FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌え萌えドリーム大作戦!(第一回)

セレ「皆さん、ちょっと前に私が会社で寝た際の話、覚えてますかね?」

エル『覚えてないでしょ、そんな事…。』

「まぁ、最近の事なので覚えてくれてると思いますが、覚えて無くても問題なし!
 で、その夢を応用しましてね?

 『なんか良いシーンのドラマCDを延々聞いてたら、その場面の夢を見られるんじゃないか?』

 という画期的な可能性に気付いてしまいました。
 作戦名もつけちゃいました、あふれんばかりのネーミングセンスで!
 その名も、『萌え萌えドリーム大作戦』 です!

 もう、今年のノーベル賞は私の物でしょコレw」

『…こんなので取ったら、ノーベル氏も浮かばれないでしょうね…。』

「で、問題は何のドラマにするか、という事なのです。
 私の家にある数少ないドラマCDの面々から選抜。

 月陽炎(5枚)
 デモンベイン(3枚)
 HelloWorld(1枚)
 D・C~ダ・カーポ~(2枚)
 グリーングリーン(4枚)

 とりあえずはこの中から選ぶ事に。」

『オタク業界はどうだか分からないけど、とりあえず少なくはないんじゃないかしらね、これだけあるんだったら…。』

「で!
 とりあえずそれぞれのCDから萌えシーンをちょっとチョイスw」

『…あぁ、どんどん読者置いてけぼりな日記に…。』

「まずは月陽炎!
 私の大好きなシーンはいくつかあります。

 1:対人恐怖症の柚鈴が、主人公もいる社務所に勉強を教えてもらう為に来るシーン。(教えるのは鈴香)
    「いいの…、ここで、いいの…。」

 2:対人恐怖症の柚鈴が、勇気を振り絞って主人公の側まで寄るシーン。
    「やっと…、悠志郎さんの目の前に来られた…。」

 3:普段はケンカ腰な美月が、主人公に家内安全のお守りをあげるシーン。
    「あたしが身銭切らないといけない物なの。」


『…あいも変わらず、葉桐(3姉妹の母親)がいない…。』

「中でも萌えといえるのはやっぱり3かな!?
 という訳で、そのシーンを少し…。」


 美 月「…あちゃー…、店番、悠志郎だったのかぁ…。
      まぁいいや!
      お守り下さいな?」
 悠志郎「はいはい、えーと、どのお守りでしょう?」
 美 月「んー…、家内安全…かな?」
 悠志郎「分かりました…、はい、持って行きなさい?」
 美 月「いくら?」
 悠志郎「…え? いや、結構ですよ。
      同じ家の者からお金を取るのも、変な話ですし…。」
 美 月「いいの、いくら?」
 悠志郎「いえいえ、本当に結構ですから。」
 美 月「悠志郎? このお守りはね、私が身銭を切らないといけないの。
      だから、ちゃんと払わせてよ。」
 悠志郎「…そう…ですか…?
      えーと、2銭、5銭、10銭とありますが?」
 美 月「あ、そっか…。
      んー…、ん~~~~~~。」
 悠志郎「ははは、値段ではご利益は変わりませんよ?
      大事なのは、『信じる心』ですから。」
 美 月「んー…、分かった…。
      ……じゅ…十銭のやつ…!」
 悠志郎「…よろしいので?」
 美 月「う…うん! それ頂戴?」
 悠志郎「分かりました。
      …ありがとう。 御利益がありますように…。」

 美 月「…でね? 悠志郎。」
 悠志郎「なんでしょう?」
 美 月「これ、受け取ってよっ!」
 悠志郎「…折角買った、一番高いお守りを…?」
 美 月「悠志郎さ、家族、いるでしょ?」
 悠志郎「…えぇ、両親がおりますが…?」
 美 月「こっちにいる間は、会えないでしょ?」
 悠志郎「それはまぁ、そうですね。」
 美 月「あたしさ、もうちょっとだけ、悠志郎には居て欲しいっていうか、なんていうか…。
      と…とにかく! 受け取ってよっ!」
 悠志郎「そうですか…。
      …ありがとう…。 大切にしますよ。」


 所々セリフが少し間違ってるかもしれませんが、これってすごく良いと思いませんか!
 どうですかエル姉!」

『まぁ、普段とのギャップもあって、良いかもしれないわねー。』

「普段とか、すごいですからね、この二人の掛け合いw


 言い合いの末に悠志郎を蹴り飛ばした後。
 悠志郎 「あたたた…、全く、女の子らしくしなさいと鈴香さんからいつも言われてるでしょうに…!」
 美月  「時には強くあるのも、乙女の務めよっ!」
 悠志郎 「乙女は気軽にはかまの中を見せたりはしません…。」
 美月  「みっ…見たの!?」
 悠志郎 「………白。」
 美月  「…そこへ直れぇ、ゆうううしろおおおおおおおおお!」
 悠志郎 「ははははは! おっとっ!」
 美月  「死なす! 絶っっっっ対に死なすっ!」
 悠志郎 「ははははははは、いけませんよ美月!
       男の尻ばかり追いかけるようでは!」

 こんな掛け合いw
 こんな妹いたら、可愛いだろうなぁ…。」

『まぁ、確かに可愛いとは思うけど…。
 女の子として、
 『秘奥義! 二段旋風蹴りぃっ!』
 とかいいながらとび蹴りするのはどうなのかしらねぇ…。』

「美月らしくていいじゃないですかw

 さて、とりあえず月陽炎の代表は決まりました。
 続きまして、他CDに行きます。

 デモンベインには、残念ながら萌え部分はありませんw
 バカが続くだけです!

 HelloWorldにも、萌え部分はありません。
 アホが続くだけです。」

『まぁ、その二つはそうでしょうねー。
 本編でのシリアス振りが見事に欠落してるしね、その2つは特に…。』

「続いてD・C。

 これも萌えはありません、私がもってるヤツには、ですがw
 私が持ってるのは、ビジュアルファンブックに付いてたっぽい2枚のドラマCD。

 一枚目は、さくら探偵が消えたチケットの行方を追いかけるという探偵物。
 二枚目は……………年齢制限付きです。 男の部分の声は、自分でやってくださいなCDです。」

『やったの?』

「やりませんw
 私は、そこまでプライドとかそういう物を捨てる事は出来ません!」

『抜いたの?』

「そういうことを言わない!
 エル姉は一応女! 一応は女だから!」

『男でも良かったのにね?』

「今更にそう思います…。
 でも、今から変えるのも面倒ですし…。

 で、とりあえずこの2枚も排除。
 1枚目は萌えじゃないですし、二枚目に到っては、こんなの聞いてたら淫夢にしかなりません!」

『まぁ、そうでしょうねぇ…。』

「で、最後のグリーングリーン!
 これももう、萌えイベントとかありませんw
 最初から最後まで、アホが続くだけです。」

『これ程に、本編とのギャップが激しいドラマCDもそうそう無いわよね…。』

「えぇ…。

 大好きなシーンはありますが、今回の萌え萌えドリーム大作戦には関係ないですねw」

『無いわねー。』

「でも、大好きなシーンを紹介しようかな!?
 イヴっち達にも大好評な、このシーン!」



 修学旅行、自由行動のタクシーの中にて。
総長「ハイ、えー今から、お互いの親交をより深める為に、質問大会を始めたいと思います!」
早苗「し、質問ですか?」
総長「じゃぁ時間を6秒やるから、お前ら質問考えろ!
   よぉぉいスタート!
   ……えちょっとまずいってほら時間だべほら時間、6秒一瞬!
   はい、終ーーー了ーーーー!」
早苗「…あ…。」
総長「ほら質問考えたか!?
   それじゃあまずは俺からの質問な!」
早苗「はぁ…。」
総長「あーーーちょっと待ったちょっと待った!」
早苗「な、なんですか?」
総長「言い忘れてたけど、パスは3回までな!
   んじゃーまずは、俺からの質問だ!
   えーとー、南さん(早苗の苗字)のー、好きな色は、何色ですか!」
早苗「…え?」
総長「いーろーだーべ、カラァ!」
早苗「い、色ですか。」
総長「おうおう!」
早苗「んーーーーーー……、ピンクかなぁ。」
総長「まーじーでー?
   俺も好きだぜピンク、サテンだったらピンクか紫だべ!」
早苗「サテン…?」
総長「じゃー今度は、お前からの質問だ。
   おるぁ、質問してくれよ…?」
早苗「は、はぁ…。」
総長「オルァオルァオルァオルァ!」
早苗「んーーーーー………。
    先輩の、好きな物は、なんですか?」
総長「アンパン!」
早苗「あ、私も好きですー。」
総長「まあああじいいいいいでえええええ!?
    南もアンパン!? まーじーで、ウッヘェッ!」
早苗「はい、もう大好きで」
総長「だああああいいいいすきいいいまじで!?
    やべぇよそれやべぇよ!
    みなみぃ、ぶっちゃけお前の事ナメテタわ!」
早苗「昔は毎日…」
総長「まああああああああいいいいいいいにいいいいちいいいいいいい!?
    やべぇよそれやべぇよぉ!
    さすがに毎日は体に悪いべぇなぁ!」
早苗「はい、すぐに気持ち悪くなっちゃってー…。
    だから今はほどほどにしてますけど。」
総長「ふぅぅぅう! みなみぃ、マジでやばかったんだな!
    マジで程ほどにしとけや!」
早苗「アンパンって、そんなにおかしいかな…。」
総長「じゃー今度は、また俺からの質問な!
    えーとー、南さんはぁ、悩みとかぁ、あるんですか!」
早苗「な、悩みですか?」
総長「おうおう、あるんなら何でも相談に乗ってやんぞ、あぁ!?」
早苗「んーーーーーー………、あ、お薬の事で」
総長「まあああああああああじいいいいいいいいいいでえええええええええええ!?」
早苗「は…はぁ。」
総長「やべーーーよそれやべーーーーーよぉ!
   薬はさすがにやべーーーよおーーー!
   さすがに俺でも薬はよぉ!」
早苗「毎日沢山」
総長「みいいいいいいいいなああああああああああみいいいいいいいいい!
   お…俺のダチ公も、薬で苦労したんだべええええええええ…。」
早苗「それで、どうしたらいいでしょ?」
総長「…・・・いいか、よく聞け。」
早苗「はい。」
総長「まずは健康的な生活をする事。
    朝ちゃんと起きて、夜早く寝る。」
早苗「はい。」
総長「そんで、栄養あるもんを沢山食って、水をガブガブ飲むんだ。えぇ!?
    で、薬のこたぁ忘れる! オゲェ!?(OK?)」
早苗「オ…オゲェ!(OK!)」
総長「(グスッ) みなみぃ…!
    くーすーりーなーんーかーにー負ーーけーんーなーよーーーーー!?」
早苗「は…はい、ありがとうございます!」
総長「なぁに、気にすんな!
    ……一緒に頑張ろうな!?」



 以上、病弱な女の子とヤンキー総長の会話でしたw
 これ、総長の喋り方が面白すぎて、もうダメです!
 総長…!」

『こんな人が総長そ勤めてる学校あったら、面白いでしょうねぇ…。』

「はちゃめちゃですけどねw

 さて、そんな面白いグリグリドラマですが、今回の萌え萌えドリーム大作戦には関係ありませんw
 よって除外!」

『…一個しか残ってないし…。』

「んむ!

 というわけで、やってみました、該当トラックを延々流し続けての睡眠w
 うふふふふ、うふふふふふふふふふふふ♪」

『で、どうだったの?』

「…うふふぅ、ウフフゥ!」

『…きもい。』

「ふふふ、どんな夢だったかですってー?
 聞きたい?
 聞きたい?」

『……(聞きたいって言って欲しいんだろうなぁ…)

 えーと…。』

「聞きたい!?
 聞きたい!?」

『別に?』

「そこはもう、聞きたいって言って下さいよ、心にも無くてもいいから…。」

『じゃあ聞きたい。』

「…投げやりな…。
 でもいいや!

 えーとね、えーとね!

 何も夢なんて見ませんでした。」

『……。』

「というわけで、萌え萌えドリーム大作戦第一回は失敗に終わりました…。
 きっと、続けていけばうまく行く事もあると思うのですw
 継続は力なり! 継続は力なりぃっ!」

『……がんばってね…。』

「あい!

 それでは今日はここまでっ!
 皆もやってみてくださいね、萌え萌えドリーム大作戦!
 うまくいったら、憧れのあの娘の萌え萌えなイベントに、当事者として参加できちゃうんですよw
 ヤッタネ!
 憧れの二次元世界住民!」

『…もうセレはダメかもしれないわね…。』

「それではここまでー。
 皆さん、健康的な生活をっ!
 朝ちゃんと起きて、夜早く寝る!

 でわっw
 ノシ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。