FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末セレイン情報っ!

セレ「はい、書いた記事が全部消えました…。」

エル『…バックスペースキーを、変なタイミングで押したのが原因ね…。』

「うぅ…、気力が…。
 しかし決してめげない、それが私!
 なので、ちゃんと書き直します…。
 もう一度、同じ事を、書くのです…。」

『…がんばって…。』
「えー、まずは狩り関係。

 ブラさんとのペア狩りですね、まずは。
 氷D3でのアイスタイタンLA一確狩りから始まり、騎士団にも行ったり。
 他にも回ったような気もするんですけど、どでしたっけね?」

『わたしが知るわけ無いでしょ…。』

「次、白木さんと狩りー。
 バードと組めたので、支援無しのブラギアイスタイタン狩り!
 私がHP回復アイテム忘れてくるというヘマやらかしまして、あえなく撤収…。」

『支援居ないのに、もって行かなかったんだ…。』

「ま、忘れ物ってありますよねw
 そういえば昔、忘れ物っていうちょっとエロティカルなラジオを友人が聴いてたのをふと思い出しました。」

『それ、『忘れ物』じゃなくて『壊れ物』じゃないの?
 あんたのクラスメートのマッドドクターTでしょ?』

「あ、壊れ物だったかも?
 まぁ、別にどっちでもいいんですが!

 でまぁ、とりあえず帰還して、臨時広場で支援さん誘拐シチャオウゼ、という話で決着。
 募集チャット出してみたら、思いのほかすんなりと支援さんげっちゅ~♪
 やっぱり私の普段の行いの良さが出ましたねw」

『…ほら、次、次。』

「うぅ…。

 な…流された…。

 …えー、それから支援さんを1人で募集してのペア狩りなんかもしましたね。
 支援さんの時間の都合で、大体50分の狩り。
 ここでも経験値と氷心臓が集まりましたw」

『ほほぅ。』

「次!
 久々に壁をw

 HAIさんとマコさんが新しく剣士を作っていたようでしてね?
 それのレベル上げのお手伝いに~。

 行ったのは、まずはシロマ。
 そこが終わったら、ちょっと時間をあけてからハイオーク狩りに西兄貴。

 前半は私だけで、後半は私とあすくさん(教授)の二人でお手伝い。

 聞いてよエル姉!
 私が支援だったのにね、ハイオークの壁では寝なかったんですよ!
 しかも、スタンした時にはリカバリーとかかけちゃったんですよ!
 これってすごくないですか!」

『…え、それは何、笑うとこ?
 それとも突っ込むとこ…?』

「普通に、成長を誉めてくださいよ…。」

『アンタ、自分の子供の学校での成績がオール1だったとして、1個だけが2になったとしたら、どういう対応する?』

「『よくやったな、次は他のも2にしてみような!』
 とかそんな感じ?

 あ、でもちゃんと誉めますよ?」

『わたしはね、
 『2ごときでいい気になるんじゃねぇぞこのタコスケ!
  オール5になったら人間、そうじゃなかったらあれだ、食物繊維だ!』
 とか言って発破掛けるのよ。』

「なんという鬼…!
 しかも食物繊維は意味不明…!」

『だから誉めない。

 ていうか、普通の人はそれを普通にこなしてるのよ?
 まずは、それをスタンダードにこなせる様になりなさいな?
 その時はまぁ、誉めて上げない事も無いわよ。』

「い…今に見てやがれ…。
 次の時は、あー、沈黙喰らった味方にシフト押しながらレックスディビーナ掛けて治してやりますからね…!」

『ハイハイガンバッテー。』

「あいあい、次!

 マスターが、大百科事典欲しいって言ってたんですよ。
 それでね、相場見たら6M弱くらいだったんですよ。
 露店で、4.5Mで売ってたんですよ。」

『…あぁ、イヤな予感がする…。』

「これは、マスターにカット居てあげたらイインジャネ?
 って思って、買っちゃいましたw

 ……まさか、がんほーくじのMAYなんてのが出てて、しかもその景品にコレが含まれてるとも知らず…orz」

『なんていうかアンタ、アホよね…。』

「ひ…否定デキナイゼ…。

 そんなこんなで、昨晩見たら2M切ってる値段でも売れ残ってました。
 完全に、損失です。」

『…折角作ったお金が…。』

「でもね、ここで私が言いたいのはね、
 『情けは人の為ならず』
 っていうナイスことわざ!」

『あぁ、あれ…。

 ちなみに勘違いしてる人がたまにいるけど、
 『人に情けを掛けるのはその人の為にならないから、掛けちゃダメ!』
 って意味じゃなくて、
 『人に情けを掛けると、巡り巡って自分にそういう助けが来るから、ガンガン掛けろ!』
 って意味だからね?』

「ですねー。
 かく言う私も、勘違いして覚えてる時期がありました…。
 あれはそう、一期一会と一期一振ってどういう関係なんだろうとか考えていた日の事…。」

『持ってた人の知名度は日本史で最高レベルにも関わらず、誰も知らないようなマニアック日本刀はどうでもいいから。』

「うぅ、刃筋がなかなかいいんですけどね、あれ…。
 でも、やっぱり備前忠吉の千鳥一文字がやっぱりなんばーわんのすーぱーせくしーー!」

『分かったから、分かったから続きを話しなさい…。』

「ウィス…。

 とりあえずそんなことわざ。
 私がマスターに対して行った情けが、身を結んだ!

 過剰に成功です!」

『いや、なんでそのまま売ったらいいのに過剰してるのよアンタ…。』

「ぶっちゃけ、買った次の日に相場崩壊して値段が3~4割まで落ちたのがむかついたからです。」

『…ぶっちゃけた…。』

「でもね、+8大百科事典ってなかなかな品ですよ?

 露店で夜中に25Mで販売してたら、見事に!」

『おっ・・・?』

「売れ残ってました!」

『まぁそうでしょうね…。』

「どうやら凪さんが15Mで買ってくれそうな勢いなので、それを待つ事にするかなーと。
 まぁ、25Mで売れたらそれはそれえいいかもしれませんが。」

『いや、予約みたいな状況なんだから、並べないようにしなさいな…。』

「それもそかw
 了解了解。

 で、最後、トール火山突撃。」

『あ、また行ったんだ?』

「いつものメンバーなんですけど、今回はちょっとPT構成を変えることにw
 いつもいつも経験値入らない&敵の攻撃での致死率が8~9割を誇る二人。
 マスター&白木さんの、バックダンサーズ(ダンサー&バード)
 彼らのレベル上げもしてしまおうという事に。」

『ふむ。』

「レベルの関係上、私のアサクロ+2人のトリオPTで決定。
 残りメンバーが1個のPTで奮闘です。

 いや~、私はともかく、二人が死ぬ死ぬ…。」

『火服もあるか分からないしね、あの2人は…。
 持ってるのも、メインで動かしてるハイプリ&プリで着てるでしょうし。』

「私だったとしても、火はシフクロしか持って無いですからねー。
 2PCで持っていくなら、無理矢理水服ってな選択肢しかありませんw

 でまぁ狩りまして、どうにかこうにか全滅せずに終了~。
 二人の経験値は増えたようでして、良かったですw」

『ふむー。』

「そんな感じで週末終了!」

『なるほどねー。』

「土日はほとんどROで終わっちゃいましたね、合間合間にリトバスしてましたが。」

『…え、アンタ、勉強は?』

「それでは皆さん、良い一週間を~~~。
 ノシ」

『…またか…。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。