FC2ブログ

突然のボス狩り

セレ「珍しく早く帰宅できたので、早速のログイン!」

エル『たまに早く帰れたんだったら、たまにはゆっくり寝たらいいんじゃないの?』

「睡眠時間を削ってでも遊びたくなるのですよ、若者なのでね!

 えー、とりあえず、ハティーとストームナイトを撃破しようという流れに。」

『両方とも、昔はまぁまぁ強かったけど、今はもう弱い部類のボスになっちゃったわねぇ…。』

「とりあえず準備をして、いざハティって感じでカプラさんに倉庫を開けてもらってたら、

 斬さん:やば、ハティ倒しちゃった

 撃破ですよよよ!」

『うわぁ…。

 でもまぁ、詠唱速度が十分に速かったらユピテルだけでなんとかなりそうだしね。』

「はい、まぁ仕方ないです…。

 続いて、ストームナイトの殲滅に向かいます!」

『ふむ。
 昔は、高級品だった『マント[1]』と『古い紫色の箱』を高確率でドロップするからガンガン狩られてたのにね…。』

「はい…。
 そして案の定の放置されっぷりw

 白木さんのブラギに乗っかって延々SBrの連射ですよ私はー。
 右手にTA、左手に錐で固定してましたけど、相手のDEFが固かったかどうか全く覚えてませんw」

『40+80とか、なんかそんなとこじゃなかったっけストームナイトのDEFって?
 まぁ錐が妥当じゃない?
 付与してないのはちょっと気になるけど、まぁ全員で倒せればいいしね?』

「ですよね!

 ちなみにストームナイトは私がMVPを取れましたー。
 斬さんが苦手な属性でしたし、慧音さんが合流する前に私がガスガスやってたのでね!

 この2人の殲滅力には、正面から行ったら勝てません…。」

『相手が超絶DEFだったら違うだろうけど、DEF高かったらファルコンアサアルトがあるしね、スナイパーには。』

「えぇ…。

 さて、ドロップもあんまりでなかったんですけど、とりあえずボス狩りツアー終了ー。
 出たのは、オリ、エル、ミスティックフローズン、アクアマリン、紫箱、sマントかな?」

『…悲惨な結果ね…。』

「まぁボス狩りなんてそんなもんですw

 さて、その後にも割と体力があったので皆でアビス行き!
 9人の大所帯でしたけど、これがまぁなかなかの効率でしてね!」

『即涌きになったのは、大きいわね。』

「ですねー。
 SGが切れたら全滅が待ってると言っても過言じゃない位に涌きまくりますからねー。

 さて、狩りも終盤になりまして、みんなの教範とか料理とかも切れた頃、
 『そろそろ戻ろうか?』
 みたいな話をしてました。」

『ふむ。』

「そしたらブラさんが、こんな事を!

 『→にデータルいるけど、どうする?』

 割とやる気まんまんな私w」

『全滅フラグ…。』

「結論から言うと、倒しました♪

 ブラさんの指示の元、メテおが落ちてこない位置にブラギを展開して陣取って、
 ブラさんが壁をしている間に、全員が出来る限りの攻撃を繰り出します!
 奇跡的に、死者も出なかった(はず)うちに殲滅したのかな?」

『それくらいは覚えておきなさいよ…。』

「経験値は南無したけど増えまして、現在93%!
 もうちょっとで95歳ですね。」

『折り返してすらいないけどね、実は。
 96になってから少しして、やっと折り返し地点。』

「…改めて、壊れたバランステーブルしてるゲームですよね…。

 で、レアとして
 『ゴールドオシドスカード』
 『ストーンバックラー』
 をげっとー。

 清算し、一人当たり500Kくらいの収入になりましたとさ♪」

『あ、結構な儲けね?』

「んむw

 で、色々考えてみたんですけども、スリッパ狩りもいいかなーと思い返してたりしますw
 お金が欲しいのでね…。」

『ネイチャ貯蓄?』

「ありかなーとw」

『いいけど、分解に時間掛かるわよ…?』

「そこはほら、自動でやってくれますしね、エル姉が!」

『めんどくさ…。』

「お願いしますね☆」

『はいはい…。』

「一応色々考えてみましてね?

 右手:+5☆2水海東剣
 左手:錐
 頭上:ミストレスの王冠
 頭中:悪魔の羽耳
 頭下:ギャングスカーフ
 服 :エキストラ忍者スーツ
 アクセ:忍の腰帯
 アクセ:モルフェ腕輪

 これにDEX料理を食べれば、スリッパもゴートも一撃っ!」

『あ、両方いけるんだ、鉄球無しで…。』

「みたいですよー。」

『ならそっちがいいかもね?
 HPも、まぁ心配はいらないでしょうしね、あそこなら。』

「んむ!
 やばいと思ったら蝶なりハエなりで逃走しますw
 そして、ガスガス稼いでお金を貯めるっ!」

『何か欲しい物でもあるの?』

「や、欲しい物が出来た時のためにねw」

『ベントスとか?』

「ベントス欲しいの忘れてたーーーー!
 あ、カヴァクcもだ!

 欲しい物が出来たよエル姉w」

『それは、出来たんじゃなくて、思い出したって言うのよ…。
 この若年性痴呆症め…。』

「まぁ、とりあえず2垢じゃないからまだ大丈夫かな?
 2垢使う時にお金があって、なおかつ露店で安目で見かけたら買うかもしれませんw」

『まぁ、優先順位としてはそんなもんでしょうね…。』

「それじゃ、今日はここまでっ!

 アビスから帰った後に凪さんと科学雑談を繰り広げていたセレインさんでした!」

『ちなみに言っておくとね、セレ。』

「ん?」

『青い血のやつは、ミオグロビンじゃなくて、ヘモシアニン。
 ミオグロビンは普通に赤いからね?』

「……え?
 …マジデ?
 あれ?」

『一応確かめようと思ってちょい調べてみたけど、
 『ミオグロビン:代謝に必要になるまでの間、筋肉中に酸素を保管しておく為のたんぱく質』
 らしいわよ?
 他にも、
 『ミオグロビンが多く含まれている為、赤みが強い』
 みたいな情報も。』

「やべーーーーー!
 ミオグロビンを勘違いして覚えてた!」

『いや、まぁ普通は知らなくてもいい事だし…。
 ていうかアンタさ、知らなきゃいけない事をもっと覚えなさいよ…。
 そんなどうでもいい知識は捨てなさいよいい加減…。』

「や、私のアイデンティティーですしね、雑学って!
 芸能界の話とか以外だったらあらゆるジャンルに話をあわせられるんじゃないかと思うのですよー。」

『じゃ、ガチホモの男探しについて…。』

「無茶すぎる…!
 いくらなんでも限度がっ!」

『じゃあ…』

「いいですから、別に無理して振らなくても!
 一応仕事中ですしね私!」

『あ、そういえば…。』

「というわけで。仕事に戻りまー。
 皆、仕事中にブログを更新するような人間になっちゃだめだぞっ☆」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ,あれ・・・ミオグロビンて赤いの・・・?
だとしたらうちも覚え違いしてましたね.
おもいっきりヘモグロビン=赤,ミオグロビン=青だと思ってましたよ.

ときに,うちのアサ子がついに折り返し達成しましたよ.
直後にデスペナ貰いましたけど.

Re: No title

> あ,あれ・・・ミオグロビンて赤いの・・・?
> だとしたらうちも覚え違いしてましたね.
> おもいっきりヘモグロビン=赤,ミオグロビン=青だと思ってましたよ.

ん、私も完全に勘違いしてた…。
もしかしたら同じ番組か資料かを見て間違えて覚えてたのかも?


> ときに,うちのアサ子がついに折り返し達成しましたよ.
> 直後にデスペナ貰いましたけど.

レベル上がった直後の南無って、
『ラッキーーーー、得した!』
って気分になりませんかねー。

…冷静に考えれば、何も得なんてしてないんですけどねw
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索