スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぼやパイ作成完了!腕が微妙に筋肉痛!

セレ「かぼちゃパイの作成完了っ!
    そして所持金は55K!」

エル『貧乏ね…。』

「ひもじいんだぜ…、しかし!
 昨晩ウンバラにBSを送ってもらったので、しばらくは時間が出来たらネイチャ砕くって作業をしたいと思います。
 回復アイテム皆無でネイチャを稼げるアサクロがいるので、まぁなんとでもなるかなーと睨んでますしねw

 今までにもずっと『なんとかなるかなー』と思い続けては失敗し続けてるので、今回くらいは本当になんとかなると思います。」

『何その神頼み…。
 動きなさいよ…。』

「ま、動きますともw
 クォーリンかアサクロの二択だぜ!」

『ていうか、その二人以外はそもそもここ数ヶ月は狩りしてないしね…。』

「ファーレーン…!
 ムラマサ型にさせちゃおうかと考えてますけども、難しいかなぁ…。」

『え、これから…?
 大人しくアサクロオーラとかクォーリン転生を狙いなさいよ…。』

「まぁ優先度はそっちが高いですけどね?
 でも、最終的には転生させてあげたい!」

『まだ狂気も飲めないんじゃなかったっけ、ファーレーン…。』

「かもしれません…。」

『で、かぼちゃパイ作成終了だっけ?
 お疲れ様。』

「あい、ありありー。
 5300個ですけども、卵購入で時間食いましたねぇ…。」

『なんか、やたら重かったしねぇ…。』

「あの重さ、なんかガンホー側ってよりもうちの建物で誰かすごい回線使ってる人間がいるんじゃないかってレベルでしたよ…。
 ROと無関係に、普通のページが表示されるまでの時間がえらい長かったし!」

『まぁ、ありえるかもね…。』

「うし、今日は時間内からここまでね!
 明日は土曜日、セレインさんはめっちゃ洗濯するんだぜ!」

『妹のパンツを?』

「違うよ!
 うちの部屋に妹の下着無いよ!」

『え、履いてるから…?
 さすがにそれは引くわ…。』

「違うってば・・・。
 ていうか、妹の下着とか、別に欲しいと思わないよ?
 ていうか、下着泥棒の心理が分からないw」

『あー、それは分かるわ・・・。
 そんなに女物の下着が欲しいんだったら、ランジェリーショップでも行きなさいって感じよね?』

「や、流石にそれはハードルが高いと・・・。
 でも、盗まなくたって、今ってコンビニとかでも売ってるんじゃないですかね?
 見た記憶ないけど、ていうかそういう『女性用』な商品が置いてある棚に用が無いから素通りしてるんだけどねw」

『生理用品を凝視してるセレの写真とか、合成で作ったら面白いかしらね?』

「…凝視どころか、手にとって値段で何が違うのか調べてた事はあるんだぜ、高校時代のバイト中(夜勤)にね!」

『うわ・・・。』

「いや、だって気になるじゃないですか?
 だって、私としては、違う会社が作ってたって同じ様なものなのに、値段が違うんですよ?
 何が違うのか気になるじゃないですかw」

『まぁ、気持ちは分かるけど・・・。
 違いは分かったの?』

「全く分かりませんね!
 ただ、トイレットペーパーも品によっては倍くらい値段違うけど、これは肌触りが全然違ったから分かったヨ。」

『って事は、色々購入して実際に手で触って判断したらいいんじゃないの?』

「いや買わないよ!?
 スーツ来て生理用品買って帰る男って、かなりその地域で要注意人物にされそうじゃないですかw」

『ま、確かにね・・・。』

「買っても、使い道無いしw」

『妹にあげたらいいんじゃないの?』

「確実に妹が私を避けるようになるよそれw
 ていうか、情報が両親に行ったら、私は生まれてこなかった事にされるw」

『お、戸籍が無くなるって事は、ついに二次元の住人になれるって事じゃない?
 ニムと結婚とかできちゃうかもしれないわよ?』

「・・・・・・・・・まじ?」

『うん、まじまじ。』

「…それなら、考えてもいいかも・・・?」

『……うわぁ……。
 真性だ……。』

「ちょ…、話を合わせてあげたのにその言い草w
 なんというバイオレンスお姉ちゃん!」

『ま、冗談はここまでにして…。

 明後日が友達の結婚式でしょ?
 寝坊するんじゃないわよ?』

「大丈夫!
 集合時間の一時間前に、一緒に参加する別の友人と待ち合わせにしましたのでねw」


※別の友人
  専門時代にある意味ライバルだった子。
  私がクラス2位で、彼が1位。 学年だと、私が6位で、彼が2位。
  一言で言うなら、『愛すべきバカ』なヤツ。
  義務教育を受けたのかどうかが不思議になるくらいに、愛すべきバカ。

  例)
  友人『なぁ、これって何で読むの?』
  セレ「…………まじかよ………?」

  彼が見せてきたのは、『散歩』でした。


「でもこいつ、決して頭が悪いだけじゃなかったですね。」

『何、正確は良かったの?』

「女癖が悪かったですね、基本的に。」


  例)
  友人『こないだの初詣で元カノに会っちゃって、そのままヤッチャッタw』
  セレ「おま…、浮気はダメだろー。」
  友人『で、その事を今カノに言ったら、すげー怒られた!』
  セレ「おま………どこまでアホな子なの!?」


「久々に会えるので、ちょっと楽しみですw」

『まぁ、嫌いな相手とは全く連絡取らないセレだから、気に入ってる人なんだろうけど…。
 女から見たら、割と最悪ね…。』

「マァネ!
 ただ、結婚式って場なので、そういう話題はしないように言いくるめておきますb」

『まぁ式がどうなろうと関係無いけど、そうするのがいいかもね…。』

「空気は読めるヤツなので、たぶん大丈夫です。
 アホなだけで。
 雰囲気もちゃんと感じ取れるヤツだからね、アホなだけで。」

『セレ。アホって連呼しすぎ。』

「いい足りない位にアホなんです…。
 でも、それ故に友人関係が続いてるのかも?
 まぁ、いいやつですよー。

 ただ、会う度に
 『彼女できたか!?』
 って聞くのはやめて欲しいね、ムキー!」

『出来る訳無いじゃんねぇ?』

「それもイヤだなw
 まぁ、もういいけどね、独身貴族万歳っ!

 ほいじゃ、ここまでねー。
 皆、今の彼女に
 『こないだの初詣で、元カノとやっちゃったw』
 なんて言っちゃうようなアホな子になっちゃダメだからね!

 ノシ」

『そうそういないでしょ、そんなアホ…。』



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
スポンサーサイト

妹が襲撃を仕掛けてきた

セレ「昨晩、妹が急襲を掛けてきました、危なかったです…。」

エル『あと2分早かったら、連れて来た幼女を裸にして写真撮ってるセレに会えたのにね?』

「完全に犯罪じゃないですかそれ!?
 してないよそんな事!
 自分の部屋を色々写真撮って、新しいデジカメに慣れてただけだよ!?
 ただ、色々並べてたのでね、オタク系商品をw」

『今更、何を隠す必要があるのよ…?』

「や、流石にメイド嫁(マンガ)とかを立ち並べて写真撮ってる兄貴の姿ってのは、威厳崩壊の可能性があると思いましてねー。」

『あんた、まだ兄の威厳があるとでも思ってるの?
 もう、そんなの大ブレイクよ。
 ウルメイワシの年間漁獲高並。』

「分かりにくいネタをw

 でも、あのデジカメの機能の一つが、私の仕事向きでしたw
 簡単に言うと、撮影開始して自分を軸にして回転したら、その範囲を横長の一枚の写真にしてくれる機能!
 家の部屋全部をぐるっと写真撮る私としては、これは助かるw」

『なんでそんな写真を撮るのよ?』

「や、調査する時に全部調べてるつもりなんですけど、たまにあるんですよ調査し忘れたみたいなとこが…。
 その時に、全部の部屋を取った写真があったら、窓の大きさとか壁の仕上げ(壁の材料も耐震に関係する)とかを判断できるのでねw」

『なるほど…。』

「で、まぁ来客(妹)のチャイム鳴ってから大急ぎで本棚に戻して出迎えて。
 そして始まる兄妹トーク。」


セレ「何、どしたん?」

妹君『なんかドサドサ何か片付けてたけど、今大丈夫なの?』

セレ「何も問題無いんだぜ、1人でネット見てただけだから。」

妹君『何見てたの? あ、それかなつかしー!』

セレ「全部アルヨ!」

妹君『パソコン買ったらちょーだい。』

セレ「ええよー。」


※ちなみに見てたのは、『オー!マイキー』シリーズ。
  パパの高笑いが最高だと思うんだ。
  ちなみに今ならニコニコに全部あるんだぜ、見逃してた人はゲットしちゃいなヨ!


セレ「で、どうしたのこんな時間に?」

妹君『あ、これこれ、お母さんに頼まれたのと、あとはわたしのおごりだ!』

セレ「お母さんが?
   …あ、ネクタイかー。
   そして、このナイスクッションはお前のおごりか!」

妹君『ん! なんと400円もした高級品だ、心置きなく使うがいい!』

セレ「予想外の安さw
    え、クッションってそんなに安いの?」

妹君『イケヤだからねー。』

セレ「へぇ、そんな店があるんだ…。」

妹君『で、ちょっと相談したいんだけどさ?』

セレ「なんだ?
   恋愛相談に友達相談、果ては減らない体重に関してまで、なんなりと聞くがいい!」

妹君『お兄ちゃんに恋愛相談とか、する訳無いし。
   そこまで落ちてないよわたし。』

セレ「……だよね……。
   で、相談って?」

妹君『いやー、パソコン買おうと思ったんだけどさ、どんなのがいいかなーって。』

セレ「そのパソコンで何をするのか、によるねぇ。」

妹君『YouTubeで、ワンピース見るくらいかな?』

セレ「…それだったら、ぶっちゃけ売り場にある一番安いパソコンで十分じゃね?
   アキバ辺りで中古パソコン買っても、それくらいならいけるだろ。」

妹君『あ、そうなんだ?
   ほら、お兄ちゃんのもお父さんのもなんかごっついじゃん?
   だから、それくらいのなのかなーって。』

セレ「これは、俺も親父もゲームするからなぁ。
   グラフィックボードって言って、まぁ、そういう画面の計算を早くする機械が入ってるんだよ。
   だから、むやみにゴツイ、特に俺のこれ。」

妹君『へー…。』

セレ「ま、ネットで動画見るだけだったらこんなにゴツイのはいらないよ。
   入ってるに越した事は無いけど、無くてもまぁなんとかなるはず。」

妹君『ふむふむ…。
   そしたら、安いパソコン探してみるかなー…。』

セレ「そうするがいい。
   わかんない事あったら、店員に聞いてみりゃ一発だb」

妹君『オッケー、ありがと。』

セレ「んむ。」




セレ「そういや、1人暮らしは順調?」

妹君『あ、昨日初めて洗濯した!』

セレ「どうだった? ちゃんとできた?」

妹君『お兄ちゃんと違って、あたしは家でもたまに洗濯くらいはしてたしー?』

セレ「…スミマセン ハジメテノ オセンタクデ スミマセン…。」

妹君『いいんじゃない? 最初から期待してなかったし?

セレ「orz」

妹君『お兄ちゃんこそどうなの?
   ちゃんと洗濯してるの?
   なんかパンツがやたら脱ぎ散らかしてあるんだけど?』

セレ「休みの日にしまくりだ、アイロンだって掛けてるんだぜワイシャツ!」

妹君『嘘!?
   あ、ホントだ、ワイシャツがピンとしてる!
   アハハハ、結構上手じゃん?』

セレ「あ、お前兄貴を舐めてるだろw
   こういう作業は割りと得意なんだぜ?」

妹君『無駄に器用だしねー。

   あ、そうだ、サーバー買ったよ!

セレ「…え、パソコン無いんじゃなかったの?
   ていうか、いきなりサーバー?」

妹君『え? パソコンは無いよ?』

セレ「あぇ?
   じゃ、サーバーって?」

妹君『サーバーって言ったら決まってんじゃん、ビールサーバー!

セレ「そっちかよ!?
   いや普通サーバーって言ったら、ネットとかホームページとかのサーバーだろw
   ビールサーバーってw」

妹君『だって、泡がクリーミーだしこっちの方が安上がり!
   でもビール高いからってなって発泡酒にしたとしても、同じようなもんだからサーバーで入れたら美味しそうだし!』

セレ「お前の酒に対する愛情は気味が悪いな…。」

妹君『気味悪くないよ?
   ていうか、お兄ちゃんのあの本棚の方が気味悪いんだけど、何あのエロ本満載の棚?

セレ「ば…、あれは、違うんだぞ?
   あれはなんていうか…、そう、漢の青春ってヤツ…?」

妹君『まぁどうでもいいけど…。』




妹君『お兄ちゃん休みの日とか何してんの?
   1人分だったら洗濯とかもそんなに時間…あ、ワイシャツのアイロン掛けは時間かかるか…。』

セレ「いや、時間はかかるけども流石に一日は掛からないw」

妹君『じゃ何してるの?
   ずっとゲーム?』

セレ「まぁ基本的にゲームだなぁ…。
   あとは、DVD見たり…。」


※当然アニメです、なのはStrikerSは傑作です


妹君『アハハハハ、一緒だ!
   うちもね、こないだパイオニアのDVDレコーダー買ったよ、これからDVD見まくり!』

セレ「オススメ作品教えようか?」

妹君『実写ならね。』

セレ「………ホームアローンとか…。」

妹君『何回も見たじゃん、テレビで。』

セレ「…踊る大捜査線…。」

妹君『それも見た。
   何かラブロマンスとか知らないの?』

セレ「…タイタニック…?」

妹君『それ、うちがDVD借りてきて家で見たじゃん!
   お兄ちゃん、相変わらずそういうの疎過ぎ!』

セレ「野郎は黙ってアニメでイインダヨ!」

妹君『良くないに決まってんじゃん…。』

セレ「くっ…。

   …あ、飯とかってどうしてる?」

妹君『今夜は焼き鳥温めて食べた、セブンのやつ、結構いけるよ?』

セレ「年頃の娘としてどうなのそのチョイス…。」

妹君『あ、あれオススメ、オススメがある!
   あのね、100円のね、パックのひじき!
   あれね、お酒に結構合うよ!』

セレ「…もはや完全にオッサンじゃねぇかよ…。」

妹君『ひじき最高。』

セレ「最高がヒジキだと…?
   馬鹿な女め…、最高はカロリーメイトのフルーツ味に決まっておろう!」

妹君『あ、カロリーメイトもいいねー、フルーツ味よりもチーズ味が好きだけど。』

セレ「カロリーメート最高!」

妹君『ひじき最高!』

二人【あはははははははは!】




妹君『あ、そろそろ1時になっちゃうから、うち帰るわー。』

セレ「あ、ほんとだ…。
   気をつけて帰るんだよー?」

妹君『送って行って☆』

セレ「送るか、歩いて20mもねぇじゃねぇかw」

妹君『アハハハハ、部屋見せらんないしね、まだ。
   酒蔵みたいになっちゃってるからねー。』

セレ「おま…。」

妹君『そいじゃ、お邪魔しましたー。』

セレ「何かあったらいつでも連絡寄越すがいい、兄貴超特急で駆けつけてやるぜ?」

妹君『はいはい了解!

   あ、お兄ちゃん!』

セレ「ん? 忘れ物か?」

妹君『彼女連れ込む時には呼んでね、挨拶したいからw』

セレ「余計なお世話だコンチクショー、独身貴族最高ヒャッホゥ!」

妹君『全く…、ま、おやすみおにいちゃん。』

セレ「ん、おやすみー。」




「で、セレインさんはマイキーの保存作業に戻る、と同時にレールガン鑑賞モードになる、とw」

『相変わらず、仲いいわねぇ…。
 比較対象が無いけど。』

「どうなのかねー?
 うちも比較する相手はいないからなぁ…。
 友達も一人っ子が多いし、兄弟いても同姓なのが多いからねぇ…。」


※たぶんこのブログに出てきた高校時代とかの友人は、ほぼ全員に異性の兄弟は居ないはず。


「数少ない、『兄貴がいる女友達』の話だと、兄貴が包丁持って追いかけてきたというバイオレンス漂う感じでしたしね…。」

『…参考にならないわね…。
 でも、もしかしたらそれが普通の異性兄弟のあり方…?』

「いやですよそんなホラー国家w
 包丁は無いでしょw」

『いや、もしかしたって可能性が…。
 …ま、薄いか。』

「薄いっていうか、無いと思いますw

 さて、ROについてですが、昨晩は全く何もしてませんw
 帰宅直後に妹襲来で、そこからマイキー&レールガン鑑賞だったのでねw」

『レールガン、どんな感じ?』

「いいですねー。
 木山さん、道端で脱いでましたねやっぱりー。
 でも、都市伝説云々のくだりはアニメオリジナルですね、うまく当麻も絡めてナイスだったと思いますb」

『なかかの巨乳だったわね。』

「ですねぇ。
 まぁ、アニメの巨乳ったらどえらいのが多いからなぁ…。」

『たとえば?』

「単純に胸の大きさだと…、ギャラクシーエンジェルのフォルテなんかもかなりでしょ?
 あの作品はみんな大きい気がしますが、特に主役級じゃない人たち。」

『あぁ、アルモとかココとか?』

「名前は覚えてないw

 ヴァニラとかミントなんかは、まぁ年齢設定自体がまだ幼い・・・のかな?
 調べた事無いけど…。」

『まぁアニメだと野郎の妄想とかがかなり入るだろうしねぇ…。
 スタッフって、ほとんど男なんじゃない?』

「分からないですけどねw
 まぁ比率なら男が多いんだろうなぁ…。」

『幼女好きなセレとしては、やっぱりペターンな子ばっかりのアニメが好きなの?』

「そんな事は無いw
 ていうか別に幼女好きって訳じゃないですからね!
 もう言い飽きてるくらいに言ってるけど!

 っと、長話する程の内容でもないんで、今日はここまでー。
 ではではっ!
 ノシ」



■ジャパネット感謝祭開催■
 ●11/3(文化の日)22:00開始
 ●開会恒例のクイズ大会を初め、前回始まった箱の中身勝負のとかもあって盛り上がる事請け合い!
 ●友人を連れて来た場合、紹介料として
   『セレイン(女装ver)』もしくは『セレイン妹(飲酒中)』
   を一匹、もれなく皆さんにプレゼント♪
(嘘


にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

卵買う作業で筋肉痛になった…?

セレ「昨晩は狩り時間がゼロ分でした、セレインさんです。」

エル『タイトルが、もう普段の生活云々よりも男としてその肉体はどうなんだってくらいに貧弱すぎるんだけど…。』

「ホントのとこは分からないですけどね?
 ただ、腕立て伏せの体性を取ったら、なんと自分の重さを両腕が耐えられずにそのままつぶれる、それくらいの筋肉痛?

 でも、特に運動した記憶は無いので、おそらく卵購入くらいしか原因がw
 あの、同じ体性を保ったままで指だけを動かす行為が思った以上に私のナイスバディにダメージを蓄積していった模様。」

『ナイスバディってのはアンタみたいな体じゃなくて、わたしみたいなのを言うのよ。』

「なんという自信満々…!
 私のは9割以上が冗談で言ってるけど、エル姉は本気でそう思ってそうw」

『ま、事実だしね?
 ていうか、自分に自信が無いのに他人にどうこう言うのはおかしいでしょ?
 だから、わたしはいつだって自信満々でないといけないのよ。

 だから、誰に何を言ったって許されるのよ。』

「…なんか途中で何かが飛躍した気がしますけど、スルーしますw

 さて、材料の買取を続けてますがなかなかはかどりませんw
 まぁsトライデントのチャット買取よりは目に見える数値として進んでるのはわかるんですけどね?」

『セレは5400個作る事にしたんだっけね?』

「時間が出来たら頑張ってネイチャを砕いて、そのお金で追加ってのも考えてますけどねw
 でも、あれ面倒なんですよねー…。」

『倉庫との行ったり来たりが何度もになるからねぇ。』

「でも、自分でウンバラに行けるんだったら問題無いんですよ。
 ウンバラに行くのが非常に面倒なのが問題なんです…。」

『テレクリとアカデミーバッジを装備していけばなんとか通過できるんじゃない?
 臨時広場でポタ募集する方が早いとは思うけど。』

「まぁ、今夜耐力があって狩りする気になれなかったらそうしますかねー。

 さて、話は変わりまして最近のRO以外の行動。

 『とある魔術の超電磁砲』
 を見てます。
 いいね、美琴いいね!」

『あの作品だと誰が一番好きなの?』

「やっぱり美琴かなぁ…。
 でも、黒子とか初春なんかも好きですね、なんか可愛いじゃないですかw」

『あの作品には、セレの好みの年齢層がいないからねぇ…。』

「…その層の具体的な話は聞かない事にして…っと。
 あとは、『蒼穹のファフナー』を見直したりもしてますw
 真矢TUEEEEE!」

『あぁ、スパロボの彼女もすごい強さになってたわね、んたのセーブデータ。』


※セーブデータ改造なんてしてないぜ、好きなキャラを育てまくるセレインさんだから、
 好きなキャラは鬼神のようになる。
  例)ヒイロ・ユイ、ラトゥーニ・スゥボーダ、キョウスケ&エクセレン等


「武器が全部弾数制ってのがネックにはなりますけど、ガンファイト9にしてヒットアンドアウェイ覚えさせたら化けますね!
 めっちゃ遠くから敵を狙撃して激破、そのまま突撃とか。
 敵の中に突撃させて、コンボ武器のガルム44で一度の攻撃で6匹撃破したり。」

『大暴れね…。
 で、アニメしか見てないの?
 AVとか無いの?』

「あ、AVで思い出した!
 今日は帰りにコンビニ行ってダンボール箱をもらってこないと!
 友人に頼まれた本を郵送しないといけないw」

『エロ本?』

「残念、2級建築士の勉強のテキストですw
 10月中になんとかする予定が、すっかり遅くなってしまた…。」

『ていうか、AVで思い出すってのはどうなのよ…。』

「や、なんかAV好きなヤツだったので…。
 私も彼もエロに関しては詳しい方でしたけど、私は2次元で彼は3次元でした。」

『…ダメ人間(セレ)と真人間(彼)のコンビか…。』

「彼はパソコンに弱いから2次元のはたぶん体験できないんじゃないかと…。

 彼『なー、俺のパソコンってさ、ソフト何入ってんの?』
 私「いや知らねぇよそんなん…。」
 彼『なんか調べる方法とか無い?』
 私「一番左下にマウスの矢印持って行って、スタートってとこで右ボタン。
   すべてのプログラムってとこに矢印持って行ったらなんか文章が一杯出るだろ?
   それが、入ってるソフトだよ。」

  ※『カーソル』『クリック』といった単語すらも通じない可能性があるからこんな説明
  ※『プログラムの追加と削除』からみる方が確実なんだろうけど、彼だと荷が重いと判断

 彼『おわ、なんか一杯出た!』
 私「そうそう、それが入ってるソフト。」
 彼『あ、でもこれに無いなぁ…。
   入ってるはずなんだけどな…。』
 私「何のソフト探してんの?
   俺が持ってる無料のソフトだったら今度やるけど?」

  ※『フリーツール』って単語が通じない可能性があr(ry

 彼『あれだよあれ、ウインドウズ。』
 私「OSかよ!?
   そりゃそこには出ないだろうよw」
 彼『OS?』
 私「あー、パソコンの本体みたいな…ソフト…だよ、うん。
   で、何を調べてんの?」
 彼『iPodに曲入れるソフトを入れたいんだけどさ、対応してないのがあるかもしれないとか彼女が言ってたから調べようと思ってね。』
 私「あー、なるほどねぇ。
   そのパソコンのOS分かるんだったら対応してるかどうか分かるけど、OS分かるか?」
 彼『分かる分かる!』
 私「分かるのかよ…!」
 彼『このパソコンのOSは、ウインドウズ!』
 私「………。」
 彼『………。』
 私「………え、ウィンドウズ…何?」
 彼『え? 何って?』
 私「いや、ウィンドウズにも種類沢山あるから…。
   XPとか2000とか…。」
 彼『え、マジ?』
 私「お前ホントに俺と同い年か? 50年くらいサバ読んでないか?」
 彼『読んでねーよ!
   で、何だよこのパソコンのウインドウズのバージョン?
   どうやって見るのそれ?』
 私「えーと……え、どこで見るんだろそれ…?
   …あー、これだたぶん。」

  ※自分のパソコンいじりながら説明してる

 私「マイコンピュータって名前の…絵があるだろ?
   それを左ボタンでカチカチッてやると、どんなのが出る?」
 彼『マイコンピュータを…左2回、えーと、なんか画面出た。
   左にシステム情報を表示する、プログラムの追加と削除、とか他にも色々書いてある』
 私「あ、それだ。
   システム情報を表示する、ってので左ボタン一回押して。」
 彼『おし、押した。』
 私「そしたら、上の方に書いてない?
   システム、マイクロソフト・ウィンドウズXPとか。」
 彼『あー、書いてある書いてある!
   XPだ!』
 私「よしOK!
   覚えとけよ、そnパソコンのOSはXP。
   で、XPならiPodのソフトは大丈夫だよ。」
 彼『お、マジ? サンキュー!』


 私レベルでも教えられる事を聞いてくるレベルなので、彼のパソコンレベルは初心者です。」

『それだと、確かに二次元との出会いは期待難しいかもね…。
 まぁ、インストールするくらいだから難しい事は何も無いんだけどね…。』

「DirectXが必要なゲームとかでサポートがしっかりしてないソフトだと、無理なんだろうなぁ…。
 『ネットって、会社はどこに本社あるんだろ、やっぱアメリカとかなの?』
 とか聞かれた事ありますしね…。」

『あぁ、インターネットがどこかの会社の名前だと思ってるんだ…。
 セレも昔はそうだったでしょ?』

「でも、今の時代で…ねぇ?
 私だって、高校卒業するくらいには会社の名前じゃないってのは知ってましたよ?」

『それも十分遅いと思うけど…。』

「ま、何はともあれレールガンもファフナーも面白いですb
 インデックスもまだ全部は見てないんですけどねw」

『そういえば、マンガ版のが両方新刊出てたわね。』

「マジデ?
 帰りに買わないと!」

『少し我慢を覚えなさいよ…。
 お金、置いておかないとまずいでしょ?
 デジカメ買ったし、今度結婚式で祝儀包まないといけないんだから。』

「…そうだった!
 やべ、結婚式目前じゃん!」

『目前よ。
 だから置いておけって言ってるのよ。』

「了解ですb

 ほいじゃ、まぁ今日はこれくらいでー。
 パイ材料はあと卵2000個くらい購入したら終わりなので、なんとか今夜くらいで終わらせたいですねw
 作成まで終わったら、ネイチャ砕きだだだー。

 ではではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

かぼちゃパイ作成計画(色々な情報)

■まとめた内容は最後に書いておくので、時間が無い人、もしくはセレインさんの駄文なんて読んでられねぇよ、な人は下に流しちゃえw■


セレ「去年作ったのがまだ残ってますけども、新しいかぼちゃパイを作る事にしました、所持金ほぼ全てを使って!」

エル『ま、後で高く売れるし優秀な回復アイテムだし、損は無いでしょうねー。
   槍の購入は遅くなっちゃうけど、まぁいいでしょいつでも。』


※かぼちゃパイ
  HPとSPを同時に5%ずつ回復させる効果を持った回復アイテム。
  驚く無かれ、重量はたったの1、アイスで8、白ポーションで15、スリムポーションでも3(?)なのに、たったの1。
  しかも期間中は7%回復(去年の場合)する悪魔のような回復アイテム。


「さて、ここで自分の為も考えて、かぼちゃパイを作るのに有用っぽい情報を書いておこうかな!」

『ふむ…。
 わたしの出番?』

「ですねw
 お願いします!」

『はいはい。
 ま、たまには真面目にいきますかね、セレをいじるのにも飽きてきたし。』

「飽きられる程にいじられた私を、誰か慰めて…?」

『えーと、まずはクエストをクリアしなさい。
 事前準備皆無だったセレでも40分程度でクリアできたし、いけるでしょ?』


※必要アイテムのお菓子を集めるのに手間取りましたw


『クエストの内容に関しては、自己責任で
 『ROクエスト案内所』
 でも見ながらクリアなさいな?
 まぁ、見なくてもそんなに難しい事を要求される内容じゃないから大丈夫だとは思うけどね?』

「ですねw
 でもって、女の子って言ってたからちょっとワクワクしてたのに、立派にお姉さんでしたよ。
 それがちょっと残念☆」

『はい激ロリコンの戯言は置いといて。

 えー、かぼちゃパイ1個に必要な材料は、
 ・ミルク3個
 ・かぼちゃ3個
 ・赤い香辛料1個
 ・卵1個
 以上4種類8個。

 まずは、
 『自分がいくつ作れるのか』
 を把握するわよ?

 それを考える為に必要な情報は…、そう所持金と1個作る場合の原価。』


※注意※
  ここでは『倉庫を開く為の費用』は計算に入れていません
  さらに、『ディスカウント10』での値段を考えてます


『まず考えないといけないのは1個の材料費だけど、実は、入手する卵が
 『10個セットで3800z』
 という内容だから、余らせない為に10個で1セット、って考えるわよ?』

「んむ、余っても使い道ないですしねw
 今は600になって楽になったとは言っても、やっぱし1個でも倉庫を圧迫しちゃいますしねw」

『それを踏まえて、1セット当たりの材料費ね。
 ・ミルク3個 x 1セット分10個 = 30個
   1個19z x 30個 = 570z
 ・かぼちゃ3個 x 1セット10個分 = 30個
   1個11z x 30個 = 330z
 ・赤い香辛料1個 x 1セット分10個 = 10個
   1個760z x 10個 = 7600z
 ・卵1個 x 1セット10個分 = 10個
   10個セットで3800z
 ●570z + 330z + 7600z + 3800z = 12300z

 というわけで、1セット10個を作成するのに必要なお金は12300zね。』

「『所持金』÷『12300』x『10』=『作成できるパイの個数』
 って訳ですね!」

『ん。

 で、次に考えるのは個数。
 これは簡単でしょ?
 ・ミルク&かぼちゃ→作りたい個数の3倍の数を購入
 ・卵&赤い香辛料→作りたい個数と同じ数を購入。』

「ふむふむ…。」

『ちなみに全部プロンデタrで探すのが早いと思うけど、まぁ近場を知ってるんならそっちでもいいかもね?
 プロの場合、
 ・ミルク→プロンテラ左下あたり、牛乳商人(女性)
 ・赤い香辛料→プロ中央噴水の真上、料理材料商人(野郎)
 ・かぼちゃ→特設NPC、プロ噴水からまっすぐ上に行った、握手像前
 ・卵→特設NPC、イベント限定フィールド内、人だかりがあるからきっと分かるはず。』

「卵売ってくれる人は、私の第一印象は『これ、シェリー・クロムウェルじゃね?』です。」

『はいどうでもいい事で口出ししないの。

 で、購入も終わったら、いよいよ最終段階、作成作業ね。
 これはひたすら作っていくんだけど、
 ・ミルク3個→9
 ・かごちゃ3庫→6
 ・卵1個→3
 ・赤い香辛料→1
 ●合計重量→19

 だから、自分の重量制限を見て、装備とかで使ってる分を差し引いた数を19で割れば、一度に交換できる数が分かる。
 で、その数だけ倉庫から出して交換→倉庫を開いてパイを入れて材料出す、を繰り返しね。

 ちなみにカート満載する場合には421個分が限界ね。』


※421*19=7999
  カート積載量は最大で8000


「ふむー。
 勉強になったね、皆!」

『なるかねぇ、これ…。
 まぁ、自分用のメモもかねてるみたいだし、いいけどね。』

「ほいじゃ、ここまでねー。
 ノシ」



■かぼちゃパイ作成まとめ■
・かぼちゃパイ作成には『ミルク3個』『かぼちゃ3個』『卵1個』『赤い香辛料1個』が必要。
・かぼちゃパイ作成には1個1230zの材料費がかかる。(卵3800、DC10の場合)
・材料の『卵』は10個セットんも3800zしか入手方法がないので、無駄を出さない為には
 10個で1セットの作り方をしないといけない。
パイ1個の材料の重量は19あるので、一度にもてる数を計算しよう。
 (まだ作成作業してないから分からないけど、先にパイ受け取るだけの所持重量の余裕がいるなら20で計算しよう)
一度にカートに入る材料は421個分で、総重量7999になる。


にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

デジカメ新調、盗撮なんてしないよ?

セレ「経験値が増えましたよ、吸わせてもらったり吸ったりで!」

エル『吸ったのはクォーリン?』

「ですねw
 アヌビスに連れて行ってもらいましてねb
 途中で倒されたりもしましたけど、まぁ概ね平和でした。

 吸わせるのはアビスでのEDPSB。
 3に肺ってすぐにでっかい赤いのが見えた時にはどうしようかと思いましたよw

 南無もしましたけど、お互いに経験値は増やせたかな?」

『クォーリンは今、どんな感じだっけ?』

「なんと90歳にまで上昇!
 本気で転生を狙えるんじゃないかとか思いますけど、時際は厳しいのかなぁ…。」

『飽きっぽいしねぇ…。』

「ですねぇ…。

 さて、木曜日の午後からやってた仕事の話でもしようかね!
 まぁあんまり細かい事は掛けないんですけどねw」

『社外秘、なんでしょうしねぇ…。』

「ま、簡単に言ったら、
 『ちょっとサーバーがドカーンになって情報吹っ飛んだ、バックアップデータを参考のして、頑張って手で入力!』
 って話。

 その会社内で開発した独自プログラムでもって登録していくんだけども、数と時間がやばかったんだぜ…。
 で、入力の後にも微調整があったりとか色々あって、結局は土曜日も午前中は仕事してましたー。」

『あらら…。』

「終わった後は事務所に一旦行きまして、買ってた物を回収。」

『何か買ったの?
 お買い得なキットカットの大袋とか?』

「それはそれで魅力的だけども…。

 えー、買ったのはこれー。
 へへへ、これで飲み会とかの時には、カメラ目線じゃない写真を取り捲れる・・・はず・・・なんだぜ・・・?」


購入した商品はこのセットだー


『あぁ、これかぁ…。』

「へっへっへ、1人で部屋で起動してやろうかとも思いましたけど、悲しすぎるので踏みとどまりましたよ…。
 いや、まぁ近いうちに起動はしてみますがw
 いきなり本番(友人の結婚式)で使うのは不安なのでねw」

『ま、そんなもんかしらね?』

「そんなもんですw
 というわけで、電池を買って帰らないと…。」

『エネループあるでしょ?』

「・・・・・・・・・あっ!」

『また記憶から抜けてる・・・。』

「や、まぁ結局2本しかないからダメなんですけどねw
 うちで使う用にも2本くらいは置いときたいしね?」

『電池必要な道具なんて、セレの部屋にあったっけ?』

「…備え付けのテレビのリモコン…とか…?」

『いらないでしょ電池。
 最初から入ってるんだし、そもそもほとんど使わないんだから2年くらい余裕で持つでしょ。』

「でも、電池はいるんだもんね!」

『まぁそんなに高くも無いし、別にかまわないけど…。
 無駄遣いしないように自制しなさいよ?』

「無駄遣いはしてないんだぜ?
 食べる物以外はほとんど何も買ってないようなもんだしね!」

『それもどうかと思うけどね…。』

「さて、いい加減狩りの話しますよー。

 えー、なにやら狩りをする度に経験値が減るアサクロなので、ちょっと増やしてきましたよ。
 凪さんとアビス!
 吸わせてました!

 先にクォーリンでめがっさごっそり吸わせてもらったんですけどねw」

『また毒瓶の散財狩りか…。』

「ま、お金は減ってないですしね、買ってたのを浸かってるだけなのでw」

『それは、資産は減ってるんだから際材狩りであってるでしょ?』

「はい、えー昨晩(日曜日)はみんなでトールに行って来ましたよ!
 土曜の夜はETでしたけど、経験値は10%くらい減ったんだったかな?

 カード帖が出ましたのでヒャッホーでしたが、精算で買い取ってあけてみたらHPが100も増えちゃうカードで、お兄さんちょっとションボリですよ…。」

『だから帖はあけるなと…。』

「ちなみにこのカード、2Mで売るよ!
 しかも今ならネイガンまで付いちゃうというお買い得商品☆」

『どう見たってふざけた値段設定ね…。』

「お、お姉さん言うねぇw
 ほいじゃおじちゃん、美人さんの為に大負けに負けて出血ダイサービス!
 半額の1Mで、おまけのネイガンはそのままつけちゃう!
 どうだい☆」

『相場は700K程度なのに1Mとか、やっぱり高いままだし。』

「チッ!

 ま、うにさんが欲しがってるみたいだから500とか600とか、それくらいで売る予定ー。
 sトライデントが入手できなくてなかなかさせずにいるカードも、もうそろそろきっと見つかると信じてます…。
 誰か余ってないかなぁ…。」

『今のところ、BB発動のグリフォンにSB発動のインジャスティスが決まってるんだっけ?』

「ですねー。」

『そしたら、あと一枚はもう無難にアンドレとかでいいんじゃないの?
 汎用武器として作るんでしょ?』

「そうなんですけど、それじゃつまらなそうといいいますか・・・。
 いっそハンターフライでも挿してやろうかとか考えてますw
 チマチマ殴るだけですけど、それでもちょこちょこ回復してくれたらそれはそれで面白いかなーとw」

『それなら、大人しく中型とかのサイズ系を挿すのがいいと思うけどね…。』

「まぁ見つかってから考えますよw
 ていうか、たぶん見つかって狩りを始めたら何か指したくなるでしょうしね!

 あとはもう、色々動いたけども特に書く事は無いかも?

 というわけで、宣伝!」

『ん?』



■ジャパネットさえき感謝祭■
 2009年11月3日 開催!


「場所等の情報は、確定しだいお知らせしますですよ♪」

『景品、準備したの?』

「店長がめっちゃ頑張りました!
 またジャパネットのG狩りしてお金を収集しないとなーと思いつつ、自分のキャラの育成につきっきりなわたし…。

 でも、そういうのがあるならそっちに行くので、気軽にどうぞ!」

『ん。』

「ほいじゃ、なんかダラダラ書いたけどここまでー。
 そろそろアクセスワード集計の日だなーと思って覗いてみたら、やっぱりカオスで覚悟を決めてるセレインさんでしたー。

 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

今日と明日は更新無いよ!

セレ「突然、数日の出向というなんだか良く分からない事になりましてね、今日と明日は更新できそうにありません。」

エル『今してるじゃないのよ…。』

「や、容量的にこれは更新したって言えないかなーとか思いましてねw
 だって、あと10分で出発ナノヨ?」

『ていうか、セレレベルの人間でも大丈夫なの?』

「ワードとエクセルが使えればOKとの事だったのでw
 たぶん事務所内で一番タイピングが早いのはわたしです。
 へへへ、毎日のようにブログを更新してきたタイピング技術はなめちゃいけないんだぜ…?」

『…それでもブラインドタッチが全く出来ないのよね…。』

「あれはたぶん、アゴにも目がついてる人にしか出来ないんだと思うんですよ。

 ま、そんな事はどうでもいいやw

 流石にお付き合いしてる会社の人に頼まれて出向行くのに、そこでkんなブログ書く訳にも行きませんしね?

 はい時間切れなのでここで更新終了っ!
 いってくらー!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

セレインさんは人間だよ、っていう主張とクォーリン89歳の報告

セレ「予想よりも早く帰社できましたけど、その分仕事は増えてて結局時間が無いセレインさんですが、急ぎじゃないっぽいから更新だけしますヨ!」

エル『その情熱を、もっと別の方向に持っていければねぇ…。』

「ま、人間なんてそんなもんですよ。」

『…人間じゃないのに人間を語ってる…。』

「ヒ・ト!
 人類だから私!

 ま、時間も無いから昨晩の話ね!
 えー、クォーリンが89歳になりました。
 これで、オーラとも公平が組めますb

 クォーリンが90になったら、一期に色々なクエストをこなさせようと思ってます。
 まずは、畳ダンジョンに入れるようになる為のクエストです。」

『…どんだけレベル低いクエストから始めるつもりなのよ…?』

「目指すは、ニムに続いて二人目の
 『アカデミー・シークレット・ストーリー』
 『モンスター・サイド・ストーリーズ』
 攻略!
 これ終わったら、もしかしたらレベル99まで上がるんじゃね? とか予想してます。」

『絶対無理だけど、夢見るだけなら罪じゃないからヒミツにしとくわ。
 たぶんキルハイルとか名も無き島とかのクエストを全部やっても絶対無理だと思うけど、秘密にしとくわ。』

「丸聞こえですよ!?
 もうちょっと、夢見る時間を長引かせてくれてもいいじゃないですか!」

『秘密にしてたけど、実はわたしってね、セレが苦しむのを見るのが大好きなのよね。』

「悪魔!?
 ここに悪魔がいるよ!?

 これはもう、SOM団の人に頼んでME撃ってもらうしかない!」

『わたしより先に、セレが蒸発しそうよね。』

「ヒ・ト!
 わたしは、ヒ・ト!」

『はい、セレの冗談はさておいて今日はここまでねー。
 じゃ、皆はセレみたいな性犯罪者にならないように気を付けなさいな?

 ノシ』

「ちょ…、勝手にしめらr…



(通信が物理的に切断されました)



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

昨晩はうちの部屋に二人の人間がいたんだぜ

セレ「昨晩、仕事が終わった頃に先輩が言い出しました。
    『たまには、若い人間だけで呑みに行くか!』
    飲み会、急遽開催決定です!」

エル『あんた、呑めないのにねぇそんなに。』

「嫌いじゃないんですけどねw
 ていうか、あんまり量を飲んだ経験がありませんw

 だってさ、何をしでかすか分からないのって怖いじゃないですか?
 それで痴漢とかしちゃて、覚えてないのに気付いたら留置場とか、しゃれになりませんよw」

『慣れてるでしょ?』

「経験ゼロですよ!?
 警察の厄介になる常連みたいに言わんといて!

 で、まぁ呑む訳ですよ。
 今回は、私があれですよ、運転手。
 英語で言ったらハンドルキャッチャーですね。
 キャッ、英語も使っちゃうセレインさんってばステキ☆

 …まぁ、英語じゃないんですけどね、きっと。

 で、私はオレンジジュースとかウーロン茶とかを飲んでましてね?
 まぁ会った事がある人は分かるかもしれませんが、私って飲んでも飲まなくてもテンション変わらないんですよ。」

『空気を読まないのよね。』

「まぁね!
 まぁ暗い雰囲気の時に爆笑するような事はしませんけどね?

 でもっておしゃべりしつつ食事もして、終了。
 先輩の車を私が運転して、まずは先輩を家に届けました。
 で、先輩の車に乗りっぱなしの私が、全員を事務所に送ります。
 車は事務所に置き去りにして、先輩が明日回収、と。」

『あー、なるほど…。』

「で、事務所への運転中、後輩君が酔って、えーと、あれだ、あれですよ。
 口から、ファンタジーが出ました。」

『酒に弱いのガンガン行くから…。』

「で、そんなこんなで時間も遅く鳴っちゃいまして、西船橋に到着したのが夜中の12時過ぎ。
 やばいぜ、終電が無いから後輩君が帰れないっ!」

『え、ウホッ?』

「全力でちげぇよ。

 本人は
 『大丈夫っす、朝までどっかベンチで寝て、始発で帰ってちょっと寝れば大丈夫っすよ!』
 とか言ってるんですけどね、顔がね、白を通り越して青いんですよ。
 そんなのね、ほっとける訳無いじゃないですか?

 という訳で、うちに連れて行くことにしました。

 ちなみに彼、ノーマルです。
 どういうノーマルかといいますと、

 『コミケってやつ、一回行って見たいんですよねー。』
 『パソコンゲーム? あ、家で初めて買った頃にあの爆弾探すやつで遊んだくらいかな?』
 『同人誌って何ですか?』

 これくらいノーマル。」

『セレは対極だもんねぇ…。

 『コミケって、一回休んでみたいんだよねー。』
 『パソコンゲーム? あ、家で初めて買った頃にマルチを攻略してから、もう生活の一部だね。』
 『同人誌っていつの間にか増えてるよね、部屋に。』
 『ウホッ』

 とかそんな感じだもんね。』

「前3つはいいとして、最後は無いんだぜ!
 やっぱり、そういう事は女の子相手にしかしちゃだめですよ、きっと、うん。」

『恋愛に性別の自由は認めない、と?』

「む、そういわれると許可しないといけない気がしてきたぞ…?
 や、でも私は野郎相手にウホッはしません。
 なので、

 『エロイン ブラムス 挿入』
 『エロイン ブラムス やらないか』
 『エロイン ブラムス BL』

 で検索した人はもうそのワードやめようね!
 しかもこれ、現状の2位と3位じゃないですか!
 ムキーーーーー!」

『世間が、やっとセレを理解し始めた…。』

「まだロリコンの方がいいんだぜ…。

 で、まぁつれて帰って。
 アパートの一階部分の自販機で水買って渡して、風通しを良くしてー。」


※まだ容器が無いから冷蔵庫に水が入ってない…!


「まぁなんとなく元気にはなってきてたのでね、運転中に外でファンタジー出してましたしねw

 『酒飲み+元から乗り物酔いしまくりな体質=ファンタジー』

 これ、今度のセンター試験で出うから覚えとこうね皆。
 」

『出ないから。』

「で、彼が色々置いてある本に興味津々で読書(初音ミクの使い方みたいなの読んでた)し始めた頃、PC起動して頼まれた作業開始。」

『何頼まれたの?』

「アルバム買うと、なんかライブ風景とかのDVDとか入ってるのあるじゃないですか、アーティストの。
 それを、IPODで見てるようにして欲しいとの事でね。」

『あぁ、そういう事か…。』

「で、案の定プロテクトが頑張っちゃってるDVDでね、セレインさんはそういうの不得意なのでどうしようかと悩みましたよ、3分くらい…。」

『短いわね、悩む時間…。
 あんた、悩まないからアホなままなんじゃないの?』

「否定できないんだぜ…!」

『で、どうやって解除したの?』

「プロテクトって、要は、なんか壁があるんですよね?」

『…まぁ、そうね。』

「で、壁を上から乗り越えるのも、ぶちぬくのも無理じゃないですか?」

『まぁ、簡単じゃないでしょうね、なんか詳しいヒトとかは出来るんだろうけど。』

「だから、壁を下から掘って行ったらいけるんじゃないかなーと思ってね?」

『……うん。』

「ぅおりゃぁっ!
 ってやったら、出来たよ。」

『……え、意味が分からないんだけど…。』

「まぁ、ほんとの所は色々やってたらなんか出来た、と。
 たぶん、もっかいやれっていわれても出来ないと思うヨ!」

『適当な…。』

「で、就寝。

 起床して、朝の一杯って感じで二人でスポーツドリンク飲んで出勤ダヨ!
 終始申し訳なさそうにしてる彼に、あぁなんだか初々しいなぁ、とかオッサン臭いことを考える私w」

『セレの新居に入ったのは、凪に続いて二人目かぁ。』

「ですねー。

 で、彼はどうやら腕時計を忘れてきたっぽい上にどこに置いたか全く記憶に無いらしいので、捜索しないといけませんw
 が、私と違って彼は到って普通な人間!
 なので、きっと私みたいに意味不明な場所に置いたりはしてないでしょう!」

『セレは、変なとこに色んな物を置くからねぇ…。』

「なんか、置く時には、
 『おっ、ここってこれ置くのにジャストフィットじゃん?』
 とか思ってるんですけど、それがどこだか分からなくなるんですよねー…。

 ずいぶん前になりますけど、定期は普段はズボンの右ポケットに入れてるのに、何を考えたかラノベの間に挟んでたりしてたしね!
 事務所に定期忘れたと思って戻って、あれーねぇぞーとなって、諦めて切符かって電車に乗って、時間潰しでラノベ出したらはさまっててね…。
 さすがの私も、ちょっと動きとか止まったね。」

『そのまま止まってれば良かったのにね?』

「…この酷すぎる姉を、誰かどうにかしてください…。」

『わたしが死んでも、代わりはいるしね?』

「ちょ・・・、いつ作った!?
 私の脳内に変なの作らないで!」

『や、何が一番変って、たぶんわたしが作った何かよりもセレ本体だと思うのよね。』

「ぶっちゃけられた…!
 でも挫けない、へこまない事で有名な私なのでね!

 うっし、ここまででぇい!
 明日は更新できるか分かりません。

 午前中調査→役所に書類届け→打ち合わせのスーパーコンボが発動してまして、帰社するのが恐らく夕方過ぎです…。

 ほいでは、また明日か明後日!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

へへへ、疲れ果てたぜ…。

セレ「やー、参りました…。」

エル『どうしたの?』

「プリンが美味しそうだったから買って帰ったんですけどね、スプーンが無いという…。」

『店員、くれなかったの?』

「や、持ってきたと思ってたからいらないって言っちゃってね…。
 おかげでハシで食べたんですけど、食べにくい事この上なし!」

『そりゃ、あんな豆腐よりもやらかい物は箸じゃ食べにくいでしょうよ…。』

「さて、土曜日仕事だった私、日曜日は引越して初の買出しツアー!
 それに加えて、実家に戻って冬用のコートを取ってきたりと動きっぱなしな健康的な生活をしてしまいましたw
 土日は引きこもり生活を自称してる私にしては、割とアウトドアない地に地でしたよb」

『ま、いい事ね。』

「あと、自動車免許の更新とか定期券の払い戻し&新規作成とかもしました。
 西船橋じゃ、メトロの定期(PASMO)は作ってくれませんでした…。」

『そうなんだ?』

「えぇ、浦安駅まで行く事にw

 で、疲れたーってコンビニ行って帰ったら、スプーン無い事件発生ですよ。
 近いうちに、買ってきます…。」

『ま、無いと困るしね。』

「そして、免許更新の部屋でロウキューブ!を読んでる健気なわたし…。
 帰宅して気付きましたけど、着てたTシャツはエロゲーのでした…。」

『…うっわぁ…。』

「や、全く気付きませんでしたよ…。

 『あー、この黒いTシャツは、左下の方に白で字と絵が描いてあるんだなぁ』

 とかその程度の認識で着てましてね?
 絵の内容までは把握してませんでしたw

 ま、上に一枚羽織ってたから絵柄は全く見えなかったと思いますがw」

『あー、これかぁ…。
 検索してみたけど、これ、2008年の夏コミで販売された
 『オーガスト/ARIA夏コミセット2008』
 ってのに入ってるTシャツね。』

「へへへ、オーガストのゲームって、やった事無いんだぜ…?」

『…あれ?
 プリンセスホリデーってやってなかったっけ?』

「体験版はやって面白そうだと思いましたけど、お金が無くて断念したんじゃなかったかなぁ…。
 あれ、うちが高校の頃に出たんでしたっけね?」

『そこまでは知らないわよ…。』

「ていうか、オーガストのゲームって言ったとたんに速攻で検索して、しかもその中から私がやった事あるゲームだけピンポイントで当ててくるよこの姉…!」

『セレの嗜好なんてお見通しよ…。
 セレは、うs(ピーーーーー)』

「はいはいはいはい、暴露しない、そういう情報を暴露しない!」

『別に恥ずかしいもんじゃないでしょ?
 割と一般的な嗜好なんじゃないかと思うけど?』

「言わなくていいから!
 ばらさんといて!

 で、えーと昨晩というか週末の狩り。

 ソルジャースケルトンカードが出ないんですけど、未実装だったんですねこれ。」

『自分が出ないからって、未実装扱いにするんじゃないわよ…。』

「だって…。
 こんなに大量のスケルボーンが出てるのに…。
 まぁ、大量ったって、130本程度だけども…。」

『ぜんぜん狩ってないじゃないのよ…。』

「でも、40分くらいは狩ったもんね!

 で、その後失意に暮れた私はベネさん(俺G)のアコハイの手伝いを数分だけしましたw
 数分したらジョブ上がって、転職だったのでw

 転職終わってからベネさんのハイプリと金ゴキ探しに行きましたけど、ビュンビュン飛んでるLKとチャンプw見て挫折、騎士団ペアへ。
 安定装備(TAグラ+錐)の固定だったので、深遠様LA一撃には遠い威力w
 でも、まぁ物理がどれにでも必中なのはやりやすいね!」

『錐+QHwナイフだと、一撃を狙えるけども命中が7割くらいだったかしらね?』

「しかもそれには料理も必要ですしねぇ。
 今、ちょっと盗賊の指輪(?)を買うかどうかで少し考えたりしてましたw」


※盗賊の指輪
  シーフ系と忍者が装備できるアクセサリー。
  純STRが90以上の場合、HIT+10、FREE+10
  純AGIが90以上の場合、ATK+10
   ※ちなみに『純』ってのは補正とか掛からない素の数値って事、素ステと同じ。


『それもそうなんだけど、アクセ買った話しなくていいの?』

「もちろんするヨ!

 えー、ついに揃いましたよ、スノウアーアクセサリー2個!
 スモールブックペナント(通称SBP)と、クイールペンリング(通称QPR)のセットで!

 スモールは露店でずいぶん前に購入、クイールは昨晩購入。
 SBPQPRセットでっていうチャットの人のとこに乱入して、
 『クイールだけ売ってにゃん☆』
 とか無茶な事頼んでましたw」

『無茶ねぇ…。』

「でも、そんなに格安で買い叩いた訳じゃないからいいんじゃないかと勝手に思う事にしますw
 カードのみで15Mで露店では見かけたんですけど、もうちょいやすくなるんじゃないかなーと思って色々偵察しての結果ですb

 で、クォーリンはこれを装備しての実験の為、氷D2に単身向かいました。
 回復量すごいよこれ、なんと750くらい回復する!」

『それに関しては、すごいよく分かる考察をしてるブログがあったわねぇ。
 ここが、スノウアーに関してはオススメかしらね?』

「勝手にリンクを貼ってるし…。」

『大丈夫、あんたの名前でリンク貼ったの書いたから。』

「驚きの独断専行…!
 でもまぁ、確かにこの記事はすごいなぁ、丁寧に考察してあるし…。」

『あ、ノドカの知り合いかもよ?
 相互リンクだったから。』

「団長の知り合いという事は…、MEばとらーなのか、殴りプリなのか…。
 うちは団長のキャラは
 『殴りMEハイプリ』
 『フライパンハイプリ(new!)』
 しか知らないんですよねー。」

『他にもいるんでしょうけど、まぁ会った事は無いかもね?』

「あとは、俺Gが誇るザウス布教メンバーであるジルオル・セドカ氏とめっちゃおしゃべりしましたw

 『ゼゥのサンプルCG、可愛いな』
 『ワゥも捨てがたいよね。
  ていうか全員可愛いよね』
 『だな』

 とかしゃべってましたw」

『あんたら二人は、ザウスの社員か…。』

「社員ジャナイヨ!
 社員だったら、もっとプッシュするんだぜ!」

『まぁ、セレの能力じゃ社員にはなれないでしょうけどね…?』

「CADなら自在に使いこなすヨ!
 絵も描けます!
 時代を数百年先取りしちゃってる絵ですけど!」

『それは
 『描けない』
 ってのと同じなのよ、あんたの絵は…。』

「ま、否定はしませんw

 さーて、精霊天翔の発売日は決定しましたけど、予約はいつ開始かなー?
 何か、ナイスな特典が付いてきたらいいなぁ…。」

『ヒロイン5人の抱き枕カバーとかだったら?
 定価4万円とかで。』

「ゲーム本体の何倍の特典つけてんだ…!

 や、でも、ちょっと購入を検討はしますよその内容なら!」

『筋金入りのロリコンね…。』

「ちが…!
 あの子達は人間とは違うから、きっとあの容姿でも立派に成人なんですよ。」

『実年齢じゃなくて、見た目の年齢が問題なのよ。』

「正論キター!
 でも決してめげないマイハート!

 ん、ここまでだー。
 何か他にも色々あったんですけど、書かなくてもいい内容、もしくは記憶から飛んでるので、ここまでで今日は終了ー。

 ほいじゃ、今日から一週間、頑張りまっしょい!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

露店で農具購入、精霊天翔の発売日決定っ!

セレ「結局、+7s1クレセントサイダーを露店で購入してしまったんだぜ…。」

エル『RMCで募集してる方は、全く誰も何も書いてくれないわねぇ…。』

「誰も持ってないのかなぁ…。
 まぁ、過剰トライデントを使おうと思うのなんて槍クルセくらいだし、槍クルセが過剰したんだったら使おうと思ってのはずだから、倉庫には眠ってないのかなぁ…。」

『ま、可能性は高いわね。』

「でもさ、ブリューナクの方は使わなくても持ってる人いるっぽいと思いません?」

『まぁ、正直なところ両手槍って槍クルセ以外で使う事ってほとんど無いしねぇ…。
 剣士時代に天下大将軍をツンツンするのには両手槍の属性ランスが有効だけど、ある程度レベルが上がったらもう使わないしね。
 槍騎士だったら、盾も装備するから片手槍が常識だし…。』

「なので、たぶんボス狩りなんかをしてる人の倉庫には眠ってると思うのですよ。

 というわけで、ここを見てる人の中に
 『ブリューナク持ってるけど、ぶっちゃけ不良在庫』
 って人がいたら売って下さい!」

『セレの知り合いでボス狩りをコンスタントにやってるヒトなんていたっけ?』

「さぁ…?

 しかもブリューナク落とすのって、確か生体のMVPなロードナイトですしね…。」

『うわぁ…。
 律Gと俺Gの最強メンバーで突撃しても全滅しそうな相手ね…。』

「ていうか、あいつらってどうやって狩るの?
 阿修羅?」

『さぁ…?
 でも、HPが25%きったら念属性とかになった気がするから、あれじゃない?
 マジッククラッシャー連射。』

「…それは無いんじゃないかなぁ…。

 ま、イイヤ!

 さて昨晩の話をば。
 +7s1クレセントサイダーを露店で購入しましたw
 で、ソルジャースケルトンカードを挿そうと思ったんですけど、安い露店が見当たらなくてねぇ…。

 というわけで、地力ゲットを狙いますb
 現在、クォーリンがフェイヨンダンジョン2階にヘルファイア片手に篭ってます。
 回復アイテム全く必要無いよコレ!」

『そりゃ、シーフでも行ける狩場だしねぇ…。』

「しばらくここで狩ろうと思いますので、ドロップ系の装備に変更しようかと思います。
 具体的には、青箱ドロップとか薔薇ドロップを持っていきます。」

『いいんじゃない?
 魚出ても、使い道無いんでしょ?』

「えぇ、重量かさむだけなんですよね、ヒールで間に合うから…。」

『ていうかさ、高くても買っちゃった方がいいんじゃないの?
 で、もっと高レベルの狩場に行ってお金加勢だ方が早いでしょ?』

「……それもそうですね…。」

『あと、スノウアーも買っちゃったら?
 あれあったら、どこに行くにもアサクロ回復アイテムには困らなくなるでしょ?』

「買いますかねぇ…。
 SBPとQPRのどっちのを持ってたか分からないけど、それに挿しちゃえばいっかw」


※SBP
  スモールブックペンダント
  『モンスターサイドストーリーズ』を全て終えた際に入手できるアクセサリー

※QPR
  クイールペンリング
  『アカデミーシークレットストーリー』を全て終えた際に入手できるアクセサリー

  両方を同時に装備した際に、
  HPが、ベースレベルの3倍増加
  SPが、ジョブレベル分増加
  無属性攻撃に対する耐性3%
  がボーナスで付く。


『セット効果で、クォーリンだったHPも300くらいは増えるしね。』

「ま、安めで見つけたら買おうかなぁ…。
 でも。今でも10Mくらいはするんですよね、あれw」

『そこはまぁ、優秀な装備だから諦めなさいな。』

「うぃすー。

 うしゃ、今日は仕事終わったら一旦実家に帰還して、色々なアイテムを取ってきますw
 とりあえず絶対必要なのは、車の免許の更新通知のはがきだだだー。
 日曜日もやってるなら、明日にでも行って来よう…。

 で、重大な事書いとくよ!」

『…?
 何かあったっけ?』

「聖なるかな・外伝
 精霊天翔-壊れ行く世界の少女たち-

 12月18日発売決定っ!」


『あぁ、また回し者活動が・・・。』

「ちなみにCGページも追加されてます。
 えっちな絵かもしれないので、未成年な良い子は見ちゃダメだぞ☆」

『未成年じゃないヒトと未成年だけど良い子じゃないヒトは見てもOKって事ね。』

「良い子じゃなくても、未成年だったら見ちゃダメなんだぜ!

 さて、ヒロイン軍団の魅力がやばい勢いで上昇していきますね。

 ピザカッター可愛いよピザカッター…。」

『…あぁ、あの赤いのか…。
 確かに、ピザカッターよね…。
 ピザカッターって名前なのかどうか知らないけどね、あの道具。』

「よし、とりあえず
 『俺はひんぬー好きだ!』
 という変態どもに言っておくよ?」

『あんたもそれでしょ?』

「違うよ!
 私は、胸の大きさにこだわりは無いんだぜb」

『胸ならなんでもいい、って事かぁ…。
 なんていうか、男らしいわね無駄に…。』

「えーとですね。
 立ち絵と『そういうシーン』の、主に胸の大きさに関して不合理な場合ってあるじゃないですか?
 『脱いだらそのサイズなのに、立ち絵の時にはそれはどこにいってるの?』
 と。

 もちろん、逆の場合もありますけど。」

『まぁ、あるでしょうね…。
 ていうか、エロゲーのヒロイン連中のスリーサイズって、なんかおかしいのばっかりなんだけどね。』

「そこはほら、野郎どもの妄想の集大成とでも考えて下さいw

 で、今回のこの作品。
 私の調べたところによるとですね、
 そういうシーンと立ち絵で、ギャップはほとんどありません!

 立ち絵でちっちゃい子は、脱いでもやっぱりちっちゃいです。
 立ち絵で大きい子は、脱いだら質量兵器です。」

『この作品だと、
 ボンキュッボン:白&緑
 普通サイズ(?):青&黒
 ストーン:赤

 ってとこかしらね?』

「…ストーン…。
 いや、まぁ分かるんですけどね…?

 そんな訳なので、このキャラを書いてる時の原画家さん(人丸さん)は、おそらく満面の笑みを浮かべてたんだろうなーと、開発会社の内部事情を勝手に想像してニヤニヤしてます。」

『きもい…。

 ちなみにセレは、サンプルCGのエロシーンを見てもニヤニヤしてるわね。
 その時のセレの発言を録音したんだけどね。


  白『あ、あ、あの! あのぉ! は、恥ずかしいですっ!』

  セレ「体やらかいなぁ…うちならこれ股関節外れてるだろうなぁ…。」


  青『ちょ、ちょっと待ってくれ、こ、この位置は良くない、顔が、その、見える…。』

  セレ「見せてごらん、見せてごらん?
     しっかりとこっちを見ててごらん? フヒヒヒヒヒ…。
     でも見えてる顔の恥ずかしがってる様が非常にズキューーーーーーン!」


  赤『ボ、ボク、わるいこと、しました……、ボクに、お仕置き……してください』

  セレ「ウヒョーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
     お仕置きだってさお仕置き、しかもこの耐性やばいってやばいって!
     マジ破壊力やべーーーーーーーーーーーー!
     おふぅ、鼻血が…。」


  緑『あの、ま、間違ったでしょうか……、男の人って、こういうのがいいんですよね?』

  セレ「体の緑の線は何だろ、刺青なのかな?」


  黒『ちょっ! どこに潜ってるのよ! や、やめなさい!』

  セレ「そんな所に顔つっこんじゃってキャーーーーーーーーーーーーー!
     ていうか主人公何してやがんだ、その子ちょっと泣いちゃってるじゃねぇか!
     いい加減にしとかないとあれだぞ、エル姉の中パンチ(技名:寝耳に水銀)かますぞゴルァ!?」


 ほら聞いた通り、セレったら大興奮。』

「だから、私の発言を捏造するなと…!

 あと、胸が大きい二人に対する私の対応がクールすぎて、なんかロリコン疑惑に拍車かかりそうじゃないですか!」

『もはや疑惑じゃないのに…。

 ま、冗談はともかくとして、楽しみではあるわね?』

「えぇ、シューティングゲームですしね!
 横スクロールのシューティングだと、たぶんゲームボーイアドバンスでやったグラディウスが最後だと思いますので、かなり楽しみにしてるんだぜ!
 黒の子とか、なんか刀での近接攻撃なんかもありそうだし!」

『トレーラーだと、そんな場面もチラチラ見えたわね。』

「ほいじゃ、ここまでダヨ!
 エル姉の通常攻撃に戦慄を覚えつつ、またね!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

生体無理だったから騎士団行ったら、経験値何故か減った不思議

セレ「トリオでの騎士団ってのは、なかなかに楽しいですねー。」

エル『筋肉ブレイカーが空気読まないけどね…。』

「あれは、トリオ全員がお互いの動きを予想できるくらいまで慣れないと難しいんだと思います、まぁ騎士団に限らないですけども。」


※空気読まない筋肉ブレイカー
  塩無し状態でアチャ一確
  塩あり状態でレイド一確
  塩あり状態でカリツLA一確
  深遠様はちょっと時間かかるけど、塩あれば14Kくらいのダメは出す。

  硬い相手を攻撃するなら任せろな、そんな筋肉。
  でも敵からの攻撃にはかなり弱い、そんな筋肉。


「エル7個と他色々でお金にはなりましたけど、経験値が何故か減ってる不思議。」

『南無ったって事でしょ?
 どうせまた、突撃したんでしょうが…。』

「いや、そんな記憶は…。

 ただ、くらげさんが見えない場所でレイド5匹相手にタコ殴りにされてたのは覚えてます。」

『完全に自己責任じゃないのよ…。』

「ま、いいんですw
 3次職が本格的に出てくるまではこのままでもいいんです。

 それより、クォーリンですよ!
 あと一息、20%くらいで89歳になりますb
 なので、そろそろ転生に向けて、本格的に効率が一番良い方法を考えたいと思います。」

『ふむ…

 それなら、まぁDEXに振るのが一番早いんじゃないの?
 STR高くするのも手ではあるけど。』

「確かに、命中率に心配があるDEXですしね、クォーリン…。
 素DEX23…。

 まぁ、アイスタイタンを狩れるだけの戦闘力があればOKってな作り方だったから、いいんですけどねw」

『で、深淵なりなんなりを相手にして、MISS乱舞をPTメンバーに披露する、と…。』

「見てて惚れ惚れするようなMISS乱舞でしたよ…。
 ま、仕方ないですw

 でもこれだと色々困るので、やっぱりクリティカルクレセントサイダーを作ろうと思います、本気で。」

『ふむ…。』

「RMCで買取かけてるんですけど、実は露店で+7を2.7Mで見つけてはいるんですよ。
 でも、その前には1.8Mで露店に出してる人がいたっぽいので、とりあえず2Mでの買取をかけてる次第。

 ある程度お金はあるんだから、さっさと買っちゃおうかとも考えてるんですけど、なかなかねぇ…。」

『今夜見つけたら買ったら?
 +7となるとそうそう見つからないんじゃない?
 レベル4武器な上に、決して需要のある装備でも無いんだから。』

「ですねぇ…。

 あぁ、ソルジャースケルトンカードも買い取らないと…。
 地力で取りにいくのもありかなぁ。気分転換を兼ねて…。」

『アイス稼いでもいいしね?』

「あ、そか、今の所持金でアイスを買いあさるのも手だね。」

『…地力で出す夢はどうしたのよ…?
 あんた、心が折れるの早すぎるでしょ…。』

「え、だってさ、早めに入手した方がさ、回復アイテム代も少なくてすむじゃないですか?」

『それはそうだろうけど、その代わりに10M以上のお金が飛ぶ事になるからマイナスでしょ。』

「や、地力で出すのも狙いますよ?
 だから、出れば元は取れる!」

『出るわけ無いじゃないのよ、セレが・・・。』

「うわ…酷い姉だよもう・・・。

 ま、イイヤ。
 とにかく、命中に関して問題があるクォーリンの為に、なんとかクレセントサイダーを入手したいと思いますb
 あとは、コボルト死のブローチが2個あれば問題無いですね。」

『あー、一応クォーリンもモロククエは出来るしねぇ。』

「んむ、時間を見てやってみようと思いますw

 ほいじゃ、ここまでー。
 明日は仕事になっちゃってますけど、皆は休みだったら、遠慮なく呪われてくださいね☆

 ではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ロウきゅーぶ!を読み始めたヨ!

セレ「昨晩はソロ狩りでした。」

エル『PT狩りすると勝手に突撃しまくるから経験値増えないし、大人しくしてると思ったら実は寝てて迷惑掛けるしね…。』

「んむ…。

 で、クォーリン。
 昨晩はちょっと実験でして、オートバーサーク状態を出来るだけ維持して狩りをしたらいけるかどうか。」

『…厳しいでしょうね…。』


※オートバーサーク
  剣士が覚えられるスキル、クエストを行う事で習得。
  自分のHPが25%以下になった際に自分にプロボックかけたのと同じ効果を与える。
  簡単に言うと、
  『HP減った俺の攻撃は強いぜ、でも防御力低くなってるからあんまり殴らんといて!』
  状態になるスキル。


「えぇ、厳しかったです…。
 これは、流石に装備の精錬をした方がいいのかもしれない、ってな結果になりました…。」

『ヘルモーズとか足鎖とか、未精錬だしねぇ。

 露店で値段交渉はWISで、って書いてある+10足鎖でも購入したら?』

「いや、それは…。」


※+10足鎖
  今はどうか分からないけど、昔はプリの最高DEFを誇る靴(?)だった。
  当時の装備が分かりませんけど、2006年くらいにその人(らしき人)が目標にしてた装備をコピペしてみる。

  ○装備
  +10シャープヘッドギア
  アラーム仮面
  +10クワドロプルバイタルロッド
  +10セイントローブオブヒーマン
  +10バックラーオブアテネ
  +10イミューンマフラー
  +10足鎖
  セイフティリング*2

  DEF83+164

  信じられるか、ハイプリなんだぜこれ…?
  騎士じゃないんだぜ…?

 ちなみに盾を3減とかにすると、元祖DOP様からの被ダメが平均25だそうです。
 硬いとか通り越して、もはや岩石。


「これくらいDEFあったら、名無しとかも楽でしょうねぇ。」

『ていうか、3減盾とかいらないんじゃないのこれ?』

「その可能性もありますねw

 さて、南無も数回ありましてね、まぁAB実験をかねてるからしょうがないんだけどもw
 一応一撃は耐えられる計算なんですけど、やっぱりたまに2連続で攻撃があたる事がありましてね…。
 とりあえず、もうちょいDEFなりHPなりをあげないと2発は耐えられそうにありません。」

『ふむ…。』

「で、溜まり場に戻った時に、久々にさゆさん(俺Gの副代表みたいな感じの方)とおしゃべり!
 お互いのメッセ交換とかしたので、連絡とれるぜ!」

『卑猥なメールとか送るんじゃないわよ?』

「送らないですよ…。
 そういうのは、相手を選びます。」

『…相手によってはするんだ…。』

「だってほら、チュンイーちゃんとかが私をもとめt(ry」

『はいはいはいはい。』

「まぁ、私とチュンイーちゃんとの
 『そ…そこ…、ら…めぇっ…///』
 な話はさておきまして、ラノベの話行きます。」

『その文章を小説にして読んでみたい気もするわね…。』

「え、自伝になるからエル姉も出るよ?」

『出演料取るわ。』

「…え、なんで私って自伝書くのに出演料払う事に…?

 まぁいいや、書かないよ!
 ていうか、書けないよ!

 何せ今、シエスタxルイズを書くのに四苦八苦してるとこだしね!」

『………え?』

「えーお、ロウきゅーぶ!をやっと読み始めました。
 琴吹さんのオススメだったので購入したんですけど、読んでなかったんですよねー。

 今、
 『お帰り、ロリコンのホープ!』
 とかお姉ちゃんに言われるとこまで来ました。」

『あー、セレと同じ人種かぁ…。』

「本人否定してますし、そもそも主人公本人はまたくロリの気は無いですけどね、少なくとも現状は。

 にしても、ここからどうやって女子小学生にバスケを教える展開になるんだろ…。」

『それはきっと、こうよ。

 部活が謹慎喰らった
    ↓
 主人公がロリ扱いに←今ここ
    ↓
 そしたらもう、俺は廻りが言うとおりにロリコンになってやるぜ!
 『主人公のロリコン化』
    ↓
 ターゲットになったのは小学校、体育が終わった後の女児を襲い、主人公脱童(ピー)
 『ヒロインその1、はじめてでエクs(ピーーー)』
    ↓
 次のターゲットになったのは別の小学校、帰宅中の女児に襲いかかる主人公
 『主人公驚愕、ヒロインその2『できちゃったかも』』
    ↓
 ヒロインその2の両親登場、裁判へ
 『主人公、主人公属性で無罪に』
    ↓
 次は、何故かヒロインその2の妹数人が餌食に
 『主人公、ストライクゾーンが低くなってきた自分に気付く』
    ↓
 そして最終決戦、姉がヒロインなれるかどうか決定戦、ヒロイン軍vs姉
 『姉のSGからの阿修羅、鬼TUEEEEE!』(ダメは300Kくらい出ます、一般人のHPは500くらいです)
    ↓
 阿修羅が主人公に命中、ハッピーエンド

 どうよこれ?』

「主人公死んでないですか…?」

『だって、書いてる最中に
 『あー、これってリアルにセレだなぁ』
 って思ったから、それなら殺した方がハッピーエンドだなーって。』

「リアルな私そんなんじゃないよ!?
 小学校襲撃とかしてないから!」

『でも、小学校1年生の女の子にモテモテだったじゃない?』

「それは!
 私が!
 小学6年生の時だああああああああ!

 姉妹学級ってのがあってしゃべる機会もあったし、算数(本気で算数、ニ桁の足し算)教えてただけじゃん!
 や、面倒見はいいって言われたけど…、でも襲ってないよ!」

『力いっぱい否定するところが怪しいわね…。
 …まさか…本当に…?』

「全力で違ぇよ!
 私をロリコンにするなー!」

『まぁ1割くらいは冗談だけど、結局こうなるんじゃないかと思うけど、どうかしらね?』

「…とりあえず2巻は手元にあるし3巻も出てるから、少なくとも主人公は死なないと思います…。」

『って事は、姉がヒロインになるかどうかってとこが3巻かしらね?』

「…え、最後は主人公は阿修羅喰らって南無るの確定なの?」

『だって、セレそっくりだし…。』

「まぁ、本人は全くロリコンじゃないのにロリコン扱いされるってのは、似てるよNE☆」

『あ、やっぱ似てないわ。』

「ちょ…!

 や、もういいや。
 とにかく、これから読んでいきまーす。
 姉が出てきたばっかりですけど、この姉はあれだと思います、予想。
 守護月天に出てきた、那奈姉。」

『あぁ、主人公の姉…。』

「こう、本当は弟を心配してるんだけど、基本的にその場のノリとテンションの高さで生きてる感じ?
 心配してるんだけど、でもそれを出す事はしない、みたいな。」

『分からなくも無いけど、予想しなくてもいいんじゃない?
 読めば分かるんだし。』

「そうなんですけどね?
 一気読みしない時って、こういうのを予想するのも小説の楽しみだと思うのでw」

『そんなもんかぁ…。』

「そんなもんですw

 さて、今日はここまでっ!
 ちょっと小説のカバーを買わないと恥ずかしいかもしれないと思い始めたセレインさんでしたー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

生体3って経験値増える場所なの?

セレ「昨晩は久々の生体でしたよー!」

エル『またデスペナツアーか…。』

「…まぁ結果的にはそうなんですけどね…?
 もうちょっと、
 『どうだった?』
 とかさ、
 『経験値どれくらい増えたの?』
 とかさ、そういう儲けが出た系の質問してよ…。」

『だって、生体にPTで行って経験値が増えたのって、ほとんど無いじゃないのよ。』

「それはそうなんですけど…。
 や、もういいです。
 次は増やしてきて、ぎゃふんと言わせてやりますよ!」

『期待しないで待ってるわ。』

「さて、今回は俺Gのベネディクトさん、通称ベネさんも呼び出しての狩りになりました。
 バードで来てくれたヨ!」

『ブラギかぁ。』

「というわけなので、うちはSBr装備で行きましたよ。
 うにさんがSPくれるっぽかったので、鉄球も装着っ!

 へへへ、STRカンストした鉄球アサシンクロスのSBrの威力を見せてやるぜ…。

 と、思っていたら。
 案の定、大量の南無をゲットしましたよ。」

『ま、そうなるでしょ…。』

「本当に最初はまだよかったんですよ。
 最初30秒くらいね。

 カトリ(ハイウィザードDOP)のタゲを持ったブラさんが端っこに移動した所に、別のカトリが横脇して大惨事に…。」

『ま、生体ではよくあることじゃない?』

「そうなんですけどね…。
 ま、全滅とか半壊とかを繰り返しつつ、なんとか階段に集結。
 そしたらもう、近くをウロウロしてるオーラなDOPの面々…!
 セシル(スナイパー)にハワード(ホワイトスミス)にセイレン(ロードナイト)に…。
 どうしようもありませんw」

『襲われたの?』

「セシル倒そうってなって近場にいたノーマルカトリ相手してたら突進していくはわーどさんを見ました。
 私は少し離れた場所にいたから大丈夫でしたけど、なんともねぇ…。」

『ま、オーラハワードは無理でしょうね…。』

「いつか、生体ぬくもり狩りのお座り枠に入り込むぜ…!
 お金作ったしね!」

『あー、なんかお金にしてたわねぇ…。
 RMCで買取もしてるみたいだし?』

「えぇ、あまりにも見つからないのでね…。」


※過剰s3トライデント、ブリューナク(過剰だとお金厳しいかもw)、過剰s1クレセントサイダー捜索中!
  持ってたら売ってくだされ!


「ま、気長に行こうと思います。

 で、結局生体で経験値が16%減って終了!
 思うに、たぶん誰も経験値増えてません。
 赤字も赤字、大赤字です。」

『ふむ…。』

「カトリのユピテルの威力が尋常じゃありません!
 あと、サンダーストーム!」

『まぁねぇ…。
 あいつら、計算したらINTが200オーバーとかあるしね?』

「マジカヨ…。」

『ま、モンスターとプレイヤーじゃ違うんでしょうけどね。
 MDEFの数値から逆算したらそうなるってだけだけどね。』

「ふむ…。

 っと、話は少し変わりまして。
 マサさんのとこのブログに、3次職についての記事が増えてますよ!」


BSmasaの情報連絡伝達所@Fenrir


『ギロチンクロス、ゴールドクロスじゃなくなってるわねぇ。』

「んむ、パープルクロスですね。
 個人的には紫は大好きだからウェルカムb」

『紫って、精神異常なヒトが好きな事が多いってどっかで聞いたわねー。』

「たぶん迷信ですヨ!

 うっし、今夜はここまで!
 今夜は経験値を稼ぐよ!」

『今夜はアサクロ?』

「や、たぶんクルセですw
 クルセが色んなナイス装備を持ったまま料理使った状態で氷Dに入ってるのでねー。」

『なるほど…。』

「ほいじゃ、またねー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

引越し騒動終結、そして抱き枕戦記!

セレ「やっと終わったぜ、引越しにまつわるエトセトラー!」

エル『偉大な歌のタイトルをもじるのはやめなさい。』

「うぃすw

 えー、1人暮らし最初の夜は、凪さんと一緒だったヨ!」

『仕事終わって疲れてるだろうに、手伝いに来てくれたわねぇ…。』

「めがっさ助かったよ!
 棚の位置決めるのとか、なんかうち1人じゃどうにもこうにも踏ん切り付かなかっただろうしw」

『まぁ、配置決定までに数日は軽く過ぎるでしょ。
 くだらない事ばっかり気にするから。』

「なので、凪さんに色々任せて色々妄想してたんだぜ!

 でね、すごい物もらっちゃったヨ!」

『なに?
 荒縄とか?』

「何それ、普通無いでしょそれ!?

 『引越し祝いだよ、はい!』
 『やったね、欲しかったんだよ荒縄!』

 無いでしょこんな会話…。
 何これ、カオス?」

『どこかであるんじゃない?

 …で、結局何をもらったの?』

「ま、順を追ってw

 えー、まずは棚の位置決定から始まりました。
 予想外の位置に梁が出てたのでほぼ決定状態でしたけど、それでも色々考えたんだぜ…?」

『エロ本はどこに置く事にしたの?
 あの200冊くらいあるやつ。』

「そんなに無いよ!?
 どんなに多く見積もっても3桁は行かないよ!

 200冊はあれですよ、富士見。
 もっかい読みたくてオーフェンとか色々持って行ったからね!

 結局、背の高い本棚(でかい本も入るような一段一段の背も高いやつ)が、部屋入って右の方。
 部屋入って左に、背が低い本棚(少し大きいサイズのマンガが入らない)を設置。」

『ていうかさ、あんた建築士なんだから図面にしたらいいんじゃないの?』

「…それもそっか…。
 ま、いつかねw
 今日は時間が無いからね!

 で、パソコンは備え付けの折りたたみ式の机に設置する事になりました。
 ここでこれから2年、豊かな食生活を送るわけですね!」

『セレの1人暮らしで、豊かな食生活なんて欠片も期待出来ないわね…。』

「まぁね!
 ていうか、近くにスーパーが皆無だよ!
 ラブホテルとかたくさんあったって困るヨ!

 野菜売ってるお店カモーン!」

『ま、ワカメとキャベツでも食べてればなんとかなるんじゃない?
 あと、人参ジュース。』

「そして、セレインジュースですね。」

『…そうね。』


※セレインジュースの作り方 (おさらい)
 1:コップに水を入れましょう。
 2:塩を一つまみ用意しましょう。
 3:塩を、1で作った水に入れましょう。
  ※注意:塩にコップ一杯の水を入れるのはやめましょう、廻りが水浸しになります。
 4:よくかき混ぜましょう。
 5:ゴックン、でりしゃす♪


「で、凪さんによって『寝室』と名づけられた部屋には、背の低い方の本棚(2個目)が配置されました。
 ここにはラノベ関係を置く事になりましたよ?

 ちなみに、背の高いのには、ちょっと年齢制限がある本。
 居間の背の低いのには、マンガ。
 寝室の背の低いのには、ラノベ。
 ロフトの側面にくっついてた備え付けの本棚には、建築関係の本。

 こんな感じで配置することが決定しましたb」

『エロ本をロフト下にした方がいいんじゃないかと思うんだけどね、常識的に考えて…。』

「まぁ知り合いしか来ないだろうし…?
 布か何かを買ってきてさっと隠すって手もありますしねb」

『…まぁ、いいけど…。』

「で、皆気になってると思いますから答えちゃおうかな? かな?」

『何を?』

「『セレさんって抱き枕カバー沢山もってるじゃんか、ちゃんと使うの?』
 と!」

『…気にしてる…かなぁ…。』

「ま、これに関しては色々ありますけどねw

 とりあえず、沢山は無いです。
 1:ユーフィ
 2:姉御
 3:ナルカナ様
 4:カティマ
 5:なんか福袋に入ってたピンク髪
   (気弱になってパーマかけたキャロみたいな見た目の子)

 ほら、5枚しかない。」

『それは世間一般では
 『5枚も持ってる』
 って言うのよ。』

「で、中身が問題だったんです。
 でも、夏コミで購入した福袋に、必死に空気を注入すれば使える(らしい)物が付いてきてたのでそれを使おうと思ってたんですよ。
 で、お金が貯まったら、なんていうか、こう、普通のさ、あの、蕎麦殻(?)とかストロー切ったの(?)とか入ってるt、ちゃんとしたのを買おうと思ってたのですよ。」

『抱き枕カバーで蕎麦殻は無いんじゃないかしらね、たぶん…。』

「で、この写真を見てください。」

『ん?』



ユーフィ抱き枕



「ユーーーーーフィーーーーーーーー!」

『あ、これがその風船のやつ?
 なんかちゃんとしたのに見えるわね?』

「それもそのはず、なんと凪さんが中身を持ってきてくれたダヨ!

 『セレさんの1人暮らしには絶対に必要な物ダヨ!』

 といって、わざわざもって来てくれたよ!
 うへへへ、ニヤニヤしながら寝てるんだぜ…。
 でも、やっぱり慣れないから、どうやって浸かったらいいのかいまいちわからないんだぜw」

『抱きついてたらいいんじゃないの?』

「や、そうなんだろうけどさ?

 知ってる人はあんまりいないと思うけども、うちってね、基本的に寝る時の体勢って2種類なんですよ。」

『あー…。』

「ま、分かりやすく絵も描いてみた。
 まず一番多い寝方が、
 『お前ってさ、寝てる時ってミイラそっくりだよな』
 と友人から大好評、微動だにしない仰向け腕組み睡眠。」

寝顔01


『口もだけど、目も開いたまま寝てる…。』

「半開きで寝てた事があったらしくてねー。
 いや、普段は可愛らしい顔で寝てますよ?
 もっとこう、あまりにももてなくて地上に降り立った雷様みたいな神々しい顔ですよ。」

『またマニアックな…。』


※ギャグまんが日和


「で、次の寝方。
 こっちも割りと多いかも。
 『お前ってなんでそんなイモ虫みたいになって寝てんだ?』
 と親父様に大好評のこのうつ伏せの寝方。」


寝顔02


『…また目が…。
 ていうか、手は何、自分の触手でも掴んでるの?』

「や、太ももの下あたりにw
 冬場なんかは手がめちゃくちゃに冷たくなっちゃうので、あったかい足と布団で手を挟んであっためないと眠れないノヨ…。」


※セレインさんは微妙に冷え性かもしれません。


「で、どっちの寝方をするにしても、ユーフィーを抱くのが難しいです。
 特に二番目、これってもう隣で寝てるって感じになるだけですしねw」


寝顔03


『もう犯罪の匂いしかしないわね…。』

「隣に置いただけなのに!?」

『こういうのって、視(ピーー)って言うんでしょ?』

「言わないよ!
 たぶん違うよ!」

『あ、でもこうしたらちゃんと『抱き枕』になるんじゃないの?』


寝顔04


「私もう完全に変態じゃないですかこれじゃ!
 ていうか、手の位置自重しろ!」

『えー、だって、こうするんでしょ?』

「しないよ!
 私はちょっと変かもしれないけど、いたって普通な変な人だよ!」

『日本語が…。
 いや、言いたい事は分かるんだけど…。』

「だから、変加減が一般人レベルっていうか…。
 あーもう、何言ってるのか分からなくなってきたヨ!」

『とりあえず落ち着きなさいな…。

 じゃ、この体勢で寝るって事でいいわよね?』

「いやそれは無い。

 まぁ、色々な体勢を試してみるよ、折角のナイスアイテムなのでねb」

『そういえば、他のカバーはどうするの?
 月曜日はユーフォリアで火曜日は姉御で、みたいな感じでローテーション?』

「そんな面倒な事はしないと思いますけど…。
 ま、気分によって変わるのかも?
 今のところは変える予定は無いですねー。

 あぁ、ユーフィ可愛いよユーフィ…!」

『ロリコンめ…。
 まぁ、確かに可愛いとは思うけども。

 媚び媚びしてない所がいいわね。』

「そうそう、そこなんですよー。
 あんなほとんど何も着てないのとか、もう胸とか完全に見えちゃってるのとか、あまつさえ(ピーーー)とかまで見えちゃってるのとか、狙いすぎだと思うのですよ。
 見えてちゃダメなんですよ、見えてちゃ。
 色っぽさは大事ですけど、見えちゃダメなんですよ。」

『…セレなりのこだわりなのね…。』

「んむ、これが私のじゃすてぃす。

 で、今後の予定を少しだけー。

 凪さんが転生に向かって全力疾走するっぽいので、それに釣られて私のクルセ・クォーリンも本気モードになってみようと思います。
 目指せパラディン!」

『遠い道のりだけどね…。』

「で、課金が切れた後も1垢続行になります。
 というのも、PC一台しか無いから装備の受け渡しができない為!」

『誰かに頼むって手段も昔ならあったけど、今のあの数を見たら現実的じゃないしねぇ…。』

「うちが1人でがんばっても30分くらいかかったりしますしね…。

 うしゃ、とりあえずこんなとこかなー?
 皆、月曜日休みだった人多いと思うけども気を抜かずに頑張ろうぜ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

引越し準備、進行中

セレ「とりあえず、棚2個が片付きましたよ?」

エル『最後の2個セットのが難関ねぇ…。』

「えぇ、キング・オブ・カオスですからね…。」


※キング・オブ・カオス
  カオスを極めたカオスの王様、といった風格を漂わせる棚。
  建築士関係の本があると思ったら隣には同人誌、そして1段丸ごとフィギュアやらプラモデルやらが並んでいるというカオス。
  その並んでいる物も、六本松弐式の隣でめっちゃ構えてるヴァイスリッターとかあると思ったら、ゴスロリ衣装が可愛いラトゥーニの隣には首が取れてるレーメがいたりするカオス。
  同人誌軍団が終わったと思ったら何故か手品の指南書が出現し、そして色んな作品の設定資料集に突入、リトバスにFate、なのは、ダ・カーポにと様々立ち並ぶカオス。
  下二段は更にカオス、もはや何が入っているかも記憶に無い謎の金属箱(たぶんクッキーか何かが入ってた缶を再利用してる)が何個もあったりする、1個あけてみたら、大量のセミの抜け殻が…。


「下手なビックリ箱よりもlビックリしましたよ…。
 わたしともあろう者が、
 『おわっ!?』
 とか悲鳴あげちゃいましたもん。」

『そりゃ、電池とかそういうのが入ってると思って箱開けたらセミの抜け殻が入ってたら驚くでしょうよ…。』

「しかも綺麗なのだけ集めてたらしく、完全に幼虫の形を保ってるんですよね…。
 こればっかりは、流石のわたしも悲鳴を上げざるを得ませんでした…。」

『ん。』

「さて、この棚に入っている物の中で新居に持っていくのはあらかた出したので、後は置き去りにする物を箱につめていく作業になりますb
 これがまた、色々大変そうだw」

『ま、頑張りなさいな?』

「うぃす!

 そんな訳で、昨晩はROできなかったのでした。」

『パソコンは付けてたけど、音楽流してたもんね。
 喘ぎ声CD。』

「かけてないよ!
 ていうか持って無いよ、そんな、CDは。」

『CDじゃないのならあるんだ…。』

「いやそういう意味じゃねぇw

 流してたのは、うたわれらじおのゲスト来るやつ!

 『くり』
 『基本的に家には帰らない、ネカフェに住んでる』
 『おらおら力也、いいのかい姉さん奪っちまっていいのかいおらおら力也ー』
 『』

 と言えば、分かる人には分かると思いますがいかがでしょう?」

『まぁ、何人かは分かる人もいるんでしょうねぇ…。』

「うし、ここまでっ!
 それじゃ、今日も仕事頑張って終わらせて帰るよ!
 ではではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ETで2回もMVP取ったどー!

セレ「昨晩は皆でETに上ってきました。」

エル『セレの出番って、あそこじゃそんなに無いでしょ?』

「いやー、昨日はWIZ居なかったのでね、割り後色々頑張ったつもりですw
 でも、無茶しまくったので南無もしまくりでしたw」

『アホか…。』

「でもね、アモンラーとDOP様でMVPゲット!

 アモンラーは任せてもらってた感じなので当たり前なんですけど、DOPさまは対ボス主戦力のブラさんが阿修羅3初くらい叩き込んでから南無させられて、全滅寸前にギリギリで私がトドメさした感じだったので、MVPでした。

 ろくなアイテムが出ませんでしたけど、最終的には紫3個ゲット。
 ダイス振って上位3人が紫箱をオープン!」

『結果は?』

「えーとね、一定時間だけ攻撃されてもヒットストップしなくなる薬が出ましたヨ?」

『…アンティペインメント…。』

「うにさんは、頭装備出たのにね!
 あんまりうらやましくない装備だったけど!」

『何?』

「初代、対人間の被ダメ10%軽減の装備です。
 見た目のインパクトが強すぎるやつです。」

『あぁ、糞ね。』

「…もうちょっと言葉を選ぼうぜエル姉…?」

『排泄物(固形)ね。』

「…もういいです…。」

『あとは?』

「えー、ROはこれくらいかな?
 ただ、ノヴェラさんと初めて一緒に狩りが出来たのが良かったかなーと思います。
 ボーリングバッシュ強いね!」

『グリフォンカードを入手なさいな?
 もしくは、ファーレーンをもっと鍛えなさいな?』

「ですねー。

 よし、今日はこれだけだ!
 皆、台風で電車止まって大変だったと思いますけど、無事だといいなぁ。」

『セレは遅刻ってレベルじゃない時間に事務所に来たわね。』

「足止めくらいまくりで、結局車出してもらいましたからね…。
 事務所に到着したの、なんと12:20です…。
 午前中の時間を全部潰された!

 これから書類を作って、役所に持っていかないといけないのに!」

『お疲れ。』

「うぃ、がんばりま。

 ほいじゃ、今日はここまでね!
 皆、明日仕事したらついにセレインさんは引越しだだだぁ。

 果たして、食に関して基本的に無頓着なセレインさんは生きていけるのか!

 では、また明日ねー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

引越し準備→ROログイン→寝落ち

セレ「引越しで棚を持っていってしまうので、そこに今も入ってる書物をダンボールにつめる作業でだいぶ疲れてきたセレインさんです…。」

エル『今までどれだけ本やら何やらを買ってきたかって集大成よね…。』

「こんなにあったんだなぁ…。

 さて、昨晩はベランダ側に配置してある棚の整理を行いました。
 『まほらば』
 『エクセル・サーガ』
 『医龍』
 『マジック・マスター』
 『エルフェン・リート』
 『E's』
 『WorldendFairytale』(つづり違うかも)
 『QED』
 などなどをリビングに作った棚に移動ー。」

『作ったっていうと、あれか。
 二段ベッドの枠部分を使って作ったあれか。』

「んむ、あれです。

 一個だけ残す本収納の為のタワーがあるので、いつかもって行くだろう物に関してはそこに入れました。
 引っ越した後が大変そうですけど、まぁなんとかなるかな…?」

『本だけなら、並べるのは楽しいんじゃない?』

「イヴっちが来てくれるかもって話をしてくれたんですけど、厳しいですねー。
 どうやら、引越し業者が新居に到着するのが夕方っぽいのでねw」

『あー、そりゃ手伝ってもらうの無理だわ…。』


※イヴっちは都内在住なので、来ると帰りが深夜になる。


「泊りがけで来るなら、それはそれで構わないんですけどねb
 ねるとこを確保できるかは問題ですけどね?」

『それはなんとかなるんじゃないの?』

「ま、なんとかなるとは思いますけどもw

 さて、そんなこんなで、ひと段落してからRO起動して溜まり場で
 『ばまー』
 って挨拶してから、肉体が限界を迎えたのか、電源が落ちました。」

『あんたの脳のバッテリー容量は少なすぎるのよ…。』

「で、起きたら3人だけになってましたw
 白木さん、ノヴェラさん、そして私。

 ちょろっとお話をして、就寝ー。

 ベッドの中でドラクエ9やってた午前2時。」

『寝なさいよそこは…。』

「現在ドラクエ9は錬金とかファッションなんたらとかをガンバッテマスけど、なかなかうまく行かないもんですねぇ…。
 ま、地道にやればいつかは?」

『なんかオーブとか集めるの大変らしいしね?』

「大変ですねぇ…。
 ま、がんばってみらぁw

 と、ROは狩りしてないから話題も無いので、今日はここまでー。
 ほいじゃ、また明日っ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ぶっきんぐ・おぶ・いべんと

セレ「帰宅したのはそんなに遅い時間じゃなかったんですけど、蕎麦食べたらなんか妙に全身が痒くなってしまいましたw」

エル『アレルギー?』

「じゃないと思うんですけど、どうなんですかねぇ…。
 ま、次に蕎麦食べてもなったら、アレルギー発生の可能性大ですね。

 さて、なにやらうだうだとROの狩りの話やらキャラ自慢(主に筋肉)とか妄想とかをもりもり書いてたら、なんといつの間にかカウンターが10000を越えてました!
 皆さんアリガトー!」

『セレの驚愕の性癖を見た人が、のべ1万人か…。』

「性癖て…。」

『で、今日は何の話するの?
 ROしてないんでしょ?』

「えぇw
 で、まぁ今日、最近色々と重なるなぁって話をw」

『ふむ…。』

「えー、皆さん大好きな作品ありますよね?
 そうです。
 『魔法少女リリカルなのは』
 です。」

『…なんて勝手に皆が好きな事にしてんのよ…。』

「で、この劇場版の上映開始日が決定しました。
 2010年1月23日です。」

『来年かぁ…。』

「私とイヴっちは見に行く事が決定してます、何せチケット持ってるからね!」


※夏コミで購入した、ドラマCD付きのやつ。


「さて、もう一つ皆が大好きな作品がありますね?
 そうです、それです。
 『Fate/stay night』
 です。」

『だから、なんで皆…。』

「で、これの劇場版も決定してまして、その上映日も決定しました。
 2010年1月23日です。

 すっげぇ、同じ日だ!」

『何かあるのかしらね、この日に。』

「映画業界では何かあるのかも?
 前の作品の上映期間が22日で終わる、とか…。

 と、これがまず一個目です。」

『まだ何か被ってるの?』

「えーとですね…。
 イヴっちが大好きな水樹奈々嬢がDJを勤めるラジオ番組
 『スマイル・ギャング』
 ってのがありまして、それの公開録音を早稲田大学の学祭でやっちゃおうぜ!
 というイベントがあります。
 ちなみに11月7日の15:30からみたいです。
 このイベントは事前に応募しないと参加出来ないから注意ダヨ!
 ちなみに当日消印無効の必着10月16日が締め切りです。」

『あー、早稲田かぁ…。
 出身だっけ?』

「いや、水樹さんが大学に進学したのかどうかすら知らないんですけどね、私は…。
 相方さんは早稲田だったりするのかも?」

『リスナーとは思えない発言ね…。』

「実は一度も聞いた事無いんですけどね…。
 だってさー、もう400回とか超えてるんですよ?
 でもさ、最初から聞きたいじゃないですかw」

『分からないでも無いけど、無理でしょそれは…。』

「きっと、どこかから白馬の王女様が来て、ラジオを録音した何かをくれると信じてます…。」

『…白馬の王女様って単語を始めて目にしたわ…。』

「で、ね?

 みなさんが大好きな兄貴がいますね?
 そう、その人です。
 小山剛志さんです。」

『…もういいわ…。』

「さて、兄貴のブログを見てたら、なんと兄貴が母校の学祭でイベントするとの事。
 はい、早稲田大学です。
 ちなみにこっちが水樹奈々さんより早い時間です、12:30開始です。」

『昼時ねぇ…。』

「で、兄貴、ここでなんと、普段は絶対しないような真面目な話をしちゃおうかと思ってるとの事でしてよ!
 皆、兄貴にほれる準備は十分ですか!」

『皆、兄貴を掘れる準備は十分ですか!』

「はい、今聞いたばっかりの私の発言を改造しなーい…。」

『いや、なんかしないといけないかなって義務感が沸いてね。』

「さて、ここを見てる女性諸君。
 兄貴がちょっと気になってる女性諸君。

 この兄貴のイベントは、なんと
 『【特別企画】 真剣40代 ひげ独身の教室で婚活』
 というすごいのがあります。
 突撃するには、こちらは事前の応募が必須になってます。」

『来なかったら企画倒れって言ってたから、セレ女装して行ったら?』

「無理すぎるw
 スポーツ狩りみたいな髪型の女性がいてたまるかw

 まぁ、兄貴の幸せの為にも、興味があったら行ってみるといいと思いますよー。

 というわけで、以上2つの動きが同じ日になってるってのが2個もあってビックリなセレインでした。」

『余談だけど、小山剛志を呼んでる方の主催の名前が
 『早稲田大学二次元文化研究会』
 ってなってるのよね…。』

「…日本の将来が心配になりますね…。」

『アンタが言うな。

 で、その連絡先のアドレスなんだけどね。
 『――――@imoutoken.com』
 なのよね。

 ここって、本当は妹研究会なんじゃないの?』

「……日本の将来が心配になりますね……。」

『だから、アンタが言うな。
 全日本妹選手権を全巻集めたシスコンが…。』

「手元には無いから大丈夫です!
 妹に
 『お兄ちゃん、こういうのが好きなの?』
 とか言われた気がしますけど、夢でしたしね!」

『うわ……。』

「待って、ホントに夢だったからね?
 恐怖心が見させた、恐ろしい悪夢…。

 そういえば、うちにあったはずのネギま!25巻はどこいったんだろうね?」

『知らないわよ…。』



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

アクセス解析(2009.09)

セレ「さて、月も替わったので、恒例のアクセスワード解析っ!」

エル『なんか、狙い撃ちワードの種類がまたすごいわね…。』

「気のせいです、きっと…。」




「さて、まずはRO系の普通なのをピックアップ!」

1 血塗られた鉄球 44 8.4%
2 セレイン 16 3.1%
3 ダークバシリウム 10 1.9%
5 ro 血塗られた鉄球 7 1.3%
6 セレインさんの日記帳2 6 1.2%
9 錐 ダメ クロック ローグ 3 0.6%
10 RO 血塗られた鉄球 3 0.6%
11 ro wiz お金稼ぎ 3 0.6%
12 ro プラズマカード 確率 3 0.6%
16 スキンオブベントス カード 3 0.6%
19 モンスターブリーダー  ユグドラシルの樹 3 0.6%
20 ラグナロク サーバーとの接続に失敗しました ルー% 3 0.6%
21 RO オデン用武器 2 0.4%
22 Sbr 紅炎 2 0.4%
24 アイスタイタン ソウルブレイカー 2 0.4%
  うちの場合は、錐+QHwナイフに風付与で、鉄球セット装備でLA一確いけるヨ!
25 アリス 1確 Sbr 2 0.4%
26 オデン ぬくもり 2 0.4%
31 ヴァルキリーマント 海賊の短剣 2 0.4%
32 GD2 ローグ 2 0.4%
33 RO ダークバシリウム 2 0.4%
34 RO 血鉄球 2 0.4%
35 RO 血塗られた鉄球 2 0.4%
36 ro ライドワード帽 入手 2 0.4%
  昔販売されたRO系の本に封入されていました。
  今はもう、露店で買うしかありません。
38 アリス 1確 2 0.4%
  いつか計算しますけど、これはINT型の方が得意かも?
40 セージで死神の名簿は 2 0.4%
46 ソウルブレイカー アリス一確 2 0.4%
48 マミーカード 値上がり 2 0.4%
49 モスコ 稼ぎ 2 0.4%
50 モスコビア ローグ 2 0.4%
51 ラグナロク 2垢→1垢 2 0.4%
53 ローグ モスコビア 2 0.4%
55 血塗られた鉄球 ro 2 0.4%
56 鉄球セット 2 0.4%
57 濃縮エルニウム フランツ 2 0.4%
  4→5で破壊したと思ったら、6→7を2連発で成功させたりします…。
58 RO モンスターブリーダー 合成 組み合わせ 2 0.4%
61 GV用 武器 1 0.2%
64 RO 4ヴァルキリーマント 1 0.2%
65 RO BSボス狩り 1 0.2%
66 RO DS師 砂 ステ 1 0.2%
67 RO お金稼ぎ狩り ローグ 月光剣 1 0.2%
68 RO エンドレスタワー ヒバム攻略 1 0.2%
69 RO ネカフェダンジョン 場所 1 0.2%
70 RO バナナ 落とす 1 0.2%
71 RO バンジー 確率 1 0.2%
72 RO モロク討伐 クエスト 情報 Fenrir 1 0.2%
73 RO ローグ ファルコンローブ 1 0.2%
74 RO 混乱 Gv レクイエム 1 0.2%
75 RO 深遠の騎士 絵 1 0.2%
76 ROローグ 1 0.2%
77 fenrir モロク討伐 1 0.2%
82 RO ジョイパッド 1 0.2%
83 RO ダンサー マブカ 1 0.2%
84 RO ローグ 1 0.2%
90 オーク特化槍 1 0.2%
  他装備によるけど、姉御(オークレディー)3枚にヒドラが最高と言われてます。
91 オデン ぬくもり 狩り 1 0.2%
92 オデンぬくもり 臨時 1 0.2%
94 ガリオンカード ケンセイ 1 0.2%
99 スプリングラビットカード 1 0.2%
101 セイレン=ウィンザー の台詞 1 0.2%
102 セレイン 1 0.2%
105 ソードガーディアン 3D 1 0.2%
106 ダークバシリウム 濃縮エル 精錬 1 0.2%
107 ダークバシリウム 濃縮エル 1 0.2%
114 マーガレッタc 使い勝手 1 0.2%
116 モンスターブリーダ 攻略 1 0.2%
117 モンスターブリーダ wiki 1 0.2%
118 ラクナロ 1 0.2%
119 ラグナロク ぬくもり 拳聖 スキル振り 1 0.2%
120 ラグナロク モンスターブリーダー 攻略 1 0.2%
121 ラグナロク 錐 ボス狩り 1 0.2%
122 ラグナロク QHW 用語 1 0.2%
  QHWってのは、チャッキーカードを4枚挿してる装備の事だよ!
123 ラグナロク モンスターブリーダー 配偶 1 0.2%
124 レギンレイブの翼 ラグナロク 1 0.2%
125 ローレック 転職 1 0.2%
129 ヴァルキリーマント  濃縮エルニウム 1 0.2%
136 短剣ローグの最強装備 RO 1 0.2%
142 濃縮エル 4→5 失敗 1 0.2%
143 濃縮エルニウム 1 0.2%
151 1dayチケットだけ購入 ワイプ ラグナ 1 0.2%
152 DS 一確狩 1 0.2%
153 EDP魂SB 生体 1 0.2%
   個人的には、死亡率高いからアビスの方がオススメです
155 Gv 葱 メス 1 0.2%
156 QHw RO 1 0.2%
157 QHw RO 1 0.2%
159 RO ASPD199 計算機 1 0.2%
   199はエミュ鯖でないと無理だよ!
   ちなみに秒間50回攻撃です、どんだけー。
160 RO DS Lv上げ 1 0.2%
161 RO Pv アルシェ 考察 1 0.2%
162 RO お金稼ぎ スナッチ 1 0.2%
163 RO アリス 1確 1 0.2%
164 RO ウィザード お金稼ぎ 1 0.2%
  聖地『アリ地獄』へGO!
165 RO バード 眠くなる 1 0.2%
166 RO ベントス 1 0.2%
167 RO マーリンカード 1 0.2%
168 RO モンスターブリーダー ユグドラシルの樹 1 0.2%
169 RO ライドワード帽 入手 1 0.2%
170 RO ライドワード帽子 wiki 1 0.2%
171 RO ローグ スリッパ 1 0.2%
172 RO 一定確率 % 1 0.2%
173 RO 血塗られた鉄球 1 0.2%
174 RO 恨みの箱 ドロップ率 1 0.2%
176 RO エンドレスタワー 攻略wiki 1 0.2%
177 RO ドラゴンの卵 ドロップ率 1 0.2%
179 RO リーフキャットカード 確率 1 0.2%
181 RO 鉄球セット 1 0.2%
182 Ro  10ダークバシリウム 1 0.2%
183 Ro 天使系 モンスター 1 0.2%
184 SBR アサクロに血鉄球 1 0.2%
   SBrに鉄球はすごく有用なんだぜ!
   筋肉ブレイカー万歳!
185 SBr 深遠 1 0.2%
186 Sbr アリス 1 0.2%
187 V盾 儲け RO 1 0.2%
188 Wiz お金稼ぎ RO 1 0.2%
191 ro ds Lv上げ 1 0.2%
192 ro WIZ お金稼ぎ 1 0.2%
193 ro お金稼ぎ WIZ 1 0.2%
194 ro アヌビス ピアース 1 0.2%
195 ro チュンイー 1 0.2%
   チュンイーちゃんの秘密の部屋は、私とチュンイーちゃんしか知らないんだぜ、へへへー。
196 ro ミストケース 確率 1 0.2%
197 ro 血鉄球 1 0.2%
198 ro 鉄球セット 1 0.2%
199 sbr  一確 1 0.2%
200 sbr 一確 1 0.2%
201 sbr アリス1確 1 0.2%
202 ローグお金稼ぎポイント 1 0.2%
203 2騎士 ソロ 1 0.2%
204 RO Wiz お金稼ぎ 1 0.2%
205 RO wiz カード 1 0.2%
206 sドラキラ マミー 1 0.2%
207 お金稼ぎ モンスターブリーダー 1 0.2%
210 アサクロ SBr アリス 1 0.2%
211 アサクロ 騎士団 ソロ 1 0.2%
212 アサクロ 血塗られた鉄球 1 0.2%
213 アサシンクロス GvG 仕事 1 0.2%
216 アビス WIZ SG 1 0.2%
217 アビス3 Wiz 1 0.2%
218 アリス 一確 1 0.2%
219 アリス1確 1 0.2%
220 アリス SBr 1確狩り 1 0.2%
221 アリス 1確 1 0.2%
222 アルマイア デュンゼカード ドロップ率 1 0.2%
223 イグニゼム・セニア ニブルヘイム 1 0.2%
239 カヴァク ベントス 1 0.2%
240 サンダルオブレジストスペルパワー/ 1 0.2%
242 スキンオブベントス カード 1 0.2%
243 スキンオブベントス カヴァク 1 0.2%
244 スプリングラビットカード ドロップ率 1 0.2%
246 セージ ベントス 1 0.2%
281 ダークバシリウム 4 1 0.2%
282 ダークバシリウム ro 1 0.2%
283 ダークバシリウム WIZ 1 0.2%
284 ダークバシリウム 精錬 1 0.2%
285 チュンイーカード Gv 1 0.2%
287 ネリョチャギ 桃木 1 0.2%
289 バフォ 攻略 ニューマ 1 0.2%
290 ピンギキュラ ロリ 1 0.2%
291 ブリーズカード 出血 1 0.2%
292 ブリーズカード 検証 1 0.2%
295 マーリンカード 1 0.2%
296 メス ブリーズカード 1 0.2%
297 モスコビア スリッパ 1 0.2%
298 モスコビア 金儲け 1 0.2%
299 モンスターブリーダー 1 0.2%
300 モンスターブリーダー ユグドラシルの樹 1 0.2%
302 ライドワード帽 入手 1 0.2%
303 ライドワード帽 入手先 1 0.2%
304 ライドワード帽 発動率 1 0.2%
305 ライドワード帽子 入手方法 1 0.2%
306 ラグナ マミーカード 1 0.2%
307 ラグナロク ローグ wiki 1 0.2%
308 ラグナロク アリス 1確 1 0.2%
309 ラグナロク エスマ リンカー 装備 モルフェウ%8 1 0.2%
310 ラグナロクds 殴りアコ 1 0.2%
311 ラグナロクオンライン エンシェントタワー 攻略 1 0.2%
312 ラグナロクオンライン コンプリートサ% 1 0.2%
313 ラグナロクオンライン モンスターブリーダー wiki % 1 0.2%
314 ラグナロクオンライン ライドワード帽%8 1 0.2%
317 レクイエムカード Gv 1 0.2%
318 レディータニー人形 微妙 1 0.2%
319 ローグ DS RO 1 0.2%
320 ローレベル ベントス 1 0.2%
321 ローレベルスキンオブベントス 1 0.2%
327 過剰精錬 失敗 1 0.2%
328 過剰精錬 日記 1 0.2%
332 九尾狐 読み方 1 0.2%
  前回も書いた気がしますが、『クミホ』になりますよー。
334 血鉄球 ro 1 0.2%
335 血鉄球 足鎖 1 0.2%
336 血塗られた鉄球 もるひ 1 0.2%
337 拳聖 ライドワード帽 1 0.2%
338 虎人カード ドロップ率 1 0.2%
339 合成情報 モンスターブリーダー 1 0.2%
341 死神 過剰 1 0.2%
342 死神の名簿 アヌビス 1 0.2%
347 足鎖+血塗られた鉄球 1 0.2%
349 天下大将軍 反撃 狩り 1 0.2%
353 濃縮NPC フランツ 1 0.2%
354 濃縮エルニウム NPC フランツ 1 0.2%
355 魔王モロク撃破 1 0.2%
360 アリス一確 RO AX 1 0.2%
362 ラグナロク ds レベル上げ 1 0.2%
364 ROモンスターブリーダー お金 稼ぎ方 1 0.2%
365 アモンラーハンター攻略 1 0.2%


「以上、超大量っ!
 ちなみに今回のアクセスワード、367種類あります。
 前回よりも少し減りましたねw」

『減ったからどう、って事も無いんだけどね…。
 ていうか、前回から減ったのって、1個だけじゃん…。』

「なんでこんなに多いんだろうね?
 たぶん、私を狙ったワードが多すぎるんだよね、これ…。」

『かもねぇ…。』

「次に、なんだかエロスの匂いがただよう物いきます!」



7 金色の闇 ニュルニュル 5 1.0%
  「まただよ!
   またきましたよこれ!
   もう、私も見たくなってきたよこれ!」

8 もんはんのえろほん7 3 0.6%
  「『あるちゅ』でググると幸せになれるかも・・・?」

23 あえぎ声 CD 2 0.4%
  「こんなの聞いて、どうするんだろうねぇ…。」
  『ナニをするんじゃないの?』
  「ちょ…、少しは自重してくださいエル姉…。」

28 デリへル動画 2 0.4%
  『そんなにこんな動画みたいんだったら、もう店に行きなさいよ。』
  「…え、なんで私の顔を見ながら言うのそれ…?」

52 リーシル エロ画像 2 0.4%
  「リーシルって誰だかやっとwア狩りました!
   RODSの、魔法使いの子だ!」
  『あぁ、セレ好みのあの元気っ娘かぁ…。』

59 AV 黒メガネ 巨乳 1 0.2%
  『残念、セレは完全に二次元しか愛せないし欲情も出来ない存在だから、ここには無いわよ。』
  「ナニ勝手な設定作って公開してるのこの姉!?」

85 おっぱいを触りまくる動画 1 0.2%
  「ストレートすぎる欲望の貴方は、きっとステキな紳士なんでしょうね…。」

86 とてつもなくエロイ動画 1 0.2%
  「↑の紳士と同等の紳士レベルですね…。」

98 スクール水着を脱がさないで! 1 0.2%
  『これは、
   『スク水を脱がされそうになってる女子の叫び声』
   『スク水もののAVで男優がそれを脱がそうとしてるときの、見てる人間の魂の叫び』
   どっちかしらね?』
  「知りませんよ…。」

110 ブルマー女装いじめ 1 0.2%
  「いじめ、かっこわるい!」
  『『ブルマはいてる女装趣味の中年男性が、新入社員(男)に襲い掛かる…!』
   ってサブタイトルのAVあったらどう思う?』
  「発売禁止になって欲しいですね…。」

134 巨乳で窒息動画 1 0.2%
  『男の死因としては最上級じゃない?』
  「私はこのシに型はイヤですけどね…。」
  『なるほど。セレは…腹上死が…希望…っと。』
  「ちょ…、変な事メモらないで!」

178 RO リーシル 18禁 1 0.2%
  「前回は意味不明でしたけど、ちょっと興味出てきたw」

245 スリーサイズ 計算機 1 0.2%
  『これってさ、そんなの使わないで聞けばいいじゃない?
   『いやー暑いですねお嬢さん、スリーサイズを上から教えて下さい。』
   ってさ。』
  「通法されますよ…。」

315 ラグナロクオンライン ヴィセルク受け 1 0.2%
  「はいBLっぽいのー。」

316 リーシル エロ画 1 0.2%
  「ここまで描いたら差、もう『画像』って打っちゃえよ!」

357 巳屋本いろは エロ同人誌 1 0.2%
  「すももの中では、この子が一番好きかもしれません…。」

359 幼女ソムリエ 1 0.2%
  「これ、前にけーねさんに言われたんですけど、もしかして私狙いの単語…?」
  『可能性は否めないわね…。』



「うっしゃ、エロスはこれくらい!」

『あとは仕事っぽいのとかあるけど、もうそれはいいでしょ?
 聞きたい事があったら、コメントに書く事!』

「では、お待たせしました。
 誰が待ってるのか分からないけど、
 『セレインさんを狙い撃ちしたと思われるアクセスワード』
 いきます。」



14 エロイン エロ姉 3 0.6%
39 エロイン エロ姉 2 0.4%
  「二人そろってエロエロ姉妹ですね」ってやかましいわー!(二回目

15 エロイン エロ姉 合体 3 0.6%
  『セレと合体するくらいなら、刑務所の便器になった方がマシ。』
  「私どんだけ拒絶されてんだよ…。」

17 セレイン ロリコンフェニックス 3 0.6%
  「結局まだ読んでないけど、もうなんでもありになってきてるなぁ。」

18 セレイン オタク ロリコン 救いようがない 3 0.6%
  『救いようが無いってさ?』
  「大丈夫ですよ、まだ間に合いますよ!」
 
41 セレイン アクセスワード 2 0.4%
  「あ、アクセスワードってカテゴリ作ったので、これからは楽になるよ☆」

42 セレイン チュンイー 2 0.4%
  「私のチュンイーちゃんに対する愛情は、太陽の黒点温度を超えてる。」
  『…高いんだか低いんだか、微妙なラインね…。』

43 セレイン 妹 ブルマ 2 0.4%
  「私って一回もブルマ好きとか言って無いのに、なんでこのワード?」

44 セレインさんの オタク度  2 0.4%
  「もしかしたら、ちょっと高いかもしれないね、テヘリ☆」
  『キモイ度だったら人類で一位を狙えるのにね…。』
  「ちょ…そこまでキモくないよ!」

45 セレインさんの 痛い話 2 0.4%
  「物理的に痛い話だよね?
   ヒザとか指とか盲腸とか、色々あるけどどれがいい?」
  『チ(ピーーー)に管。』
  「思い出させるなーー!」

79 jww cad ロリコン 1 0.2%
  「仕事関係かと思ったら、なんか紛れ込んでた。
   ここに入れたけど、これってナニを調べたかったんだろ…?」

81 セイレン ロリ 紐 末期 終了 1 0.2%
  「残念セイレンじゃないんだ。
   あと末期でも終了でも無いんだ。」
  『いや、もう紐でロリで末期で終了よあんたは…。』

89 エロインじゃないの? 1 0.2%
  「エロインじゃないよ!」
  『そう、エロインじゃないの、これは、エロいセレイン。』
  「フォローしてくれるのかと思ってたらトドメキター!」

100 セイレン ブログ 地図記号 1 0.2%
  「あ、もっかい地図記号みたいって人いたのかw
   バッチリ覚えてやって下せぇ。」

103 セレイン 紐 ロリ 人生 終了 1 0.2%
  「人生終了ってアンタ…。」

104 セレイン 紐 末期 1 0.2%
  「段々、ろくなのが無い状態になってきた…。」

126 ロリ ガチホモ ヒモ 死刑 1 0.2%
  「私、ガチホモじゃないよ!」
  『ヒモと死刑は、まぁあってるわね。』
  「…え?」

127 ロリコンフェニックス 死ねばいいのに 兄 妹 萌え 1 0.2%
  「死ねばいいのにシリーズは、高確率でウェルさんらしいですよ?」
  『いいぞもっとやれ。』

128 ロリコンフェニックス 死ねばいいのに 妹 パンツ ヒモ 1 0.2%
  「ちょ…、もはやセレインの欠片も存在しない…。」

145 変態 妹 好き ヒモ 下着 ロリコンフェニックス 1 0.2%
  「これだと、ヒモパンツが好きみたいになっちゃいませんか?」
  『嫌いなの?』
  「や、別に嫌いじゃないけども…。」
  『ならいいじゃない?』
  「…え、ナニそれ、何かが根本的に違う気がする…。」

175 RO エロイン 1 0.2%
  「あ、シンプルですね。
   でも、次からは『エロ』のとこを『セレ』にしましょうね☆」

228 エル姉 全力で セレインブレイカー 1 0.2%
  『セレイン…ッ、ブレイカーーーーーーーーー!』
  「ぐわあああああああ!
   ここまでか…、しかしここで私が倒れても、第二第三のセレインが…」
  『…うわ最悪……。』
  「…想像以上にイヤそうな表情をありがとうエル姉…。」

229 エロイン 1 0.2%
  「ついにこの単語だけで…。」
  『どこかの誰かの努力の賜物なんでしょうねぇ…。』

230 エロイン ロリコン 脳内爆発 1 0.2%
  「脳内爆発ってなんだw」

231 エロイン 幼女 槍 ツンツン 1 0.2%
232 エロイン 幼女 槍でツンツン 1 0.2%
358 幼女 妹 ヒモ 槍でツンツン 1 0.2%
  「なんだこれ!?」
  『セレが幼女のまだ成長してない胸とかおm(ピーーー)を槍でツンツンしてるんじゃないの?』
  「ただの変態じゃないですかそれじゃw」
  『ただの変態でしょアンタ?』
  「違うよ!」
  『え、じゃあ普通じゃない変態なの…?
   それはさすがに引くわ…。』
  「そっちじゃねえええええ!」

233 エロイン -由真 1 0.2%
  「この検索の仕方ってさ、エロイン検索で引っかかった中から、由真て単語を含んでるページを消す時に使うやり方よね?」
  『そこまでしてここにたどり着きたったのかしらね…?』

234 エロイン あえぎ声 1 0.2%
  「私のあえぎ声が聞きたいのかこれは…?」
  『そうじゃないの?』

247 セレイン ヒモ 筋肉 幼女マスター 1 0.2%
  「幼女マスターにされちゃったよついに…。」
  『伝説の保育し、みたいな勢いね…。』

248 セレイン 筋肉 1 0.2%
  「セレインさんにはあんまり筋肉はついてないヨ!」

249 セレイン 死ねばいいのに 1 0.2%
  「ちょ…、間違いなくウェルさんの仕業!」

250 セレイン 幼女 はじめて 1 0.2%
  「はじめて…なんだろ?」
  『セレにはじめてを奪われた幼女?』
  「…犯罪の可能性がありますね…。」
  『可能性とかじゃなくて、完全に犯罪だけどねそれ…?』

251 セレイン エロ オタク 1 0.2%
  「まぁ、たしかにちょっとばかしスケベですけどね。オタクですし…。」
  『ちょっと?
   盛大にエロオタなんだけど…。』

252 セレイン スクール水着  1 0.2%
  「なんで私をこういう衣装でまとめて検索するのw
   接点無いよ!」
  『いもうとにスク水着せたら脱がさない、ってゲームのタイトルがセレのパソコンのどこかから検出されたんだけど。』
  「気のせいだよそれ!

253 セレイン セイレン オタク関係 1 0.2%
  「オタク関係って聞かれても困るなぁ…。
   まぁ、セレインさんはちょっとオタク入ってるかもしれないけどね?」
  『ちょっと…?
   限りなくドップリ浸かってるわよアンタ?』
  「mjd?」

254 セレイン ブルマ 変態 1 0.2%
  「変態じゃないし、私とブルマに接点は無いよ!」

257 セレイン ロリコン 逮捕 1 0.2%
  「逮捕とか、無いw
   少なくとも、まだ逮捕されるようなことはしてないんだぜ!」

258 セレイン 下痢 妹 全裸 1 0.2%
  「いい加減に、私と下痢を結び付けようとするのはやめといてんかー?
   あと、妹の全裸とかw」
  『ちょっと前に見たっきり、もう見て無いわよねぇ。』
  「その言い方だと大問題が発生する…!」

259 セレイン 顔 写真 1 0.2%
  「私の顔は、非公開ダヨ!
   見たかったら、オフ会に来たらいいじゃないb」

260 セレイン 成分 100%ロリ 1 0.2%
  「私の成分、そんな不順なのじゃないよ?
   もっとこう、高貴さとか、あと誠実さとか、純朴さとか…。
   …まぁ、ちょっとだけスケベな部分もあるけどね?
   割合で言うと、まぁ8割くらい。」

261 セレイン 全裸 秋葉原 ダンス 1 0.2%
  「先生、私そんな事した事ありません!」
  『いつする予定なの?』
  「予定もねぇよ!」

262 セレイン 全裸 変態 1 0.2%
  「何、今度は私と全裸をくっつける作戦に出たのコレ?」
  『セレはまぁ、全裸ではないけど、家では割と半裸よね。』
  「野郎なんて、半裸でもイインダヨ!」

263 セレイン 脳内 出血 1 0.2%
  「ねぇ、これってリアルに死因クラスじゃない?」
  『脳内出血だったら、まぁ死因になってもおかしくないわね…。』

264 セレイン 疲れた 1 0.2%
  「何に疲れたんだw、恐らくウェルさん!」
  『セレの相手するのに疲れたんでしょ。』
  「馬鹿なぁっ!」

265 セレイン 妹 くれ! 1 0.2%
  「あげないよーw
   あ、妹と私、引っ越すのでねー。同じアパートだぜ?
   母様から、妹に妙な虫がつかないように監視を任されました。
   分かりますね?
   そうです、引っ越したら妹は究極のフリーダム!(無法地帯)」

266 セレイン 妹 ブルマ みてぇ 1 0.2%
  「これは…、うちの妹のブルマ姿を見たいと…?
   たぶんもう似合わないと思うんだ、色んな意味でw」

267 セレイン 妹 監禁 1 0.2%
  『セレが、ついにやってしまいましたシリーズの第一弾ね。』
  「してないよ!」

268 セレイン 妹 全裸 1 0.2%
  『シリーズ第二弾。
   セレと妹が、全裸で同じ布団で…。』
  「してないってばw」

269 セレイン 妹 調教 1 0.2%
  『第三弾。
   セレは、ついに妹に調教されてしまいましたとさ。』
  「してないから!
   ……え、待って、私が調教されたのこれ…?」

270 セレインさん 妹 ください 1 0.2%
  「ぶぶうー、あげませーん。
   でも、今なら販売中でーす。
   税込み525円でーす。」

271 セレインさんの オタク度 1 0.2%
  「低いような、高いような…?」
  『ちょっと時代がずれたらもう分からない事だらけだしねぇ…。』

272 セレインさんの バカ 1 0.2%
  「…検索ワードで悪口言われたのって初めての体験です…。」
  『面と向かってはよく言われるのにね?』
  「何その悲しい人間関係?」

273 セレインさんの パンツ 1 0.2%
  「私のパンツはいいパンツー♪
   つよいぞー、つよいぞー♪
   履こう! 履こう! お兄のパンツ!」
  『ミニマムサイズです。』
  「待てw」

274 セレインさんの ロリコン話 1 0.2%
  「えええええ、私がロリコンの話をするのかい?」
  『ロリコンとしてのセレの体験談を聞きたいんじゃないの?』
  「そんなの期待されても困るんですけどw」

275 セレインさんの 大きさ・・・ 1 0.2%
  「間違いなく私の懐の大きさを問うてますねこれ。
   すごいぜ、来る物拒まず去るもの追わず!」
  『来る幼女拒まず去る幼女逃さず。』
  「ちょtt…、それどう見ても犯罪…!」

276 セレインさんの 誘拐 疑惑1 1 0.2%
  「そんな疑惑は無いよ!
   誘拐とか、そんな…。」
  『盗撮だけだもんね?』
  「それもしてないよw」

277 セレインの エル姉 ロリ化計画 1 0.2%
278 セレインの エル姉ロリ化計画 1 0.2%
279 セレインのエル姉ロリ化計画 1 0.2%

  『…そういえば、ずいぶん前にこんな計画が持ち上がったわね…。』
  「私も忘れてるくらいですし、かなり古い話なんだろうねぇ…。」
  『で、するのこれ?』
  「ロリになりたいのエル姉?」
  『なったらなったで面白そうではあるけど、セレが妙な快感を覚えそうだからやめとく。』
  「ちょ…、ロリ化して何する気ですかエル姉!?」

280 セレイン付きエル姉23歳 1 0.2%
  「うおお私がオマケ扱いに…!」
  『ま、どっちが信頼に値するかって事でしょ?
   人間性の違いってやつよ。』

322 ロリ エロイン 1 0.2%
  「あぁ、もうこれだけでここに来れちゃうんだ…。」

323 ロリコンフェニックス 妹 ヒモ  1 0.2%
  「こんなのでも来れるんだ…。」

324 ロリコンフェニックス 妹 ヒモ パンツ 1 0.2%
  「…パンツに興奮してる私なんて、今まであったっけ…?」
  『ヤファが履いてないってので大興奮してるじゃないのよ…。』

325 ロリコンフェニックス 妹 ヒモ 好き 1 0.2%
  「もう、何でもありになってきたよ…?」

356 妹 ヒモ ロリコン 死ねばいいのに 1 0.2%
  「死ねばいいのに検索禁止ー!」




「はい、ピンポイントのスナイピングミッションなやつらをピックアップしてみましたー。
 予想以上の量に、ちょっと私は疲れました…。」

『もうアレよね。
 『エロイン』
 『ヒモ』
 『妹』
 『ロリ』
 『幼女』
 『フェニックス』
 『脳内』
 あたりの単語を混ぜたり組み合わせたりしたら、高確率でここにたどり着くんじゃないの?』

「普通の検索で来てほしいのにねぇ・・・。
 いや、まぁネタにはなるからそれは嬉しいんですけどね?」

『いいじゃん、笑いの元を撒いてると思えば。』

「……ソ…ソウダヨネ!」

『ま、セレの人格破綻してるのはもう周知の事実なんだし、今更隠す必要も無いでしょ?』

「NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

引越し準備と、槍クルセクォーリンの騎士団初挑戦

セレ「引越しの荷物整理で予想外の時間をとられました、油断してたら完全に予想を超えた戦闘力を持ってました…。」

エル『気付いただけ良かったんじゃない?』

「にしても、凶悪な数の本達です…。
 どう考えても全部を持っていく事は出来ないので、最近あんまり読んでないマンガは置いていく事になりそうですw」

『ふむ。
 何を持っていく事にしたの?』

「続きが気になりまくりな
 『ネギま!』
 は持って行きます。
 あとは、まだ一巻しか出てないけど勢いと絵柄が大好きな
 『ディーふらぐ!』
 も持って行きます。

 あと持っていくマンガは
 『とある魔術の禁書目録』
 『とある科学の超電磁砲』
 『ギャグまんが日和』
 『ドージンワーク』
 『マンガ家さんとアシスタントさんと』
 『ローゼンメイデン』

 たぶんこれだけ。
 目に付いたお気に入りをひたすら箱に詰めてたので記憶が薄いですけど、思い出せたのはこれだけw」

『少ないわね…。
 蔵書の2割くらい?
 絶対にもっとつめてたわよね…。』

「『QED-証明終了-』
 はそのうち持って行く予定ではありますけどねw
 『キメラ』
 『医龍』
 『エクセル・サーガ』
 は、お気に入りではあるんですけど、収納量の関係で今回は放棄!
 引越し完了後の本棚の様子を見てどうするか判断しますw」

『ふむ…。』

「で、ラノベ関係。
 これは、最近読んでなかったけども読み直したいのとかもチョイスしましたw
 『とある魔術の禁書目録』
 『伝説の勇者の伝説』
 『魔術士オーフェン』
 『灼眼のシャナ』
 『風水学園』
 『まじしゃんず・あかでみぃ』
 『ゼロの使い魔』
 『ザ・サード』
 『フルメタル・パニック』
 『涼宮ハルヒシリーズ』
 『星界の紋章・戦記』
 これくらいだったかな?
 あ、
 『秘密結社でいこう!』
 『乱波GOGOGO!』
 も持って行きます。」

『最後二つは、マイナーな気がする…。』

「秘密結社のはなんとなくキャラ設定がねー。
 特に好きなのは、えっちゃんです。」

『あぁ、あのスライム娘…。』


※秘密結社でいこう!
  平凡な少年が、いきなり悪の秘密結社の首領にされてしまう事から物語が始まる。
  4人の美人女性の部下が4人登場し、同居生活開始。
  が、この4人、どれも『普通』じゃない、そもそも人間じゃないのが75%。


※乱波GOGOGO!
  欲望に正直っぽい主人公の下にいきなり現れた転校生の長身巨乳美女。
  自己紹介の際に色々あって正体がばれそうになるが、持ち前の能力(クナイを投げる等)で無かった事にしたりする。
  そんな主人公とヒロインを見てもやもやする幼馴染とか出てくる。


「ま、久々に読みたい小説を持っていく感じで考えてますb

 さて、まぁ私の荷物まとめ列伝はそんなに面白くないと思うので、最後に2個だけ書いて終わりにしますヨ!」

『ふむ…。』

「まず1個目。
 私の部屋に、私が全く知らないえっちな本がありました!
 持ってきたの誰だーーーーーーーーーーーー!?」

『え、セレの部屋に来た事ある人間って、ほとんどいなくない?』

「…そうなんですよね…。」

『なんて本が見つかったの?』

「え、もう本の名前を見ただけで内容が丸分かりな本なんですけど…。」

『『隣りのランドセル』
 とか?』

「ちょ…!
 テラロリコン仕様じゃないですかタオトルが…!」

『ちなみにこれ、
 『「ダメ、おにいちゃん。まみ、もう――」そろそろかなと、美樹夫が…… 』
 って感じらしいわよ?
 内容としては、
 『文体は読みやすいし、文章はちょこちょこ知性を感じさせるし、オチもついてたし、エロ描写はやたら濃いし。
  他にもいくつかエロラノベ読んだけど、これが一番良かったような。』
 って言ってた。』

「誰が言ってたんですか、そんな事…。」

『理夜ちゃんとこの、達也。』

「うじょさんかよ!
 あー、そういえば前にそんな記事読んだ気がするねー。」

『ちなみにこの作者さん、
 『いもうと水着!』
 『いもうと温泉!』
 『いもうと祭り!』
 『いもうと神様!』
 『隣の5人姉妹』
 なんてのも書いてるから、セレの食趣に合うんじゃない?』

「ロリコンじゃないですし、シスコンでも無いですよ!」

『あ、サイト見てみたら、理夜ちゃんとこまた引越し(サイト移動)するみたいよ?』

「おっ?
 ッてことは、またあの掛け合いが見られる可能性があるって事ですね?」

『んー、まぁそこはどうかは分からないけどね?
 でもまぁ、とりあえず大丈夫じゃない?』

「うへへへ、楽しみにしてるぜ…。
 何せ、うちのブログの今のスタイルはうじょさんとこを大きく参考にしてますからね…。」

『ま、会話形式なのとかね。
 宇城の『八紘一宇』
 と、
 『登山道~この先じごくの一丁目!?~』
 を見て、会話形式にしようと思ったんだっけね?』

「その相手にエル姉が出るようになったのはうじょさんのとこの
 『脳内彼女を作ろう』
 ってなとこを参考にしたんですけどねw」

『懐かしいわねぇ…。』

「えぇ、ブログがこっちに移転する前ですからねー。」

『…で、なんて名前のエロ本が見つかったの?
 どんなにロリロリなペドだとしてもこれ以上は幻滅しようがないから、安心して白状なさいな?』

「…私って、そんなに底辺なんだ…orz

 えーとね。
 『レズスペシャル』
 って本ですヨ?」

『…そんな趣味もあったんだ…?』

「あぁっ! 引かないで!
 ていうか、昨日中身も確認してみたんですけどね、全く記憶に無いよ!」

『どの山にあったの?』

「山っていう程にエッチな本は無いですよ、うちの部屋…。
 えーと、確かひよひよのとかと一緒にあったね。」

『OK、犯人分かった。』

「マジカヨ!」

『それ、すすきのの彼だ。』

「……あいつかあああああああああああああああ!」

『色々もらったから、紛れ込んでたんじゃない?』

「あー、納得できたー…。
 10冊くらいあったから、中に入ってたのかぁ…。」

『で、2つ言う事があるってのの片方は終わったけど、もうひとつは何よ?』

「あ、ユーフィーの抱き枕カバーが解禁になると思われます、って事ですw
 1人暮らしなら、イイヨネ!」

『…誰かが来たら、引くわね……。』

「そんな事無いヨ。」

『いや、あると思うけど…。
 まぁセレの人生だし?
 別に構わないけども。』

「よっしゃ、引越し関連はこれだけなので、ROの話に行くよ!

 えー、クォーリンは相変わらずの氷2です。
 でも、88歳にはなりましたb」

『順調ねぇ。』

「面白いですね、ASってw
 忘れた頃に出るのが、いいね!」

『こうやって、凪みたいなAS野郎になっていくんだろうなぁ…。』

「あ、凪さんのAS魔人っぷりは凪さんのブログを見てもらえれば一目瞭然だと思います。
 今現在の最新記事は、AS系最高ランクの値段がするけど楽しさの高さもすごい事になってる物の考察!」

『最高額じゃないのよね、実は。』

「ま、これ以外の高いのって、全部MVPカードってだけなんですけどね…。
 誰か、ストームナイトカードを安値で譲ってください!」

『無理でしょそれは…。』

「いや、あれって普通の人にとってはネタcみたいなもんじゃないですかw
 なら、凪さんが使ったほうが面白そうじゃない?」

『それはそうだろうけど…。』

「さて、狩りの話!」

『ん。』

「クォーリンのソロなんて何も話すこと無いので、昨晩の狩りの話します。

 えー、マスター+凪さん+私のトリオでした。

 キャラで言うと、クルセ1にハイプリ2です。
 役割で言い直すと、前衛3です。」

『…まぁ、前衛ね、全員…。』

「マスターが南無りたく無いって事だったので、軽めに騎士団に突撃っ!
 昔は最上級狩場だったのに、今はもう肩慣らしみたいな事に…。」

『でも油断したら南無るんだけどね。』

「ていうか、当時は錐みたいな装備も無かったですからねー。
 あそこにいるモンスターって、アリス以外は軒並み固いからw」

『あとライドワードも低DEFねぇ。』

「で、深遠さまは固い+攻撃強いだから、昔は強い相手でした…。
 今はもう、見る影も無いよ!
 うちの子とか、鉄球持って料理使って塩と支援もらったら、LAかけて一撃だよ!」

『厳密計算してないから、できるかはわからないけどね…。
 まぁ、7割り以上の確率で落とせると思うけど。』

「ま、そんなこんなで突撃です。

 そしたらもう、無茶苦茶ですよw

 クルセから飛び出す雷とかピアースなんて序の口。
 ハイプリ二人(特に凪さん)から出るは出るわw

 殴られてるなーと思ったらクァグマイア出るし、殴ってるなーと思ってたらアドレナリンラッシュやらハッケイやら。
 いきなりドーンとか言ったと思ったら、レベル99のとは違うオーラがバリバリ出てるし。
 ズガーン言ったら、殴られてる相手はほぼ死亡確定だしw」


※たまにオートガードで無効化されて死なない相手がいる


「あれは、すごく楽しそうでした…。」

『160Mね。』

「出せないよ…。

 で、私は南無しないで帰還だったのでした。」

『あれ、ウルクと凪は?』

「…私は、南無なしでした…。
 今度からは、もうちょっと守るヨ…。」

『南無らせたか…。』

「あ、何か不本意なモンスター飛びが発生しましたよ2回くらい。
 一回目は、対深淵。
 殴ってたらいきなりテレポして逃げられた。
 二回目はキメラ。
 これも、殴ってたら飛ばれました…。

 アンクルにはまった状態で、射程外から攻撃されたら敵ってテrポするじゃないですか?
 なんかあんな感じに逃げられたー。」

『不具合かもね?』

「じっと見てたわけじゃないですけど、なんとなくどっちも
 『プレッシャー』
 が発動してたかも?
 もしかしたらプASのレッシャーに何か不具合があるのかも?」

『ま、そこは凪に頼むとして…。』

「経験値は36%くらいまで増えました。
 ダイスには負けちゃいましたけど、エル2個と他もげっとー。」

『ふむ…。』

「騎士団では、やっぱりアルシェピースが安定しますねー。
 あそこ、硬いの多すぎです…。」

『ま、大型も多いからピアースは相性が良いでしょうしね?』

「ですb

 で、その間の動画を取ってたらしいので、凪さんからファルを頂きました!
 客観的に自分を見てゴキを勉強する良い機会かと思いましてねw」

『ん、研鑽なさいな?』

「うぃっす!

 よしここまでー!
 ちょっとうじょさんとこにコメント書いてくる!
 ではまたー。
 ノシ」


PS:俺G狩り行けなくて申し訳ない。
   あれね、行く気満々でね、寝落ちしたらまずいと思って夕方6時頃に昼寝したらね、起きたら25時だったんです…orz



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

名無しで経験値増えたの久々な気がする

セレ「名無しに行ってきました!
   経験値増えたけど、南無ってなかったらもっと増えてたと思うとわれながらアホかと思います!」

エル『まぁ、南無らなかったらアリ地獄でだって経験値は増えるんだしね、確実に…。』

「とりあえず、バンシーとWIZの相性が悪いのは学びましたよ。」

『…え、今更…?』

「んむ、今更。
 闇属性だからダメージと通りにくいんだろうなーと漠然と思ってましたけど、どうやらMDEFも結構高いらしいね!」

『あぁ、ホントに今更その段階なんだ…。』

「経験値は増えたから結果オーライですb
 あとは、クォーリンで南無ったくらいですw

 まぁ、あのレベルの南無なんて、デスペナもたかが知れてるんですけどねw
 でも、ラヘルから氷洞窟まで移動するのがすさまじいめんどくささです。」

『遠いしね、地味に…。』


※ラヘル→氷洞窟への道のり
  ラヘル→右→上→上→右上(上のやつ)→そのマップの一番上
  最後のマップはグリフォン沸いてる事があるから注意


「クォーリンはほとんど安定してます。
 VITに振ってHP10Kくらいまであげて、AB狩りするのがいい気がしてきましたw」

『10Kまで持っていこうと思ったら、VIT30くらいまで振る必要あるわよ?』

「はい、やめー。
 殴られても耐えるなんてのはロマンがありませんね、やっぱり回避に限りますb」

『…ま、10かそこらは振ってもいいんじゃないの?
 回復効率も上がるんだし…。』

「確かにそうなんですよねー。
 まぁ、レベル上がって戦闘系のステに振って、余ったらVITに振るって感じで行こうかと思いますw」

『ん。』

「さて、明日明後日はお休みですね!
 セレインさんはドキが胸々してますよ!」

『あんたは、引越しの準備だからね?』

「…ア、ソウデスヨネー…。」

『…やっぱり忘れてた…。』

「忘れてないですよ?
 ちょっと、ほんのちょっとだけ意識からなくなってたっていうか、いやあったんだけど、見えにくい場所に置いてあっただけで…。」

『それを世間一般では『忘れてた』って言うのよ。』

「そんな常識はへっちゃらへーですよ。
 華麗なるスルーを見せ付けてやります!

 まぁ、何にせよ2連休でなんとか楽しもうと思います。
 けども、RO三昧って訳には、行きそうに無いですね…。
 とりあえず、ガス会社と電気会社に電話しないと…。」

『それって、明日って営業してるの?』

「…本当は、今日のお昼に掛けようと思ってたんですけどね…。
 やんごとなき事情で、出来ませんでした…。」

『忘れてただけでしょ?』

「……まぁ、簡潔に言うと…?」

『あんたは…。』

「ま、とりあえず電話してみますw
 棚とかを運ぶ段取りは取れましたので、後は10日に色々と頑張るだけです!」

『ん、頑張れ。』

「あとは、本が埃被らないように布を買わないとなー。」

『出費がかさむわねぇ…。』

「ま、初めての1人暮らしなので出費はしょうがないと思いますw

 誰か、1人暮らしにオススメな食べ物の作り方オシエテ!」

『ウルクに聞いたらいいんじゃないの?』

「や、マスターのはもっとさ、専門的な腕前があって作る料理っぽいじゃないですか?」

『それでも、あんたが作れる料理のレパートリーとの差を考えたら、聞いてみるべきでしょ…。』


※マスターの料理の腕前
   調理師免許を持ってるレベル

※セレインさんの料理の腕前
   カップやきそばで、お湯捨てる前にソース入れちゃってギャーなレベル


「ま、聞いてみるかねー。
 あ、鍋料理は神って話は聞いたので、一度はやってみようと思いますb

 失敗しなければいいなぁ…。」

『鍋なんて、自分だけで食べるんだったら適当にお湯沸かして出汁入れて、適当に野菜をどっさり入れたらそれっぽくなるわよ。』

「テラ大雑把w」

『よし決めた。
 セレ、最終的にはフェジョアーダを美味しく作れるようになりなさい。』

「ちょ…、なんでブラジルの家庭料理…!」


※フェジョアーダ
   豆の肉(豚・牛)の煮込み料理。
   他にも何カ国かで食される料理だが、国によって食材が異なる。


「でも、まぁ確かに美味しそうではありますね…。」

『エプロンあったっけ?』

「大丈夫、自分で作った。」

『…あぁ、学生時代の家庭科の授業でのかぁ…。』

「われながらなかなかの出来映えなんだぜb」

『余談だけど、フェジョアーダのWikipediaを見るとさ。
 ポルトガルのが、肉じゃがにしか見えないわね。』

「なんか、めんどくさがりな1人暮らし青年が、母親から貰った肉じゃがをご飯と一緒の皿に乗っけてイタダキマス、な感じに見えますねー。

 よし、ここまでだ!
 土日でがっつり稼ぎつつ、ガッツリと引越し準備に移りますb

 ではまた来週ー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

エル姉からの誕生日プレゼントはホラーとBLが中心でした

セレ「昨晩は、久々でしたよ。」

エル『何が?』

「狩りに行って、南無しなかったのが。」

『……おめでとう。』

「ありりー。

 ……言ってて涙が出てきました…orz」

『でもまぁ、あれだけ寝落ちしてたらそりゃ一日一回は南無もするでしょうよ…。

 昨日は誰で狩りしたの?』

「クォーリンですね。
 重量問題があったので鉄球は倉庫に、でもって普段よりも多目の魚(約800匹)を搭載して突撃!
 眠気が訪れたら休憩がてらccして読書(Working)したりして回復をはかってw

 やっぱり休憩は大事なんだなーと再認識b」

『ていうか、引越し準備は…?』

「手付かずです…。

 本棚の大きさを測らないといけないなと思いつつ、事務所にコンベック忘れてくるミスを犯しましてね…。
 ま、正確に測る必要なんて無いんでしょうけど、そこはほら、性分なんですw」

『普段は、いい加減ここに極まれり、って感じな癖に…。』

「へっへっへ、現役リアル建築士なので、この辺りの数値に関してはシビアですよー?
 まぁ、適当に計るんですけどね。」

『ま、引越し業者が車のサイズを決める程度なんだろうから、そうなんでしょうけどね?。』

「んむ。

 で、昨晩はスノウアで20分くらい狩って終了ー。
 でも、寝たのは27:30です。」

『…空白の3時間は何をしてたのよ?
 エロ本でも読んでたの?』

「いやー、あのエロ本のエロさったらもうエロとか超越してエロエロでわたしm……じゃないよ!?
 ちょっと調べ物してただけだよ!」

『チn(ピーーー)のしまい方とか?』

「女装の趣味は無いよ!
 しかもそんな専門的な女装には関係無いよ!

 ほら、親父様からもらった録画のハリーポッターのCM部分をどうやったら消せるかとか調べてたんですよ…。」

『あぁ、そっち?
 成果は?』

「皆無!
 なんか難しそうなので、大人しくレンタル屋で借りて来ようかと思います…。
 不死鳥の騎士団、とりあえず流して見ましたけど、いやーな女教師(?)がいますねぇ…。」

『あぁ、魔法協会だかそんなとこから派遣されてきた人?』

「かな?
 あと、ハリーの家にいる男の子が恐ろしくイヤな子になってましたねw
 なんか、ガキ大将みたいな。

 ぶっちゃけいじめられそうなタイプなのにね?」

『そこは否定しないけど…。』

「最後に彼は爆発するんだと睨んでます。」

『しないでしょそれは、常識的に考えて…。』

「さて、今夜こそはアサクロ育成かなーと思ってますけど、ドラクエ9が熱くなってきましたよ。
 ゴールデンスライム一杯出てくる洞窟を電車内でゲットだぜ!」

『おー。
 一匹いくらくらいお金もってるの?』

「驚く無かれ、なんと10800!
 いちまんですよ!」

『おお…。』

「あと、今日ってわたしの誕生日なんですけどね?
 戦歴画面だしたらギャル妖精がおめでとうしてくれましたよb

 家に帰って、誰か覚えてるかねぇわたしの誕生日?」

『……おめでとう!
 いやー、セレの誕生日だと分かってたから良い話してあげよっか!』

「取ってつけたようなお祝いを…。
 いや、まぁアリガトー。

 どんな話だろ?」

『選ばせてあげる。

  1:【ただで】ポロリもあるよ恐怖の館の首切り物語【聞けちゃう】
  2:【んっ…!】朝起きたら右手が触手になってた女の子の話【そ…こは…らめ…っ…!】
  3:【じぶんは】布団をめくったら、布団にびっしり画鋲貼られてた【ねらわれている】
  4:ょぅι゛ょが持ってきた郵便物が、ほのかに暖かくてガサガサいってますpart66

 どれがいい?』

「何この選択肢…。
 部分部分は微妙にエロくみえるけど、どう見ても全部ホラーじゃないですか…。
 怖い話苦手な私に対して、なんという選択肢の数々…。
 4個目とか、パート66まであるのそれ…!?」

『じゃ、追加ね。

  5:ウホッ! 彼女の股間のエクスカリバー
  6:【ビンビンに】デリヘル呼んだら曙が来ました【ならざるをえない】
  7:【お前】家に帰ったら自室でブラムスが『ヤラナイカ』【俺のケツの中に(ry】
  8:めっちゃハッスルしてる、斬と紫苑とトロイの薔薇タイム

 どれがいい?』

「なんでホラーじゃないのって言ったら全部BLなの!?
 あと最後二つ、そういうので知り合いを出さないでw
 絵が浮かんでしまうw」

『わがままボーイめ…。』

「ワガママなのこれって…?」

『じゃ、追加ね、ここで決めなかったら強制的にエンドレス再生で5から8ね。』

「ちょ…!」

『んー、どれがいいかなぁ…。

  9:デザートと称して、男友達が裸に生クリームでキッチンから出てきた
 10:トウジxケンスケ 初めての接吻
 11:ウホッ! 彼女の股間のビッグマグナム
 12:☆幼女と学ぼう、星座と星の名前☆(New!)

 どれがいい?』

「12番で。」

『さすがエロリン、やっぱり即答か。』

「エロリンって何だw

 ていうか、他の選択肢がどれも気が狂ってるんですけど…。
 11番とか、何それ5番の続編なの?」

『正確に言うと、同時進行だけど彼女が違う。』

「いやどうでもいいけど…。」

『ちなみに、戦闘時には長さがなんと25センチになるわよ。』

「長っ!?
 いや聞かせなくていいから!
 12番ね、12番。
 …11番までで、聞いた後に心にダメージを残さないのが無かったよ…。」

『個人的には10番とかオススメなんだけどね。
 ケンスケが責めでトウジが受けなんだけどね、途中から攻守を交替しt』

「聞きたくないってば!?
 何これ、いつのまにエル姉って腐女子化してたの!?」

『まぁ今回くらいだけどね、こんなノリなの。
 ていうか、これで26歳になるんだっけ?』

「かな?
 この年になると、自分の年齢とかどうでもよくなりますよねー。」

『ま、分かるけどね。』

「ほいじゃ、ここまでー。
 なんか妙にBL色があるような記事になっちゃったよ、誰かさんのせいで…。」

『ブラムス:やらないか』

「やめてってばw」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。