スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセス・パーティー・カメリア、テーマソングすっげぇ!

セレ「凪さんに挑戦状みたいなすごい歌になってましたよ、『PrincessParty-Camellia-』…」

エル『さすがに、まさかパワーアップしてくるとは思ってなかったわね…。
   特に、最初のマシンガントーク…。』

「これ、マシンガン超えてる気がするんだ…。
 まぁ、見てください。
 そして覚えて下さい。」





「これは、なんとかして覚えたいな、最初のマシンガンも含めてw」

『これ歌えるようになったなら、マシンガンは夏も冬も余裕でしょうね…。
 そこまでする価値があるのかは知らないけど。』

「やぁってみせる!」


PS:カメリア予約しましたw
 でも、代金引き換えの手数料が900円も取られるのは完全に予想外でした…。



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
スポンサーサイト

日曜日の動き+アビス狩り

セレ「後輩が、
   『初めての選挙で、めっちゃ緊張しましたよー。』
   と言ってて、すごく懐かしい思いをしました、セレインさんですw」

エル『セレにはそんなピュアな頃は存在しないけどね。』

「今もピュアですよ!

 さて、土曜日は仕事だったんですけども、それが終わってからりんたん邸に突撃してました。
 イヴっちがいるらしいので、コミケの時に頼まれた同人誌を渡して、アニメロサマーの時に頼んだ物を受け取るのもあったので、行きましたー。

 駅で待ち合わせしたんですけど、なんか二人がめがっさローテーション!」

『セレに会うのがイヤなんじゃない?』

「そんなことナイヨ!

 でもって、まぁ私は普通にしゃべってたんですけども、どうやら合流前に何かアクシデントがあってテンションが下がってたらしく、そのテンションを保ってみようぜというなんだか意味の分からない事をしてたとの事w」

『アクシデント?』

「んむ。

 この日、サーバーの勉強を始めようというイヴっちに新しくサーバーPCを組もうという事で、りんたん指導の元、アキバで買い物をしてりんたん邸で組んでたそうな。
 あ、りんたんはりんたんでPCの改造(グラボ交換やら何か他にも色々)があって、ついでにだったみたい?

 で、いざ。
 マザボにCPUにメモリにファンにと全部組み終えて、さぁ起動実験ダって段階になって、大変な事に気付いたそうな。」

『ん?』

「こらがね、

 『やべぇ、電源買ってなくね…?』

 という…。」

『あー…。』

「いやね、最初の店で電源付きのケースでいいのがあったんだけどもとりあえず保留にして、その後に行った店で別の良いケース見つけてそれを購入。
 二人の頭は、電源付きのケースを買った気満々だったらしくw

 で、組んでから気付いたと…。
 ちなみに気付いたのが20:50で、一番近いお店の閉店時間が21:00
 どう考えても間に合いません、本当にありがとうござむ、な展開だったそうで…。

 で、ローテンション。」

『そりゃローテンションにもなるでしょうね…。』

「その後に私が合流しましたので、テンションが低く…。
 でも、何か変なスイッチが入ったらしく、イヴっちはおかしなテンションでしたw

 合流してからバーミヤンに行って晩御飯。
 冷やし坦坦面(だっけ?)が美味しいですね!
 あと、キャベツチャーハンと餃子。」

『飲み物はやっぱりセイロンとかその辺り?
 中国茶はさすがに無いでしょうし…。』

「ジャスミンが無かったっぽいのがちょい残念ですけど、まぁ暑かったのもあったので普通のアイスティーをチョイスw
 たぶんダージリンだと思うけど、まだ味で判断できる程には上達してないんだぜ…。
 同時に飲み比べたりしないと、覚えられないんだろうなぁ私…。」

『紅茶好きねぇ、相変わらず…。』

「あんまり得意じゃないのもありますけどね、エンデュミオンとか…。」


※エンデュミオン
  執事喫茶『SwallowTail』のオリジナルブレンド。
  香りはすごく強いんだけども、味は薄めな感じ。
  ちょっとそのギャップが私は苦手かも?


「アールグレー、セイロン、ダージリンなんかはどこかで聞いたことあるでしょうけど、これは無いでしょうねー。
 まぁ、お店独自のだから当たり前だけどもw」

『あとは、癖が強いのがジャスミンとか、あとはカモミール?』

「私はどっちも好きですけどねw
 ジャスミンは最近はコンビニで500ペットボトルもあるから飲んだ事ある人多そう?
 カモミールは、まぁ甘い紅茶ですw
 他のハーブティーと混ぜたらリラックス効果倍増なお茶ダヨ!」

『ふむ。』

「さて、紅茶はとりあえず置いといて…。

 バーミヤン終わってからりんたん邸に突撃して、とりあえず電源は別PCのを繋いでインストール作業開始?
 WindowsServer2003(?)って名前が見えましたけど、良く分からないので話題に出しません。」

『ん、知ったか振りをするのは良くないわね。』

「よくするけどね、知ったかぶり!」

『するな。』

「そして後片付けをしまして、いよいよドラクエ9タイムです。」

『何してんのよ…。』

「ちなみに私は主人公のセレイン嬢ちゃんがレベル60くらいまで到達してました。
 私もりんたんもラスボスもクリアしてるので、後は宝の地図とかそういうので色々集めるぜ、といった所。

 対するイウっち、まだ初めてからそんなに経ってないのもあり、現在は光の道を作って谷を越えて、空の王者のグレイナス(?)さんに会いに行くとこでした。

 イヴっちの二人の所にうちとりんたんの主人公が突入して4人PTになり、メインシナリオ振興の手伝いー。
 いやー、結構燃えるね!」

『家だと親父さんが持ってるけど、女二人はゲームにほぼ興味なしだしねぇ…。』

「で、りんたんからナイスな地図をゲットー!
 なんと、地下9階に『はぐれメタル』がめちゃくちゃいるのです!
 メタルキング大量な、通称『まさひろの地図』もりんたんは持ってるんですけど、まだクリア出来ないらしいのでもらえませんw」

『あぁ、そういえばクリアしないともらえないってシステムだったわねぇ…。』

「はぐれメタルのは今日クリアしたので、欲しい人でうちに会えるんだったら、上げるよ!」

『まぁ、メタルキングのがあればそれで十分なんでしょうけどね?』

「ですねー…。
 ま、いたら渡しますヨ!

 で、ドラクエも終わって午前3時、就寝です。
 俺Gのイベントにいけなかったのが心残りです…。」

『あぁ…。』

「で、翌日。
 まずは地元の電気やに突撃してイヴっちが電源を購入。
 なんか分からないけど高いのをオススメしてみたけど、買いませんでしたねー。」

『よく分からない物を薦めるんじゃないわよ…。』

「で、りんたん邸に戻って組み込み組込ー。
 起動実験にも成功し、完成っ!

 そして、ドラクエタイム。」

『好きねぇ…。』

「で、終わってから(運転手のりんたんが)頑張ってイヴっちを自宅に送ります。
 そこで、頼んでた懐中時計を受け取りまして、これで全員の用事が完了。
 そして(運転手のりんたんが)頑張って、なんと私まで自宅に送ってもらいましたよ!
 ありりー♪

 そして、Gvに少し遅れて参戦、といった流れでした。」

『ふむふむ。』

「よし、土日の動きはここまで!
 今回のGvはなかなか楽しい感じでしたよ、こう、
 『守りきったぜーーー!』
 みたいな充実感が沸いてくる防衛戦でしたb」

『ふむ。』

「Gv終了後は、何人かでアビス突撃。
 私とカヤラさんと下心さん(うちのブログだと初登場?)の3人+ゲフェンを根城にしてる方二人の5人でアビス3移動狩り。

 すごいすごい。
 何がすごいって、
 『スキル連打してたら鯖缶くらいまくり!』
 というのがスゴイ!

 やたら重かったです…。」

『まぁ、人がひしめき合ってたんでしょうねぇ…。』

「そして2南無する私w
 まぁ、前に行ってた名無しで稼いだ(吸った)分とこのアビスの稼いだ分とで黒字だからいいかなーと思う事にしますw」

『ま、セレがそれでいいんならそれでいいんだけど…。』

「ほいじゃ、今日はここまで!

 AutoCADのスクリプト作っててlineコマンドをコマンド打ちで終了させる方法分からなくてめっちゃ調べたり色々コマンドいれてみたりしてたら、なんと空白の行を挟むだけで終了できると知って驚きつつも時間を無駄にしたと嘆いてるセレインさんでした!

 ではではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

名無しと、椿先生のでっかいバナー

セレ「大変な事に気付いてしまいました!」

エル『ん?』

「トップに応援バナーまで持ってきたんですけど、カメリアをまだ予約とかしてない…。」

『いいんじゃないの?
 予約しないと応援しちゃダメなんて書いてないし。』

「や、それは常識の範疇なんじゃないかと思うのですよ。
 なので、これから予約しようかと思います!

 どこがいいかなー?」

『予約特典のテレカとかあるなら、絵柄が気に入ったのにしたらいいんじゃない?』

「やっぱそういう決め方ですよねぇ。」

『あぁ、そうそう。
 ここには書いてないけどセレが気にしてたヤツ、やっといてあげたわよ?』

「おっ!

 ……何でしたっけ?」

『……ほら、画面の一番右下。
 折角業界最大級なバナーを入手したのに、右の行に貼る方法がわからねぇとか行ってたでしょ?

 だから、とりあえずフリースペース設置して、そこに構文書いて張ってあげたのよ。』

「あ、サンクス!
 あー、フリースペースを作るなんて芸当も出来るのかエル姉…。

 すっげぇな!」

『もっと敬いなさいな?』

「んむ!」

『ま、公式プラグインにあったからそれの設定しただけなんだけどね。』

「私の感心を返せーーーーーー!」

『ほら、昨日のROの事書くんじゃないの?
 さっさと書きなさいな?』

「…うぃー…。

 えーと、名無しでした。
 眠気も全く無かったので大丈夫だと思っていたんですけど、それだけじゃダメかもしれないと思って、裏作業みたいな感じで『蒼穹のファフナー』の最終話を流してました。」

『…そのチョイスがまた、微妙に古いのがセレらしいわね…。』

「でも、やっぱり画像が見れないから全く内容が頭に入りませんね!
 割とセリフを思い出しながらROしてたのに、やっぱり眠くなるし…。」

『ふむ…。』

「これじゃダメだ、と思って今度は歌に変えてみたんですよ。
 マシンガンが見当たらなかったので、とりあえずデスクトップにあった曲4曲。」

『ちなみに何?』

「え?
 ・PrincessBride
 ・最強○×伝説
 ・パラライカ(いさじ)
 ・青春禁止令

 まとも過ぎるヨネ。」

『…まともって単語の意味について話し合いたいわね…。』

「で、なんか歌いながらめっちゃベナムナイフ投げてたんですけど、やっぱりダメでした。
 ホントもう、これ何ですかね?
 集中力の問題じゃない気がしてきた…。」

『だから、寝不足なんだと何度言えば…。』

「ま、今夜はなんとか大丈夫だと睨んでます。
 根拠はありませんけどね?

 ただ、今朝の目覚めはとても健やかだったのでね、きっと今夜は大丈夫だと思うのですよ。」

『…まぁ、そういう風に気分で決めるのもいいけど…。』

「さて、少し話は変わりまして。

 またROの対人の最強決定戦のテーマソングが出るようです。

 そして、イヴっち、良く聞け。
 今度のこのテーマソング、
 『JAM PROJECT』
 が歌うそうだぞ!」

『あぁ、彼はJAM大好きだったわねぇ…。』

「んむ!
 こないだのアニメロサマーで出てきた時もハッスルしてましたからね!

 ちなみに付いてくるアイテムは
 『レディータニー人形』
 らしいですよ?
 たれ人形シリーズの最新作になりますね!

 能力としては、まぁ
 『バナナ』
 とだけ認識してたらいいんじゃないかなーと思います。

 ちなみにセレインさん、買う気満々です。」

『…ま、幼女だしね…。』


※レディータニー(ハァハァ…)
  ROプレイヤーは全員共通で『タニーちゃん』と呼んでいる。(セレイン調べ)
  呼ばなかったら引っこ抜くぞ。
  女性なら枝毛を引っこ抜く、野郎なら首を引っこ抜くヨ!
  極度の恥ずかしがり屋さんで、人間に見つかったら『キャッ』って可愛らしく悲鳴を上げた直後に瞬間移動しちゃうくらい。
  ペットにしたいモンスターランキングで実装直後から第二位。(セレインラキング)
  また、等身大フィギュアが発売されたら買ってしまうランキングでも不動の第ニ位。(セレインランキング)
  その可愛らしい外見と、巨大なバナナの木から
  『見てるのがばれちゃったら恥ずかしいけど、でもちょっとだけ興味ある』
  みたいな雰囲気を出しながらチラチラこっちを見てる様子はまさに天使。
  彼女から攻撃を受けると、プレイヤーキャラはダメージを受けるけど中の人の体力が回復する事が様々な実験とバナナから明らかになっている。(セレイン調べ)
  また、彼女がモチーフになって製作された『バナナの皮』はROで一番可愛い頭装備ランキング第ニ位を獲得している。(セレインランキング)
  数限りない程の男を魅了してやまない彼女だけど、もちろん女性からの人気も限りなく高い。(セレイン調べ)
  タニーちゃんを題材にして人間とモンスターの交流を描こうという計画もやっぱり発動し、モンスターサイドストーリー3として人気を博したのはあまりにも有名。
  プレイ人口は前回のチュンイーちゃんと合わせて、なんと30億人を突破した。(セレイン調べ)


『キモイ妄想が多量に…。
 いくらなんでも30億人は無いでしょ、常識的に考えて…。』

「数はちょっとだけ割り増しな感はありますけどね?
 まぁ5人くらい増えてるかもしれません。」

『いや、桁…。』

「そんなタニーちゃんなので、この頭装備も高額になるでしょう!
 皆、CD買っとけ!」

『今日はガンホーの回し者か…。』

「何とでも言うがいい!

 あ、折角右下にフリースペース作ってもらったんだし、そこにガンガン色々追加していこうかな?」

『…好きになさいな…。』

「了解っ!

 ほいじゃ、ここまでー。
 今日休みな人も休みじゃない人も毎日が日曜日な人も、健康には気をつけて生きていけ!
 ノシ」

PS:学生さんは、もうそろそろ夏休みの宿題に取り掛からないと間に合わなくなるから注意ダヨ!

PS2:上のが一個じゃバランス悪いから2個にしたr、あ何故か『コメント書き込み』の画面が真っ白になるというアクシデント発生、泣く泣く元に戻しました…。
    →解決したから2個にしたよ!

PS3:右下のやつ、画像をランダムで他のバナーと交換出来るようにしてみようと画策中、頑張ってみるヨ!
    →解決したから、F5したら画像変わるぜ、たぶん!
     JavaScryiptってのでやってるよ、コピペしてきただけだけどね!



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

装備が売れないから眠くなるのかな…?

セレ「売れない装備に、意味はあるのでしょうか?」

エル『何よ、黄青黒でもやりなおしてるの?』

「…あ、髪の色かw
 個人的には赤い髪の子とか大好きです。

 決してロリコンではありません、元気な子が好きなだけです。

 というわけで、折角成功した過剰商品が売れません!
 誰か買っちゃいなよ!」

『や、高いからそんなにすぐには売れないでしょうよ…。』

「ま、売れない子の事はほっときましょう!

 昨晩の狩りの話をしちゃうよ!」

『ん。』

「えー、久々にダーリンと会いましたよ!」


※ダーリン
  セレインさんのアサクロ『セレイン=メネス』を妻として娶ったナイスガイの『フラウス』さんの事。
  お互いを『ダーリン』『ハニー』と呼び合うステキ空間を生み出すんだよ!


『セレがダーリンって言うのは、環境問題っていうかもう公害…いや、犯罪ね。』

「私の行動を何でもかんでも犯罪にしないで!
 いいじゃないですか、仲良くやってるんだからw」

『ま、実害はまだ出てないしね?
 出てからじゃ遅いけど…。』

「で、フラウスさんからは貸してた短剣が帰ってきましたよー。
 あと、お礼という事で、お金まで頂いてしまいました!
 ありありー♪」

『フラウスは、今度のラグフェスだかなんだかに参加なんだっけ?』

「ですね!
 会えると思って楽しみにしてたんですけど、用事と仕事でこっちにはこれないそうな…。
 残念だぜ…!

 セレインさんはマサさんと一緒に売り子をしてるはずですので、皆こぞって買いに来い!
 売り子が二人いたら、なんか細長くてヒョロヒョロしてるのが私だ、たぶん!」

『たぶん…?』

「や、マサさんの身長がいきなり250cmくらいになる可能性もあるしね?」

『無いわよ、マサはアンタと違って人間なんだから…。』

「私だって人間ダヨ!

 …っと、話戻しますよ?

 えー、フラさんからアイテムを受け取った後は、凪さんと二人で、先に皆が出発してた名無しに突撃ー。
 今回の目的としては、名無しクエを終了してない人の為に王の死体を調べに行く護衛ってな意味合いが強かったのかな?」

『ふむ。』

「でもって、王の死体があるのは3階。
 当然、ネクロがひしめく階での戦闘になります。

 で、今回のこのPTね。
 WIZゼロ!」

『うわ…!』

「範囲攻撃と言えるのは、
 ・サンクチュアリ(臨時PTだと、支援が共闘取るのに使うらしい)
 ・凪さんの、己の体力を犠牲にして放つグランドクロス(ヒュンケル的な意味で)
 ・ME (使ってたような、使ってなかったような…?)
 ・たまにぶっ放してたメテオストライク」

『あぁ、あの自殺スキル…。』

「くっそう、メンツを事前に確認出来てれば、スタンな砂漠が大暴れしたのに!」


※スタンな砂漠
  ソリッドスターン砂漠の夕暮れ
  クワドロプルスターン砂漠の風
  この2本の事。

  砂漠の夕暮れは敵のスキル等では破壊されない(ゴーレムカードの効果)
  攻撃時、25%の確率で相手をスタン状態にする(サベージベベカード5枚分の効果)
 ・セット効果
  攻撃時、低確率で覚醒状態になる(ASPD190、7秒間固定)
  大型モンスターに30%追加ダメ
  SP+20、MHP+5%、HIT+10
  

『GVで大暴れする予定だったのに、あんまり働けなかったわね…。』

「みんなVIT振りすぎ…!

 ま、今回はある程度の威力優先って訳で、
 右手→+7☆3自作海東剣
 左手→月光剣
 でした。
 氷割り用に鉄球を倉庫に入れてまでベナムナイフ500本持っていったのに、WIZ居ないというw」

『無駄な…。』

「ま、敵のVITはかなり低いので毒化狙いでもだいぶ良い感じではあるんですけどねー。

 そして、いきなり眠くなる私…。
 もうね、なんだろうねこれ…。
 前日は早めに寝て、しかも遅い時間じゃなかったはずなんですが…。」

『ベッドで寝てないからじゃないの?』

「…ここ二日、深夜に妹に起こされてるよね…。」


※机で突っ伏して寝て(寝落ちして)たら、トイレに起きた妹君に

 『ほらー、横になって寝ないと疲れ取れないよ?
  さっさとベッド上がって寝な?』

 とベッドで寝るように命令される兄貴セレイン。
 威厳たっぷりだね(妹の)


「いつもだったら今日は夜なべして遊ぶのに、明日仕事なせいでそれも出来ませんw
 なので、今日も早く眠る(予定)よ!」

『有限実行しなさいよ?』

「うぃw

 私のあまりの起動停止の頻度に辟易されたっぽい勢いで帰還が…!
 もうね、何この眠気?
 病気なのかと疑いたくなるね!」

『一ヶ月くらいの間ちゃんと寝る生活を続けても改善しなかったら、病気かもしれないわねぇ…。
 それで解決したら、ただの寝不足だったって事でしょ。』

「えー、一ヶ月もー?
 やだやだー。」

『キモイ。』

「さてこれくらいかな?
 それじゃ、明日の仕事もギャースな感じっぽいですけど、頑張って生きていきます…。

 あ、そうそう。
 皆、ちゃんと選挙に行ってね☆
 個人的には民主には任せられネェ・・・と思ってますけど、そこはまぁ皆さん色々調べて投票ね!
 オススメな党とかあるけど、ここで書いたらマズイかもなのでね、FC2的に。」


※たしか、選挙活動とかそういうのは禁止されてたはず…だよね?


『セレはあそこでしょ、投票するの。』

「ていうか、もうしてきたよ期日前投票でね!
 その辺りまで行く用事があったので、ついでにね☆」

『あぁ、立派立派。』

「ほいでは、ここまでー。

 では、
 『国会議員ってあんなにいらなくね?』
 といつも思ってるセレインさんでしたー。

 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ROの話と見せかけて、椿先生フィーバー!

セレ「リビングでー、意識がー、飛んでたらしいですよ私ー?」

エル『食事中に寝るのって、子供はたまにあるらしいけど、いい年した大人が…。』

「や、なんかね、ダメだったみたい?
 妹君に起こされましたよ…。

 『お兄ちゃん、カレー冷めるよ?』

 って。」

『昨晩はカレーだったのか。』

「んむ。
 前回のカレーよりも食べやすかったんだぜ。」


※前回のカレー。
  ジャガイモが、ほとんど『皮をむいただけ』というようなサイズで煮込まれてた。
  なかなか熱が引かないジャガイモ氏の熱量に、猫舌セレイン大苦戦。


「さて、その後はアマゾンさんから送られてきたROのコンプリートサウンドトラックをMP3化!
 何か装備が付いてましたけど、これはどうやらアドレナリンラッシュが武器の垣根を越えて発動するというすごい物との事!
 セレインさんは大興奮でござるよ!」

『ていうか、曲もちゃんと聴きなさいよ?』

「それはもちろんw
 ドラクエ9やる時のBGMが決まった☆

 ちなみに今までは、
 ・なのはドラマCD_StrikerS_SS01-04
   普通の女の子に見えるなのはさんから、スターライトブレイカーをぶっ放すティアナまで、流して聞いてた
 ・グリーングリーンドラマCD
   総長『おーんなーのにーおいーは、良ーいにーおいー!』
   全員『枯ーれてたうーみも、よーみがーえるー!』
   とか歌ってるのとか聞いてた
 ・けいおんED→けいおんOP→最強○×伝説→PrincessBride→けいおんED(エンドレス)
   これでこの4曲は完璧に歌えるようになったよ、最近(特にOPと最強○×)
   (次は、凪さんみたいになれるようにマシンガン頑張る(夏もだけど、特に太刀打ちできない冬))
 ・ナツメブラザーズを聞く
   やこちゃんの1人オープニングトークで『頑張れ頑張れ』と心から声援を送る
 ・RoutesドラマCD
   くぎみー『にゃん♪ にゃんにゃんにゃん♪』
   鼻血必至。
 ・RoutesをオートプレイでドラマCDみたいにして聴く
   皐月(くぎみー)の妹の文月(松岡由貴さん)、可愛らしさに思わず萌え

 こんな感じかな?」

『ほとんどが歌じゃないのに驚きなんだけどね、BGM代わりなのに…。』

「うへへ、ドラマCDとか大好きなのでね!

 さて、ROのサントラ、一枚目を流して聞いてみたんですけど、聞いた記憶が無い曲がいくつかまぎれてました…。
 特定のクエとかで流れるんですかね?」

『あとは、異世界マップの曲とかじゃない?
 セレ。結局まだ行ってないでしょ?』

「あー、そっちもありえますねー。
 行ってみたいなぁ…ていうか行って会いたいなぁ、ピンギキュラ…。」

『あれ、鉄球セットに料理に支援も加えると、SBrでほぼ一確でいけるわよ?
 紅炎にアンドレ2枚挿したのを右手に持つなら、一撃。』

「マジカヨ!」

『うん、まじ。

 でも、買わないでしょ…?』

「まぁ、それだけの為にはねぇ…。
 無駄遣いは出来ませんしねw

 よし、ROの話おしまい!

 続きまして、宣伝になります。」

『ふむ?』

「えーと、私も凪さんも大好きなナイスソング
 『青春禁止令』
 がテーマソングの18禁ゲーム、
 『PrincessParty』

 多くの野郎どもが、
 『なぜ…なぜ椿先生が攻略対象じゃないんだ…!』
 と、血の涙を流したというニュースも割と最近です。」

『そんなニュースやってる国、いやだなぁ…。』

「でね?
 サーカスの漢達(女性もいるかもしれないですけどもね?)が立ち上がり、続編が製作中です!
 ていうか、気付くの遅いな私!?」

『あー、発売日が、9月ねぇ…。
 …もう、一ヶ月も無いわねぇ…。』

「くっそう、もっと早くに気付いていれば…!

 で、簡単な交渉をしてみましたら、
 『椿ちゃん公認応援団員』
 になれましたので、思い切って、トップページのしかも最上段に、画像のリンクをハッつけてみたよ!
 いやー、調べた調べた、これをする方法…。
 仕事中にめっちゃ調べた。

 あ、でも合間合間にですよ?
 トミジ管ってアスベストどんくらい入ってんだ? とか調べてる合間を縫ってですよ?」

『ま、そういう事にしとくけど…。』

「で、ついでだからこっちにも張っちゃう!
 折角だし、別の画像でね☆」


椿先生、最高ヒャッホーーーーーゥ!


『あぁ、セレはこのロリボディに反応したのか…。』

「否定はしないけどね?

 でも、決してただのロリボディロリボイス教師じゃないのですよ…。

 青春で真剣に悩む男子生徒に胸を貸してあげたりとかね…?
  ※このシーン、セレインさんの枯れた涙腺も危なかった。
 いいなぁ、こんな先生ばっかりだったら、女子児童のブルマ盗んで逮捕されるようなアホな教師が出ないんだろうなぁ…。」

『…確かに、日本の公務員の質の低さったら、世界でも一位二位を争う勢いよね…。』

「椿先生サイコーヒャッホーーーーゥ!

 ちっちゃくったって、先生の魅力は決して減らない!
 むしろ、ちっちゃい先生だから魅力増えてる!」

『ロリコン承認発言キタ。』

「何とでもいいやがれ、べらんめぇ!

 され、時間も押し迫ってきたので、とりあえずここでお暇させてもらうヨ!
 明日は金曜日、でも私は土曜日も仕事が決まってるからまだ今週は続く!

 頑張れ私!
 そして、椿先生の応援をよろしくね!

 ほいではっ!
 ノシ」







にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

狩りの最中に眠くなるのはなんでなんだろうね?

セレ「さぁて、久々に筋肉ブレイカーの働きっぷりを紹介する記事だよー!」

エル『めちゃくちゃ寝落ちしてたくせに…。』

「なんかね、
 『眠くなるマップ』
 の有名なとこってあるじゃないですか?
 亀地下とか、そういう…。」

『あるわねぇ。』

「私的な『眠くなるマップ』ってのが、ROのどのマップにもほぼ当てはまってるのが悪いんですよ、絶対。
 なので、悪いのは私じゃなくてぐらびてぃー!」

『それは、万引き犯が
 『お金を払わなくても店を出て行ける形になってるのが悪い、俺が悪いんじゃない!』
 とか言い訳にもならない事を言ってるのと同レベルよ?』

「なんで眠くなるのかなぁ…。
 寝不足じゃないと思うんですけどねぇ…。」

『寝ても、脳が寝てないで疲労が回復しないヒトってのもいるらしいから、その類じゃないの?
 もしくは、夜な夜な起き出して外出して幼女を襲ってるとか・・・。』

「そんな時間に幼女いたら大問題w
 ちっちゃい子は、夜の9時には寝かせようぜ!
 私はスーパーファミコンやってて寝なかったけど!」

『ま、親に隠れて遅くまでおきてるなんてのは子供なら誰でもやってることでしょ。
 修学旅行の時とかを見た感じ、誰でもそんな感じっぽいし。』

「よし、とりあえず書くよ!

 えー、ログインしたらマチョさんが暇してたので、誘って狩りにー。
 今夜あたりはりんたんを鍛えようかと画策してますけども、どうなるか不明ですw

 で、支援がいないねって話になりまして、律Gに向かいましたw
 そして、すごい大所帯になったよ!」

『ふむ。』

「話し合いの結果、行き先は名無しに。

 そして向かいまして、死にそうになりながらもまぁ安定w

 そして、眠気…。」

『…気付いたら皆別の場所にいる、みたいになってたわねぇ…。』

「私が落ちてたら、今後もあんな感じで放置してって下さいw

 でも、まぁ南無ったりする前に再起動が間に合ってなんとか逃げる私w
 どう見ても経験値泥棒です、本当にありがとうござむ。」

『…どうにかしないとねぇ…。』

「ですねぇ…。
 もー、狩りは好きなのになんで眠くなるのかねぇ…。
 そんなに遅い時間でもなかったんですけどねぇ…。

 まぁ、色々と考えて見ますヨ?」

『ん。』

「さて、続きまして新キャラ育成。

 こちらはアカデミーでひたすらガンバッテマスw
 とりあえず、まぁ無難にAGIに全振りしてますけども、どこからINTに振るかなぁ…。」

『アカデミー全部クリアしたらベース42くらいだっけ?
 とりあえずそこまではもうこれ以上振らないようにしたらいいんじゃない?』

「ですかねー。
 ま、それでも問題無いんですけどねw

 目下の目標は、アカデミーバッジをゲットする事!
 現在、指輪職人からスザンヌに指輪を持っていったとこです。
 ここからどうなるのかは覚えてるんですけども、アルベルタのノリークさんのラブレター話の途中を覚えてませんw
 ノリーク氏の死亡を目の前で見てたっていうヒトがいるんだけど、ここからづなるんだったっけかなぁ…。」

『大人しくクリアしたらいいんじゃないの?
 調べたらすぐに出てくるんでしょうけど…。』

「あー、モンスターサイドストーリーもやりたいなぁ…。

 …考えてみたら、アセリアから名前を借りてるキャラはみんな私の愛情すごい勢いで得てるなw」

『ザウス信者の面目躍如ね…。』

「さてとー。

 よし、ここでRO関係無い話でもちょいとしようかな!」

『いつものことだけどね、そういう脱線…。』

「えー、セレインさんが大好きなマンガがありまして、
 『Working!!』
 という作品もそのひとつです。

 このマンガの主人公と私が似てる(性癖的な意味で)ってな話を慧音さんがしてたりしましたけど、そんな事無いヨ!

 で、このマンガが、アニメ化されるそうな!」

『あ、アニメ化されるんだ?
 いい作品になればいいんだけどねぇ…。』

「個人的には、宗太君とまひるちゃんの恋愛話なんかも気にはなりますけど、八千代と佐藤さんの恋愛話なんかもあると面白そう、というか希望w
 いいですよねー、ラブロマンス!」

『セレはリアルでは体験出来ないもんね?』

「へっ、いいんですよーだ…。

 あぁ、声優人も気になるなぁ…。
 ちなみにドラマCDがありまして、それのね。
 主人公の妹(なずな)は、くぎみーが声を当ててますb」

『釘宮病…。』

「違うよ!
 そんな病気にはかかってないよ!

 『釘』って文字を見たらくぎゅーの声が聞こえる程度で…。」

『それは、末期もいいとこなんじゃないかと思うんだけど…。』

「ま、楽しみにしてますって事で!

 うっし、これくらいかな!
 昨日の記事を書くのにSSあさってたら面白いのがチョロチョロ出てきたので、それを使って一回画像オンパレードな記事を書こうかと考えたりしてますw」

『あぁ、○○○○が○○の○○○○を触って○○○○てるのとか?』

「んむw
 他にも、○○さんが新しい日本語を作ってたりとかね?
 あとは…筋肉ブレイカーならでわな画像があったり?」

『ふむ。』

「気が向いたら更新するヨ!
 まとめるのに時間がかかりますからね!

 ほいじゃ、またねっ!
 ノシ」



PS:起きてた時は、気持ち的にはバンシーの氷割りを頑張ったよ。
   どれくらい起きてたかは、プライスレス…。



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

2垢の1ヶ月の儲けを1日で超えた瞬間

セレ「書いてない気がしてきましたので、書いておこうと思いますw
    一ヶ月の2垢での儲けは、約7Mってとこでしたヨー。」

エル『低いのか高いのかは分からないけど、まぁまぁな儲けね?』

「んむ!

 さて、基本的にモスコビア監禁だった2垢、書いた通りで儲けは7M程度…。
 まぁ、売ってない商品もいくらかあるので、あと1・2Mくらいは上がりそうですけどねw」

『青ハーブ400枚くらいあったはずだから、まぁ1Mくらいにはなるでしょうね。』

「さて、1垢が始まってすぐに購入しましたラグくじ。
 これで当たった商品を、実は書いてませんw
 というのも、ちょっとした計画があったからですw

 というわけで、その話を書いちゃおうと思いますb」

『ふむ。』

「あたった商品でめぼしかったのは、
 ・海賊の短剣(頭下段装備)
 ・ヴァルキリーシールド
 ・オルレアンサーバー 2個
 ・クラウン
 これくらいかな?」

『盾は、過剰したらいい値段になるわねぇ…。』

「さて、まずは海賊短剣。
 マスターにちょっとしゃべってみたけど留守っぽかったので、とりあえず様子見で露店に並べたら売れてしまってドカーンでした…。
 11Mなので、そんなに安値って感じじゃなかったはずなんですが…。」

『欲しがってる人には安く見えたんでしょうよ?』

「次、盾軍団!

 前々回、前回、今回と3回分のくじがあったので、濃縮エルニウムが4個残ってました。
 濃縮が手元にあって、なおかつ過剰したら高くなりそうな装備もあるとなると…!」

『…ま、過剰精錬でしょうねぇ…。』

「という訳で、やってきましたb
 ホルグレンのおっちゃんに+4まで精錬してもらって、いざフランツ!」


※フランツ
  濃縮オリデオコン・濃縮エルニウムを用いた精錬の専用NPC。
  実装直後、+4ヴァルキリーマントを粉々にして見せるという驚愕の破壊活動で有名に。


「俺Gの面々に
 『ちょっとV盾過剰してくる!』
 と言ってビックリエモをもらった直後に、
 『+7に! なるまで! 叩くのを! やめないっ!』
 と、ジョジョに出てきた(らしい)セリフっぽくして己を鼓舞!

 その場に居たメンバーに見守ってもらいつつ、いざ!」


V盾5


「とりあえず、+5に成功b
 ここで少し、
 『これ以上やったら破産じゃね?
  ここでやめるべきじゃね?』
 といった心の声も聞こえましたけど、+7になるまで叩くのをやめないと誓った後だったので、なんとか押し留めて次の+6にGoです!」


V盾6


「ここもなんとか成功、心臓のドックンドックンが過去トップ10に入る勢いで鳴り響く…!」

『ここでやめとくべきだったんだと思うんだけど…。』

「でも、+7まで(ry)なので、次のラストステップです…。
 頼むぜ、ミスターフランツ!
 ミスったからってどうなるとは言いませんけど、フランツの娘さんが犯罪に巻き込まれないかとても心配ですね、私は何もしないですけどね、とにかく心配ですよね、ってな話を小声でしてました。」

『脅迫…。』

「よし、準備(?)もできたので、いざラスト!」


V盾7


「久々の大もうけ過剰成功ヒャッホーーーーーーゥ!
 そして一人ひどい事言ってるーーーーー!」

『脅迫した甲斐があったわねぇ…。』

「んむ!

 で、4→5、5→6、6→7と3回なので、3つの濃縮エルニウムを消費しました。
 残り1個はどうしようかなー…と思いましたけど、まぁとりあえず保留にw」

『ま、それがいいでしょうね。』

「次に、手元にあるクラウンに穴を空けてやろうと思いましたw
 どうせ持ってても使いませんし、成功したら大もうけですしね、きっと。

 まぁ、穴も無い状態だと露店に出しても売れないだろうってのもありましたけどw」

『INT+2だけだしね…。
 それだったら、もっといい装備がたくさんあるもんね?』

「という訳で、いざセヤブルレム!
 ちなみに彼にもフランツと同じ脅し説得をしたので、きっと成功させてくr…」


クラウンSE(挑戦)
クラウンSE(爆発)


「Noooooooooo!?」

『脅し、効かなかったんだ…。
 筋骨隆々の娘さんだったとか?』

「予想外…まさに予想外…!

 独身男性に娘さんの身の安全に関する脅しをして、逆鱗に触れていたとは…!」

『……独身だったかぁ……。』

「まぁね、あんなに色々な装備をドカンドカンさせてるようじゃ、彼女だって出来ませんよ!
 けっ!」

『セレも同じようなもんでしょうが…。』

「さて、景気良く爆発してしまったので、まぁとりあえず露店廻りをしてみましたw
 そしたらね…?」


オルサバ購入


「この出会いは、まさに
 『ウホッ、いい装備。』
 ですね?」

『さゆ…。』

「相場とか何も調べずに即購入する私ってば、男らしさ満点ですねb

 そして、向かうはフランツさん!
 さっきの説得脅しはまだ健在っ!」


オルサバ精錬


「ヨッシャーーーー!

 しかしここで、フランツから驚愕の反撃…!」

『通報した、とか?』


フランツ:考えてみたら、俺って独身じゃねぇか!


「フランツも独身だったーーーーーーーーーーーーーー!」

『馬鹿か…。』

「セヤブルレムと私とフランツで、トリオでも組もうかと思いますよ…。
 エル姉も入る?
 カルテットになる?」

『遠慮しとくわ…。
 男3人で仲良くやりなさい…。』

「うぃすw」

『本でもつくろうかしらね?

 『セレインと愉快な男達(アッー!ダルトオンリー)』

 とか。』

「それはやめれw

 …さて、律Gの面々は知ってると思いますが私のアサクロ、レベル4武器作成クエストで悲鳴をあげてた時期がありました。
 1個3Mとかする宝石を3種類30個ずつ集めて行うクエスト。
 しかも、完全に運だけで成功率が決まる上に、成功率も高くないという悪夢のクエスト…。」

『あぁ、ルドラ作成のやつ?』

「んむ!

 実はこないだの2垢期間で全部揃ったので、行ってきたのですよー。」

『ふむ。』

「でね、結果がね、フヒヒw」

『きもっ!』


■■ルドラクエ1■■

■■ルドラクエ2■■

「許すまじ、このNPC!」

『あちゃー…。』

「これからどうするかでね、思わずRMCの討論板にアンケート出しちゃいましたよ…。
 ハンドルネームばれちゃうけど、まぁばれて困る書き込みも無いし、公開b」


【6度目の】貴方ならどうする!?【正直?】


「暇な時にでもコメントもらえたらイイナーと思いますw」

『気分としてはどうなの?』

「もうね、完成品を買うべきな気もしてるんですよ…。
 でも、折角だから成功させたいって気分もあるのですよ…。

 ほんと、気持ちとしては半々w」

『ふむ…。

 ま、安かったら買うって感じで進めればいいんじゃないの?
 今回はお金はだいぶ潤ったでしょうし。』

「ま、アンケートに従う気で行きますw

 よし、ここまで!
 狩りの話は次回以降に行くヨ!」

『名無しの寝落ち列伝か。』

「それじゃ、またねー。
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ


アニメロサマーライブ2009-RE:BRIDGE-(初日のみ)に行った!

セレ「アニメロサマーライブ2009『RE:BRIDGE』
   行って参りましたーーー!」

エル『喉が大変な事になってるわねぇ…。』

「えぇ…。
 日曜日はずっとやってる警備みたいなの行ってたんですけど、来る人来る人、ギョッとしてましたからね!

 『こんにちはー!』
 っていってるつもりが、
 『ごんにじわー!』
 みたいになってましたからね、さすがにここまで極端では無いけどもw」

『喉、弱いわよねぇ…。』

「ちょっとでも限界を超える音を出したら、簡単に故障しますからねー。
 鍛えようにも鍛え方なんて知らないし・・・。」

『継続的に歌うくらいしかないんじゃないの?
 あんまり酷使するのは良く無さそうだけど。』

「さて、本題!

 イヴっち、イヴっちの友人、その友人とその友人、そしてその友人の友人の彼女
 席は遠かったんですけど、まぁこの人数で行きましたよ。」

『……ごめん、人間関係が分かりにくいとか通り越して、分からない。』

「ダヨネー…。

 つまり、私とイヴっちはまぁ、友人です、何度も出てきてるから分かってると思いますがw
 で、イヴっちの地元の友人であるA。
 Aと職場とバイトが同じB・C
 で、Cの彼女さんであるD。
 この5人って感じ?

 ちなみにイヴっち・B・Cの関係はちょい違うかもしれませんw
 よく考えてみたら、ちゃんと聞いてない気がしてきたのでね!」

『理解してないのに書いたんだ…。
 ある意味男らしいけど、無責任って言うのよねそういうのって。』

「ドンマイ私!

 さて、とりあえずイヴっちとAは早めに現地に行ってグッズを購入していたそうな。
 しかし私はサイフの関係でグッズは断念w
 コミケ直後にライブがあると、何も買えないんだぜ…。」

『でも、何か頼んでたわね?』

「あ、懐中時計ねw
 なんかデザインもかっこ良かったのでねー。

 ライブ後に買おうと思ってたらブース閉まってたヨ…。
 おのれブシロードブースめっ!

 なので、イヴっちに、二日目の開始前くらいに買っといてくれと頼んでおきましたw」

『好きねぇ、懐中時計…。
 そんなに使わないくせに…。』

「いいじゃないですか、それくらいーw

 さて、ライブ開始です。
 知らない人がかなりいましたけど、とりあえず
 『ヒャッホーーーーーーーーゥ!』
 とか叫んでました。
 ちょっと喉の設定を野郎にしては高めにしてたので、喉が割と大惨事になってましたけどね…。」

『まぁ、セレの喉が良い調子だろうが爆発しようがどうでもいいけど…。
 誰が来てたんだっけ、アーティスト。』

「えーとね…。

 …き…来てたのが誰かなら、分かりますよ…?
 順番は、かなり怪しいけど…。」

『まぁ、期待はしてなかったけど…。』

「なので、調べて分かる限りには順番も揃えて書いていきます。
 が、たぶんバラバラですw
 ていうか、人も抜けてる可能性があります!
 なんていうか、ご了承下さい…。

 万一抜けてる人のファンの方が発見しても、不幸の手紙とか送らないで下さい…。」

『不幸の手紙って、もう時代遅れじゃない…?』




●アニメロサマーライブ2009『RE:BRIDGE』
 ・Angela さん+石川智晶 さん
   『残酷な天使のテーゼ』
   石川さんの声が、原曲そのままに聞こえたんだぜ!
   Angelaさんの方も上手だけども、こっちは原曲よりも拳が効いた感じかなー。
   そして、会場のテンションがすごい上がりまくり!
   セレインさんの『イャッホーーーーーーーゥ!』はまだでない。

 ・Angela さん
   『Shangri-La』
   これは知ってる歌だから一緒に声だしたヨ!
   あと一曲歌ってたんですけど、知らない曲だったので、周りを見ながら腕とか振ってました!

   ちなみに今回がアニメロサマーライブの初参加ですごく緊張してたそうですw
   関係無いですが、間違いなく去年も出てたと思います。(ぁ

   ジーーーーク・ジオン! ジーーーーク・ジオン!


 ・いとうかなこ さん
   知らない曲でした…。
   まぁ、知ってる曲自体が少ないんですけどね?
   HelloWorld関連の歌を出してくれたらノリノリでいけたんですけど、さすがに年月が経ちすぎたか…!


 ・ELISA さん
   知らない曲…。 ハヤテのごとくの曲だったらしいですよ?
   原作は大好きで買ってますけど、アニメは一度も見てない…。

   会場の皆に、『エーリサー!』って呼ばせて、恥ずかしがってましたけど嬉しそうでねー。
   なんか、初々しかったですw


 ・桃井はるこ さん
   喉が音響兵器になってるとしか思えません…!
   これは、金田朋子さんに並ぶんじゃないかと思いますw

   歌ってるのを聞いて思ったんですけど、この人、声を出すのに最低でも3種類を使い分けてるよね?
   普通にしゃべる・歌う、をする声。
   おそろしい事に、この人ってば標準で使ってるのがアニメ声の方だ!

   次に、ワンダーモモーイという曲で見せる、ハードロック唱法の声。
   『へんしーーーん!』の掛け声とともにいきなりここまで声質を変えられるのはすごいと思った!

   最後に、喉が少し休憩を求めた時に休ませる為に使う声!
   たぶんこれで歌ってる間は他二つの声を出してる部分の筋肉を休めてる、これすごいよね!

   まぁ、私の気のせいかもしれないけど…。


 ・桃井はるこ さん + manzo さん
   はい、知らない曲でした…。
   最初出てきた人見て、
   『あれ、なんでサラリーマンがいるんだろ?』
   って思ったw


 ・manzo さん
   モモーイが退席した後はこの人のソロでした。
   『天体戦士サンレッド』というアニメの主題歌を熱唱!
   ライブ前一週間はウォーキングを行って体力を付けたので、だいぶ息があがってた。

   サンレッドの続編が決まり、先日ニューヨークで収録したての新主題歌も披露!
   曲名はスタッフ達と悩みに悩んでつけられた名前、あまりのかっこよさとセンスの高さに、観客から微妙な笑いを取ってた。


 ・彩音 さん
   全く知らない…、笑っていいともに出てくる誰かに似てる気がする、という感じがしたけどたぶん関係無いね、ごめん…。

   あまりにも知らないのが申し訳なくなってきて、この辺りからセレインさんの
   『ィヤッホーーーーーーーーーゥ!』
   という、『知らなくてごめんなさい』な絶叫が会場に響き渡ってましたw

   endlessティアーズ、っていう曲を披露したらしいです。
   ダンスがかっこよかったのは覚えてるんですけど、どんな曲だったかは…ゴメンナサイ。


 ・下田麻美 さん
   どことなくロボットダンスを髣髴とさせる動きを見せつつ歌ってましたねー。
   でも、歌は私は知らないですねー…。
   なんていうか、もう既に、私がこのライブに参加した意義が問われる展開ダヨネ…!


 ・初音ミク さん(?)
   今回初参加です、ミクさん! やったね!
   残念ながらボディの開発が間に合わなかったので、参加者の中で唯一の二次元参加ですw

   『あにさまタノシンデルー?』
   というセリフをしゃべってて、しかもなかなか上手に発音できてて驚いたのは私だけじゃないはず!
   これは、アニサマスタッフが頑張ったのか、ニコニコ動画の運営元が頑張ったのか、もしくは開発元のクリプトンが頑張ったのか…!

   その後、ミックミクにしてあげるー♪(タイトル知らない)って歌詞がある歌を、本格的なダンスを交えつつ熱唱、どこからともなくネギを取り出す辺りすごいと思います。
   この動画、めちゃくちゃ可愛かったのでまた見たいです…。

   この動画の『どこからともなくネギを取り出す』を実現する為、ボディ開発陣営はまた苦労する事でしょう…。
   ガンバレ、ホンダロボット開発+ソニー人口知能開発&パナソニック電工アーキテクチャ開発!
     (この記事には少しだけウソがまぎれています、何とは言わないけど。)

   あと、ミクを元にしたアニメのちょっとした広告みたいなのも合わせて上映されました。
   これ、アニメ化したら私見ちゃうだろうなー。
   ミクハーケン(セレイン命名)が、カッコヨカッタ!


 ・ビートまりお さん
   去年はたしか『なんたらマンが倒せない』みたいなのを歌ってました。
   今回のは、『エーリン助けて』みたいなのでした。
   ごめんよ、タイトルはなんとなくしか覚えてない。

   歌詞の『おっぱい! おっぱい!』ってとこで、前の席に座ってた女性二人組みが半狂乱で腕を振ってたのが印象的すぎました。


※この辺りまでは順番はあってるかと思いますけど、ここから完全に順不同です。



 ・ALI PROJECT さん
   去年は魔女でしたけど、今年もやっぱり魔女でした。
   『先日、アキバへ訪れまして、大きなスクリーンで妖怪大戦争の続編の宣伝をしているのかと思ってみていたら、わ た く し で し た 。
   という自己紹介というかそんなセリフがあって、なんだか良かった…。
   好きなアーティストさんなんですけど、最近の曲は知らないので難しいですね…。
   生のコッペリアの棺を聴いてみたいと思ったのは、一緒に行った全員の共通見解でした。


 ・茅原実里 さん
   皆、この機会に名前を覚えるんだ。
   苗字の『チハラ』はまぁ大丈夫だと思うけどもね?
   下の名前は、『実里(みのり)』さんだぞ?
   『美里』じゃないから注意な!
   ちなみにI-Tuneで曲を取り込む時のアーティスト名が『茅原美里』になってる場合がるから、そこも注意だ!

   (ちゃんとやりましたよ、みのりん)

   歌に関しては、何しに行ったのかといわれるくらいに、またしてもゴメンナサイ。


 ・中川翔子 さん
   うちと同等にブログのヒット数が高い有名な人ですね!(たぶん数千倍の差があるけど
   歌は2曲でしたけど、前半は記憶が飛んでるので、たぶん気絶したままヒャッホーしてたんだと思いますw
   2曲目は、グレンラガンの曲らしいです、『涙の種、笑顔の花』だったかな?

   アイドル上がりだろw とか思ってたら、歌唱力はそこらの歌手には全くひけを取らない地力を持ってました、甘く見ててごめんよ!

   あと、うちの妹が『ショタコンブログ』とか間違えててゴメンヨ!


 ・堀江由衣 さん
   観客のフェイスウォッチングをしたかった、との事で車に乗って登場!
   来年は、私が乗ってるかと思います(ぁ
   隣には、あー、誰乗せるかな…。エル姉乗せるかね!

   私の『ィヤッホーーーーーーーゥ!』(訳:知らなくてごめんなさい)が通じたとしか思えません。
   新曲『YAHHO』を披露してくれましたw
   余談ですが、配られたチラシの中にあったこの曲名が入ったチアガール服を見て、
   『ヤ・・・ヤフー・・・?』
   と思ったのは私だけじゃないはず。

   ちなみに彼女が声をあててるみのりん(とらドラ:櫛枝美乃梨)に合わせて、
   『盛るぜー、超盛るぜー』
   と書かれた扇子を持っていったハイセンスさんは私だけだと思います!
   (カバンから出し忘れてたのはヒミツ)

   
 ・栗林みなみ さん
   アニソン界の大御所だと私が勝手に考えてるすごい人。
   去年はドクターストップかけられて歌うことが出来なかったらしく、今年はリベンジ、見事に歌いきってました!

   そして、またもや『イヤッホーーーーーーー!』(訳:知らなくてごめんなさい)



 ※ここで種あかし。
  ここから先、一曲も知りませんでs(ry



 ・宮野真守 さん
   あの、マンガ家のホモっぽい人にそっくりに私には見えました。
   ダンスかっこよかったけど、やっぱり歌を知らない…。
   原因が分からないけど、最近のアニメを全く見てないのが原因の可能性が少しあるかもしれない。


 ・May'n
   たぶん、意識が飛んでた数分から十数分の間に登場したと思われる、名前すら全く記憶にないという…。
   あ、痛い、投げないで、石を投げないで!
   ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…。


 ・GRANRODEO
   メインボーカルだけは知ってますよ、うへへ…。
   アニサマの二日目に、会場に向かってめっちゃダッシュしてたのとかね!
   時間に余裕持っていかないから、朝っぱらから1kmも走る事になるんだゾ☆ミ

   ロックっぽい感じの曲を熱唱です!
   案の定知らない訳ですが!

   あと、今回のアニサマの副題の
   『RE:BRIDGE』
   ってのは
   『初心に帰る』
   みたいな意味合いなんだそうですけど、去年は彼、ラストでちょーっとミスしちゃいましたからねw
   本人、『僕らはね、RE:BRIDGEじゃなくて、REVENGE(リベンジ)でしたね』って言ってた。

   リベンジ成功、おめでとーぅ!


 ・JAM PROJECT
   恐ろしい喉を持った野郎達の巣窟!(女性も1人いるけど)
   あの高音をあの長時間に渡って出し続けるとか、どういう構造してんだ体!
   『40台の夏も残り2回』
   とか言ってたけど、体力的には私よりも数段若者だと思います!

   曲は、レスキューなんとか(?)ってのでしたね、もう一曲は、ゴメンナサイ。

   ただ、やぱりJAMの歌の時の周りのもろ上がりっぷりは異状ですw
   たぶん大半は次の二日目も参加だと思うんですけど、体力は持つんでしょうかね!
   いやー、若さっていいなぁとうらやましく思ったりw




『はい、おつかれー。
 たぶん人の漏れは無いわよ。』

「だよね…?
 一応調べ中柄書いたから、それは無いはず…。

 …May'nさんには非常に申し訳ないですが…。」

『欠片も覚えてないとかね…。』

「さて!
 イヴっちにお願いした懐中時計がどうなってるのか気がかりですw
 これによって、イヴっちに渡すお金の額が変わりますからね!」

『懐中時計、6000円だったっけね?』

「んむ!
 楽しみですけど、買えなかったんだと想定しておきます、いつも通りw」


※セレインさんの思考回路。
  基本的に、『無理だった場合』を基準にして行動。
  『大丈夫だった』を想定して動いてダメだった、よりも、ダメだと思ってたらやっぱりダメだった、の法が精神的ダメージは低いから、それだけw



『ポジティブなんだかネガティブなんだか微妙なとこね…。』

「ま、どっちでもw

 よっしゃ、今日はここまでー!
 明日、もしくは時間があったら経更新するのは、セレインさんのROでの儲け話だよ!
 たまには自慢話だって書きたいんだぜ!
 なんだか最近、私が変態なんじゃないかってな記事ばっかりだったからね!」

『あぁ、チュンイーに対するきもいくらいの愛情を振り注いだ記事とかね。
 さゆの日記で、めっちゃ宣伝されてたわよ?』

「うおぉマジかよ…!
 あの会に限って宣伝とか…!」

『ま、楽しんでもらえればいいんじゃない?
 とりあえず、今のところはまだ、リアルな幼女にイタズラはしてないんだし。』

「したら捕まるからね!

 …や、捕まらなくてもしないですよ?」

『はいはいはいはい。』

「では、ここまででぇい!

 皆、今週もがんばってイコー!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

アコプリフェスタ、初参加!

セレ「いやぁ、紹介文を書いたにも関わらずやっとの初参加ですよ…。」

エル『忙しいと見せかけて実は忘れてたんでしょ?』

「ノーコメントでお願いします…。

 さて、今回は座談?討論?会という物でしたね
 とりあえず、ツナミちゃんがすごく可愛かったよ!」

『ロリコン野郎が…。』

「さて、初参加となったイベントなので、初めて会う人がかなり多いですねー。
 知ってたのって、凪さんと琴吹さんに、少し遅れてきたマスターとニンナさんくらいかな?

 後は、名前を頑張って覚えます…。
 覚え切れませんでした…。

 あ、春晴ミキさんは名前覚えた!
 なんか変わった読み方するなぁって感じだったのでw」

『あー、確かに特徴的な名前だったら覚えやすいのは事実ねぇ。
 ジョー=ジョリーとかね。』


※ジョー=ジョリー
  筋肉番付というテレビ番組でボーリングがすごく上手だったおじさん。
  奥さんと娘さんの3人家族。
  本業は軍人だそうな。
  娘さんが可愛かったですが、今はもう15歳くらいになってしまってるかもしれません、残念!


『…残念って…。』

「さて、今回の議題というかイベントの内容はおしゃべり!
 まずは自己紹介をしまして、その後に座談会みたいな感じでワイワイおしゃべりー。

 とても可愛らしいツナミさんの隣をキープし続けたのはヒミツです。」

『なんか、接着剤とか食べてたガムとかペタペタつけられてなかった?』

「へへへ、ガムもらっちゃったんだぜ!」

『…(だめだこいつはやくなんとかしないと……)…』

「でもまぁ、割と普通にしてましたよ私w
 さすがに初対面で全開ってのはアエrかなーと思ったのでねw

 まぁ、私の大人しさったらもう、生まれたての小鹿みたいでしたよ?」

『へぇ…。
 まぁ、他の人が何か記事を書くだろうから、それを見て判断しようかしらね?』

「え、あ、いや、そんなの見なくても、いいんじゃないかなー…?」

『だって、セレが大人しくしてる訳無いし?
 わたしにも監督責任ってのがあるし?』

「ちょ…!
 エル姉の監視下だったのか私!
 どうりで、いつも私を見てると思ってた…。

 エル姉のストーカー説まで出てたんだぜ…。」

『ありえないし…。
 しかも対象がセレとか、ヘソで茶が沸くレベルね。』

「ダヨネ…。

 で、えー今夜は用事があるのでそっちに向かいまして、帰宅したらRO。
 で、明日はアニメロサマー2009の初日!
 セレインさん、行ってくるヨ!
 財布厳しいけど、行ってくるヨ!」

『リアル財布は、まぁ好きになさいな?』

「ちなみに二日目はいけませんw
 財布がヤバイのでね!

 個人的には二日目の方が面白そうではありますけどね、Gackt来るし。
 奈々さんいるし。

 では、ここまでっ!
 また来週ねー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

1垢、長期間復帰の巻

セレ「ネクロマンサーの帽子がすごく可愛く見えたので、やってしまいました90日課金…。」

エル『あぁ、このキャンペーン?』

「そ、それー。
 いやー、被弾時のオートスペルってのは私みたいな回避万歳な人には向かないってのは分かってはいるんですけど、オートスペルのダークストラークってのがまた、私好みでしてw
 凪さんあたりは、大金叩いてROで購入しそうな匂いがしますね!」

『ていうか、自分で買うんじゃない?』

「否定できない!

 まぁ、発動率がどれくらいかによるんですけどねー。

 さて、このキャンペーンに関して、リンク先を見てない人もいそうだから説明しちゃいますかね!」

『ん、わたしの出番か。

 えーと、とりあえず、近場のサンクスかサークルKで、ガンホープチチケットを6000円以上購入しなさい。
 ちなみにセレの場合は、10000円分の購入。』

「どうせ他垢の課金とかでも使いますしねw」

『で、ガンホーオンラインショップで6000円以上の買い物をする。
 ちなみにセレの場合は、
 『お得にたっぷり遊べる!! 90日パック!!』(6,860円)
 を購入したわね。』

「たぶんこれで条件は揃ったと思うんですけど、実際どうなのかは不明ですw
 うまくいってなくても、まぁ損はしてないはずなんですけどね?」

『ん。
 まぁ、微妙にお得ではあるけどね。
 ホントに微妙だけど。

 90日だから、30日1500円が3つで4500円分。
 追加のポイントが約3000円分だから、合計で7500円分。
 これが6900円くらいになってるから、まぁ600円くらいの得。

 これを大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれってとこかしらね?』

「ですねー。
 うちは大きいとは思わないけど、まぁ昼食一回分にはなるかなーってのもあって購入です。
 なので、しばらく他垢とは会えませんヨ!」

『まぁ、それは割とどうでもいいけど。』

「で、昨晩ギリギリの所でアイテム受け渡し完了!
 朝が早いのが分かってたので25時くらいには就寝したんじゃないかと思いますw

 今日からの狩りは、どこに行くか悩み中ですw
 スリッパで堅実に狩るのもいいですけど、折角だから皆で狩りに行きたいですしね?」

『それなら、今夜はアコプリフェスタに行ってきたら?
 今日は第三木曜日だから、やってるでしょ。』

「…ハッ!
 そうか、今日なのか!」

『そ、今日。

 セレが説明文を書いたのに、実は一回も参加してないアレ。
 でもって、今になって読んでみると、団長と副団長が会話してるっていうよりも、セレとわたしが会話してるようにしか見えないのよね…。

 今なら二人の性格とかも当時よりは理解してるでしょうし、作り直すのもいいんじゃない?』

「…か…考えておきますよ…?
 何か、機会があったらやろうカナw」

『今なら丁度いいじゃない?
 なんか、SOM団のページからアコプリフェスタを独立させようかって話が出てるって言ってなかったっけ?』

「…普段は私の話なんて聞いてない癖に、そういうのだけはしっかり聞いてやがって…。」

『…何か言った?』

「言ってないヨ!」

『聞こえてたんだけどね?』

「…おーまいがっ!」

『まぁその辺りの話は後でミッチリと鞭で話すからいいけど。』

「拷問確定…!」

『ほら、続き続き。』

「あいあいさぁ…。

 えー、まぁ1垢復活、です。
 今夜はアコプリフェスタにお邪魔しますよ、きっと!
 仕事、頑張るよ!」

『ん、頑張れ。』

「で、新キャラ作成ですけど、ちょっとやってみたいキャラが出来ましたw
 クルセイダー!」

『…聖騎士セレインを思い出すわね…。』


※聖騎士セレイン
  セレインさんが過去に作ったGX型クルセイダー。
  しかしSTR振り過ぎのINT低めだった為に、実質GX狩りは不可能状態。
  結果、悲劇のキャラデリ…。


「彼女の狩場での叫び声が、今でも私を悩ませます…。」


聖騎士:悪魔どもめ、ウヒヒヒヒヒ死ねええええ、アッヒャアーアアアアーアア!


『…おおよそ、聖って名前に付いてるとは思えない絶叫ねこれ…。』

「今度作る子はそんな事にはならないよ!
 スピアクイッケンでの高ASPDと、オートスペルでの魔法を意識した魔法剣士型です。

 さて、問題です。
 永遠のアセリアで、スピードを活かした戦法を取る槍使いといえば…?」

『……ハリオン?』

「ちょ…、スピードと無縁…!」


※ハリオン
  温厚な性格、恐るべきプラス思考、ゆったりとした口調、甘い物大好き。
  『そんなことをー、言う子はー、メッ、って、しちゃいますよー?』
  とか、そんな口調でしゃべる。
  防御めちゃくちゃかてぇ…!
  サブキャラ扱いのスピリットの中で、おそらく唯一ラスボスの一撃に耐える子。
   (他の子だと即死する。)


「んもう!
 そんなんじゃアセリア好きを名乗れないぞエル姉!」

『名乗る気も毛頭無いけどね。』

「…ま、名前はここでは明かさないで置こうかな…?
 ある程度育ってきたら、お目見えさせる!

 ちなみに、すごいナイスバディな子ですよ、この子。」

『あ、幼女じゃないんだ?』

「違うよー。
 大人の女性だよー。」

『…誰だろ…?』

「…まぁ、アセリアだと名前くらいしか出てこなかったしね…?
 戦闘もあったはずだけど。
 ていうか、プレイした人も大多数は忘れてるかもしれないなぁ…。」

『ま、いいけど。
 型はどんなのにするの?』

「さっき言ったばっかりだよエル姉!?
 私の言葉を聞き流しすぎ!
 スピアクイッケンで突きまくりつつオートスペル炸裂だよ!」

『…あ、ホントだ、聞いてた聞いてた。』

「くそう、普段からどうでもいい事ばっかりしゃべる私が相手だからって…。」

『でも、セレの発言を一字一句違わずに覚えてるわたしってのも、それはそれでイヤでしょ?』

「なんて極端なw
 それはまぁ、そうだけどもね?

 …まぁいいですよ、今更言っても、改めてくれないんだろうし…。

 はい、これくらいかな?
 何度も書いてるtけど今日から1垢90日復活なので、皆ドシドシ狩りに誘うといいよ!

 ではではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

コミケ76の三日間

セレ「行ってきましたコミケ!
     人生初ですけど、すごい人ですねー。」

エル『寝言は寝て言え。』

「えー、まぁとりあえず初日の事をかいてみようと思いますw
 まずは、初日の前日から。

 夜ににょんさんと合流し、その後にラバさんとルミナスさん(だったっけ…?)とも合流。
 作戦を練りまして、そのままにょんさん宅で就寝ー。」

『…と見せかけたセレは、おもむろにズボンを脱ぎ、そして…!』

「あー、盛り上がってるとこ申し訳ないけど、普通に寝ましたから。
 ズボンは脱いでたかもしれないけど、暑かったから。」

『…え、セレの家じゃないのよね?』

「うん、にょんさん家。」

『人様の家で…?』

「やー、夏は暑いからねー。
 でも、ちゃんと許可はもらったよ?
 ていうか、野郎しかいないのに気にする事も無いかなーと。

 んなこたぁどうでもいいので、次の話行くよ!」

『流していいとこなのかしらね、そこは…。
 最低限の礼儀ってのはあるんじゃないかと思うんだけど?』

「相手の人柄を見てから判断してるんですよ、一応?

 さて、早朝というか日の出前くらいに起床して、4人でタクシーに乗って出発!
 到着してから列に並んで、まぁ色々しゃべったりしつつ時間待ち。

 で、朝の7時を過ぎた位に私は単独スネーク活動開始っ!」

『あれは、メール受け取る側はうざかったでしょうねぇ…。』

「『こちらスネェク、現在屋内に侵入した。
  引き続き、スネェク活動を続行する。』
 『こちらスネェク、ブロッコリーブース突撃軍団に紛れ込む事に成功した。』
 『こちらスネェク、ブロッコリーは前に40人ってとこだ。』
 『こちらスネェク、俺の手作りピンホールカメラをスタッフに奪われたがっでむ。』

 なんか、こんな感じ。」

『うざっ!』

「テンションがおかしかったからね、あの時w
 いつもおかしいって、たまーーーに言われるけどw」

『まぁ、起きてる時間の8割はおかしいけどね。
 残りの2割は、脳は寝てるからカウントしなくてもいいかも?』

「うおぉ、私がまともに活動してる時間皆無扱いにされてる…。」

『で、それから?』

「あ、はい、えーとー。

 まずは凪さんに頼まれてた2箱をゲット!
 一緒に自分用に他のグッズ(リトバスのセットと、ROの扇子)を購入。

 次にもう一回並びまして、にょんさんに頼まれたのを2箱ゲッツ!

 ルミナスさん(だよね?)が私の分を1箱買ってくれたので、自分も1箱ゲットでしたー。

 結果は、三日目にでも書こうかな、あけたの三日目だから。」

『ふむ。』

「凪さんから頼まれてたもうひとつのブースに関しては、凪さんの友人が回れるって事になったのでスルー。
 私はりんたんに頼まれたブースを見に行く予定だったんですけど、ブロッコリーの二週目でおそろしい時間とられまして、結局にょんさんに片方お願いする事にw

 にょんさんは無事にゲットしてくれまして、私はブロッコリーの後にもう片方に直行、無事にゲットー♪
 いやー、限定200って聞いてたからなくなってると思ったんですけど、割と残ってましたね!」

『単純に、人気が無いんじゃ…。』

「さて、初日の買い物はこんなもんです。

 ……じゃねぇ、忘れてた!
 音泉ブースに行って、リトバスのセット買いました!
 緑川さんの扇子、いいよこれ…。」

『『非ロリから微ロリ』
 って書いてあるやつでしょ?
 そういうの、ホントに好きよねぇ…。』

「ヘヘヘ、コレクターグッズっぽいのって大好きですb

 で、これが終わってから一旦帰宅ー。
 凪さんとも会って、その場でくじを受け渡しー。
 あと、行かなかったブースの分のお金も返却ー。」

『ん。』

「で、この後帰宅してお風呂に入って少しだけ休憩。
 そして、りんたん邸に突撃っ!
 サイゼリヤでいつも通りの定番メニューを頼んで食しつつおしゃべり!」

『盛り上がってたわねぇ。』

「まぁね!

 で、今度は日の出どころか日が変わるくらいの時間に出発する私たちw
 この情熱を別の方向に向ける事が出来たなら、きっととてっつもない立派な偉業を成し遂げるでしょうね…。」

『分かってるならそうしなさいよ…。』

「無理!

 で、現場到着。
 知り合いの丸いの(このブログだと、過去に『アフロ』って名前で出てた)が何故かバイクで応援に駆けつけてきたり。
 でも、その途中でなかなか合流できずにアレレーってなってたとかありました。

 列に並んだのは私とイヴっちの2人。
 りんたんは車で待機です。
 ドラクエ9を頑張っていたんだと思いますb」

『あー、まさひろ?の洞窟ってのの地図を手に居いれたって言ってたわねぇ。』

「欲しいですねw

 で、列が移動して固定してからは睡眠タイム!
 イヴっちは車へ、私はそのまま待機場所で爆睡モード!
 セレインさんって、実はどこでも眠れるっていう特技があるんですよー。」

『狩りしながら机で寝るとか、余裕よね?』

「余裕ですねw

 さてそんな寝落ち伝説はどうでもいいので、次に!

 開場してすぐに向かいましたのは、まちキャラというブース!
 ここで、ファイナルセットというナイス商品を人数分仕入れるのが私の役目!
 個数が限定されてる商品でしたけど、私の迅速な動きのおかげで無事ゲット!

 私の働きのおかげですよ?
 なので、閉会時間ギリギリでも余裕で残ってたのは気のせいなんですよ…?」

『はいはい、いいからいいから。』

「イヴっちはなのはブースに突撃してましたw
 狙いはもちろん、映画の先行チケット!
 ドラマCDまで付いてくるナイス商品で、見た目もなかなかに立派だったので私もお願いしちゃいましたw
 6000円は痛いですけど、まぁ良しとしましょう。」

『大きい出費ね…。
 コミケってのは、こういう『衝動買い』みたいなのの額が大きいのよねぇ…。

 ま、リアルのお金がどうなろうとわたしは何も言わないけどね?』

「で、とりあえず二日目はこれで終了ー。
 りんたん家に行って、いざ開帳ですファイナルセット!
 そして、驚愕の大惨事…!」

『何、いらないのが入ってたの?』

「へへへ…。

 驚愕その1
   抱き枕カバーが、全部一緒!
   しかも知らない作品のキャラ!」

『あー、まぁ、あるでしょうねぇ…。』

「驚愕その2
   タペストリーも全部一緒!
   こっちは、作品は知ってるけど見たこと無い作品。」

『何のだったの?』

「詳しくはいいませんけど、
 原作(ゲーム)はアイドル事務所のマネージャーが主人公でアイドルを育成していく感じだったのに、
 アニメは、巨大ロボット(ストーカー気質)が出てくる感じになってしまった作品です。」

『あぁ、これかぁ…。』

「えぇ、それです…。
 千早さんの歌声は好き(ゲームはやってない)なんですけど、とんだヤンデレになってしまっていたらしいですね…。」

『ていうかこのロボットさ、セレとの共通点が割と多いわよね?
 ストライクゾーンが限りなく低くて、人間じゃないって辺り。』

「人間だから!
 ストライクゾーンだって、そんなに低くないから!

 はい、次ね、三日目!

 この日は私が単独で深夜から並んでました。
 現地到着は25時頃?
 ぶっちゃけ、昼夜完全逆転の生活に体が悲鳴を上げ始めてます。
 お腹がギュルギュル鳴ってました…。」

『ストッパ、とかでも飲んだら?』

「そんなことしませんよw
 ちょっと大腸の動きを高くしたら、お腹ギュルギュル程度はなんとでもなるしね☆」

『…人間じゃないわよねこれ…?』

「さて、即効で並んだのは、うどんや!
 列が数十分間全く動かなかったりといったアクシデントはありましたけど、まぁ大丈夫でした。
 イヤホン忘れてドカーンだったんですけど、ドラクエ9で乗り切りましたw」

『進んだわね、ドラクエ…。』

「えぇ、進みましたね…。
 現在、ドラクエ5の青年時代の冒頭を思い出させる強制労働現場で一斉蜂起した所ですw
 我ながら、主人公達のレベルを上げすぎたのかもしれないと思ってます…。」

『まぁ、確かにね…。』

「さて、うどんやを終えた私は、イヴっちにお願いされた場所へと突撃を開始します!
 これに関してはちょっと順番をミスったなぁと反省する面もありましたねー…。

 あと30分早く来てれば買えたっぽい、とかいうのが多々見られました。
 おかげで、2つか3つのサークルで頼まれた物を買えませんでした…。」

『ま、本人はいけなかったんだから、それでもまぁいいんじゃないいの?』

「それはまぁ、そうなんでしょうけどね?
 そんな場合でも、頼まれた物はなんとしてもゲットするようなナイスガイを目指してるんですけどねー…。
 世の中ってのは、難しいネ!」

『そんなの目指すよりも、まずはまっとうな人間を目指しなさいよ…。』

「さて、三日目の買い物も終わりました。
 SOM団の団長(以下、ノドカさん)も少し遅れて登場するとの事で、これはマスター(以下、ウルクさん)との顔合わせをさせるべきだろうと計画。
 早速連絡を取り合って動きます。

 …にしても、携帯電話の津ながら会いっぷりったら尋常じゃないですね、ここ…。」

『まぁ、日本でも有数の込み具合でしょうね、これは…。
 これを超える人口密度のイベントって、そうそう無いと思うわよ?』

「ですよねぇ…。

 でもって、なんとかウルクさんと合流を果たしたセレインさん。
 ノドカさんとも連絡を取って、なんとか二人を合わせる事に成功っ!
 いやー、良かった良かった!

 で、そのままそこでしゃべるのは邪魔になるだろうという事で、上の階の喫茶店でお茶をする事に。
 私は竜のから揚げとかそんなのとお茶を注文。
 から揚げ、美味しかったですw」

『紅茶とから揚げって、合うのかしらね…?』

「ケーキって気分じゃなかったのですよー。
 まぁ、特に理由は無いんですけどね?
 でも、チーズケーキがあったら頼んだかも!」

『いや、別にどうでもいいけど。』

「えええ、折角答えたのに…。

 ま、何はともあれウルクさんとノドカさんの初邂逅、無事に成し遂げましたb
 出来ればブラさんと凪さんも合わせたかったんですけど、ブラさんは帰還しちゃった後でした…。
 次回こそはっ!」

『ん。』

「で、そこも解散になりまして、いよいよ始まります、SOM団の飲み会!
 考えてみたら、私だけ殴りプリもってなくね? とか、気にしたら負けです。」

『そもそも、アコプリフェスタにも参加してないわよね、あんた…。』

「木曜日って、地味にきついんです…。

 さて、会場はまずはノドカさんオススメの焼肉屋さん!
 もうね、肉ってこんなに美味しいんだ!? って感動できるお店なんだぜ!
 いつか両親を連れて行きたいと思ってますb」

『良い心がけね?』

「ただ、母様は
 『廻ってないお寿司屋さんに行ってみたい。』
 とも言ってるので、そっちも考えないといいけません…。
 妹との割り勘で連れて行こうと思ってますけど、どこがいいかなぁ…。
 やっぱり、築地かなぁ…。」

『じゃない?
 まぁ、他の場所でも美味しいお店はあるんでしょうけど…。』

「候補として浮かんでるおは2箇所かな?
 1:マサさんとの最初の会食をしたお店
 2:2年前(だったかな?)の新年会で事務所で行ったお店

 どっちも美味しいお店だったので、大丈夫かとは思います。
 ま、この辺りはもうちょっと色々調べてみようと思います。」

『閑話休題して、さっさと話題を戻しなさいな?』

「うぃすw

 えーと、焼肉屋さんではちょっと集合がうまく行かずに開始時間が遅れてしまいましたけど、無事に開始!
 隣の席になったおば様方とちょいと話をしつつ、もちろんSOMな皆ともおしゃべり!
 舌鼓を打ちつつ満腹状態にw」

『…初対面のおばさん達としゃべれるアンタが信じられないわ…。』

「しゃべってたって程でも無いんですけどねw
 アイコンタクトが多かったかな?

 『そろそろ食べないと、焼きすぎですよ!』
 とか、
 『すみません、騒がしくてw』
 とか。」

『…通じてるのかしらね…?』

「その辺りは大丈夫だと思いますけど、まぁもう合う事も無いでしょうからどっちでもいいかな?
 確認の仕様も無いですしw」

『そりゃそうね…。』

「で、終了した時間が案外早かったので、そこからカラオケタイムになりました。
 場所は、上野!……でしたっけね!」

『知らないわよ…。
 それくらい覚えてなさい。』

「で、まぁ23時までは普通の2次会なんですよ。
 そこからは、深夜の部が始まる訳です。

 23時までは大人しかったですよ、ノドカさん、凪さん、私は。
 総帥ともう1人は、ターンAの歌とか歌ってハッスルしてましたけどねw」

『セレは何歌ってアの?』

「一発目は、硝子の少年(KinkiKids)だったかな?
 二発目は…覚えてません。」

『早速…。』

「サザンも歌ってみましたし、GLAYなんかも歌ってました。
 真面目な歌ばっかりだったなぁ、我ながらw」

『で、23時超えてからは?』

「そこからはもう、ハイパーカオスターイム!」

『でしょうねぇ…。』

「ムーンライト伝説(寿司)
 夏はマシンガン
 ハナマル☆センセイション
 ふれふれっぽんぽん!
 アニメ店長
 Do't say LAZY」

『…カオス…。』

「楽しかったですー…。
 是非とも、また行きたいですー…。」

『夏はマシンガン、歌えた?』

「やー、前回よりは多少は付いていけるようにもなりましたけど、やっぱりまだ舌が追いつけませんw
 ちょっと本気で挑まないとあれは無理っぽいです…。

 そして、未だに実装されない、青春禁止令…!」

『歌詞がアウトなんじゃないの?
 『奥に届いた瞬間』
 とか。
 これって、セ(ピーーーー)で(ピーーー)が(ピーーー)な状況のことでしょ?』

「でしょうねぇ。
 でも、最強○×計画も似たような歌詞じゃないです?
 『あなたの遺伝子と私ので、最強の子供で、私が宿しますー』
 みたいなとこ。」

『曲持ってないからって、うろ覚えにも程があるでしょ…。』

「あ、昨日もらいましたw
 今日から奇行と思ってたんですけど、パソコンからPSPに移す手段がありませんでしたw
 会社に置きっぱなしだった、メモスティとかの変換機。」

『ふむ。』

「巨帰宅したら、ナツブラ(21)のVOL2と、なのはのチケットのドラマCDと、この歌を入れますb」

『ま、好きになさいな?』

「んむ!

 さて、こんな感じで朝までカラオケして終了でした。
 いやー、歌った歌ったw
 途中で凪さんともう1人で落ちちゃって、残った3人で数時間歌ってアtのがきつかったね、喉w

 でも、中盤から凪さんたちは両声類になるぞみたいな修行的歌い方してたので、私よりも数段ダメージはあったと思いますw」

『そりゃそうでしょうよ…。』

「出来るようになったら、いろんな歌を歌うのが楽しそうですよねー。
 ワクワクしてきた!
 練習するつもりあんまり無いけど!」

『無いのかよ。』

「だって、全く分からないんだものー…。」

『まぁ、出来なくても困りはしないスキルだろうけど…。』

「よし、コミケはここまでっ!

 この後、カラオケを終えて帰宅してから、専門時代の友人と久々に二人で呑みに行ったりで、結局連休は初日以外まともに休めてないw
 でもま、楽しかったからオッケー!

 では、またねー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

チュンイーちゃんへの愛情7割、狩り3割

セレ「琴吹さんのとこでココロちゃんから
   『クリームソーダは精霊の泉に味が似てる』
   というすごい情報をもらってビックリしてるセレインさんですが、さゆさんからツッコミきましたのでその件について書いてみようかと思います。」

エル『いきなり意味不明な始まり方ね…。』

「や、すっかり忘れてて…。

 えー、好鈴(一応買いとくと、読み方は『はおりん』だからね!)を俺Gに叩き込みまして、その後の話です。
 さゆさんやら他の人やらの手によって
 『セレインさんはエロエロさんですよね』
 とか言われてて、そんな事ねぇよってな言い訳してたら、
 『ロリって聞いてるよ!?』
 とかいう返事が好鈴から…!」

『事実じゃん?』

「事実じゃないよ!
 ノット事実だよ!」

『…事実って英単語、分からなかったか…。』

「で、そんな話をしてたらさゆさんがキノコをひたすら栽培する栽培するw」

『さゆ、キノコ好きなのかしらね?』

「さぁ?
 私はエリンギの食感は大好きですね!
 キノコで食べられないのは無いなぁ…。」

『オススメは、ベニテングダケ。』

「食用の中でに決まってるじゃないですか!
 いくら私だって、毒キノコさんには手を出さないよ!」

『前食べさせたけど、効かなかったもんね?』

「恐ろしい事をさらっと言わないで下さい…。」

『さゆはどういうキノコが好きなのかしらね?
 やっぱり、タツの股間のキノコかしらね?』

「エロネタ自重しろエロ姉!」

『うわ…、なんかショッキングな呼び方された…。』

「で、その栽培キノコの軍団にカートぶん回し攻撃を仕掛けるさゆさん。
 そして発動するハイローゾイストカードの効果!」
 (もしかしたら短剣の『アゾート』かもしれません)


※ハイローゾイストカード
  商人セットのうちの一枚。
  効果は、『攻撃時、低確率でモンスターが変化する』という物。


「色々な相手が出ました。
 ピエールとか、ゴブリンとか。

 そして出ました、ラグナロクオンラインが誇る最高の幼女、チュンイーさん!」


※チュンイーたん(ハァハァ…)
  龍之城と同時に実装された最高に可愛い女の子。
  ペットにしたいモンスターランキングで実装直後から第一位。(セレインラキング)
  また、等身大フィギュアが発売されたら買ってしまうランキングでも不動の第一位。(セレインランキング)
  その可愛らしい外見と歩く姿はまさに天使。
  攻撃時には背後から成長したチュンイーであるスタンドを出して渾身の右ストレートで攻撃。
  この攻撃を受けると、プレイヤーキャラはダメージを受けるけど、中の人の体力が回復する事が様々な実験から明らかになっている。(セレイン調べ)
  また、彼女が頭に装備しているシニョンキャップはROで一番可愛い頭装備第一位を獲得している。(セレインランキング)
  数限りない程の男を魅了してやまない彼女だけど、女性からの人気も限りなく高い。(セレイン調べ)
  チュンイーちゃんを題材にして人間とモンスターの交流を描こうという計画も発動し、モンスターサイドストーリー2として人気を博したのはあまりにも有名で、プレイ人口は大台の10億人を突破した。(セレイン調べ)
  つまり、チュンイーたん最高ヒャッホーーーーーーゥ!


『…あんたのチュンイーにかける情熱は、もう気味悪いとか通り越してるわね…。

 もうね、実刑判決レベル。』

「犯罪!?」

『裁判をするまでもなく実刑が決まるくらいのレベル。
 生きてるだけで罪。』

「そんな馬鹿な!
 だって、チュンイーちゃんですよ!?
 歩いてるの見ただけで鼻血が出るのは、世の男性の方なら気持ちは分かると思うんだ!」

『分かるかバカ。

 で、チュンイーが出たからどうしたのよ?』

「あ、はい。
 えーと、よく覚えてません。

 ただ、チュンイーちゃんが
 『おにいちゃん、ちょっとこっちに来て?』
 って誘ってきたから一緒に付いて行って、一緒にお風呂に入ったのは覚えてます。」

『………。』

「いいお湯でしたー…。
 日本人はやっぱり、湯船でゆったりするもんだと実感しましたー。

 ちなみにチュンイーちゃんとは、タオルをふくらまして湯船に沈めて、こう、空気の玉のちっちゃいのを沢山出す遊びで楽しみました。
 また行こうねって約束したので、いつかメールが来ると思います。」

『……(だめだコイツ、早くなんとかしないと!)……。』

「それにしても、ちっちゃい子の肌は張りがあっていいなぁ…。」

『……(抹殺か、それとも隔離か…)……。』

「っと、話が逸れた!」

『あ…あぁ、良かった、ちゃんと意識はあったんだ…。』

「えーっと、エル姉の最近の肌年齢の話でしたっけ?」

『死にたいの?
 ていうか、わたしの肌なんてすごいピチピチよ?

 この頬とか触ってみる?
 ツルツルのレベルは人類を超越してるわよ?
 なんたって、目も鼻も口も無いくらいにツルツルだからね。』


※エル姉の顔のツルツル具合。
  現在、エル姉の頭についてるのは、『髪』だけになってます。
  瞳の色とかの設定は出来上がってるにも関わらす、目全体の設定が無かったからまさにのっぺらぼう(妖怪)みたいな事に!
  絵を描いてくれる人募集中ダヨ?
  可愛く書いてNE☆


『そんなことはいいから、ほら、えーと…。
 (チュンイーって単語を出したらまたセレが旅に出るから、次の話題を…。)』

「あ、チュンイーとお風呂で楽しんだ話の続きか!」

『…(遅かったーーーーーー!)…。』

「えーと、あ、写真はありませんよ?
 さすがに出せないからね、500枚くらい撮ったけど。

 えーと、それでもチュンイーちゃんには家の門限とかあるので、泣く泣くお別れ。
 お別れした後は、チュンイーちゃんとのヒミツの部屋から出て溜まり場に帰還ですw

 そしたら、なんかでっかい遠距離攻撃ロボが居てビックリしましたけど、まぁメンツ的に余裕だった気がします。」


※でっかい遠距離攻撃ロボ
  ユペロスダンジョンに出現する『ディミック』の事。


「さて、昨晩の話に行くぜ!

 久々に、本当に久々に律Gの人との狩りを堪能しました。
 マスター、ブラさん、ムルちー、私。
 こんな感じの4人組。

 2人組ならペア、3人ならトリオ、4人ならなんだろ?
 トリオソナタ?」

『それは演奏形式だから関係無い。
 ちなみに、4人だったらカルテットね。』

「あ、カルテットかw

 えー、そのカルテットで行ってきました。
 場所は、前回のリベンジを兼ねての騎士団!」


※前回のリベンジ
  前回、トリオで挑んだ際に、
  『深遠のスキル攻撃で、トリオ全員が一撃で即死する』
  という、デスペナの悲しみよりも笑いが出てくる状況になったので、それを思ってのリベンジです。


「30分たった頃に、けーねさんが溜まり場で寂しそうにしてるって話をマスターに聞いて、一旦帰還する事にー。」

『カードとか出た?』

「残念ながらカードは出ませんでしたけど、エルニウムが全部で10個も出たので、ナイスな狩りでしたね!

 ちなみに、私が5個盗んでましたw
 盗人万歳www」

『あぁ、久しぶりにPTでそれらしい働きできたんだ?』

「えぇ、いつもいつも微妙なのばっかりでしたからね、忠節の証とか…。」


※忠節の証
  使い道が恐ろしく限定されてる上に人気も無く、そしてNPC売りしても格安なレア。


『4人って事は、一人当たり2個ってとこかしらね?』

「他にも色々拾ったり盗んだりしまして、最終的には結構な物になりましたよー。
 ダイスでも勝ったので、エル3個+お金30K弱って感じかな?

 久々の収入ヒャッホーゥ!」

『ん、良かった。』

「で、けーねさんを加えての次の狩り。

 ノーグ2に行ったんですけど、セレインさんが体力に限界を迎えて途中途中で意識混濁。」

『いつもの寝落ち病か…。』

「なので、帰る事に!
 皆、ゴメンヨ!」

『ま、それじゃ成果はそんなに出なかったんでしょうねぇ…。』

「えぇ、残念ながら…。

 うっし、今日はここまでだね!
 明日は会社は休み…っていうか私は休みを撮ってるので、十分な急速を取りたいと思います、聖戦を控えてるからね!」

『オタク祭りか…。
 ま、思う存分堪能してきなさいな?』

「うぃうぃw

 では、またねっ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

軽くROの話とか。

セレ「でんこちゃんの家族について調べてたら、やたらと人数が多い事を知ってビックリなセレインさんです。
    皆、雨に降られて濡れたかなー?
    セレインさんは、主に下半身が濡れ濡れですw」

エル『PSPで聞いてたの、女性のあえぎ声CDだもんね?』

「全力でちげぇよ!
 聞いてないよそんなの!
 普通のですよ、なのはStrikerSのドラマCDのエックスですよ!

 N2Rのノーヴェが、
 『マリアージュとかいう人形野郎を見つけたら、問答無用でぶっ飛ばす!』
 とか言いつつ拳を打ち鳴らしたりしてるとこで燃える!」

『ていうか調べてたんだけどさ、オットーって女らしいよ?』

「…え゛…?」

『ほら、Wikipediaに書いてある。

 『自分のことを「僕」と呼んだり、胸の薄い体型やズボンを着用していることなどから性別がわかり難いが、れっきとした女性。』

 って。』


なのはStrikerS登場人物@Wikipedia


「うおぉマジかよ…。
 聖王教会の偉い人なカリムが執事服を着せてるから男だと思ってたのに、カリムはオトーに男装させてたのか…!」

『同人誌なんかでも、シャマルとはやてにカリムがコスプレイヤー…っていうか誰かにコスプレさせるのが好きってな感じのキャラにされてたから、これが元になってそんなキャラにしてるんじゃない?』

「そういう事か…。

 や、とりあえずそれはいいやw
 あ、胸がおっきくたってちっちゃくたって好きなキャラは大好きなので、チンクは安心してください☆」

『きもっ。』

「さて、ROの話いくよ!

 えー、ポイントラリーが続いてます、ちょっと間に長時間のラリー不参加があったので、もしかしたら21ポイントには届かないかもしれません…。
 まぁ、頑張ってみますけどね?

 あと、ローグは順調に育ってるように見えて実は経験値ほとんど増えません。
 手数は多いから爽快感はあるんだけども、いかんせん一撃が軽いの殲滅に時間がかかるかかる…。

 鉄球装備してSTRの桁を合わせて属性ダマ装備。
 これでも、DA発動でマブカに700ダメってとこです…。
 マブカのHPが19200もあるので、殲滅に時間かかるのは仕方ないんですけどねー。」

『そこはもう、特化剣を作ってスクロールを使うとかしない限りは埋まらないでしょうねぇ…。』

「くそう…。
 これ以上の散財はゴメンこうむりたい…。」

『消耗品、かなりの勢いで使ってるもんねぇ…。
 魚だから、別段痛い程でも無いけど。』

「でも、やっぱり少なくないですしね?」

『だったら、狩場を変えるなり敵に囲まれないように動くなりしなさいよ…。』

「それはそれ、これはこれ!

 はい次の話!
 リアルの方を少し!」

『ん?』

「土曜日、イヴっちと会う…予定でした…。」

『ダメになったの?』

「いやー、アキバに10時に待ち合わせたったんだけど、起きたら10時半でしてね…?」

『死んじゃいなさいよ…。』

「ちょっと体力的な事と夕方からの予定とかあったからキャンセルにしてもらいました。
 埋め合わせは、いつか必ず・・・。」

『その日は、そんなに遅くまでは起きてなかったはずだけどねぇ。
 終電で帰宅だったから、家に着いたの2時前って感じだったけど。』

「12日も休む為に、仕事を一気に進めてるとこなのでね!
 いやー、なかなか進みませw

 でも手品の道具の図面なので、楽しい事この上無し!」

『ふむ…。』

「で、ROに戻ります。

 その夕方からの予定があった関係で、イベントには参加出来ず…。
 残念だぜ…。」

『ま、仕方ないでしょ、リアルの方が大事だし。』

「そうなんですけどね?
 ま、これに関してはどうしようもないので、我慢するしかないかなー。

 で、昨日のGv。
 砦はゲットできましたけど、偵察としての仕事がちょっと失敗だったかなーって気がしました。
 もうちょっとこう、他Gのマスターの名前とか主要な戦闘要員の名前くらいは覚えないといけないかなーと思ったりしてます。

 思うだけで、覚えるかどうかは分かりませんが!」

『ぶっちゃけ過ぎでしょ、それは…。』

「で、今後はまたモスコ監禁になりますw
 もしかしたらネカフェに行く事があるかもしれませんが、その時はまぁ風2か不死2にでも篭ると思われます。
 ハーピーうざいよハーピー!」

『TAに地付与で行って見たら?
 少しダメージは下がるかもしれないけど、ハーピーに必中になるってのは大きいはずよ?』

「そしたら、次回はそれで行ってみるかなぁ…。

 ていうか、お金無いからそうそう行けないんですけどねw
 ぎぶみーまねー!」

『無駄遣いを控えたら貯まるわよ?』

「無理です、私は無駄遣いせずにはいられない性質なんですw」

『威張るな。』

「よし、ここまでにしとく!
 急いで仕上ないといけない仕事が出来ましたのでねw

 最後に一個だけー。
 好鈴さんですあg、俺Gにぶち込みました。
 今度、律Gの方にも案内したいと思いますb」

『ふーん。』

「交友関係は広くて困る事は無いですしねw

 それでは、またねー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

コミケ計画04(だったっけ?)

セレ「夏が来た ビッグサイトが 呼んでいる」

エル『何そのセンスの欠片も無い俳句…。』

「浮かんだw
 昨晩ギャグまんが日和を読んでたから、松尾芭蕉が乗り移ったのかもしれません。」

『だとしたらこのセンスは無いわ…。
 まんがのに出てくる芭蕉ならありえるけど…。』

「じゃ、そっちだねw

 さて、昨晩はにょんさんとラバさんとの作戦会議をしてました。
 もちろん、初日の動きについて!」

『ふむ?』

「えー、初日は私、チケットで入場するのがほぼ確定です。
 で、ブロッコリ→ブロッコリ→ぱれっとorなのは、って感じになるかなー。」

『やっぱりブロッコリーは2回いくのかこのガンチク野郎が…。』

「や、違いますヨ?
 今回のはね、全部頼まれもノですよ、くじは!
 ブロッコリで私が買う(予定&かもしれない)なのは、扇子とセット(リトバスとかFateとか)だけ!」

『十分だから、それ。』

「ま、中に入ってから私は本領を発揮するかなー。

 で、今回は初日はにょんさん家からコミケ会場に直で突撃する事になりそうですよ?
 にょんさん家で一泊して、翌朝早い時間にタクシーで突撃。」

『掘るの?』

「ちょ…!」

『ていうか、二人だけなの?』

「ラバさんもいる…のかな?
 にょんさんとは数回会ってますけども、ラバさんとは初オフ会で一回会っただけなはずなので、顔が浮かびません…。
 だいぶセクシーな感じのお姉さんがいたんじゃなかったかな、確か?」

『そんな話は覚えてるのに本人の記憶がないって、もうエロエロねあんたも…。』

「いや、お姉さんの話はいつだったか、にょんさんの露店近くでしゃべってた時に出ただけでしてw
 なんか印象に残ってただけなんですよ、可愛いお姉さんだなぁ、ってw」

『どんな話なの?』

「記憶に深く残ってないですけど、なんだっけかなぁ…。
 風呂あがった後にバスタオル一枚でリビングに来る…だったかな…?
 なんか、そんな話だった気がしますw

 あ、もしかしたらお姉さんじゃなくてお母さんかもしれません。」

『…それは…。
 お姉さんだったら萌えジャンルだけど、お母さんだったらアウトでしょ…。』

「デスネ!
 うちで例えるなら、妹君がバスタオル一枚でリビング…かぁ。

 ……なんか記憶にあるぞそれ…?」

『…剥いた?』

「ちょ…!
 さっきから、掘るとか剥いたとかw」

『たまには、セレがいかにエロスの権化なのかを書いとかないといけないかなーってね。
 あたしなりの労わりてヤツよ。』

「ノーサンキューですね!
 大きなお世話!」

『にしても、なんで妹のそんな記憶があるのよあんた?』

「さぁ…?

 まだ胸が大きくなり始める前とか、その辺りの記憶が混同してるのかも?
 小学校低学年くらいの頃はまだ一緒に入ってたわけですしね?」

『あ、そうなんだ?』

「小学校3年まで…だったかな?
 4年生かもしれないけど、5年生は無かったはず…?

 妹さんは母様と一緒に中学くらいまで入ってたんじゃなかったかなぁ…。」

『セレは父親と?』

「いや、親父殿と一緒に入浴って記憶は無いなー。
 ちっちゃい頃にはそういう事も当然あったんでしょうけど、全く記憶に無いw

 強いて言うなら、どこかに旅行行った時には大浴場に二人で行ったりはしましたけど、それとこれとは別物だしね?」

『混浴?』

「ちげぇよ!
 万が一混浴だったとしても、流石に私と妹が一緒に入るような事にはならないよw
 どっちも恥ずかしがり屋さんだからね!

 あー、でも妹さんは普通に入ってきそう、流石に隠してるでしょうけど。」

『そしてこじ開けるセレ?』

「しないよ!

 ていうか、なんか今日のエル姉は妙に私に絡んでくる、なんでだ!?」

『さっきも言ったじゃないのよ?
 これがわたしの優しさってヤツよ。』

「そんなやさしさならいらないヨ!

 で、あー、何の話だっけ?

 ……そか、コミケの初日の話か!」

『あー、そこから移ったのかぁ。
 セレ、脱線しすぎ。』

「誰のせいだと…!

 まぁ、いいやw
 えー、まぁ初日はそんなもんです。

 二日目は、カオスになってるそうです。

 イヴっちはなのはに突撃してると思いますが、彼がむやみに大量に買うのを阻止しないといけませんw
 あいつ、ほっといたら10セットとか買いそう、映画の先行チケットセット(ドラマCD付き)。」

『あー、彼ならやらかしそうね…。』

「彼の前で
 『般若』
 って言ったら怒られるので気をつけてください!
 私は過去に10回くらい怒られました。」

『一回目で覚えろ、それくらい…。』

「二日目のカオスはにょんさんとラバさん(サークル入場)の二人が主に頑張って、私はイヴっちと好鈴の頼まれ物消化かな?
 特に無い感じだったら、にょんさん達の手伝いかなー。」

『ふむ…。』

「さて悪夢の三日目。

 ここはにょんさん達は完全に手が足りない様子?
 イヴっち&好鈴が終わったら合流して手伝う事になるかな?

 ま、この辺りは後日イヴっちやら好鈴さんと打ち合わせしないといけないかなー。」

『ていうか、好鈴って打つの面倒なんだけど…。
 リアルな名前で書いちゃだめ?』

「ダメに決まってるね!

 で、三日目は終わった後に飲み会です。
 にょんさん達にも誘われたんですけど、今回は先にSOM団が入ってるのでそっちに行きます!
 前回は参加出来ませんでしたしね!」

『お金が無かったんだっけ?』

「それに追加で、時間の都合も付かなかったんだったはず…。」

『ふむ…。』

「一応月曜日も休みにしてあるから体力的には大丈夫なはずですが、少し心配ではあります…。」

『ふむふむ…。

 ま、そこはあたしに任せておきなさいな?
 寝てる間にセレの体を動かして、疲れとか取っといてあげるから。』

「え、まじで?
 それはありがたいw」

『翌日から妹ににらまれる生活になるけど、我慢しなさいね。』

「何する気なのそれ!?」

『房中術、っていうのがあってね?』

「いや、いい、もういいです、ノーサンキューです…。

 …なんか今日のエル姉は妙にエロスにつなげようとしてくる…!
 欲求不満ってヤツですかw」

『ま、たまにはね。』

「たまになら、まぁ良いけど…。」

『そして夜中、わたしの欲求不満を晴らすべく、セレの体を使ってセレの父親に迫り…そして…。』

「ちょ…、まじ勘弁してくださいw
 私はノーマルですから!
 親父様も、たぶんノーマルですから!」

『…たぶん、なんだ…。』

「いや、聞いた事無いから…。」

『そりゃ、
 『なぁ、親父ってホモに興味ある?』
 なんて聞かないでしょうけど…。』

「分からない事は決め付けない、それが私のジャスティス!

 って、話逸れた、逸れまくった!

 ま、書いた通りでコミケ辺りはだいぶ忙しく動き回る事になりそうですw
 いやー、体力gあ持つのか心配で仕方ないですね!
 こないだみたいに常時眠気に襲われる状況だとだいぶ厳しそうだしね!」

『立ったまま店内で寝てたらしいしね、記憶に無いんだろうけど…。』

「でも、寝たままで帰宅した事あるしなぁ…。
 仕事終わって、うおお眠い帰宅したらROしちゃうけど早めに切り上げて思う様眠るんだぜ、とか思ってたらいつの間にか家に居たとかね…。
 夢遊病の一種かと思ったぜw」

『世の中には
 『睡眠関連摂食障害』
 って病気があって、寝てる間に勝手に食事してるってのもあるし、寝てる間に勝手に帰宅してる病気があってもおかしくないんじゃない?』

「いや、流石に無いでしょそれはw」

『いや、だって摂食障害の方って、本人は記憶に何も無いにも関わらず、
 『部屋から出る』
 『台所に行く』
 『食べられる物を探し出す』
 『食事に向いた場所へ移動する』
 『食べるのに必要な作業を行う』
   (袋を開けるとか、コーンフレークに牛乳かけるとか)
 『食事が終わったら部屋に戻る』

 って作業を行うのよ?
 帰宅だって、そんなに大差無いでしょ、作業内容的には。』

「いや、交通機関…。
 ていうか、その状態で信号とかちゃんと見てるんですかね、それ…?」

『見て無くても大丈夫じゃない?
 セレの地元って、信号あるけど車の通りはそんなに無いんだし。』

「そりゃそうだけど…。

 ま、考えても分からないから考えないでいいやw

 ここまで、今日の更新はここまで!
 これ以上はちょっと、エル姉がどうなるか分からないからやめとくw」

『たまにはいいんじゃないの?
 セレとわたしの夜の様子上映とか。』

「無理すぎるw

 ていうか、何もしてないw
 私は、まだその壁は越えられないw」

『延々しりとりとか、山手線ゲームとか。
 まぁ、メジャーなジャンルじゃしないけど…。』


※山手線ゲーム
  セレインさんとエル姉がするのは
  『幽遊白書に出てきた技の名前』
  『魔道書の名前』
  『神様の名前』
  とかそんな限定で行われる事が多い。


「たまに、ちょっとここじゃ書けない内容でやってる事もありますけどねw」

『人名とかね。』

「え…あ、うん、そう、そんなの。」

『あとはあれか、御s』

「ドスコーイ!」

『はいはい、言わないから…。』

「あい、ここまでね!
 ほいでは、また来週にでもー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

最近よく読んでる二次創作

セレ「あまりにもROの狩りが単調で記事にならないので、今日はオススメの二次創作を乱立してみようかと思います。
   もちろん、作者さんの許可は取ってません!」

エル『自信持って言うな。』

「なので、作者さんとかもしくは他の方から
 『このサイト載せるのはまずいんじゃね?』
 という意見があったら即効で消え去ります。

 ブックマークはお早めに!」

『時間が無いにも関わらずドラクエ9も始めちゃって…。
 そんな状態で、対応しきれるの?』

「すれ違い通信ってのを電車の中でやってみたら、なんかたからのちず?ってのをもらえましたw
 でも、
 『○○の洞窟レベル92』
 とかそんなのでした。
 まだ主人公のセレインちゃんが11歳な私が行ったら確実に死ねそうですよねw

 まぁ、行き方とかも分からないわけですが。」

『入り口を探すんでしょ?』

「いや、そうなんでしょうけど…。
 使った瞬間にその洞窟に吹っ飛ばされたら確実に全滅しますしね?
 ルイーダさんのとこで仲間作ったばっかりなので、彼らなんてレベル3ですよまだw」

『弱っ…。』

「ま、これは通勤時間とかで色々やろうと思いますw
 コミケで並んでる間に分かりやすいように、
 『ドラクエ9 すれ違い通信広場』
 的な看板作って持っていこうかしらね?」

『それはどうなのよ…。』

「ま、イイヤ!

 さて行きますよ二次創作!」



01:ミーナの店
  Fate/stay night二次創作
  凛END後のロンドン(時計塔)での生活を中心に描いた作品。
  セイバーが姉にしか見えませんw

「はい、毎回毎回登場してくる私のお気に入りさん!
 ここに出てくるルヴィア嬢の可愛らしさったら異状。」

『ホントに好きね、ここ…。』


02:あの作品のキャラがルイズに召還されました@ウィキ

「色々な人が色々な作品のキャラを呼び出した作品を書いていくスレッドみたいなのがあるらしく、ここはそれをまとめてるサイトなのかな?
 お気に入りなのは、
 『ゼロと魔砲使い』(最近滞ってるけど、連載中)
   (StrikerSのなのは召還
    魔法の発動に対する考察とかもあって面白い、後半でルイズがすごい地位に…w)
 『ゼロの花嫁』(連載中…なはず)
   (瀬戸の花嫁の燦を召還
    原作の任侠っぷりとドジっぷりがうまくマッチしてていい感じb)」
 『ゼロのロリカード』(連載中)
   (Hellsingからアーカード召還
    アーカードが幼女になってるけど、強さが半端じゃないw
    その姿で丸太を軽々と振り回すなw)

 最近のお気に入りはね、
 『SeeD戦記・ハルケギニア lion heart with revenger』
   (FF8から、スコール(クリア後?)召還
    ドローシステムとジャンクションシステムが鬼w)


『あー、それ呼んでFF8やりなおする事にしたんだっけね?』

「ですねー。
 前々からやろうとは思ってたんですえけど、なかなかね…。

 ちなみに現在、バラムガーデンが空に浮いたとこです。
 ここからどうするんだったか覚えてませんが、借りたままになってる攻略本があるので安心ですb」

『何年経ってるのよ、借りてから…。』

「10年くらい…?」

『それ、借りパクって言うんじゃないの?』

「貸したままになってるのもあるので、物々交換に近いかもw」

『どっちもどっちだったのか…。』

「さて、次!」


03:まちはずれのごみすてば
  (ルイズが夜天の魔道書を召還。
   ルイズの意気込みとキュルケの思いやりがすごく心地良いね!
   更新を心待ちにしてます)


「更新が完全に止まってしまってから約半年が経過してますけど、このままになってしまうのは非常に勿体無い作品。」

『去年の年末の挨拶が最後かぁ…。』

「このまま消えてしまうには惜しい出来の作品なので、是非読んで見て下さいねー。」


04:道標
   (魔法少女リリカルなのはの世界にオリジナル主人公が飛び込む話。
    オリジナルのこの子TUEEEE!
    後半で明かされるなのはとの関係がビックリ?
    現在は作品も進んで、StrikerSに行ってます)

「なのはの、オリジナル主人公介入物!」

『介入って言うなら、まだ出てないあっちが近いんじゃない?』

「そっちはそっちで書きますからw
 この作品もストーリーとしてはお気に入り!
 惜しいのは、少し文章の書き方が修行中な感じなとこかな?」

『人のこと言えないくせ…。』

「自分の事を棚に上げるのは得意なんです、エッヘン!」

『威張るな、あとエッヘンって言うな、きもい。』


05:嗣希創箱の消閑
   (エリオがルイズに召還される話、及び
    なのは原作を知ってる一般人がヴォルケンリッターの一員になってしまう話、
    の2種類が主な作品。
    エリオTUEEEE、そして一般人YOEEEEE!
    もちろん、強いだけでも弱いだけでも無いですぜ、両者ともw
    エリオの方は完結、一般人の方も完結したか、もしくは目前)

「エリオの方は前から知ってたんですけど、一般人のは知らなくってねー。
 でも、呼んでみたら楽しい作品でした、ていうか一般人の方の頭良すぎw」

『彼の偏差値の半分ももらえたら、セレも標準になるのにね?』

「…え、私の偏差値ってそんなに低いの…?」

『ノーコメント。』


06:のくた庵
   (一話完結型の短編がいくつもある感じ。
    マリ見てとかもあるけど、うちはなのは関連しか読んでません(原作知らないから)
    ギャグからシリアスまで、色々あるよ!)

「個人的には、
 『魔法少女リリカルなのはEaterS』
 がお気に入りです。」

『完全にギャグよね…。
 タイトル見て分かる通り、食事がテーマ。』

「スバルは胃袋魔人になってます。
 エリオとティアナは変わってないかな?
 キャロは、なんていうか黒くなってますw

 楽しい会話目白押し!」

『エリオがおにぎり食べたいって言ったら、翌日に米俵を背負ったフェイトが食堂に現れたりね。』

「空戦魔道士が、まさか飛行中に鶏肉を食べてたとは思いませんでした…。
 鶏肉嫌いは空戦にとっては致命的だっただなんて…!

 長編もありますけど、基本的に一個一個は短い短編だから短時間で読めます、皆GO!」



07:えあつぇーるんぐ
   (ゼロの使い魔(2回目)を中心に、他作品もあるヨ。
    ネギまとか、インデックスとか。)

「かみじょーさん家のとーま君がフラグをバキバキ立てまくるので、インデックスが特にオススメかなー。」

『あいつは、原作でも立てまくりなのにね?』

「ここではいつにも増して、ですよ?
 シスターズとか、丸ごと全員残ってますし。

 『何故でしょう?
  私はあなたの子供が欲しいと言っただけですが?
  子供が出来たからと言って認知しろとも責任をとれとも言いません』

 とか、ぶっ飛んでるよね!」

『2万人も子供いたら、もう覚えるのも大変でしょうねぇ…。

 ていうか、2万人も相手したら、何人かは双子とかでもおかしくないのよね。』

「そこ、リアルに考えない。

 あと、ここのネギまは、ネギ君がとてもやさぐれてます。
 アーニャとか、原作以上に熱血少女です。
 ネカネお姉ちゃんとか、もう原作とは180度違う方向に魔王です。」

『あー、確かに魔王だわ…。』




08:Riverside Hole

「SS投稿サイトのひとつですが、特にオススメなのは
 『昭和』さんの作品群!

 『俺とお嬢様』
   主人公と幼馴染のお嬢様+幼馴染2人の4人を中心に描く作品。
   エッチな話は、別ページに飛ばないと見れないからね!
 『お嬢様ツインズ!』
   俺とお嬢様の続編、主人公とお嬢様の子供の話。
   こっちはこっちで、いい味出してますb
   あ、こっちにはエッチなのは無いよ!(09.08.06現在)
   幼少編から始まって、現在は中学生編、そろそろ色恋話が出始めるかも…?
 『太陽系に咲く華』
   ナデシコの逆行系…って言うんだよね確か?
   アキトもユリカも色々考えて色々やってますね、アイちゃん忘れてたけどw
 『御門流退魔道』
   退魔の家に生まれた少年を中心とした話。
   妖狐あり、巫女さんあり、義理の妹あり。
   SSですけど、ある意味マルチエンディングシステムですよ?
 『Evil Hunter』
   無印→EX→FINALと続く三部作。
   昭和さんの過去の作品に出てきた主人公やらヒロインやらがかなり出るので、そっちを呼んでからの方が楽しめますb
   ていうか、ツインズと銀河に咲く華以外の全ての作品のキャラ総出演な勢いなので、最後に読むといいかもしれないよ!
 『銀河に咲く華』
   ナデシコと星界の合体作品。
   これは、実はまだ呼んでません…。
 『天魔物語』
   昭和さんの初作品…かな?
   ありきたりといえばありきたりですけど、それだけに能力が無いと呼んでて飽きるジャンル、でも読み進められるだけの勢いと魅力があるよ!」

『ザウスの回し者だと思ってたら、今度は昭和の回し者かアンタ…。』

「好きな物は広める、それが私のジャスティス!」

『あー、はいはい…。』

「よし、ここまで!
 色々とやりたい事があるから時間を作りたい所なんですけど、土曜日の午後にきっついのが入って全く時間が取れません…。
 プリーズミー、ターイム!」

『直訳もいいとこなえ以後をありがとう…。』

「それじゃ、また明日ー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

モスコで頑張るお金稼ぎ、ポイントラリー

セレ「さて、遅くなりましたがいきなり報告です。」

エル『ん?』

「度々このブログに登場してる好鈴さんが、RO復帰です。

 ちなみに引退したのは6年くらい前だそうですw」

『それって、ローグとかダンサーとかが実装される前…っていうかベータの頃なんじゃない?』

「詳しくはないですけど、それくらいかも?
 アカウントは消えてたそうですよ?」

『そりゃそうでしょ。』

「さて、当然フェンリルに呼び出しましたw
 色々と知らない事も多いかと思いますけど、ある意味では誰よりも詳しいかもしれません。
 つまり、そういう人です。

 あ、彼は日本語とマシン語の二ヶ国語を操れますので、そのどちらかで話しかけてあげてくださいw」

『マシン語で話しかけるってどういう状態なのかしらね…。』

「で、彼は今、ギルドを探してます。
 律Gか俺Gがいいんじゃないかなーと思ってますけど、ログイン時間を考えたら俺G向き?」

『律Gは基本的に遅い時間のヒトが多いしねぇ…。
 俺Gだと、まだ学生ってヒトも割りと多いんだっけ?』

「就職活動って単語がちらほら聞こえますから、きっとそうだと思うんですよー。
 律Gだと、たぶん出てこない単語じゃないですか、就職活動って。」

『既に就職してるヒトが大半だもんね?』

「んむ。

 好鈴自身はそこまで遅い時間にはならない感じだったかと思いますので、その辺りを加味したら俺Gかなーと。
 ぶっちゃけどっちでも大丈夫だとは思いますけどね!
 何かあったら私に家ばOKですしね!」

『頼りになるかならないかは別問題だけどね…。』

「いつでもどこでも頼れるオトコ、それが私!

 さて、久々に昨晩の狩りの話をしちゃおうかと思います。

 えー、モスコビア行ってました。
 思うように収集品がたまりません、呪われてるのかもしれません…。」

『それより、ポイントラリーだっけ?
 あれはどうなの?』

「順調にポイントを稼いでますw
 2ポイントで交換したら青箱でした。
 4ポイントのは、コモドバカンスなんたらってのが5個だから6個だか。

 次にもらえるのは7ポイントなので、頑張りたいと思いますb」

『21ポイント貯まったら何になるのかしらね?
 カード帖とか?』

「だったらいいですけど、正直読めないなぁ…。
 何か特別な装備を作ってくれてたりしたらいいなーとか思いますけど、そういう場合には事前に
 『こんな装備がもらえるヨ!』
 みたいな告知ありそうだから、その線は無いかな?」

『確かに、新装備の線は薄そうねぇ…。
 カード帖くらいならありえそうじゃない?』

「だったらいいなぁとか妄想してますw
 あけたら何が出るかなー?
 ていうか、あけたら負けかなー?」

『まぁ、十中八九、あけたら負けでしょうね…。』

「デスヨネー…。

 でも、あけちゃうんだろうなぁ…。」

『まぁ最近は散財もしないでお金稼いでるからたまにはいいけどね?
 セレも、ホントはあけたいんでしょ?』

「まぁ、あけたいですねー…。
 高確率で負ける勝負でも、賭けたくなる時がオトコにはあるのだー!」

『じゃ、あけていいわよ?
 ただし、癖にならないように!』

「ヤッタ!
 許可が下りたヨ!」

『まぁ、手に入ったらだけどね?
 言っとくけど、露店で買ってあけるのはダメだからね?』

「もちろんb

 うしゃ、やる気出てきたぁっ!
 また今夜、モスコで篭ります、全てはお金と経験値の為っ!

 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

アクセス解析(2009.07)

セレ「さぁ今月もやってまいりました、恒例のアクセス解析です!」

エル『先月ってやったっけ?』

「そんなのどうでもいいじゃないですかw
 恒例なんですよ、恒例。

 さぁ、今回はどんな普通ワードでうちにたどり着いちゃってるのかなー?」

『普通のは期待しない方がいいんでしょうけどね…。』

「あ、琴吹さんとこの書き方がすごい分かりやすかったので、真似します。
 インスパイアってやつです。」

『パクリっていうのよ、こういうのは…。』



1 血塗られた鉄球 41 8.0%
2 水樹奈々 9 1.8%
3 RO エロイン 8 1.6%
4 ロリコン 妹 ヒモ 脳内 8 1.6%
5 quickdraft ダウンロード 7 1.4%
6 ダークバシリウム 7 1.4%
7 金色の闇 ニュルニュル 6 1.2%
8 ro 鉄球セット 6 1.2%
9 水樹奈々 ライブ 6 1.2%
10 ザウス 新作 5 1.0%
11 ザウス新作 5 1.0%
12 鉄球セット 5 1.0%
13 QuickDraft ダウンロード 4 0.8%
14 ro 血塗られた鉄球 4 0.8%
15 アリス Sbr 一確 4 0.8%
16 セレイン 4 0.8%
17 ラグナロクオンラインds 攻略放置狩り 3 0.6%
18 生体 小説 エレメス 3 0.6%
19 Sbr 一確狩り 3 0.6%
20 ro プラズマカード 確率 3 0.6%
21 ごわスマッシュ 3 0.6%
22 アリス一確 3 0.6%
23 セレイン 幼女 3 0.6%
24 セレインさんの日記帳2 3 0.6%
25 俺tueee@妄想 3 0.6%
26 血塗られた鉄球 考察 3 0.6%
27 RO 生体3 EDPSB 2 0.4%
28 オデンぬくもりの準備 2 0.4%
29 デリへル嬢の悩み 2 0.4%
30 攻略 ラグナロク モンスターブリーダー 2 0.4%



『個人的に面白そうなのを赤くしてみたけど、どうかしらね?』

「余計な事をせんといてw

 えー、1位圧倒的多数で、血塗られた鉄球。
 かなり活用してますしね、私w
 コメント欄とかで何か書いてもらえたらその事に関して色々書くのとかしてみたいんですけど、皆遠慮してるのか、なかなかコメント書いてくれないなぁ…。」

『解析してみると、半数はリピーターだから、残る半数は初見みたいね?
 まぁ、この記事の数々を見てまともな人間には見えないでしょうけど…。』

「こんなにまともなのに…。」

『注目の3位4位は、もう明らかにセレを狙った精密射撃ね。
 ていうか、ウェルか誰かが発見した検索ワードで何度かここに来てる人がいるのが楽しいわね。』

「え、いや、もしかしたら純粋に
 『ロリコンが妹のヒモになってるってのを脳内で想像して萌えてる人』
 とかの日記を探してるのかもしれないし…。」

『脳内じゃなくてリアルになってるのがセレって事?』

「そうじゃねぇ!

 で、7位にまたもや登場、
 『金色の闇 ニュルニュル』

 ほんと、何ですかねこれ?
 そんなページがあるのかと思って検索してみても出てこないし…。

 ていうかさ、このワードで検索してうちが出てくるのって3ページ目なんですよ。
 どんだけ必死に求めてるんだこの人…!」

『しかも1人じゃないしねぇ…。
 1人が何回もやってるのかもしれないけど。』

「あとはもう普通なのが多いかな?
 でも、水樹奈々で検索してうちに来てる人がいるのはなんとなく嬉しいかもw
 いいですよね、水樹奈々さん!」

『まぁ、そこは個人個人の好みでしょうからねぇ…。

 あ、わたしも好きだけどね?
 嫌いな歌手もいるけど。』

「聞かないでおこうw

 さて、ザウスに関連するワードがかなり並んでますけど、ザウスは良い作品沢山だから仕方ないよね!」

『はいはい信者信者。』

「へっ、信者上等!

 そしてきた謎のワード
 『ごわスマッシュ』
 …。」

『セレが好きな漫画のセリフよね?』

「そもそも、この単語をググろうと思った意図が全く読めません…。」

『で、
 『セレイン 幼女』
 って来るわけかぁ…。』

「もう、私が幼女みたいな感じになってきてますもんね、ワードがw
 私はロリコンじゃないですけど、まぁ仮にロリコンだとしましょう。
 でもね、ロリコンだとしてもね、私自身はロリじゃないからね!」

『25のオッサンよね。』

「オッサンって言わないで!
 微妙なお年頃なんだからw」

『気にしてないくせに…。』

「ま、そんなに気にはしてないですけどね?

 さて、たぶんこのブログに引っ越して以来初の、風俗っぽい検索単語…。」

『『前のとこも多かったけどね。
 今回は、
 『デリヘル嬢の悩み』
 かぁ…。』


※前のブログの検索ワード
  『幼女あそこまる見え』
  『中出し5連発』
 とかそんな検索ワードで何故かうちに来てる人がいた。
 当然、そんな単語で検索してもうちは出てこない、なんで着てたんだろあれ…?


「そもそもデリヘルってのがいまいちなんだか分かりませんw
 風俗関連だってのは分かるんですけど…。」

『デリバリーヘルス、の略ね。
 簡単に言えば、セレがお店に電話して女の子に家に来てもらって性行為に及ぶサービス業。
 お店としてはデート感覚でしか女の子を行かせてないから、現地でどういう事をしようが店側は関与してません、みたいな逃げ道を準備してるお店もあるんじゃなかったかしらね?』

「…なぜ詳しいのかを問いただしたいけど、聞かない方がいいんだろうなぁ…。

 あ!
 良い子の皆は、お母さんとかお父さんに
 『デリヘルって何?』
 なんて聞いちゃダメだからね☆」

『そこで
 『デリヘルってのは、お父さんの大好物だよー?』
 なんて事を言った夫が、高額の保険金を掛けられて一週間後に…。』

「うおお口は災いの元!」

『ま、次行きましょ?』

「うぃさー。」




31 三半規管 鍛え方 2 0.4%
32 少女下痢SS倉庫 2 0.4%
33 RO ダークバシリウム 2 0.4%
34 RO 血塗られた鉄球 2 0.4%
35 Sbr アリス 一確 2 0.4%
36 _51F_F53_000EDPSB 2 0.4%
37 ro  ラグくじ 2箱買ってきた コミケ 2 0.4%
38 ro カード 魚類 倒した時 2 0.4%
39 ro 血鉄球 2 0.4%
40 Sbr アリス一確 2 0.4%
41 アサクロ アリス 2 0.4%
42 アサクロ ステ 2 0.4%
43 イザナギ イザナミ 兄妹 2 0.4%
44 セレイン ロリコン 2 0.4%
45 セレインさんの日記帳 2 0.4%
46 モンスターブリーダ 強 2 0.4%
47 血鉄球 2 0.4%
48 血塗られた鉄球 2 0.4%
49 中型トラックの絵を書くコツ 1 0.2%
50 18k禁小説 1 0.2%
51 EDPSB アビス 1 0.2%
52 GV 武器 1 0.2%
53 Gv LK 考察 武器 1 0.2%
54 Int剣士 インプカード 1 0.2%
55 Quartett! SS 18禁 1 0.2%
56 RO オデン ぬくもり スキル 1 0.2%
57 RO タナトス wiz 1 0.2%
58 RO モスコビアクエ 攻略 1 0.2%
59 RO モンスターブリーダー 雛人形 1 0.2%
60 RO 出血 効果 Gv 1 0.2%



「また赤くしてるし…。」

『いいでしょ、見やすいんだし?』

「いいけどね?

 で、32位…。」

『『少女下痢SS倉庫』
 かぁ…。

 セレ、そんな趣味もあったの?』

「無いよ!
 全力で無いよ!

 そんなの見て何が面白いのかとw」

『どんなのを想像したのか知らないけど、まぁちょっと特殊な性癖のヒトなんでしょうねぇ…。』

「深く考えない方が良さそうですよね…。

 あ、31位の
 『三半規管の鍛え方』
 については私が教えてもらいたいくらいです!」

『あぁ、眩暈か…。』

「んむ、困ったもんですw」


※セレインさんの眩暈
  同じ場所をじっと見てると、目の前が真横に高速に反復するように揺れ始める。
  それでも我慢して続けてると、段々と触れ幅が広がって行って最終的にどうなるかは試してないw
  ていうか、揺れ始めてから3分もやってたら気持ち悪くなってくる、乗り物酔いに似た感じ?
  原因は、三半規管が弱い事にあるそうな。
  ちなみに『縦に揺れる』場合は即効で医者に行って下さい、脳に何かが起きてるらしいですからね!


「で、36位、何か不明な文字列。
 全く分かりませんw」

『あぁ、これたぶん文字コード違いの文字化けでしょ?』

「そうなの?」

『たぶん。

 ほら、語尾が
 『EDPSB』
 だから、RO関連の検索でしょ?

 『_51F_F53_000』
 ってのが何を示してるのかはわからないけど…。』

「あー、言われてみれば確かに…。
 さすがエル姉だぜ!」

『はいはい。』

「で、次。

 『セレイン ロリコン』

 もうね、繋げて考えないでw」

『繋がってるんだからしょうがないじゃないのよ。』

「繋がってないよ!」

『ハイ次。

 49位
 『中型トラックの絵を描くコツ』

 これはセレ得意でしょ?』

「ていうか書きますからねw

 まぁ、これはそういう車を売ってる会社のHPを見るのが早いかと。
 うちの場合はユニック(後からクレーンくっつけたトラックみたいなの)とかラフター(クレーンがくっついた状態で作られた工事用の車両)とかは書きますしねw
 正面から見た絵はそんなに描かないけど…。

 オススメは、カトウかなー。
 『データ提供サービス』
 ってとこでCADデータも色々な車種に渡ってるので、便利ですぜb
 登録しないといけないかもしれませんけどもw」

『ていうか、一般人には全く必要ないと思うんだけど…。』

「マンガ書く時とか?」

『あぁ、そういう可能性もあるか…。』

「で、50位。
 『18k禁小説』」

『なんていうか、おしいわね…。』

「えぇ、おしいですね…。
 ていうか、なんでうちが…。」

『セレが誤爆したんじゃないの?』

「やっぱりそういう可能性が高いんだろうなぁ…。」

『はい次。
 59位ね。

 『モンスターブリーダー 雛人形』

 これもまた、おしいわね…。』

「えぇ、おしいですね…。

 たぶんそれ、
 『雛人形』
 じゃなくて、
 『雅人形』
 ですね。

 『みやび』
 ですよー。」

『じゃ、ここからはもう似たのが膨大にあるだけだから、面白そうなのだけ羅列していくわね?』

「あいさー。」


67 ufoキャッチャーの修理の仕方 1 0.2%
「業者に電話してください!」

69 「お尻丸見え」ハプニング続出 1 0.2%
「何を調べたいんだろうね?」

75 アズカバンの囚人ゲームボーイファイヤーボルトの使% 1 0.2%
「検索が色々混ざってるよきっと!
 もっかい検索ワードを見直すんだ!」

77 イク 撮 手伝 1 0.2%
「エロスのにおいがする!
 イクところを撮影したいけど手伝ってくれる人いないから探してる、とかだったら、
 エロい友人に頼んでみるんだ。
 w足しだttらゴメンこうむるけどね!」

79 エッチ 一回の相場 0.2%
「売春のにおいがする…!
 ダメだぜ!」

80 エロイン ラグナロク 日記 1 0.2%
81 エロイン ロリ ラグナロク 日記 1 0.2%
82 エロイン 幼女 ラグナロク 日記 1 0.2%
83 エロイン×エル姉 ラグナロク 日記 1 0.2%
84 エロイン=メネス ラグナロク 日記 1 0.2%

「エロインじゃねええええええええ!
 特に83位、なに、私とエル姉のカップリング希望なのか!
 そういうSS書いてくれようか!」

86 オンラインゲーム 誘拐 幼女 監禁 調教 0.2%
「そんなオンラインゲーム、あったらいやだなぁ…。」

123 ロリコンフェニックス 下痢 1 0.2%
「また下痢…。
 ていうか、ロリコンフェニックスって何者だw」

124 栄養所要量 サザエさん 1 0.2%
「ごめん、意味が分からないw」

125 下着わはかない 1 0.2%
「『わ』あなくて『は』だね。
 ていうか、そんな宣言されても…。」

127 巨乳の絵 1 0.2%
「なんだ、巨乳の絵を私に描けって言ってるのか?」

巨乳の絵
「どうだー、萌えたろー?
 ていうか、、首書き忘れた、それ以前の問題な気もするけど。」

133 後頭部を殴られたような衝撃があったが何か病気? 1 0.2%
「医者に言ってください。」

136 祭り用品金棒 1 0.2%
「そのお祭りには、個人的には少し興味がありますw」

138 女の子だけのヒミツのおしゃべり 1 0.2%
「なんでうちが引っかかったんだろ…?
 ここ、野郎+野郎の脳内の相談役なサイトだよ?」

139 女装 拘束 調教 1 0.2%
「また、特殊な性癖の人が紛れ込んだ…?」

141 食中毒 ギュルギュル 1 0.2%
「食中毒は経験無いけど、食べ合わせは強烈らしいです、気をつけてね!」

146 全裸奴隷女子アナ 1 0.2%
「ゲームですか…?
 ぶっちゃけ、奴隷とかそういうのに興味無いヨ!」

147 男のひとはエロイのがすき? 1 0.2%
「これは、
 『好きですよ?』
 と言わざるを得ない。」

148 恥ずかしがりやの女性へのキスの仕方 1 0.2%
「彼女の居ない私に対するいやみですか!
 ムキー!」

152 魔法の365日身ミミック 1 0.2%
「ごめん、何を調べたいのか分かりません…。」

155 罠を英語でなんといいますか? 1 0.2%
「ヒント:うちの罠師の名前は
 『トラップガール・セレイン』
 って名前です。」

236 グランドオニオン 1 0.2%
「私と同じ間違いイター!」

247 セレイン OR 妹 OR ヒモ 1 0.2%
248 セレイン ヒモ 幼女 1 0.2%
249 セレイン メネス 裏設定 1 0.2%
250 セレイン ロリコン ヒモ 1 0.2%
251 セレイン 妹のパンツ 1 0.2%
252 セレイン 裏設定 1 0.2%
253 セレイン ロリ ヒモ 妹  1 0.2%
254 セレイン 愛すべきロリ 1 0.2%
255 セレイン 死ねばいいのに 1 0.2%
256 セレインさん おっぱい 1 0.2%
257 セレインさん はいてない 1 0.2%
258 セレインさん クマー 1 0.2%
259 セレインさん パンツはいてない 1 0.2%
260 セレインさん ヒモ 1 0.2%
261 セレインさん 幼女 1 0.2%
301 ロリコン 妹 脳内 ヒモ 1 0.2%
302 ロリコン 脳内 ヒモ 1 0.2%

「おんどりゃーーー!
 誰ですかこれ、間違いなく私を狙ってるよねこれ!?
 裏設定ってw
 …ていうか、死ねばいいのにってアンタ…orz」

314 金的 1 0.2%
「非常にデリケートな物なので、攻撃の対象にしないで下さい。」

325 水樹奈々 アル・アジフ ライブ 1 0.2%
「奈々さんとアル・アジフの共通点が見えません…。」

338 民安ともえ 1 0.2%
「うちのブログの検索ワードで、民安さん初登場!」

348 亀甲縛り 1 0.2%
「なんでこれだけでうちに…?」

354 エロアニメ 掲示板 あなる 1 0.2%
「掲示板は一応あるけど、エロアニメはうち関係無いよ!」




『はい、突っ込みお疲れ様。』

「疲れたよ、流石に…。」

『割と面白いの多かったわね?
 意味不明なのもあったけど。』

「ていうか、あんまり文章書いた気分じゃないのに結構な分量になってるなこれw」

『楽できていいじゃない?』

「ですねw

 それじゃ7月分はここまでー。
 では、またこのコーナーは来月にでも!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

短剣ローグのネカフェダンジョン考察

セレ「さぁ行きますよ、短剣ローグによるネカフェダンジョン考察っ!」

エル『どこかで誰かが既にやってろうな気がするんだけど…?』

「それでも、書いといて損は無いでしょうからねw

 さて、まずはキャラ紹介ですね、うちのローグのステを晒してみようと思います!」

『変わった所なんて何も無い普通のローグだけどね、VIT初期値だけど。』


■セレイン=メネスjr■(ジュニアの部分は小文字ダヨ!)

 ●ステータス
  STR 63
  AGI 99
  VIT  1
  INT  1
  DEX 61
  LUK  1

 ●スキル
  脱衣系全部5、剣修練10、あと何か適当w

 ●装備
  頭上:ヘルモーズの冠
  頭中:女神の仮面
  頭下:赤い薔薇
  服 :フォーマルスーツオブスローター(スカイデリーター)
  盾 :オートヒーリングバックラー(人面桃木)
  肩 :ファルコンローブ
  靴 :足鎖
  アクセ1:血塗られた鉄球
  アクセ2:アスレチックコンチネンタルガードの印章(ククレ)

  武器はダンジョン毎に色々持ち変えるヨ!

 ●その他
  ネカフェ特典の全ステ+3、AGI料理(特典と合わせて10上昇)、IAスクロール。
  合計でFLEEは280オーバーになります。
  STRは低めで、補正込み72(+3が無い場合は女神仮面を悪魔耳に変える)



「我ながら、スキル何とったか覚えてないってのはどうなんだw」

『セレの記憶力だとそんなもんでしょうよ…。
 ま、今回の場合は
 『盗作は取ってない』
 ってのが分かればいいんじゃない?』

「ですねw

 さて、それじゃ行きますよ、ネカフェ限定ダンジョン考察っ!

 ちなみに、どの属性の場所も1はぬるすぎるので省略します。」

『いいんじゃない?
 2とか3とかにいけるくらいのレベルの人間で1に篭るなんて事無いでしょうし。』



■火■
・火2
  ○マグマリン
  ○ハイオーク
  ○ミノタウロス
  ○グランペコ
  ○エクスプロージョン(前回書いてなかったね、ゴメンヨ!)

 特に硬いのも居ないので、水ダマ一本あれば十分。
 贅沢をするなら、グランペコとエクスプロージョンは錐に水付与スクロールで叩いたら短時間で済むかもしれないですけど、そこまでする必要があるかは正直微妙?
 エクスプロージョンとミノタウロスが割と多い感じに見受けられたヨ!

 特に怖い事は何も無いけど、エクスプロージョンの足元焚き火に注意、なめてると武器破壊されて泣ける…。


・火3
  ○ハイオーク
  ○グリズリー(前回書いてなかったね!)
  ○グラウンドデリーター
  ○スカイデリーター
  ○ラーヴァゴーレム(前回書いてなかった、どかん!)
  ×インプ(物理攻撃は怖くないけど、魔法受けたら即死した)
  ○キャットナインテイル(やってみたら余裕だった)

 錐に水付与でいくのがベストの選択。 ていうか、そうしないと戦闘が長引きすぎ、特に溶岩。
 ハイオークがやわらかいから苦手になるけど、ヤツはHP自体がそんなに高くないからなんとかなりますw
 うちの回避があったら特に怖いのはいないが、インプに要注意。
 うちの無属性服の子は、無詠唱クラスのファイヤーボールで即死しました(ダメ8Kちょい)
 インプを相手にするつもりが無い場合でも火服を着るべきかもしれない。(というか推奨)
 キャットナインテイルはどうにでもなる、3匹倒したけど合計でも2回くらいしか攻撃を受けてない、威力もそんなに高くない。
 ラーヴァはHP高いだけのボーナスキャラになりますけど、一撃一撃の重さは健在なので注意!
 うちの子は一撃で1Kくらいはダメ喰らってました、ほとんど当たらないけど…。

 ハイオークとグリズリーが画面に1匹いるくらいな感じで沸いてて、3画面に1匹くらいの確率で溶岩がいる感じ?
 インプは、装備とか腕に自信が無いなら逃げるのが無難かもしれないねー。




■水■
・水2
  ○シロマ
  ○オットー
  ○河童
  ○半漁人
  ○ストラウフ

 風ダマ一本で余裕。
 装備も特に必要無いけど、あえて言うなら風服推奨。
  ※間違っても水服で行かないように!
 特に何も怖い事は無い場所、一撃で瀕死になるような攻撃をしてくる相手もいませんしねw
 2の中では一番ストレスも緊張も無く狩れるかな?
  ※他属性も大丈夫だけど、ミノのハンマーフォールとかあるから油断しきってるとねw


・水3
  △スノウアー(高HP+スタン攻撃+高DEF)
  ○アノリアン
  ○アイスタイタン(高HP+高DEF)
  ○フリーズタートル
  ×ジェミニ(高HP+高回避+高威力攻撃+高DEF)

 錐に風付与推奨、というかほぼ必須。
 風ダマ片手にアイスタイタン相手にしましたけど、ダブルアタック発動で400未満という残念ダメージしか出ないのでかなりの長期戦になりますw
 怖いのはボス系のジェミニを除けば3つ。
 危険度(低):割と高めの、アノリアンのASPD+属性攻撃
 危険度(中):ダメ受けた後に使ってくるスノウアーのハンマーフォール
         これはよく見てれば長めの詠唱で分かるから逃げられる。
 危険度(高):アイスタイタンのフロストダイバー。
         凍ったら確実に1K程度の通常攻撃があたる、囲まれてたら南無の可能性もあり。

 アンフロ装備よりは、水服装備にMDEF補正を加えてフロストダイバーのダメを0にしてしまうのがいいかもしれない。(アンフロだと、アンフロ水でない限り属性攻撃が減らないから)

 尚、ジェミニには会えませんでした。
 あれも硬いから錐はいいですけど、HITも高めなので注意してね☆
 


■風■
・風2
  ○ロウィーン
  ○ヒルウィンド(羽)
  ○フェアリーフ
  △ハーピー(高回避)
  ○ウィンドゴースト(案外簡単だった)

 地ダマ一本でいけるけど、ハーピーの高回避に泣かされそうになる。
 たぶん全属性の2の中では最高の金銭効率。
 高確率で割と高めの収集品をドロップをする鳥人間がワッサワサ歩き回ってる。

 ウィンドゴーストはまぁまぁいるけど、HPが案外低いからあっさりと落とせます。
 ただし、ユピテルのノックバックに注意、吹っ飛ばされてハーピーの群れに突撃させられて南無りました(ぁ

 ハーピーをいかにすばやく殲滅できるかが効率の分け目。
 もしかしたらマミー短剣に地付与とかの方が効率が高いかもしれない。
 最高なのは、マミー混入の風特化に地付与だけど、そんな武器作ってもここ以外で使い道が…。

 上でも書いたけど、ハーピーの殲滅に多少時間が掛かっても金銭効率は最高ランク。


・風3
  ○パンツァーゴブリン
  ×彷徨う者(高命中+高回避)
  ○ドラゴンテイル(睡眠攻撃注意)
  ×シーカー(魔法怖い)
  ×グリフォン(高回避)

 3の中でニ番目にローグのソロとの相性が悪い、うちの子じゃろくに狩りにすらならなかった。
 見えない位に遠い距離から超威力の魔法(即死級のユピテル)を撃ってくるシーカー、ものすごい回避力で回避しつつ高いHITで攻撃してくるハゲ、この2匹がかなりの高頻度で出てくるのでぶっちゃけ無理。
 ハゲとか、TAグラで殴っても命中が悲しい事に…orz




■地■
・地2
  ○地プティット
  ○クロック
  ○ピットマン
  ○人面桃木
  ○オブシディアン
  △ウドゥンゴーレム(高HP)

 火ダマ一本でOK。
 ウドゥンゴーレムだけは錐で殴った方が早いかもしれないけど、数は少なめだから持って行かなくてもなんとかなるヨ!
 注意すべきはクロックのスタン攻撃と、ピットマンのクレイモアトラップくらいかな?
 回避が十分じゃない場合には、桃木のHIT上昇にも注意だぜ。

 金銭効率は割と高めだけど、たぶん風2には届かない程度。
 

・地3
  ○クロック
  ×スティング(QM撃ってくるからAGI系との相性は最悪)
  ○スリーパー
  ○マヤパープル

 短剣ローグとの相性最悪マップ第一位を不動の物にしてるマップ、最大の原因はスティングのQMおきまくり。
 マップのどこにでもスティングが沸いてるような状態なので、ぶっちゃけ仮は無理。
 ・QMされても回避できるぜ、完全回避だからな!
 ・金ゴキ持ってるから魔法とか関係無いしー。
 な短剣ローグ以外は他のマップ行った方が絶対に良い。

 カードが出たら億万長者クラスなマヤパがいますけど、行けないですね、ローグじゃ…。
 タイマン勝負になれば、余裕で勝てるんですけどねぇ…。



■不死■
・不死2
  ○ゾンビプリズナー
  ○スケルプリズナー
  ○デュラハン
  ○リムーバ

 火ダマ一本でいけるけど、中型グラがあってそれに塩スクロール使えるならそれが最強。
 他に比べて、体感的に数がかなり沸くので注意。
 何もいない場所があったと思ったら7匹くらいがまとまってる場所があったりするw

 怖いのはデュラハンのクリティカルスラッシュ、不死盾無し(私みたいな感じ)だと1K以上持っていかれますwデュラハン以外は足は決して速くないので、やばいと思ったら歩いて逃げるのも手。
 ただし、他マップと違ってここは他の人がいる事が多いです、MEプリソロ。
 逃げる場合にはそこだけ注意ね!

 余談ですが、見つけた支援さんに『ファイトですb』とか言って上げると高確率でブレスIAが貰えます、活用するといいかも?
 もしかしたら人の輪が増えるかもしれませんしね!



・不死3
  ○ゾンビプリズナー
  ○デュラハン
  △カーリッツバーグ(高HP)
  △ラギッドゾンビ(高命中)
  △ゾンビスローター(高威力SB+高ASPD)
  ×アヌビス(高HP+頻繁にSB)
  △ダークイリュージョン(詠唱中段できるなら△、中断不可なら×) 

 まともに狩れるなら最高の経験値効率を誇るけど、ぶっちゃけ危険度もかなり高い。
 というのも、一撃即死系の攻撃をしてくるのがいるから。
 ゾンビスローターとアヌビスのソニックブローがまさに天敵、うちの子が喰らったら昇天。

 ただし、うちの子はこの2種類と戦う時にはストリップウェポン掛けてました、成功してたらSB一撃じゃ死なない…場合もあります。(即死した事もある)
 なので、アスムスクロールがあるかVITに振ってる、もしくは3減盾が無い場合は近づかない方がいいかも?

 うちの子だと、中型グラに塩かけてるだけだったのに他よりもここでの効率が一番高かったです、死亡率も高かったから結果的にどうなのかは微妙ですが…。
 この武器だと、カリツとアヌビスがかなり苦手になります、カリツは硬くて、アヌビスはサイズ違いで。

 余談ですが、ここでもMEプリもしくはTUプリがソロしてる事が多いので、声を掛けたら支援がもらえるかもしれないよ!




「以上!」

『はい、お疲れ様。』

「ありありー。

 いやー、色々廻りまわって疲れましたけど、なかなかに貴重な経験になったかもw
 いつもは武器の持ち替えが当たり前ですけど、ここは持ち替え不要ですからね、ある程度。」

『ま、確かにね。』

「というわけで、これが金曜日の深夜にネカフェで動き回ってた私の考察でしたー。
 本当だったら経験値効率と金銭効率ももっと具体的に欠きたかったんですけど、倉庫に入れるの忘れて混ざっちゃったりしまくりでダメにw」

『どじっていうか、アホ…?』

「ま、とりあえず何かに目安にでもなればいいですw

 ほいじゃ、ここまでー。
 あぁ、やりたい事が増えて困る…!」

『はいはい、がんばれー。』

「ではっ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

コミケ76大作戦

セレ「はい、なんだかものすごい眠気に襲われっぱなしだったセレインさんだよー!
   よい子のみんなは、楽しいお休みを、過ごしたのかなー?☆」

エル『そのキモイ口調をなんとかしなさい。』

「んむ、我ながらもう限界です。

 さて、迫ってきたコミケに向けての計画を練ろうという目的で、いつものメンツで集まりました。
 あややん、イヴっち、私。

 もはや定番なこのトリオw」

『オタクトリオねぇ…。

 人間1人と、モンスターハンター好きが1人と、人間の振りをしてるラグナロク馬鹿が1匹。』

「明らかに私だけ人間扱いされてない…。」

『そりゃだって…、ねぇ?』

「いいけどね…もうw

 金曜日の夜はネカフェで全部のネカフェダンジョンに篭って色々考察して、明け方というかもう朝になってる位に帰宅して、10時にアキバにGO!」


※私以外はアキバで買い物(なんかケーブルとかそういうの)があったので、アキバ集合だった。


「到着して色々買い物。
 そして、買い物の最中にも眠気に襲われる私!

 気付かれて無い事間違い無しですけど、実は店内にあったリクライニングチェアーっぽいのに座って、意識が飛んでました!」

『バリバリ気付かれてたから、それ。』

「マジデ…?

 まぁ、些細な事は置いといて!」

『些細じゃないけどね、全くもって。』

「いや、普段だったらここまでの眠気に襲われる事は無かったはずなんですけど、この日はどうもね…。
 普段の寝落ちとかとは別の、なんていうか、体の中身あ完全に寝てる状態なのに無理やり体動かしてる時に近い感覚?」

『むしろ、そういう経験があるのがおかしいんだけどね…?
 もっと人間らしい生活しなさいよ?』

「いや、経験があるって訳じゃないんですけど、なんとなくそんな感じがしただけw
 そんな訳で、終始眠気との戦いを繰り広げてました…。

 土曜日は色々やって結果的にお泊りコースになったんですけど、それでも私の眠気は全く引かず。 結局、夕方から数時間のお昼寝プラス普通に夜も寝てるという睡眠オンパレードな一日…。」

『…そこまでいくと、体がおかしくなってるんじゃないかって心配になるんだけど…。』

「で、明けた日曜日。
 この日はまぁ流石にお目目パッチリ!
 でもヒル過ぎに眠くなり始める私…!」

『…病院にGOのコースじゃないのそれ?
 ちゃんと寝てるのに眠くなるのって、立派に病気よ?』

「後になって考えてみたら、もしかしたら風邪っぽかったかもしれませぬ。
 頭、痛いしね。」

『痛かったんじゃなくて、痛いのか、今…。』

「んむ、今。
 英語で言ったらナウ。」

『英語にしなくていいから…。

 だからか、昨夜はかなり早めにベッドにもぐりこんだのは…。』


※なんと25時にはもう夢の中だったんだぜ!


「ですかねー。
 まぁ今はそんなに痛くないから大丈夫かな?」

『痛みの我慢っぷりったら、あんた人並み以上だからねぇ…。
 注意しときなさいよ?』


※医者に、『よく今まで生活に支障が出なかったね、これで…。』って言われた事が何度かあるヨ。
  みんな、真似しないで大人しく医者行っとけ!


『で、あやの家でやった打ち合わせではどういう結果になったのよ?』

「えーとね…

 とりあえず、うちはリトバスセットを購入しようという流れにはなりました。
 ていうか、みんなそんなに買う物が無かったのかも?

 そして私はだいぶ寝てたからあんまり聞いてなかったりするんだぜ!」

『打ち合わせの意味が皆無じゃないのよ、それ…。』

「また集まる事になるかと思いますので、その時に…。

 さて、とりあえず現状は、

 初日:開始早々にブロッコリーブースに殴り込み、
        ラグくじ2Box(依頼)、扇子(自分用w)、お金に余裕があったらリトバスセット(自分用w)、さらに余裕があったらFateセット(自分用w)
     続いて、依頼されたぱれっとブースにて色々購入、激戦が予想されるそうですのでKIAI入れます。
     余裕があったら、ここからブロッコリに再突入、ラグくじ狙い。」

『売り切れてるでしょ、常識的に考えて…。
 特に2回目のブロッコリー。』

「実は初日、サークル入場できるかもな話がありましてね…?」

『あー、なるほどねぇ…。』

「これに関してはまだ打ち合わせ段階だからなんとも言えませんが、なんとか上手に動こうと思いますb
 もし入手できるにしても、渡してくれる人の依頼の品も手に入れないといけませんしね!」

『ま、当然でしょうね?』

「なので、たぶん初日が一番の激戦になると予想されます。
 しっかり睡眠を取って挑もうと思います!」

『天気は…まだ読めないわねぇ。』

「エル姉計算得意なんだから天気も予想してくださいよー。」

『あー、晴れか曇りか雨のどれかよ。
 雪の心配はしなくていい、以上。』

「誰でもわかるよそれ!?
 もっとこう、気圧の動き?とか、なんたら前線?が東から北上してくる?とか、なんかそういうの出来ないんです?」

『わたしだって天気の予想なんて分かるか!
 基本的に、セレが出来ない事はわたしも無理だからね?
 マシン語とかも分からないし英語だって分からないわよ…。』

「使えない姉だなぁ、もう!」

『あたしが使えない存在だって事は、セレ自身が使えない人間だって事なんだけどね…。』

「あ、それは困る…。
 私ってばすごい使いやすい人間なんだぜ?」

『ヒモだしね?』

「そのネタを引っ張らないでw

 あー、これくらいかなコミケ関係?
 なので、更新ここまで!

 次の記事(今日か明日書くヤツ)にはROの事書きまくりますぜ、特にネカフェダンジョン考察ね!」

『おおー。』

「ではまたー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。