなファンディスクのお知らせ

セレ「昨晩はROできましたよ、1日振りにw」

エル『いや、勉強は…?』

「土日でやるから大丈夫!
 土曜日は出社になりそうな感じなんですけどねー…。」

『ダメじゃないのよ…。』

「まぁ、診断だけだからそんなに時間は要りません。
 せいぜい3~4時間くらいなので、家を出てから帰宅するまで5時間くらいかな?」

『まぁ、仕事なら仕方ないでしょうけど…。
 それだったら尚の事、平日に勉強しないとマズイんじゃないの?』

「大丈夫大丈夫♪
 さて、昨日の話行きます!」

『…あんたのその楽観的な視点、たまに羨ましくなるわ…。』

ポチっと押すと、ROでの南無率20%減少(当社比)
「ログインして少しおしゃべりし、そのまま狩りに行く事にー。
 メンツは、マスター、ブラさん、私の3人。」

『ブラムスLKが壁して、マスターが支援とか共闘とか入れて、セレが殲滅担当?』

「ですねー。」

『どこに行ったの?』

「え、生体3。」

『…何回南無したの?』

「それはおいおい話しますw
 ていうか南無したの前提ですか…。」

『でも、したんでしょ?』

「しましたけどね!

 えー、まずはリヒに飛行船で向かいまして、キューブルームに行こうと思ってたら、治安悪化でチンピラ発生…。
 お陰で、少し時間を浪費させられてしまいました。」

『クエストやったらいいのに…。』

「通行証が貰えるのって、大統領クエストでしたっけ?
 なんか長そうで、クエストはする気になれないんですよねー…。」

『ま、そうでしょうねその性格だと。』

「で、治安も回復させて居眠りしてる守衛を横目に見つつ通過して、研究所進入~。」

『ふむ。』

「まぁ何事も無く2階は通過ですw
 伊達に91歳じゃないですぜ!」

『70台でもいけてたしね。
 …南無もかなりしてたみたいだけど。』

「ラウレルさんの電撃コンボで沈みましたね、あの頃は…。
 今は、LAから一撃で倒すか、もしくは沈黙させてから倒すから大丈夫ですw」

『ふむふむ。』

「で、3階入口。
 ブラギ出してるPTの人がいたから、
 『ヒャッホー!』
 とか言いながらメテオアサルト連打してみました。」

『…頭がおかしい人じゃないのよ、まるっきり。』

「でも、そのPTの人も乗ってくれました♪
 『MBクリップ忘れたからヒャッホーできないw』
 『わたしも出来ない・・・』
 『ヒャッホー?』
 とか会話してくれました!

 PTで急がしい中ありがとう御座います!」

『いや、ここ見て無いでしょ、その人達は…。』

「もしかしたら見てくれてるかもしれないのでねw

 さて、3階侵入です。

 入ってすぐに左にカトリがいたからまずはそれを処理…
 と思ったら、スタスタと歩いてくるアルトアイゼンさんちの御主人!」

『ホワイトスミスか…。
 セレとか、絡まれたら一瞬で南無よね。』

「ていうか、あれとガチンコできるキャラってそんなに居ないんじゃないかと思いますw

 で、私は速攻でハエで逃走。
 皆うまく逃げられたようで、良かったですw」

『全滅は免れたか…。』

「ていうか誰も死ななかったですから!

 少し進んで、階段に到着。
 階段固定で駆り始めてすぐ、セシルさん襲来!
 爆裂してバリバリ言ってる中、ニューマでタゲとったブラさんの横でSBrを連打!

 見事に、南無1です…。」

『アローシャワー?』

「デス…。

 なんですかねあの威力!
 爆裂セシルさんのアローシャワー、即死スキルです…。」

『まぁ、攻撃力が尋常じゃない割合で上がってるしねぇ…。』

「気を取り直して・・・。

 またもやしばらく狩ってたら、突然影から現れたお兄さんにソニックブローを叩き込まれて即死…。
 南無2ですw」

『あー、クロークからのSBコンボかぁ…。
 あればっかりは、常時ルアフとかそういう手段で無いと回避は無理ねぇ…。』

「えぇ…。

 そんなこんなで、階段上のモンスター軍団が怖かった為に移動する事に。

 右の階段で固定していたのを、左に移動しようとw

 移動中、LK出現したため、ブラさんが捨てる為に移動。
 そして、悲劇が起こりました…!」

『なに、横湧き?』

「ですねー。
 湧いたのが何かによっては対処できるんですけどねー。」

『あー、LKとかが湧いたの?』

「いあ、それもちょっと困りますけど、対処は出来るっちゃ出来るのですよ、短時間なら。」

『まぁね、多少はFLEEもあるしね…。
 って事は、なに?
 もったいぶってないで、応えなさいな。』

「あい!

 えーとね。
 それが湧いた瞬間に、マスターが南無しました。
 時間にして約1秒?」

『…なに、いっきに2体とか湧いた?』

「その直後、約1秒で沈む私。

 ブラさんがいればなんとかなったのかもしれませんが…と思ったけど無理でしょう。」

『ふむ…?

 …あー、もしかして、ボスが湧いたの?』

「オシイ!

 答え。

 『マスターの真横にMVPが沸いた』

『……それはまた、レアな体験を…。』

「もうね、なにが起きたのか理解できなくてハエも出来ませんでしたよ。
 ブラさん戻ってくるまで待機してたら、いきなりマスターが血飛沫上げて倒れて、私の速攻で後を追うし…。
 どうやら帰還したブラさんもこの猛攻で南無したらしく…。

 結局そのまま帰宅。
 なんともいえない、デスペナ祭りになったとサw」

『経験値減っただけか…。』

「でもまぁ、それなりに楽しめたからOKですw
 今までの地道な狩りの間に経験値も上がってまして、実はベースは70%近くまで上がってます。
 もしかしたら、92歳に上がってくれるかもしれませんw」

『ふむふむ。』

「あとは特に何もありませんでしたね。
 帰還して、私はそのまま就寝~。

 最近、私の寝床にログが来て、一緒に寝てくれるのでなんだか幸せですぜ!」


※ログ・・・セレイン宅で買っている猫。


『あんた、ホントに猫好きよねー。』

「猫が好きだから、猫っぽいキャラが大好きなのは仕方ない事なのです。」

『…え、それは違うでしょちょっと…。』

「というわけで、ちょっと情報~。
 私の好きなゲームである『永遠神剣シリーズ』に、新作が出ます。
 新作といっても、ファンディスクみたいなものっぽいですけどねw」

聖なるかなスペシャルファンディスク


『…あ、セレ、バナー付きでリンク貼るの覚えたんだ?』

「んー、ていうかそのままで構文が書いてあったのです、ザウスさんにw」

『あ、なるほど…。』

「でも、ちょっと弄ってますよ?
 そういう弄るのくらいはなんとか出来るようになったので試してみたくてw」

『うんうん、それは良い事ね。
 出来るようになった事は実際にやってみないと、記憶には残りにくいしね。』

「んむ!

 ちなみに飛んだページの『永遠神剣クイズ』のページにサンプルがあるんですけど、私はちゃんと両方とも答えられます。
 選択肢無くても、応えられます!」

『…アセリアオタクが…。』

「フフフ…。

 さて、発売日は…夏、みたいです。
 聖なるかなは発売延期を数回繰り返したという過去があるので、もしかしたら伸びちゃうかも?」

『いや、原画マンもなるーの人も頑張ってるみたいだし、今回はいけるんじゃないの?
 …って、なんで普通にわたしはスタッフの事を知ってるのか…。』

「フフ、蛇の道は蛇、ってヤツですぜ…。

 よし、とりあえずこんなとこですかねー。
 週末辺り、出来れば小雪さんとも一緒にどこかにお出かけしてみたいなーと思ったり。」

『いや、アンタのこのマニアック過ぎる記事でどん引きされる可能性がかなり高いわよ…?』

「え、マジデスカ!?
 やべー、うまく誤魔化さないと!」

『…やめるんじゃなくて、誤魔化すんだ…。』

「ヘッヘッヘ、自分に嘘は付けませんw

 っと、そうそう。
 あと2週間ちょっとでガンホーの何かしらのパッケージの発売日です。
 買おうと思ってるけどまだ予約してないぜ、な人々。
 忘れないうちに予約しといた方がイイデスゼー。」

『セレはしたの?』

「うん、ちゃーんと2個。」

『……セレいたいなのを、『癌蓄』って呼ぶんでしょうねぇ…。』

「そんな、照れてしまいますw」

『誉めてないわよ、欠片も誉めてないわよ。』

「まぁ、とりあえずこれまで~。

 明日仕事して、あさっては休みですね!
 わたしは仕事になりそうですけど、皆さんはしっかりと遊ぶなり休みなりしましょうNE。

 では、また明日ていうか今夜っ!
 ノシ」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索