スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の検索ワードをまとめてみたw

セレ「はい、前にヒゲでキノコな人達がやってて面白そうだったので、参戦ですb」

エル『まぁ、面白い検索ワードは無いでしょうね、前のブログ程には…。』

「前のはカオスでしたからねぇ…。
 あすくさんのブログにコメントで書きましたけど、なんで
 『幼女あそこ丸見え』
 なんて検索ワードでうちに来ちゃうの…?

 ていうかこの検索ワード入力した人、ちょっと社会的にヤバイと思います!」

『セレ並にヤバイわよね。』

「さて、早速検索ワード行こうと思います!
 手抜きをせずに、手を抜いていきます!」

『意味が…。』

「まずは上位から!
 普通は下位から行くんでしょうけど、あんまり面白いのも無かったので…。」


001-030


「1位はやっぱり
 『セレイン』
 ですねー。
 うん、普通でよかったね!」

『安心もつかの間、第八位
 『幼女 セレイン』

 まさにセレよね。』

「なんでこんな検索ワードを…。

 で、10位
 『ラグナロク 計算機 騎士 スリーサイズ』

 最後のスリーサイズが、意味が分かりません…。」

『バスト・ウエスト・ヒップホップでしょ?』

「ホップいらねぇw

 いやそうじゃなくて、なんでこの最初三個の流れでその単語が…。」

『まぁあれでしょ、
 『ラグナロクの計算機を使って、騎士のスリーサーズを調べよう』
 って思ったヒトがいたんでしょ。』

「…まぁ、人それぞれですもんね…。

 14位
 『セレインさんの』
 セレインさんの・・・・・・何を知りたいんだ!

 16位
 『ラグナロク フェンリル 日記 減った』
 継続できないで、なんか数年前で止まってる日記とかありますからねぇ…。
 続けてみようぜ!
 新しい快感が君を待ってる!」

『セレみたいになったらもう末期だけどね…。

 はい17位、
 『ローグ キエナ』
 ローグに恨みを抱いてるヒトからの恨みが感じられるわね、うん。
 これは、7代くらいは祟るわね。』

「不吉すぎるw

 で、22位
 『RO Fenrir オフ会』
 出会いを求めてるんでしょうねー。
 私は、ウェルカムですよ☆

 23位の
 『RO Gv フラウス』
 ってのは、フラさんにGv中にやられた人が検索でもしたのかな?
 うちに来ても、ラブラブ度合いが分かるだけだヨ!」

『この1~30位だと、個人的には29位の
 『ゲッチュールール』
 が気になるわねぇ。
 何そのルール?』

「げっちゅ~、ルールで縛ってピンチ、泣いたたた~♪」

『………OK、把握した。
 だから歌うのを止めなさい。』

「うぃす!」


031-060


『はい出た、32位
 『ヤファ 着てない』

 もうセレのストライクゾーンど真ん中よね。』

「ストライクゾーンはともかくとして、ヤファは大好きですb
 ペットにして欲しいモンスター第一位かもしれませんw」

『あれ、あややんの家で、ペットにしてなかったっけ?』

「あぁ、あれ……。
 ペットが戦闘に参加するシステムにしたらしいんですけど、
 『ASPD199という超速度でハンマーフォールを超連射する』
 というパソコン殺し&対人はVIT100でないと実質参加不能な事になりまして、取りやめにw

 ちなみにASPD199は秒間50回攻撃の計算になりますスゴイネ!

 今は普通に稼動・・・してるはず・・・?」

『ふむ…。

 35位の
 『金色の闇 ニュルニュル』
 ってのは、触手が生えてるセレに対してなかなか的を射た検索ワードね。』

「触手生えてないよ!」

『ほら、これ。』

「つかまんといて!
 ちぎれた事あるから!(嘘」

『はいはい…。』

「38位の
 『自転車 お尻痛い』
 に関しては同意せざるを得ない…。
 これ、ホントに痛いんだよ!
 皆もやろうよ、新潟から千葉まで自転車で帰るの。」

『やらないわよ…。』

「あとは、ここには面白いのは無いかな…?」

『そうねぇ…。』


061-090


「ほい、69位、
 『Quickdraft ダウンロード』
 これは仕事で使ってるAutoCADの機能拡張のマクロですねー。
 お世話にはなってますが、残念ながら公開してませんよ私はw

 CAD関係の雑誌についてたりしますので、そちらを購入してね☆」

『何も面白いの無いなーと思ってたけど、82位の
 『ごわスマッシュ』
 って…何よこれ?』

「西郷隆盛の口癖ですね。
 ネタが分からない人は、ギャグまんが日和っていうコミックを買ってみようb」


091-120


『91位、
 『イザナミ イザナギ 絵』
 絵は描いてないけど、しゃべった甲斐もあったってとこかしらね?』

「94位
 『ギルメン RO LK 12日 コメント 気にしないで』
 ってのは、一体何があったんでしょうか、すごく気になります…。

 あと106位の
 『セレイン 引越しおばさん』
 ってこれ絶対読者でしょ!
 でないと、つながりが皆無w」

『廻りの迷惑って点では関連性あるけどね?』

「まじでか!」

『はい、109位
 『ナルカナ 抱き枕カバー』
 セレがカティマとセットで購入した品ね。』

「まだ大事に取ってありますw
 1人暮らしになったら、たぶん中身を買って、使ってしまいますw」

『ちなみに、中身として誘拐してくる幼女の制限はかなりシビアよね。』

「しないよ誘拐!
 普通に抱き枕だよ!

 あ、今気付いた、107位の
 『セレインさんの日記』
 って、ここまで書いたら 『帳』 までがんばろうよ!?」

『あ、ホントねぇ…。』


121-150


「上の方はまぁ普通にRO関連の検索ですねぇ…。
 臨む情報が得られたたらいいけど…。」

『そして133位、
 『慧音を全体的に愛でる』
 なにこれ?』

「まぁ慧音さんは可愛らしい方ですしね、愛でるのは分かりますけどね?
 でも、もしかしてこれ、『慧音』って、元ネタになるキャラがいるんでしょうか…?」

『いるんじゃない?

 ………あ、いた。』

「おっ?
 どんなキャラです?」

『人間からワーハクタクになった少女、らしいわよ?』

「…知らない単語が…。」

『たまには自分で調べなさい。』

「うぃー…。

 あ、149位!
 『無茶は楽しんでするもの』
 いいですねこれ!」

『セレ、その小説好きよねー。』

「あい!
 マイバイブ!

 『無理は苦しんでするもの
   無茶は楽しんでするもの』

 良いですね、すごく良いですね!」

『はい、次がラスト。』


151-155


「うっわぁ…!
 RO関連が1個しかないw」

『それよりも151位見なさいよ?』

「見えない見えない、私には何も見えない…。」

『じゃ、読んであげる。
 『セレ 幼女』

 聞こえた?
 聞こえなかったって言ったら、ちぎる。』

「どこを!?」

『もちろん触手。
 これ。』

「だから掴まんといて!
 分裂した事あるんです!(嘘」

『152位の
 『ドンスカパンパン応援団』
 は、分かるわね。』

「んむ!
 横山が歌ってる歌ですねー。
 飲みに行きたいけど、なかなか時間がねぇ…。

 最後の部分の、
 『ドンスカドンパンパン ハッ!』
 の
 『ハッ!』
 ってとこが特に好きです、なんだかお祭りを思い出すw」

『祭囃子の太鼓を思い出すわねぇ…。

 そういえば、和太鼓の道に進んだ知り合いいたわよね?
 元気にしてるの?』

「全く連絡取ってませんねー…。
 学生時代には建築の勉強をしてたらしいので、割と話題も合うとは思うんですけどね…。」

『ふむ…。』

「ま、そんなこんなで3月の検索ワードでした!
 4月もこんな感じにやってみる予定なので、皆!

 変なワードで検索してうちのブログにたどり着いてみよう☆

『あぁ、ウェルカムなんだ?』

「楽しんでもらってこその、このブログなのでねー。

 ほいじゃ、ここまでっ!
 皆、明日はエイプリルフールだよ、色んなページに行くのを忘れないようにね!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

スポンサーサイト

G狩り『みんなでフルボッコ!生体3タコ殴りツアー』

セレ「律Gでの、1.5倍期間最後の生体に行ってきました!」

エル『おおー。
 阿修羅狩り? ぬくもり?』

「当然、律G式生体3狩りです!」


※律G式生体3狩り
   白羽で敵を捕まえて、支援キャラもそろって全員でタコ殴りにする狩り方。
   これが普通だと思って臨時に行くと驚きを隠せない。


『あの狩り方は、なんていうか、セオリー無視もいいとこよね…。』

「共闘もすごく入りますし、いい狩り方なんですけどねぇ…。

 昨晩は色々な相手を倒しました。
 ていうか、全滅しないで帰ったの久々な気がするw」

『…確かに、いつも一回は全滅してリベンジって流れよね…。』

「今回はなかなかの効率だったかと思いますw
 おかげさまで、うちのアサクロもベースが94の88%とかまで上昇っ!
 ジョブも90%近くまで行ったはず!」

『おお~。』

「南無したのも、固定場所に横涌きしたセシルにやられた一回だけでしたしねw
 教範も使ってたので、ウマウマです♪」

『立派な癌蓄ね…。』

「さてさて、まぁレアも無く終了してしまいましたので、生体話はここまでー。

 はい、次の話!
 ポコさん(ケミ)とウェルさん(素プリ)が、発光してました!
 おめでとう御座います!」

『おー。
 ポコは初転生だっけ?』

「ですね!
 ちょっと手伝って、急ピッチ育成とかしちゃうかもしれません、今夜辺り。」

『ほほぅ。』

「でも、砦ダンジョンも行ってみたい…。
 まぁ、前と同じ砦ダンジョンな気もするんですけどねw」

『前と同じなら、まぁ特別行かなくてもいいのかしらね?
 でも、セレ的には稀少な経験だし、いける時には行った方がいいと思うんだけど…。』

「それもそうか…。

 ていうかね、GがGv用ので、誰もいませんでした昨日w
 溜まり場行ったら誰かはいたと思うんですけど、ログインしてすぐに生体準備してGOだったのでいけなかったw
 今夜は顔を出そうかと思いますけど、ポコさんとウェルさんの転生クエが終わってたら今日はそっち優先かなー。」

『ふむ…。』

「さて、昨日はこんなとこかな?
 騎士団ペアか氷Dペアをやろうかと思ってます、近いうちに。

 今のうちの子なら、
 レイド、レイドアチャ一撃。
 カリッツLA一撃。
 深遠LA一撃とちょっと。
 こんな感じで倒せますb」

『ブレスに料理使用が前提な上にアスペルシオがいるけどね。』

「塩無しじゃどうやっても無理w
 ダブルメギンとか必要になるw

 ま、今日は手伝い優先かなーといった所なので、騎士団とかはまた別の機会にw
 最近は仕事も落ち着いてきたので、やっと安心できまするー。」

『年度末はどこも忙しいみたいだしね?』

「ですねー。
 皆、辛い世の中を生き抜こうぜ!

 ほいじゃここまで、今度こそここまでw
 ではではー。
 ノシ」



PS:宇宙のステルヴィア面白いヨ!
   みんなも見ようゼ!
   ニコニコとかユーチューブだと見れないけど…探すとまだ見れるとこあるんだぜ(ぁ



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

アサクロ本気狩りモード&Gvの成果

セレ「割と頑張って狩りをしましたよ、この土日w」

エル『社会人としては最低ラインも程ほどにしろってレベルだったけどね…。』

「えー、アサクロが経験値75%くらいまで上がりました!
 あと一息でベース95ですねー。
 ジョブに関しても81%くらいまで上昇!
 もうちょいで、ジョブ64にw」

『他キャラは?』

「ぬくもりが86歳になりましたねー。
 これは、突発的だったので嬉しいですw
 なんとか89歳まで上げたいですけども、なかなか難しい所…。」

『あぁ、臨時はほとんどが『89↑』って感じだからねぇ…。』

「ていうか、レベル99になってるキャラでオデンに行く理由が分からないですね!
 あそこ、ジョブ経験値って皆無もいいとこですよね?」


※オデンでのメインのモンスターはスケゴルト。
 ベース経験値は90Kくらいあるけど、ジョブ経験値は10。
 10Kじゃなくて、10。
 ポリン10匹分。


『お座りキャラの育成とかじゃないの?
 ていうかそれい以外には考えにくいんじゃない?』

「あ、お座りがあるか…。
 人数いれば、それだけ回転も良くなりますしねー。
 経験値が増えるかどうかは、また微妙なとこですがw」

『ん。』

「さて、アサクロに戻りますw

 ペアで氷3。(臨時で支援さんゲット)
 律Gで狭間、名無し。
 俺Gで名無し、棚(支援だけ臨時で募集)
 ソロで亀地下。」

『あ、計算してみたけど亀地下はどうだった?
 安定した?』

「エル姉の計算すげぇw
 まさか、ソリッド、フリーズ、パーメットのどれもが一撃で落とせるとは思ってなかったぜ…。」

『まぁ、鉄球にSTR料理にブレスまで使ってるしねぇ…。』

「それでもですw

 結果ですけど、安定度なら随一ですねー。
 何より、生体3とかと違って、攻撃されても即死しないってのがかなり安全b」

『どっちかっていうと、攻撃されたら即死する狩場があるのがおかしい気もするんだけどね…。』

「それはまぁ、そうなんですけどねw

 さて、SP回復アイテムだけ持っていけばなんとかなりそうな感じです亀地下1。
 空デリ服に着替えてしまえば魚はいらないかもしれませんしw」

『そしたらSP消費が増えるんだけどね?』

「あー、そっか…。
 ま、まったり行くにはいいかもしれません、あそこw
 まったり気分過ぎて眠くなるんですけどね!」

『どんな気分でも眠くなるでしょ、セレの場合は、いつでもどこでも…。』

「エヘッw

 で、エル姉に頼んで、自分用メモとして↓の記事にも書いた生体2、行って見ました。
 カードは出たんですけど、狙ってたのと違うのでガッカリです…。」

『何カード?』

「アルマイア=デュンゼ…。」

『効果、なんだっけ?』

「魚貝形モンスターを倒した時、一定確率で貝のお吸い物をドロップ…。」

『…もう、見るからにお金にならないカードね…。』

「えぇ…。
 もう相場すら調べる気になりません…。」

『…続ければきっといけるわよ…。』

「あ、そうそう、でね?
 やっぱり弓の攻撃が痛いんですよ、避けきれないですし…。」

『イミュンにしたら?
 ↓でモルフェを薦めたのは、SP管理を考えただけよ?』

「んむw
 気付いたので、一回戻った後はイミュンにしたんですけど、やっぱりソロは考えない方がよさそうですあそこ。
 即死しました…。」

『…メマーでも直撃したの?』

「すごいスピードで走ってきた剣士たんが、ドカンと一発マグナムブレイク?
 なんか、クロークしてたアサもいたみたいで、その場から私とそのアサさんが吹っ飛ばされて南無してるというw」

『…偶然ってあるのねぇ…。』

「ですねー。

 さて、狩りからGvに話を移します。」

『ふむ。』

「私はいつも通りにアサクロで参戦ー。
 装備は裏切りと砂漠セットをチョイスw」

『砂漠セット、まだ完成してないのよね?』

「まだですねー…。
 まぁ、見かけたら買うってな流れで行こうと思ってますw

 さてさて、今回は前回に引き続き、わふGさんとの同盟で行く手筈です。
 ちなみに前回は私は参加出来なかったので、今回がわふGさんとの初邂逅!」

『ふむ。』

「とりあえず、誰とはいいませんが、わふGの魔法使いの人の存在が18禁だという事は分かりました、主に職位で。」

『まぁ『幼女ハンター』ってなってるどこかの誰かよりはまともなんじゃない?』

「え…?」

『あー、いいからいいから、続きは?』

「幼女ハンターってのはあくまで職位ですよ…?
 私、幼女をハントした事は無いですよ!」

『確かに、まだしてないわよね。』

「これからもしないですよw

 えー、私の戦術は今回は以前の知識、及び色々調べた結果を総動員した物です。

 1:ベナムナイフ連打は結構敵からするとウザイ。
 2:魂掛かったアサクロがいると、EDPSBを警戒して少し時間が稼げる。

 私が気に掛けたのはこの2点。」

『ふむ。』

「ベナムナイフは優秀です、たまに毒化してDEF減少も望めますしw
 あと地味に便利なのが、相手のVIT値をある程度予測出来る点。

 どれくらいの人が知ってるのか分からないですけど、ベナムナイフの毒化率は実はものすごく高めです。
 名無しでゾンビすろーたーとかに投げれば、初弾で5割、2発投げれば大抵は毒化するくらいに高いですw

 これを利用しない手はありませんね!
 つまり、何度も投げてもなかなか毒化しないキャラ→VITが高い
 となるわけですね!」

『毒属性ダメージ減少とかのカードはあるけど、実は
 『毒状態を100%予防するカード』
 ってのは無いのよね、確か。』

「ですよね?
 なので、この方法が取れるわけですw」

『まぁ毒状態を100%防げるかーどがあったとしても、それをGvで使うかどうかは別問題だしねぇ…。
 緑ハーブ一枚でちょろっと治っちゃうような状態異常だし。』

「んむw
 で、硬いと判明した相手には錐がよく通るという事っ!
 錐SBrの威力をみせつけてやるんだぜb」

『他のVIT判定だとベナムダストが有効ね。
 踏んだら100%毒化するから、範囲から出た瞬間に毒が解けてるキャラはVITが最低でも100あるキャラ。
 まぁ、99とか98とかでもほぼ瞬間的に治るんでしょうけど、少なくともかなりの高VITなのは確定ね。
 そしたら錐に持ち替えてぶっ放しちゃうわけね。』

「そんな事を繰り返し、色々な迷惑をかけたりもしつつ、なんとかがんばる俺GわふG混成部隊!
 ちなみに私は後衛チームに居ましたw

 今夜とか、みんなでアジトダンジョン行くのかな?」

『行くんじゃないかしらね?』

「楽しみですねー。
 早く帰れるかが疑問視されますけどね、楽しみですねー…。」

『まぁ、仕事ガンバレ。』

「あいあいw

 それじゃ今日はここまでかな?
 あ、そうそう、宇宙のステルヴィア、すごく面白いアニメなので是非どうぞ!
 DVDBOXを買っちゃおうかとか考える程の作品なんだぜb」

『…買わないでよ…?
 もう、置けないわよセレの部屋…。』

「ま、自重してますw

 ではまた、今夜っ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

エル姉用メモ(生体2のSBr一確狩り最終案)



自分用メモ(生体2、SBr一確狩りについて)

●ステータス ベース94、ジョブ63
 S99+31
 A62+17
 V 1+ 2
 I 49+25
 D37+28
 L 1+ 7 

●STR、INT、DEXの3種類の料理を食べる。
 ブレススクロール使用。
 ※↑のステは食べてスクロール使った状態

●基準装備
 ・ミストレスの王冠
 ・悪魔の羽耳
 ・ギャングスカーフ
 ・忍者スーツ(ピッキ)
 ・足鎖
 ・血塗られた鉄球
 ・忍の腰帯
 ※肩は何でもいい、モルフェだと楽かも、程度。
 ※右手は+5星2水海東剣で固定。(水が重要)

●持って行くアイテム
 ・TAグラディウス
 ・錐
 ・QHwナイフ
 ・闇水(重要)
 ・回復アイテム
 ・自然回復向上装備(月光剣、モルフェセット、金オシV靴等)
 ・緊急用ハエ


●各モンスターの対策
 ・対アルマイア=デュンゼ(商人)
  左手に錐を装備してSBr一撃。

 ・対イグニゼム=セニア(ソードマン)
  左手に錐を装備してSBr一撃。
   ※闇付与は消さないと無理。

 ・対イレンド=エベシ(アコライト)
  闇水を使ってからSBr一撃。(左手は何でも構わない)
   ※水のままでも毒付与しても一撃は無理。

 ・対カヴァク=イカルス(アーチャー)
  左手にTAグラを装備して闇水を使ってからSBr一撃。
   ※水のままは無理、EPでもいけるけどイレンドで闇水セットしてるから活用。

 ・対ヒュッケバイン=トリス
  左手にTAグラでSBr一撃。
   ※闇付与を切らないと無理。

 ・対ラウレル=ヴィンダー
  左手に錐『以外』を装備してSBr一撃。

 ・ジェミニS58
  左手に錐を装備して、闇付与してSBr連打。物理命中率86%程度。
   ※涌き具合を考えるとやめるのが無難。
    いけそうだったら、最低5発最高14発打ち込めば倒せる。

みんなでトールに行った+狭間狩りに向けてちょい考察

セレ「皆でトール火山に行ってきましたヨ!」

エル『経験値増えた? それとも減った?』

「6%くらい増えましたよ!
 生命保険と教範を使ってましたのでねw」

『買ったの?』

「いやー、たぶんいつかのクジの商品ですね、生命保険は。
 オンラインのくじでゲットした商品のIDとかを一括で監理してるメモ帳があって、昨晩ふと思い出して見てみたら、機嫌が4月10日までだったのであわてて交換w

 教範は、前にコミケで買ったクジの商品ですねー。
 交換してない装備がまだありますけど、交換するのも面倒な、お金にならない装備なのでね…。」

『あぁ、ガードとかマフラーの類?』

「ですねー。」

『ふむ…。』

「ちなみに昨晩も新しく出てたオンラインのくじを引いてみたんですけど、
 ・治癒の杖
 ・治癒の杖
 ・sマフラー
 という散々な結果に終わりました…。」

『もう、セレはクジ運っていうか、運全般が低いんだからいい加減夢を見るのやめなさいよ?』

「まぁね…。
 でも、ほら、私ってば瞳は少年じゃないですか?」

『あんたが言うとキモイわね、そのセリフ。』

「ひどっ…。

 まぁ、余った分で買うだけなので、今回はこれだけかな?

 さて狩りの話。
 律Gのいつものメンツって感じで突撃しましたけど、個人的にはかなり安定してましたねー。

 一回全滅しましたけど。」

『全滅したんだ…。』

「ていうかあれは無理ですよ…。

 ブラさんが右に釣りに行こうとしてた時にソードガーディアンが左下から襲い掛かってきて、それで混乱してた時にビョルグ横涌きで剣と弓追加ですよ…?
 無理すぎますw」

『あー、それは…。
 今までで2番目にどうしようもないわね…。』


※今までで1番どうしようもない事態→生体3で狩ってたら、MVPが隣のセルに涌いた


「さて、まぁ狩りは普通にいきました。
 ストームガスト、シャープシューティング、ソウルブレイカー…。
 数々の殲滅スキルでモンスターフルボッコ!
 釣ってきたブラさんが
 『なぁモンスターが消える速さがおかしくないか?』
 と呟くレベルの殲滅力!

 そんな訳で、ちょっと話が出ました。
 『狭間に行ってみない?』
 と!」

『行ったの?』

「いえ、流石に昨晩のあの時間から開始はしませんでしたw
 でも、今夜とかあさっての夜とかには行って見たいねって話をねー。

 うちのヌクモリティが、真価を発揮する時が来たっ!」

『ていうか、HIT足りるのかしらね?
 計算してみようか?』

「是非に!」

『えーとね、命中が一番厳しいっぽい人間型相手の命中率ね?
 ブレスに料理も使って、25%ね。』

「きついんですね、やっぱり…。」

『QM5を貰った場合は、44.5%くらいね。
 QM5を貰っても、半分もあたらないのねこいつ…。

 ちなみに商人セットを解除してDEX装備に変えた場合は52%くらいまで上がるみたいね。』

「おおおー!」

『更に、ウルクのダンサーから
 『ハミング』(範囲内の仲間のHITを上昇させる)
 を貰うと、修練10のハミング1、DEX100として計算してみても25%くらいは命中率上がるわね。』

「って事は、もしかしたら普通に狩りが成り立つかもしれない…?」

『可能性としては、だけどね。』

「十分っ!
 まぁ後は行って見てからの判断になりますかね?
 今日辺り、ネカフェにいってみるかなーと思ったけど、ネカフェじゃ上納用にキャラをお座りとかは無理ですねw
 人数に余裕があったらですけど、出来ればローグを吸わせたい所w」

『ふむふむ…。』

「あ、融合って手もありますね…。」

『ボスに対するHIT数がかなり抑えられたから、ヒールとかで間に合うかもしれないしね?』

「んむ!
 いやー、楽しみですねー。
 狭間に仲間だけで行ける様になったら、他キャラもかなり育てやすいでしょうしねb」

『そうなるわねー。』

「うっしゃみなぎってきたあああああ!

 みなぎってきた所で、私のこのテンションを押えてしまうであろう情報をー。」

『ん?』

「ガンホーのアプリで、ペットを作成できる物が実装されましたb
 話によると、ロリルリとかチュンイーもペットに出来るらしいですよ!

 さっそくガンホーのページにGOしたセレインさん!」

『やってみた?』

「またしても、携帯が対応していないという事実…!
 もう…もう…!」

『…南無…。』

「なので、もしかしたらお昼休みに携帯を変えちゃうかもしれません。」

『ちょ…、ペットのために…?』

「まぁ、そろそろ変えようかと思ってた時期ではありますしねw
 今はもう906とかまで出てるのかな?
 私のは902なので、なかなかに使い込んだ方かなーと。

 電池もそろそろ厳しいですしねw」

『あー、そういえば前にそんな事行ってたわねぇ…。』

「どれにするか迷ってる最中ですけど、まぁ適当にチョイスしようと思いますw
 特にこだわりは無いので、安いのにしようかな?
 でも、最新機種にします。
 なぜなら、ザウスの携帯アプリにも対応させたいので!」

『あぁ、なるほど…。』

「ほいじゃ、今日はここまでー。
 皆、今日で今週の仕事は終わりなので、明日あさっては遊ぶぜ!」

『いやセレ、明日は夜に用事があって、明後日は朝から学校…。』

「ではではー。
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

1垢復活、皆でアビス、なのは二次創作でいいとこ見つけた

セレ「私としては異例の速さで帰宅できたので、さっそくHDDをパソコンに繋いでみましたよ!」

エル『ファイル移動した?』

「ふはははは!
 移動どころか、認識してねええええええええええええええええええええ!?」

『うわぁ…。』

「まぁ、なんとか原因を調べてみましたので、無事解決b

 まぁ調べるといっても、HDDに付いてた説明書を読んだらすぐに書いてある内容だったんですけどね?
 何にせよ、今日からは新HDD1350G程度が本格始動!
 色々フォルダ作るぜー…?」

『ま、頑張りなさいな。
 何も言わなくてもがんばるんだろうけど…。

 保育園児の写真もたくさんあるしね?』

「無いよ!?
 私をロリコン疑惑から離して!

 昨晩なんて、みんなから
 『ロリさん』
 『エロさん』
 『エロイン=エロス』
 なんて呼ばれまくりで、最上のキョーコ嬢になんて
 『セロリインさん』
 とか呼ばれる始末ですよ…。

 そんな、無理してロリって入れなくてイイヨ!」

『もう、あれよ。
 リンゴは重力に引かれて地面に落ちる。
 セレは、もう存在自体がロリコン。
 ほら、もう地球の常識っていうか、たぶん物理学とかの定義で決まってるのよ。』

「馬鹿な…。」

『ま、もうそんな物理学の話はいいから、アビスの話をしなさいな?』

「…あいさー…。

 えー、総勢14人もの大人数での突撃でしたb
 ・ブラさん(魔人級の釣り)
 ・マスター(超腰振り)
 ・白木さん(超歌唱力)
 ・斬さん(鬼魔力)
 ・うにさん(鬼支援)
 ・慧音さん(鬼神級の殲滅)」
 ・凪さん(神速氷割り)
 ・紫苑さん(DS連射で指限界)
 ・ウェルさん(超支援)
 ・ロイドさん(鬼釣り師)
 ・ルシュナさん(超絶積みゲー消化速度)
 ・ヴァルさん(釣りもする大砲)
 ・マオさん(超SP投げ)
 ・私(寝落ちしなかったのは褒められるべき)

 で…あってるよね…?」

『…また忘れたのか…。』

「バッチリ覚えてたはずが…!」

『ていうか、寝落ちしなかったんだ?
 それはまぁ、少しは人並みになれたって事かしらね?』

「成長する葦、セレインさんb」

『人並みになるのが、立派な成長扱いになる程に基本能力が低いのよね、あんた…。』

「それは、考えないように!

 さて、狩りはもう単純明快!
 釣り役が釣ってきたモンスターを、鬼火力で殲滅!
 たぶん、斬さんと慧音さんの2人がかなりのダメージを与えてました。
 ていうか、どちらかが抜けるだけでもあの狩りは決壊していた可能性大!」

『まぁ、SG担当が居なかったらそうなるでしょうねぇ…。』

「私はなんか釣り役やってみたくなって突撃して南無ってのを数回繰り返したんですけど、経験値は気っ子増えたはず!
 収集品も、石盾3個にマグニ2個となかなかの成果♪」

『おおー。』

「一人当たり200Kちょっとになりまして、ウハウハw
 また今夜も行きたいですけど、時間が許してくれるかが問題です…。」

『そこはまぁ、仕事がんばりなさい。』

「あいあいw

 さて、ROから少し話は移りまして、二次創作の話。」

『あ、久々ね?』

「ROカテゴリだから短めにw
 ちょっとナイスな感じのSSサイトを発見したので、また読みふけりますw
 いやー、いいねスバル!
 でも、ちょっとナンバーズの面々もいいねb」

『セレ的なジャストミートは、チンク辺り?』

「チンクもいいですねー。
 ただ、ノーヴェの恥ずかしがり屋具合もなかなかの高ポイントです!」

『まぁ、よほど何度も見てないと、誰がどれだかわからないヒト多いでしょうけどね、ナンバーズ。』

「単純な覚え方としては、
 ・01ウーノ
   前線に出ないで、主に参謀みたいな仕事をしてた子。
 ・02ドゥーエ
   終盤、レジアス殺害の後にゼストに殺された子。
 ・03トーレ
   一番大柄で、ゆりかご内部スカリエッティの研究所でフェイトと戦って負けてた子。
    ※09.03.27修正。 凪さん、指摘サンクスb
 ・04クアットロ
   終盤、壁抜き超絶砲撃でなのはに撃たれた子。 ヴィヴィオをけしかけた張本人。
 ・05チンク
   小柄で黒い眼帯をしている、妹想いな子。
 ・06セイン
   壁の中を泳いで移動できるあの子。
 ・07セッテ
   終盤にトーレと一緒になってフェイトと戦って返り討ちにあった、ブーメランのあの子。
 ・08オットー
   たぶんナンバーズ唯一の男、終盤にシャマルとザフィーラに捕まった子。
 ・09ノーヴェ
   スバルとそっくりな容姿と戦闘方法を取る、ラストで3人で戦ったけどティアナにやられた1人。
 ・10ディエチ
   ゆりかご突入後、なのはと砲撃勝負になって撃ち負けたあの子。
 ・11ウェンディ
   ラストでティアナの相手をした3人組の1人で、『~ッス!』が口癖の、サーフボードみたいなのに乗る子。
 ・12ディード
   ラストでティアナの相手をした3人組の1人で、最後はヴァイスに遠距離狙撃くらった二刀流のあの子。

 分かったかなー?」

『個人的にはセッテの印象が一番薄いわね、出番だけ見るならドゥーエの方が少ないはずだけど。』

「まぁ、そうかも…?
 あんまり個人で動くシーンは無かったっぽいですからねー。

 さて、まぁそんなこんなで、このサイトの文章を読みふけります。
 タイトルからして面白そうなのが目白押し!

 ・ローテーションN2R~ウェンディの場合~
 ・シグナムはテスタロッサに秘密を作りました
 ・ティアナがヴィータをだっこした

 すげぇ…、ティアナがヴィータを…だっこだと…!
 キャー、私もだっこしたいです!」

『サイズ的には問題無いけど、ヴィータの性格を考えたらどういう事なのかしらねぇ、これは…。
 あと、あんたがしようとしたら間違いなくギガントシュラーク脳天直撃。』

「南無確定w」

『でしょうねぇ。』

「わくわくが止まりません!!

 さて、まぁ今日はこれくらいかな?
 もう1垢完全復活で、しかも1垢で狩りする気満々なので、ガンガンいくよ!
 狩りに行くときに後衛がいなかったら呼んでNE☆
 ちなみにピッチピチの94歳だよ!」

『呼ばれるかなぁ…。
 ま、ソロでも色々いけるしね。』

「んむw
 しばらくは亀にでも行こうかと思ってます、被弾もほとんど無いですし、あそこなら。」

『ふむ。』

「ほいじゃ、ここまでー。
 また明日、もしくは今夜ね!
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

コメント来てると思ったら…orz

セレ「また、なんとなく怪しいアドレス付きでした…。」

エル『クリックしてみた?』

「いえ、してないですw

 ちなみに内容は、
 『こないだ別れた彼氏に奴隷調教させられてて、今でも忘れられません。
  『振動する棒状の物』を入れられた状態で原宿を歩かされたときには液体が止まらなかったんですよ。
  相手してくれる人カモン』
 って感じでした。

 ちなみに20歳だそうです。」

『わたしよりも一回り以上年上か…。』

「そりゃ、そうでしょうよ…。」


※エル姉:実稼動期間だとまだ7~8年しか経ってないです、実はw


「次回から、こういう類のコメントが入ったら、危険なアドレス部分だけを削除して返事をコメントで書いてみようかな?
 なかなか面白そうじゃないですかね?」

『だったらもうリビドー前回で返信してみたら?
 例えば今回の記事に対して、
 『残念、私のストライクゾーンは0~5歳だ!』
 とか。』

「どんだけ低いストライクゾーンw
 流石の私も、そんな人がいたら距離を取りたいw」

『自分との距離なんて、とれないのよ…?』

「私はそこまで病的なレベルじゃない…!
 ていうかそもそもロリコンじゃない!」

『ハイハイ。』

「…毎回毎回、同じようなやりとり…。

 えー、ROの話に行きます!
 たつさんから三段5をもらってモスコビア突撃するも、またしても背後に涌いたマブカたんから…。」

『あの子、自分から逃げようとする人間に対して魔法で攻撃してくるにょおね、避けられないレベルのが。』

「詠唱バーは見えるんですけど、見えた瞬間に当たってる感じ…?
 DEX149とかで魔法を使ったらああなるかもしれませんw」

『あー、確かに…。』

「さて、せっかくの三段に上書きを喰らってしまい、やる気が…。

 あ、体調不良は一旦回復しました。
 心配してくれた方々、ありがとうございました♪」

『セレが死んだら、屍骸から毒ガスが出るからねぇ…。』

「出ないヨ!
 ヒト! 私は、普通のヒトだから!
 変な科学生命体じゃないですから!」

『はいはい。』

「うぅ、エル姉が酷いんだぜ…orz
 でも決してめげたりしない、それがセレインクオリティ!

 さて、2垢稼動期間を把握しました、今週の金曜日までっぽいです。
 なので、もう今夜にでも1垢復活させてしまおうかと検討中です。」

『折角の経験値1.5倍期間だしね?』

「んむ!
 とりあえず現金で20Mくらいは貯まってます。
 鉄球の差分がかなり大きかったですb」

『これは完全に棚からぼた餅だから、無駄遣いしないようになさい?』

「うぃっす!

 さて、昨晩はガンホーポイントの把握を失念してました…。
 今夜にも確認します、というかもう買っておこうかと思います。
 どっちにしても、課金アイテム使うと思うのでね!」

『ふむ…。』

「毒瓶を集めたいけど、高いからなぁ…。」

『なんだか値上がりしてるしね…。』

「モスコで毒瓶ドロップしてた頃に、行ってれば良かった…!

 ま、とりあえずまんな所かな?
 後は、いかに時間を取れるかの勝負になりそうですw」

『ふむ…。』

「それじゃ、今日はここまでー。
 頑張って早く帰れるようにするヨ!
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

課金切れそうなのにログイン出来ないあの日の冬inジャパン

セレ「体が、そろそろヤヴァイかもしれない…?」

エル『もうなんていうか、睡眠時間の問題じゃなさそうよねコレ…。』

「昨日なんて25時に寝ましたしね?
 これ以上の睡眠時間は物理的に不可能!

 でも、なんだかだるいのが改善されない…。」

『ふむ…。
 一回病院に行ってみたら?』

「いやです。
 注射怖い。」

『…子供じゃないんだから…。』

「まぁ、今週いっぱい様子を見て、それでアウトっぽかったら行ってみるかなぁ…。
 ま、すぐに治ると思いますけどねw
 たぶん、HDDの電源ケーブルを接続したら治る。」

『…セレの体って…。』

「さて、ローグの2垢もそろそろ課金切れ!
 次に課金するのは1垢で決まってますので、悩む心配が無いのがすばらしいb

 後は、今のガンホポイントが1500あったかどうかの確認だけしないとw
 無かったら課金できないのでね、補充しないといけません。」

『ふむ…。』

「で、ちょっと毒瓶計画を立ててます。
 自力作成も考えてるんですけど、なんともDEXもLUKも低い子なのでねw

 ま、この辺りはジプシーとかクラウンとかの人にお願いしてマリオネットをかけてもらう事でかなり改善できるはず!
 具体的には分からないですけど、たぶんDEXは50くらい上がるはず?」

『そのクラウンとかの素DEXの半分が貰えるんだしね、ちょっと制限はあるけど。』

「まぁうちのアサクロはDEXは補正込みでも50は無かったと思うのでMAX受け取れるはず!

 LUKに振ってるクラウン系はかなり少数だと思いますので、これは装備と支援さんのグロリアに任せますw」

『ふむ…。』

「カルボーディルをなんとか量産するのもいいと思うんですけど、これまた、難しいw
 赤い彗星のハエがGD1から撤退したという話もあるんですけど、まだ行ってないのでねー。
 ま、いなくなってるはず。

 という事は、狩りやすくなったという事なので、これからGD1でカルボ集めをする人が増えるでしょう。
 結果、カルボは安くなるでしょう!

 そう願ってます。」

『安くなるかしらねぇ…。』

「きっと…!
 毒瓶の利用価値の高さは、不同だと思ってるのでね!
 狩りにせよ、対人にせよ。」

『ふむ…。』

「で、毒瓶を量産できたとしたら、やっぱりアビス3のEDPSB一確狩りがいいかなぁ、即涌きになったし、ブレスいらなくなったし。」


※セレインさんの腕力アサクロは、大型黒ヘビジュルしか無いのにアビスでそれが出来ちゃうのだ!
  皆、腕力アサクロ作ろうぜ!


『まぁ、確かに純SBr型には無理な狩りではあるわね…。』

「ですよね!
 生体3でも、マガレとカトリは一撃で落とせるヨ!」


※出来るけど、アサクロDOPのSBrで即死、爆裂LKDOPの槍投げで即死、その他多数の南無前提w


「まぁ、1垢復活したら一度はアビス行くかなー。
 それ以外はもう、地道にスリッパとかになるかも?」

『支援とペアで氷3もいいんじゃないの?
 散財狩りにはなるけど、コンバーターの分だけ。』

「ま、それも考えてますw

 まぁ何よりも体調ダネ!
 とりあえずこの咳が止まらないとなんともね、集中力がね…。
 アビスの狩りとか生体とかだと本当に秒単位の視線外しでさえ南無フラグですからね、特に最近のアビス。」

『沸き方が尋常じゃないしねぇ…。』

「ま、なんにせよ今日は早く帰れるはずなので、ケーブル購入して帰りますw
 なので、体調はすぐにでも回復するでしょう。」

『…なんでセレのパソコンとセレの体調がリンクしてるのかしらね…。』

「そんな訳なので、また仕事がんばってくらー。
 へへへ、忙し騒がし、セクシーセレイン!

 あ、そうそう、ちょっと時代に乗った話を少し、っていうか一行だけしようか!」

『WBCの日本優勝おめでとう。』

「……先に……言われた……orz」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

俺G定例会と、鉄球買い戻し

セレ「はーい、今日2回目の更新だよー。」

エル『さっきの更新で、セレは胸がペターンな子が大好きだって事が判明したわね。』

「そんな内容じゃないのに!

 えー、でも多少の内容の関係もあるので、まだ読んでない人は一個↓の記事を読んでからがいいヨ!」

『まぁ、ほんとに意味は薄いけどね…。』

「さて、↓のを読んだ人ってこと前提で行くよ!

 まず1個目の『レース』ですが、これは簡単w
 チームに分けて、決められたコースを走り抜けてどのチームが一番早いかを競います。

 ちなみにこのレースは3チームに分かれました。
 第一チーム:元祖アフロチーム
 第二チーム:マーヴェラスアフロチーム
 第三チーム:ハッピーアフロチーム(セレインさんはここ)」

『アフロ軍団…。』

「レースのたすき代わりにアフロを使ってたのでw

 さて、レース会場としてアルベルタの町を使用。
 尚、チームリーダーのプリ3人以外はスキル使用禁止。
 また、チームリーダーのIAは、タスキ受け渡し場所以外では味方にかけてはいけないという内容です。」

『ふむ…。』

「他チームの人達も2レース目で気付いたかもしれないですけど、実は私たちのハッピーアフロチーム、話し合いの時にある準備をしてました。」

『ん?』

「私をはじめとした数人が気付きました。
 『このレースでの明暗を分けるのは、いかに上手に走るかではなく、いかにスムーズにバトンであるアフロを渡して装備するかに懸かってる!』
 と。」

『あー、なるほど…。
 たしかに、装備を外す為には
 ・装備欄を開いて、アフロをダブルクリック
 ・アイテム欄で何か他の頭装備をダブルクリック
 が必要になるわね。』

「えぇ。
 急いでいる時にこれはかなりのタイムロス!

 なので考えました。
 事前に、他頭装備とタスキ代わりのアフロを、ショートカットに仕込んでしまおう、と!」

『なるほど…。』

「見事に作戦は成功し、一回戦目は余裕の大勝利!
 敵に回っていたヴァルさんが途中で気絶(鯖キャン)するというアクシデントもありましたが、たぶんこれが無くても一回戦は勝てました。」

『ふむ…。』

「で、二回戦目。
 これはもう、なんていうかアクシデント続出で負けてしまいました…。」

『どんなアクシデント?』

「えーとね、色々あるんだけどね。
 ・別チームのタスキを間違えて拾っちゃったw
 ・走ってる選手が戻ってきてアフロを投げたら、うおぉ次の走者が座ってまったりしてるだと!?
 ・アフロを投げる時に誤クリックで変なとこに歩いてから捨てちゃった!? ←私がやらかした

 もう、えハプニングオンライン…。」

『…まぁ、他の人のはいいけど、セレは少し落ち着いて作業しなさい。』

「肝に銘じておきます…。

 さて、次の
 『このアイテム持ってるかな?』
 の話に行きます。

 これも同じPTで挑みました。
 ルールは、
 ・相手にするPTを指名(シングルどちらかorダブル)
 ・アイテムを指定。
  ※装備品及びM級のカード不可
 ・指名されたPTの誰もがそのアイテムを持っていなかったら勝利、前進する。
  ※シングル指定の場合、勝利したら自分PTが一歩前進、相手PTが一歩後退。
   勝利出来なかった場合、相手PTが一歩前進、自分PTは一歩後退。
  ※ダブルの場合、勝利したら自分PTが2歩前進する。
   どちらかのPTの誰か1人でも持っていた場合、相手の2つのPTが一歩前進する。

 こんな感じかな?」

『ふむ…。
 結果はどうだったの?』

「見事な勝利っ!

 相手もかなりの強者でしたけど、こちらもなかなかの猛者揃い!
 ヴァルハラの花でダブル戦を制し、敵が仕掛けてきたツタンカーメンマスクのダブル戦で返り討ちにしw
 すごかったです…。

 ちなみに私は何一つ協力できませんでした、まさに見てるだけ!」

『…まぁ、1垢だったらすごい協力なんだけどね、セレ…。』

「製造材料系とか、集めてる人少ないでしょうしねぇ…。
 あと、輝石とかかんらん石とか白雲母とかw」

『まぁねぇ。』

「ま、無いものねだりはみっともないからここまでw
 勝てたんですし、もーまんたいっ!」

『セレの力は全く関連してない勝利だけどね…。』

「言わないでください…。

 さて、Gv!

 今回からは『わふG』さん(未だに正式名称を把握してませんゴメンナサイ)との同盟です。
 どうやら、Gv期間だけ俺Gに参入しての参戦との事なので楽しみにしてたのですよー。

 しかし、リアルお出かけが重なってしまいまして、どうなったのか全く知りません、後で俺Gの掲示板を見ます…。
 帰宅したらつなごうと思ってたんですけど、なにやら体調がすごい事になってまして、妹から
 『お兄ちゃん、顔色悪いけど大丈夫?』
 とか言われるレベル…!

 咳とか止まらないしなんだか寒気とかするし、くぎみーの声も聞こえるので大人しく就寝です。」

『釘宮幻聴は、体調不良とは別の、釘宮病の症状だと思うんだけどね…。』

「そんな病気にかかる人は人間失格ですよwww

 さーて、そろそろ今日の更新は終了にするかなー。
 次回のGvはアサクロでの参戦になると思われますので、物理SBrの恐怖の威力を見せ付けてやろうかと思いますw」

『タイトルに鉄球買戻しって書いてあるけど、それに関しては書かないの?』

「あ、忘れてた。」

『やっぱりか…。』

「えー、血塗られた鉄球を買い戻しましたw
 50Mという格安物件でしたので、なんと10Mもの純利益を出す事がw」

『うわぁ…。』

「売ってた人はたぶんサーバー内でかなり上位な資産を持ってるとおもわれる○○○さんなので、値段の付け間違えって事は無さそうですw
 正直、58Mくらいで買う予定だったのでビックリ利益です。」

『ローグでの稼ぎもあわせると、すごい収益になりそうな30日間だったわねぇ…。』

「あと少しの期間なので、もうちょっと頑張ってみようと思いますw

 うっし、更新終了っ!
 今夜もファイト一発なつもりですけど、体がどうなるかですねー…。
 さっき小休止でタバコを吸いにベランダに出たら、ニムが空を飛んでるというありえない光景がw」

『…あえりえないわね…。』

「ですよね!
 ニムは空飛べないもんね、グリーンスピリットだからね。」

『いや、そういう意味じゃ…。』

「普段通りに、ニムが横に座って私のスネを蹴ってる光景が広がるようだったらログインするヨ!」

『あんたの普段は、もう末期患者のそれを超越してるわね…。』

「それじゃ、ここまでー。
 みんな、今週も一週間、行け行けゴーゴージャーンプ☆」

『古っ!』


※行け行けゴーゴージャーンプ!
    姫ちゃんのリボンにて次回予告時に流れた決め台詞。
    ちなみにアニメ放映は1992年10月2日~1993年12月3日、全61話。
    まさか、16年も経ってるとは…!




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

アニフェスに初参加してみたヨ!

セレ「人生で初です、コミケ以外の私用でビッグサイトに行ったのw」

エル『私用じゃないのだったら行った事あるの?
 コミケでしか行った事無いと思うんだけど…。』

「仕事のでねw
 ほら、TOTOとかINAXとかTOSTEMとか。
 そういう会社が展示会みたいのをやった事がありましてw
 設計事務所勤務な建築士のセレインさんとしては見過ごせないわけでw

 いやー、便器すごいね便器。
 まさに便器って感じでしたよー。」

『いや、意味が…。』

「さて、アニフェス。
 前々からイヴっちと行こうと相談をしていたんですけど、実は私はすっかり忘れてたり?」

『なんていうか、もう想定内よね…。』

「最終的に、金曜日(祝日)の夜に2人で合流してネカフェで一夜を過ごし、早めに出発して電車で向かおうという算段に。
 そして、金曜日10時頃まで眠っていた私ってば、んもう!」

『寝すぎでしょう…。』

「まぁ、木曜日は朝まで徹夜だったのでね…。
 仕事終わったのが25時ちょっと前で、電車が無かったのです。
 で、ネフカフェに行って金曜日の朝に帰宅。
 それからまた少しROして、仮眠を採ろうと思って布団に入ったらバッチリの本気睡眠状態に!

 起きてビックリ、着信履歴にイヴっちの
 『おいてめぇいつまで寝てやがるんだこのロリコン大王が!』
 というような意味の見え隠れする羅列!」

『メールも着てたわね。』

「あい、ごめんよイヴっち!

 さて、それから無事に合流して、ネカフェに進入。
 イヴっちはモンスターハンター、私はRO。

 しかしこのネカフェはROのネカフェ特典の対象になっていなかったという驚愕の事実でROやる気喪失…!」

『あー、やる気まんまんだったしねぇ…。』

「仕方ないので、前からちょっと興味のあった
 『すもももももも
 を読んでみる事にw」

『ロリコンめ…。
 自分の言いなりになる幼女が欲しいのか、このロリコンめ…。

 この、ロリコンめ…。』

「ロリコンって言いすぎ!

 …そういえば、このマンガに出てくるメインヒロインの『九頭竜もも子』嬢ですが、すごい戦闘能力を持ってますね、話に聞いてた以上に…。」

『まぁねぇ…。
 ドモン=カッシュとか東方不敗とかとガチンコの殴り合いとかしても勝ちそうだしね…。』

「いまだかつて、コレほどに戦闘能力が高い幼女が居たでしょうか?
 私の娘であるニムも戦闘力は高い方ですけど、ももこ嬢とガチ勝負だとどうなるか分かりません…。

 いや、もも子上の攻撃を防ぐのは大丈夫そうなんですけど、ニムの攻撃がもも子嬢に通じるかというか当たるかどうかが…。」

『ていうかそんな考察はいいから、さっさとアニフェス本体の話をしなさいよ。』

「…そうだった!

 えー、まぁもも子嬢の話も10巻まで読みまして、出発ですね。
 あ、最後に一個だけ。

 いろは嬢が最高に可愛いと思う!」

『ロリコンレベルがまた上がる発言をありがとう…。』

「え?」

『九頭竜 もも子・・・Bカップ
 巳屋本 いろは・・・Aカップ』

「違うよ!
 胸の大きさで好みを言ったんじゃないよ!?」

『つまり、無意識のうちに胸のペターンな子を選んだと…。』

「違うよ!」

『まぁいいから。
 ほら、アニフェスの話に戻りなさいなロリコン大魔王。』

「大魔王まで行った!?
 否定したいけどまぁとりあえず後回し!

 えー、イヴっちと2人で朝4時にネカフェを出発、タクシーで会場へ向かいました。
 到着して見たのは、他にやる事は無いのかと問いかけたくなるような群集…。
 日本は大丈夫なんでしょうか?」

『あんたもその一員だってば。』

「で、並びましてw

 一個後ろに並んだ女性となんだか意気投合というか話をしまして、おしゃべりしつつ時間が過ぎるー。
 イヴっちに買い物を頼んで数分で、見ず知らずの人と会話を始める、それがセレインクオリティー!」

『ホント、人見知りとは遠いわよね、あんた…。
 良い事なのか悪い事なのか知らないけど…。』

「うちらは『魔法少女リリカルなのは』の映画に関する情報を得られそうな出展の整理券を目指して。
 その女性は、テニプリの場所の整理券を狙っての事らしいです。

 ちなみに、なのは100枚、テニプリ300枚だそうです。
 うちらはダメでしたけど、あの人は確保できたかなぁ…。」

『ま、出来てても出来て無くてもいいんだけどね。』

「いやー、やっぱりおしゃべりした仲ですし、ゲットできてて欲しいですb

 さて、玉砕した後の私達、とりあえず適当に回ってみました。
 まぁ、これといった驚きイベントも無く、そのまま撤退。」

『無駄遣いしなかった?』

「私としては買い物はほとんど何もしないようなもんでしたw
 『ハヤテのごとく!』のカレンダーを1500円で買ったのと、アニフェスパンフレットを500円で買ったのくらいでした。

 イヴっちは、マクロスの公式同人誌とか買ってましたねー。
 私はマクロスは全く知らないので、買いませんでしたw」

『セレも、多少は成長したか…。
 前だったら、知らない作品でもボンバカボンバカ買ってたのにねぇ…。』

「へへへ、少しずつ成長するのも、私らしい所ですねb
 決して勢い良く成長したりしないのが私らしさ!

 で、撤退してからサイゼリヤでおなか一杯食事をして、2人で秋葉原へ。」

『うわ、サイフが軽くなるフラグ立った…。』

「2人で向かった先は、ヨドバシカメラ!
 イヴっちが、モンスターハンター用のコントローラーを買いたいって事で行ったんですけど、目当ての品は無かった模様。
 次に向かったのは、メロンブックス。」

『うっわ、サイフが軽くなるフラグが、サイフが軽くなるルート決定にまで達した…。』

「えーとね、
 ・マジカルバトルアリーナの追加パッチ
 ・マンガ版 とある魔術の禁書目録4巻
 ・同人誌(リリカル☆わはー、リイン☆がんばるです!、他1冊(名前忘れた))
 を購入。
 他にも何か買ったような気もしますが、思い出せないからたぶんこれだけですw」

『ちなみに、エロは何割?』

「ゼロ!」

『またまた、冗談ばっかり…。』

「エル姉の考える私って、ロリコンでエロで、なんだか酷い有様ですね…。」

『だって、事実だし…。

 まぁ、同人誌でエロは無かったか…今回は。』

「えぇ、今回はありませんでした。
 買ったことが無いとは言いませんとも、えぇw
 決して嘘は付かない、それもセレインクオリティー。」

『ふむ…。』

「さて、帰宅してスパロボKを進めたりRODSを進めたりROをしたり同人誌を読んだりHDD増設作業をしたりして過ごしまして。

 そしてやってきました夜、土曜日の夜!
 ブラさんが主催の、俺Gの集会です!

 今回は
 『レース』と『このアイテム持ってるかな?』の2本立て!」

『ふむ…。』

「ま、この話は次に更新するROカテゴリで話そうかな?
 このカテゴリ、コミケカテゴリなのでね!」

『…アニフェスって、コミケじゃないわよね?』

「まぁ次回は行かないでしょうから、このカテゴリでいいかなーと…。

 ほいじゃ、この更新はここまでー。
 それでは、また次の更新まで!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ベントスと、アサクロ1確狩りについて。

セレ「俺Gと、わふG(正式な名前を失念…)さんが、同盟というのを組む事になったようですよ?」

エル『会議には参加出来なかったの?』

「それはヒミツですw
 まぁヒントを上げると、帰宅したら25時過ぎだったとだけ…。」

『参加出来なかったのね…。』

「メンバーの方との顔あわせもあったようですけどねー、残念です…。
 まぁ、今週のGvから一緒に動くと思いますので、おいおい名前を覚えていこうと思ってますw

 ていうか、わふGって、どこかで名前を見た事があるような、無いような…。」

『まぁセレも何回かGvにも出てるんだし、その時じゃないの?

 ていうか、そんなどうでもいい過去の事は忘れてもいいから、覚えておかないといけない事を忘れないようにしなさいよ?』

「忘れてないですよwww」

『ホワイトデーは?』

「はい、昨晩のROの話ねー。

 三段は貰えなかったですけど、まぁマッタリ進行で適当に狩ろうと思います。

 あとは、ブラさんがセージを作ったみたいなので、付与をお願いしてスリッパでも行かせようかと…。
 ブラさんいなかったら困るけど、まぁその時はゴートも殴りつつw」

『今まではスリッパではそうやって狩ってたしね。』

「んむw

 で、明日あさっては休み、のはずなので、遊ぼうと思ってます!

 が!
 仕事になる可能性も考えられる…!」

『ふぁいと…。』

「あとは、そうだなぁ…。

 ローレベルスキンオブベントスを購入しようと思ってたんですけど、予想外の高額商品で、驚きが隠せません…!
 ベントスだけでも18Mくらいなんですけど、まさかカード自体も同等の金額だったとは…。」

『カヴァク=イカルスだっけ?
 なに、あれそんなに高くなったんだ?』

「えぇ、ベントス実装して利用価値が高まったのもあるかもしれません…。」


※スキンオブベントス
  魔王モロク復活で実装された装備。
  HPが少し上昇し、FLEE+10という効果を持った上にスロット付きのすごい肩装備。

※カヴァク=イカルスカード
  生体2に出現するアーチャーDOPのカード。
  FLEE+10の効果に加え、挿した装備の精錬値が4以下の場合には更にFLEE+10と完全回避+1。


『1垢復活したら、自力でカヴァク出す為に生体篭りかしらね?』

「それも手ですねー。
 アリス狙いも考えましたけど、ちょっとソロはきびしそうですしねw」

『アリス狙いなら、キルハイルかしらね?
 セレのアサクロだと、
 ・鉄球セット装備
 ・ブレス+STR、INT、DEX料理使用
 ・右手+7☆3海東剣
 ・左手QHwナイフ

 この状態ならアリスを一確で落とせるわねぇ。』

「あ、一確いけるのか…。」

『散在もいいとこだけどね?
 まぁ、一発が出たら大幅な黒字だけど。』

「でも、全部時間涌きかぁキルハイルのアリス…。
 他だとどこがいいですかね?」

『棚2が、アリス即涌き10体ねー。』

「おおっ!」

『ちなみにエンシェントミミック80匹も即涌きね。』

「南無!?」

『でも、さっき上で書いた装備の左手をTAグラにすると、SBrで一撃で落とせるわね。』

「おおぅ…!」

『あそこで狩るなら、出てくるモンスター毎に対処法書きましょうか?』

「お願いしますw」


・プラズマ(青) 20
  右手:+7☆3海東剣 左手:QHwナイフ
  SBr一撃。

・ミミック 30
  右手:+7☆3海東剣 左手:TAグラ
  SBr一撃。

・ライドワード 10
  右手:+7☆3海東剣 左手:QHwナイフ
  SBr一撃+1000くらいのダメ

・エンシェントミミック 80
  右手:+7☆3海東剣 左手:TAグラ
  SBr一撃。

・アリス 10
  右手:+7☆3海東剣 左手:QHwナイフ
  SBr一撃。

・エルダー 10
  右手:+7☆3海東剣 左手:錐
  SBrを2発+4000くらいのダメ(SBr3発が確実かもしれない)
  ※見かけたら逃げなさい、SBrのディレイ中に殺されるから。

・デスワード 10
  右手:+7☆3海東剣 左手:QHwナイフ
  SBrを2発。

・執行する者 4
  書くまでも無く、画面内に見えたら逃げなさい。
  

「ふむー…。」

『まぁ、なんだかんだでセレのSBrだとなかなかの狩場っぽいわよ?
 ちなみに、モンスター名の後の数字は数ね。
 ここの場合、執行以外は全部即涌き。』

「ふむぅ……。
 4種類が、SBrで一撃か…。」

『即死の危険がある相手(執行する者・エルダー)以外だけを相手にするなら、即死だけは無いはずよ?』

「ですねー。
 でも、実際やるとうどうなんですかね?」

『それは、やってみないとわからないわね…。
 まぁ、魚200個にハエ30個も持っていけばなんとかなるとは思うけど?』

「ふむ…。」

『ま、一番の問題は鉄球をどうするかでしょ?
 売れちゃったんだから…。』

「デスネ!
 買いなおすかなぁ…。」

『それがいいかもね?
 レベル上がったらINT振るの?』

「その予定ですねー。
 もう前衛業はローグに任せますw
 アサクロは、遠距離砲台としての仕事をこなすようにしようと思います。」

『AGI振っても、中途半端になりそうだしね?』

「んむw」

『ま、1垢復帰したら考えればいいんじゃない?
 とりあえず普通に狩るくらいなら、鉄球無くてもなんとかなる狩場多いでしょ。』

「ですねー。
 元々、鉄球無しでも色々がんばってましたしねw

 料理も駆使するなら、鉄球無しでもアイスタイタンLA一撃はいけるんですし。」

『1垢復帰はいつになりそう?』

「昨晩見た時は、残り日数9日になってましたので、来週いっぱいくらいかな?」

『ふむふむ…。』

「今週と来週で、いくら稼げるかが目下の問題w
 まぁ、とりあえず少しは稼げてるからもういいかなーとか考えたりもしますけどねw

 一発を狙うべきかな、やっぱり…。」

『セレの2垢で一発が狙える場所って、そんなに無いんじゃないの?』

「無いんですけどね!
 ま、色々やってみまするー。

 ほいじゃ、今日はここまでだ!
 明日くらいに、頼んでたアマゾンが届くっぽいので、楽しみですw」

『なんか、商品数が14品にもなってるけどね…。』

「…なんででしょうね、不思議ですね。」

『衝動買いよね、立派な…。』

「ヘヘヘ…。
 問題無いですw

 では、また夜にー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

三段消失&ドンスカパンパンおうえんだんシングルリリース

セレ「索敵歩行中、通り過ぎた場所に沸いたマブカたんから土魔法の洗礼を受けてしまいました…。
 三段が、消えました…orz」

『まぁ、いずれ消えるだろうとは思ってたけど、予想以上に早かったわね?』

「ショックでした…。
 でも、防ぎ様も無かったと思うので、大人しく諦めますw

 また誰かにお願いして三段をもらうヨ!
 凪さんか、さゆさんかかなぁ…?

 ま、手が空いてそうだったらお願いしますw」

『ふむ…。』

「さて、とりあえず『しおれないバラ』の2本目をゲットした昨晩ですが、どうもモチベーションが持ちませんでした…。
 原因は、やっぱり三段が消えた事でモチベーションが下がったんだろうと解釈。」

『ま、あの高速打撃は確かに爽快ね。』

「なので、ちょっとモスコビアは休止かも…。
 といっても、いくんですけどねきっと!」

『まぁ、お金稼がないといけないしねぇ…。』

「具体的にいくら稼ぐかは決めてないんですけどね?」

『…あれ…?
 課金した頃に、10M目標とか言ってなかったっけ…?』

「…あ、言ったかもそんな感じの事。
 値段覚えてないけどw」

『…まぁ良いけど…。』

「でもまぁ、すでに2Mは現金化して入手しましたし、現状でも1M以上の収集品があるのは確認済み。
 ここからモスコビアでガンガン稼ぐ予定でもありますしね、三段が無いからはかどるか不明ですが!」

『さっさと覚えたらいいんじゃない?
 頼めるヒトが居なかったら、臨時広場で募集するとか。』

「それもありですねぇ。
 ま、適当にやってみまする。」

『ん。』



「さて、話は変わりましてー。」

『うっわ、イヤな予感…。』

「ちょっとパソコンの容量が足りなくなって参りまして、急遽増設を行う事になりました。
 決定したのは、お昼休みにヤマダ電機にお使いにいって内蔵HDDを見て
 『1テラバイト』
 という単位に魅力を感じたのとは関係ありませんよ?」

『絶対それが原因でしょ…。』

「で、まぁヤマダで23K円くらいだった商品がアマゾンだと18K円だったのを見てウホッな気分w」

『買わなくて良かったわね、その場で…。』

「えぇw

 さて、ちょっと考えてみました。
 ネットで調べる限り、私が買おうと思ったもうちょい上のグレードな
 『1.5テラバイト』
 っていう未来世紀的な容量の商品が、最安値23800円。
 私の利用するアマゾンさんで、24480円。
 その差、680円…。」

『なら安い方がいいんじゃないの?』

「そこで私、考えました。

 『他の商品もカゴに入ったままなんだし、アマゾンで買っちゃえばよくね?』

 と。」

『…カゴに入ってる商品って、何よ…。』

「仮面のメイドガイ(9)
 リトルバスターズ エクスタシー パーフェクトビジュアルブック
 が既に入ってました。

 …いつ発売だってな感じですね!」

『軽く数ヶ月経ってるわね…。』

「あとは、年齢制限付きのゲームをちょっとのぞいてみて、なんだか昔に比べてこう、興味が涌かないなぁとなにやらオッサンくさい事を思ったりw」

『何を見たのよ?』

「いや、タイトルだけでw」

『『鬼畜眼鏡』とか?
 それとも、『ラブミーテンダー~今宵Barアルバで~』とか?』

「どっちもBLじゃないですか!
 そっちのジャンルは間違っても買わないヨ!」

『一個くらいいいんじゃない?』

「良くないよ!?」

『じゃ、『炎多留』とかどう?』

「ちょ…、エル姉は私を何処に連れて行こうとしてるの!?」

『まぁ冗談はこれ位にして…。
 別に無理して増やす必要も無いんじゃないの?
 合計金額が1500円超えたら総量無料なんだから、もうHDDだけで余裕で超えてるでしょ?』

「それは、まぁ、そうなんですが…。
 でもほら、まとめてくれた方が色々と楽なのですよー。
 ダンボールも、利用価値はあるしね?」

『ネコにかじられるけどね、ダンボール。』

「あいつ、お腹壊さないのかなぁ…。



 さて、また話が変わりますヨ!」

『今度は何よ…。』

「えー、うたのおにいさんからさっき、携帯にメールが来ました。
 要約するとー…。

 『メアド変わったよ!
  で、ドンスカバンバン応援団』の歌がCD化になって今日発売!
  団子3兄弟に続いて2個目のシングルCD化!
  一枚735円だけど、言ってくれたらたぶん安くなるから、買ってもいいよって感じだったら言ってね!』

 って感じでしたー。

 丁度イイネ!
 ってな訳で、アマゾンで早速注文b」

『聞くの?』

「そりゃ聞きますよー。
 ダイスケの歌声、実は最近聞いてないのですよー。
 前回だと、たぶん一昨年辺りの年始の地元イベントで、ゲストみたいな感じで歌ったのだったと…。」

『って事は…、テレビに出るようになってからは全く聞いてない?』

「そうなりますw
 なんだかワクワクしますね!

 というわけで、たぶん明後日くらいに届くと思うので、聞きまくるヨ!」

『ま、好きになさいな?』

「で、応援の気持ちを込めて、皆買ったらイイヨ!
 安く買いたいなーって思ったら、出来るか確実な約束は出来ないけれども交渉してみるので、言ってくだされw」

『ていうか、今回といい前のザウスといい、なんだか宣伝の工作員みたいねアンタ…。』

「好きなものは共有!
 嫌いな物は徹底して排除しよう!

 ちなみに私は、納豆を食べ物とは認められません。
 あれは、腐った、豆です。」

『…まぁ、それに関しては同感だけど…。』

「うっし。
 長くなったので、今日はここまでー。
 三段、無事に誰かからもらえたらいいなぁ…。」

『はいはい、ヒトを探しなさいな?』

「うぃw

 それじゃ、またー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

カビマップからモスコビアへと移ったようです

セレ「カビマップ飽きたーっ!」

エル『そりゃ、しばらくずっとだったしねぇ…。』

「というわけで、細心の注意を払いつつのモスコビアに場所を移す事にしました。
 ちなみに、魔女砂は手元に残してますが、黄ジェムと蛾の羽粉は売却しちゃいましたw

 2種類で2Mくらいになったヨ!」

『まぁまぁな値段ね…。』

「んむw

 モスコビアでは昨晩、横涌きババガヤさんから水しぶき攻撃を受ける所でしたが、なんとかハエで回避!
 危なかった…!

 しばらくはこのままここで狩りをしようと思いますw
 目標は、しおれないバラ20本!」

『集まるまで居たら、結構なお金になりそうね…。』

「地味に青ハブとかも出ますし、白に青に輝くってな感じで草もちょこちょこ生えてますすねー。
 ガンガン稼ぐヨ!

 でも、モスコに飽きたらまたカビに行くヨ!」

『2箇所を往復する感じ?』

「ですね。
 まぁ、気分次第なんですけどね!

 それじゃ、今日はこれだけー。
 特に何も無くw

 ほいでは、また今夜にでもー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ロール娘、94歳に

セレ「日々、ロリコン疑惑が深まっていくセレインさんです、皆さんロリロリしてますかー?」

エル『どんな挨拶よ…。』

「さて、先日めでたく、我が家の娘さんが94歳になりました!」

『前回のレベルアップっていつだったっけね?』

「全く覚えてないですね!
 モスコ行く前だったか、モスコ行ってる時だったかすら覚えてないw」

『まぁ、期待はしてなかったけど…。
 ステはどうするの?』

「考えてるんですよねー…。
 高ASPDを実現する為にDEXに振るか、殲滅を考えてSTRに振るか…。
 可能性は低いですけど、Gvの時の安定性を挙げる為にVITなんて手も考えられますしねー。

 どうするか…。」

『まぁ、転生を考えるんだったら大人しくSTRだと思うけどね?』

「ですよねー。
 転生、するのかなこの子…。」

『ブリザーブの為だけにでも転生する価値はあると思うけどね?
 チェイスウォークトカフルストリップはGvでは活躍するスキルだと思うし。』

「確かに…。
 まぁ、オーラになるまでは育ててみようと思いますw

 さて、Gv。
 今回はWIZで参戦!
 なので、WIZの視点で書きまするー。

 恐ろしい程に敷詰められた罠に、吹き荒れる3大魔法。
 すごいよ、アンクルで足止め喰らった相手にSGとかHDとかの混合でガンガンHP削るよ!
 やっぱりハイディングとかクロークとかで隠れてる相手にはHD、コレだね!

 というわけで、罠とWIZの相性はバツグンですb」

『ふむ…。』

「あとはいつも通りかな?
 さゆさんがあとジョブ2上げてLPの範囲広げるって言ってたんですけど、あれってレベルで範囲違うんですね、この話で知りました…。」

『…まぁ、今まで対人関係はほとんど何もした事無かったしねぇ…。』

「んむw
 まぁこれから色々調べて上達していく事にします、知識面でも、行動面でも…。」

『まぁ、頑張りなさいな?』

「さて、めでたくレベルアップを果たした彼女ですが、カビマップ監禁が続いてます。
 屋外引きこもり続行中ですb

 幸か不幸か、Gvにも他キャラでの参加だったので上書きもされてませんw
 ビバ! 三段掌!」

『どれくらい収集品たまった?』

「カビの粉が1000個超えた位ですね、確か…。
 ハッキリとは覚えてないですけどねw
 ていうか、ハッキリと覚えないようにしてるんですけどねw」

『まぁ、後のお楽しみか…。』

「ヨーシ、今日はこれでおしまいー。
 何か、みんなで狩りに行ったりもした気がしまくりですが、とりあえず保留にしとくヨ!

 あと、さゆさん枕ゴメンネ!」

さゆさん:『枕ぁ(:D)| ̄|_』     (おそらく単語登録)
セレイン:『よだれぇ(:q)| ̄|_』  (間違いなく毎度毎度手打ち)

「最近のマイブーム受け答え。」



よだれぇ(:q)| ̄|_

  ↑みんな単語登録するんだ!(ぁ




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ローグは3段掌でカビマップに篭っています

セレ「まさに屋外引きこもり!」

エル『その単語は新しいわね…。』

「さて、先輩にお願いされてお昼から出勤になったセレインさんです。
 みなさん惰眠を貪ってますかー?

 わたしは早めに就寝してたので、お目目パッチリの完全状態に回復してます!」

『早く寝たって…?
 布団に入った段階で、すでに28時だったんだけど?』

「普段の、次の日休日な私としては、お日様が見える位まで狩りしたかったんですけどねぇ…。」

『そんな事ばっかりしてると、はげるわよ?』

「またまたーw」

『いや、ホントに。』

「…マジデスカ?」

『えーとね、たしか髪を増やすホルモンというかそういう物質って、就寝してる状態での午前2~3時くらいに一番出るんじゃなかったかしら?』

「…マジッスカ…?」

『うろ覚えだけど、確かそんな感じだったと思う。
 だから、たぶん統計を採ったら夜勤ばっかりやってた人はハゲが多いんじゃない?
 まぁ、遺伝もかなりあるだろうから一概にはいえないけど。』

「ふむ…。
 まぁ心に留めておきます…。

 さて、三段をさゆさんの協力でまた貰いました。
 わざわざジュノーから呼び戻しちゃって申し訳ない、助かりました!

 お礼に、オフ会の時に歌声を披露するヨ!」

『聞きたくないと思うんだけどねぇ…。
 まぁ、音痴ではないと思うけど。』

「フォッフォッフォ…。
 まぁ、マニアックな歌が私の歌える歌の8割を支えてるようなもんなので、知らない歌だったらごめんなさいw
 一般的なので歌えるのって、キンキの歌くらいかな?
 好きなのは、雨のメロディーと、僕の背中には羽が生えてる、だったかな?」

『…曲名も覚えてないのか…。』

「大体はあってるはず!

 最近は『モノクロのキス』って歌がお気に入りw
 通勤時間にこれを含めての『お気に入り』ってフォルダをPSPに作って聞いてますw

 あー、でもこの頃はドラマCD(なのは)ばっかり聞いてる気も…。

 やっぱりスバルはいい子ですね、ティアナもだけど!」

『キャロとかエリオは?』

「大好きです!」

『…なのはで、嫌いなキャラは?』

「いないかなぁ…。
 レジアス中将の娘さん(だったよね?)が中盤では嫌いでしたけど、最後まで放映を見たら、気持ちは分かるなーってなったので、嫌いじゃなくなりましたね。」

『…アニメに出てきたキャラで、嫌いなのっているの?』

「んー…。
 アニメに出てるかは知らないですけど、とある魔術の禁書目録に出てくる木村(だっけ?)は嫌いかな?
 ほら、一方通行を育てたみたいな人。」

『…あー、あれかぁ…。』

「インデックスはアニメほとんど見てないので、出てるのか知りませんw
 ていうか、どの辺りまでアニメ化するんですかね?

 個人的には、一方通行(学園都市No.1)vs未現物質(学園都市No.2)の戦いは見たいかな?
 でも、あれを見るって事は状況的に木村も出て無いとおかしいんですよねー。」

『まぁ、2人ともありえない能力だしねぇ…。』

「あの都市に住んでる子供でありえない能力じゃない人間の方が少ない気がしますけどね!
 ゲーセンのコインを超伝導で音速の3倍で打ち出す子とか、触れた物を瞬間移動させる子とか…。」

『世界設定を見るに、しょうがないでしょうね。』

「私的に、一方通行の強さが尋常じゃないですね!
 あいつ、餓死とか病死以外はありえないじゃないですかw」

『原作の今の状態だと、バッテリーとシスターズの協力が必要だけどねぇ。』

「何、なんでも方向変えられるってw
 ありえないにも程があるw
 しかも、寝てる時にも反射を常時展開とか!

 戦いたくない相手第一位ですね!」

『あんたが戦って勝てる相手って、あそこにいるのかしらね?』

「…皆無?
 ケンカが強い訳でも無いですしね、私w」

『筋肉無いからねぇ…。
 まぁ、後ろから捕まえられた時の対処法が普通の人より多いけどね、アンタ。』

「ヘヘヘ、肩の柔らかさだけは高いですからね!
 股関節硬いから、あぐら掛けないけどね!」

『座禅とかしたら、股関節外れるでしょうね…。』

「えぇw

 さてさて、とりあえずローグはカビ監禁です。
 こないだちょっと清算で買い取りたい商品があったので収集品を売っちゃいましたけど、また位置から集めなおします。
 目指せ、魔女砂10K個!」

『ファイトー。』

「ほいでは、今日の更新はこの辺りでw
 いやー、手品の道具の3Dを、3Dソフトじゃなくて普通のCADで描くのって難しいね!」

『普通は描かないでしょうけどね…。』

「今書いてるやつも、発売された後ならちょっと私が書いた3Dの絵を見せちゃおうかと思います。
 さすがに、納品前には見せられないんだぜ!」

『ま、社会人としててちうか、サラリーマンとして当然ね。
 セレに一応の一般常識があって良かったわ…。』

「一般常識の塊ですよ私!

 それでは、またー。
 今夜の俺Gの狩り、たぶん行けるかと思いますけど、仕事が押したら無理かもです…。

 ではっ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

アビスと、阿部(アッー!)さん

セレ「俺G軍団で、アビス!」

エル『この頃はPT狩りが多いわね?』

「ですねー。
 なんとも、嬉しい限りでござるー♪」

『今回はアビス3?』

「ですね。

 タツさんが配置変更後のアビスは行ってないとの事だったのもあって決定!

 結果としては、経験値減りましたw」

『決壊か…。』

「全滅はしなかったんですけど、データルがね…。」


※データルドラゴン:アビス3にいるMVPボス。
 画面全体に響き渡るタイダルフィアー(だっけ?)がうざい。


「うちの子の場合には、沈黙とかは全く関係無いんですけどえー。
 懸かって困ったのは、混乱とスタンです…。」

『Gvで混乱させられると邪魔でしょうねぇ…。
 万能薬で解決しそうだけど。』

「スタンはAGIキャラばっかり使ってるからもう慣れましたけど、混乱はかなり困る…。
 何もエフェクトが出ないのに、クリックした場所と全く違う方向に歩く…。」

『あ、混乱ってそういう効果なんだ?』

「んむ。
 昨晩初めて掛かりましたw

 まぁ、ずーっと未実装のままでしたからねぇ…。
 妖怪の槍が実装されたのと同じ時期に実装したんだったかな、混乱?」

『ふむ…。』

「今回のメンツは、
 タツさん(ハイプリ) 
 ブラさん(クラウン) 
 さゆさん(ハイWIZ) 
 シロ飯さん(パラディン)
 わたし(黒タイツ)

 で、レベルの関係で外PTになった、KAYAr…じゃなかった、阿部さん。」

『阿部さん…?
 苗字?』

「えぇ。
 フルネームが昨日決まりましたw」

『阿部さんって言ったら、いい男が有名ね?』

「下の名前は、高和さんだそうです。」

『本人なんだ…。』

「だって、いきなり
 『2人でやらないか』
 ですよ。

 もう、後半のひらがな5文字だけで、阿部さん確定ですよ。」

『偏見もいいとこね…。』

「まぁ、真実は闇の中です…。

 石盾が1個出ただけでしたけど、人数が少なかったのもあって、一人当たり100K弱の収入に!
 経験値減ったけど、まぁ楽しければOK!
 重いではプライスレスw」

『まぁ、いいんじゃない?』

「さて、次回は月曜日の更新になるはずです。
 出社したら更新ってな感じなので、もしも明日更新があったら仕事になってしまったんだと思ってください…。」

『そうなる確率は?』

「五分五分…ですね…。」

『ふむ…。』

「ま、やるだけやってみますw

 ほいでは、ここまでー。
 今回のGvは参加できるかな、ちょっと予定を組み替える必要が出たから今は微妙ですけど、なんとかしてみせまさー!

 ではっ!
 ノシ」



PS:最近、ウサビッチの動画を見るのにはまってますw
   第三期、30話までしか見れないなぁニコニコとかYoutube…。




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ピラミッドにアヌビスさんが遠征しているようです

セレ「ログインしてから御飯を食べに行って、戻ってみたら狩りに行く直前だったみたいで、一緒に行ってきました!」

エル『どこに?』

「ピラミッド最上階!
 何やら、アヌビスさんがピラミッドに遠征を開始したらしく、ピラミッド最上階がなかなかの効率狩場へと変貌を果たしたと…。

 というわけで、行って来ました!」

『メンツは?』

「ブラさん(クラウン) 必殺技:中の人が道端で脱ぐ(全部)
 ウェルさん(HiME) 必殺技:超早口言葉(ブラギに乗ったらMEが1秒弱か!)
 凪さん(殴りME)  必殺技:自爆(喰らえグランドクロス)
 私(ローグ)     必殺技:寝落ち(寝落ちしないで狩りしたら負けだと思ってる)
 の4人ですね。
 4人って、カルテットて言うんでしたっけ?」

『まぁ、4人組の事をカルテットって言ったりするわねぇ…。

 関係無いっていうか関係あるんだけど、セレが好きそうなゲームにもあるわよ、名前でカルテットってのが。』

「ほほー。」

『正式名称は
 『Quartett!』
 セレ好みな、身長136cmの子とかいるわよ?』

「ちょ…!
 私のロリコン疑惑をこれ以上深めないで!
 別に、小さい子にしか欲情しないって訳じゃないから!
 ていうかちっちゃい子に欲情とかしませんから!」

『じゃ、どっちか選んで。

 1・可愛らしい小学生
 2:引越しおばさん

 お嫁さんにしたいのは?』

「ちょ…、極端すぎる!?
 ていうか、片方明らかにおかしいでしょ?
 心の病気っていうか、麻薬とか体内で作って常時分泌してそうな人じゃないですか!」

『はい、答えは?』

「…そりゃ…1ですよ…?」

『この、ロリコンが!』

「2って答えるのは、私の人としてのプライドが許さなかったんだもの!」

『まぁ、2って答えてたら病院を紹介してたけどね。』

「不自由な選択…!

 まぁそれはいいとして、アヌビス・マーター・マミー・エンシェントマミー・ミミック。
 こいつらが闊歩するピラミッド最上階を、練り歩きつつ殲滅するカルテット。」

『裸の兄貴がブラギ歌って、ウェルがMEで殲滅かしらね?
 凪はTUだかMEだか殴りだかで殲滅か。

 …あれ、セレってする事無いんじゃ…?
 ここって、そんなに収集品でお金になる場所じゃないわよね?』

「いや、結構なお金になるんですよ?
 そんなに高価じゃないけど、中くらいの金額になる収集品をポロポロ落としますしw
 時間と綺麗に比例する金銭効率な狩場、ですねー。」

『一発ドーンってのは、無いか…。』

「MVPカードとか出たらドーンですけど、夢の世界ですねw」

『ふむ…。』

「さて、MVPといえば、ピラミッドのはオシリスですね。
 釣り役だった私、運悪く発見されてしまいまして、急襲!
 思わずテレポする私!」

『賢明ね…。』

「凪さんが、ASでイシス殲滅しましたので、追加オーダーの取り巻きはより強力なAマミ軍団!

 凪さんはそれを反省してたみたいですけど、対単体スキルでの殲滅が無理なあのPTだと、まぁ時間の問題ですから気にしなくていいんじゃないかとw」

『ま、MEやってもそうなっただろうし、アローバルカンだけで倒すには少しHPが高いし、QM使ってくるしね…。

 ていうか、凪のASって、GX?』

「見てた限り、ファイヤーボルト、コールドボルト、ユピテルサンダー、メテオストーム、グランドクロスがボコボコ発動してましたねー。
 何あのオートスペル魔人!」

『なんていうか、さすがね…。』

「有る程度与えたけど無理と判断して、オシリスから離れて狩り再開!

 しばらく経ったら、いきなりMVPの文字がボカーンと上がるウェルさんw

 どうやら、MVPはトドメを挿した誰かではなく、それまで頑張ってMEとサンクとSWでオシリスと戦ってたウェルさんだった模様!」

『まぁ、とりあえずおめでとう?』

「んむ、おめりー。

 経験値も順調に増えて、今60%になりましたw
 94までもう日と頑張りかな?」

『あ、もうそんな具合なんだ。』

「あいw

 金額的には、一人当たり100K弱ってとこでしたねー。
 杖を盗んでたので、それが一番の収入でした。」

『ふむふむ…。』

「ちなみに、私が買い取りました!
 うへへへ、濃縮オリで死神の名簿過剰してGvでウハウハ計画が、プリが装備して殴ってもコーマ発動しないという驚愕の事実を凪さんから教えてもらって、使い道がなくなってたんですよ、濃縮。
 なので、渡りに船というか、そんな感じですw」

『+10になったとしたって、セレの支援プリはただの壁みたいなもんだから、ねぇ…。
 どうなのかしらね?』

「ドウナンダロウネ!

 でもまぁ、+8とかにでもなったら結構な値段で売れると思いますし、過剰はします。

 でね、売れないと思って並べたまま寝て、起きたらログアウトしようと思ってたら寝坊してそれが出来ませんで、並べっぱなしになってた商品が、売れてましたw」

『何? 不良在庫のどれか?』

「いえ、血鉄球。」

『…あれが無いと、セレのキャラでアイスタイタンLA一撃狩りは無理なんだけど…?』


※料理を使うと、鉄球無しでも可能です


「でも、購入金額より10M以上高く売れたので、いいかなーって…。」

『あー、それならいっか。
 また安くなった時にでも買えばいいしね?』

「んむ!
 無かったら無かったで、色々試行錯誤しますしねw
 何より、考えてみたらあれなんですよ。
 鉄球が必要な狩場に、この頃行ってないんですよ。

 だからまぁ、いいかなーとw」

『ふむ…。』

「で、この資金をどうするか検討中。
 このまま貯めて、いつか大きな買い物をするか。
 それとも、一気に他装備の補充をするか。」

『あぁ、3減盾とか?』

「ですw
 未だに対人盾しか持ってないですからね、私。

 あ、遠距離盾もあるんだ。」

『まぁ、Gvでしか使わないけどね、あれ…。』

「でもまぁ、たまに利用できますしねw
 こないだのアビスの釣り役の時も、遠距離盾は頑張ってくれましたしね!

 ほいではここまでー。
 明日っていうか今夜は早く帰れる気がするので、お金稼ぎがんばるヨ!

 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

久々のPT狩り in アビス

セレ「うふっ(ハート」

エル『死にたいの?』

「いきなり過ぎる…!

 いやね?
 昨日のブログで、『PT狩りしたい』 って書いたじゃないですか?」

『書いてたわねぇ。』

「そしたらね、Gチャットしてたマチョさんが、
 『ブログ読んだよ! PT行こうか!』
 ってな具合で、誘ってくれました♪」

『なんて奇特な…。』

「奇特とか言わない!

 で、Gチャットで、
 ジルオル『PT狩り行きたい人挙手っ!』 ※マチョさんのキャラ
 セレ『ノ』
 ジルオル『ノ』
 ……………(反応無し)
 セレ『……ペア?』
 ジルオル『人いねぇええええええええええ!』

 という素敵な会話が起きまして、ペアで騎士団に向かうことに!」

『みんなセレが嫌いだから避けたのよ。』

「そんな事無いもんね、みんな私が大好きですもんね!!!!
 まったくもー、恥ずかしがり屋さんめっ☆」

『きもっ!』

「で、溜まり場で集合って事にしてジュノーから帰還。
 溜まり場へ。

 で、お互いに準備していると人が集まるってのは私の日頃の行いが良いからですね!
 ロナさんの参戦が決定して、WIZで参加。
 さゆさんの参加も決定し、同じくWIZで参加。
 私は盗人で盗賊家業を行いまして、マチョさんが支援。

 メンツが揃ってきてるので、場所を変更し、アビスへ。」

『アビスって、即涌きになってヤバイんじゃなかったかしらね?』

「即涌きは3階だけかもですw

 で、途中まで進んだ所で、ブラさんがLKで参戦!」

『壁の登場ね。』

「まぁ今回に限っては、敵が有る程度の量だったら私でも壁は出来ますけどねw
 くらったら南無ですけどねw
 ていうか喰らって南無ったけどね…。」

『HP低いしねぇ…。
 VITも1だし。』

「で、さゆさんが白ポ尽きたって事と、タツさんが合流できるかもって話になって一旦帰還。
 合流してリベンジって流れに。」

『ふむ…。』

「ここでロナさんが就寝でリタイア…。

 そしてしばらく待つうちに、すごい人数に膨れ上がるPT!

 ブラさんが呼んで来た、律G溜まり場メンバー軍団。

 最終的には8人での狩りかな?
 9人だったっけ?」

『いやわたしは知らないわよ…。』

「で、私は釣りとして参戦。
 ただ、純粋な支援がウェルさんしかいなかったのが心配でしたけど、類稀な腕前で危なげも無くw

 私の支援よりも上手でしたよ!」

『だから、セレが使うプリは支援じゃなくて、支援スキルを覚えた経験値泥棒だってば。』

「釣り師セレイン、割と頑張りました!
 出張先で南無ったりもしましたが、割と頑張りました!

 最後には全滅で帰還しましたけど、あそこの効率は今までよりも数段上になりましたねー。」

『即涌きだから、今までの時間涌きよりは数段高いのは当然でしょ?
 その代わりに、死亡率も段違いに上がったはずだけど、やっぱりそうなったんだ?』

「えぇ…。
 まぁ、これは仕方ないですw
 楽にレベル上げができる場所なんて、あったら困りますしね!」

『いや、困りはしないでしょうけど…。
 でもまぁ、面白さは半減するでしょうね。』

「ですねー。
 こういうゲームって、いかにレベル上げを楽しむかが大きいですしね。
 一番大きいかどうかは、個人差がありますけど…。」

『セレ的に一番楽しいのって、容姿キャラを見てハァハァする事であしょ?』

「そうそう、お持ち帰りしたくなr……違うよ!?」

『はいはい…。』

「で、えー全滅して帰還して、清算。
 マグニキャップ2個、ストーンバックラー2個、レッドペロスカード1枚。
 そんな感じでレアが結構出ましたw

 清算の結果、一人当たり200Kちょいの収入!
 ウマー♪」

『まぁお金だけだったらソロ狩りの方がいいような気もするけどね…。』

「でも、楽しくて経験値も稼げてお金も入るんですよ?
 最高ですねb

 いや、もう最高を通り越して斉藤!
 PT狩り斉藤ぉー!」

『また、ネタ知ってる人しか楽しめないようなネタを…。』

「ん、まぁそんな感じでPT狩りしてウッハーしてましたよ昨晩は。
 で、その後は露店出して、風呂入って就寝。」

『待て。
 あの時間から風呂?』

「んむ!
 いやー、基本的に朝風呂なセレインさんなんだけども、最近はセクシーなお布団嬢がなかなか私を離してくれなくってねー?」

『…まぁ、布団が恋しい季節って言う表現もあるくらいだしね…。』

「なので、夜のうちに入浴w

 そしたら、朝起きたら髪の毛がSPARKING!」

『乾かして寝ろ。』

「私の中で、髪を乾かして寝るのは女の子だけです。
 野郎は、寝ている間の自然乾燥に任せるのが、漢らしさ。」

『あぁ、このアホはホントにもう…。』

「うっし、ここまでー。
 なにやら設計してた家の階段がちょっとウワーな事になってきてるんで、再検討しないといけませんw
 頑張らないと…。」

『はいはい、がんばれー。』

「ではえはー。
 また今夜も、暇だったら誘ってくださいなw

 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

マッチ子と触手と鉄球と。

セレ「マッチ売りの少女って話、あるじゃないですか?」

『あるわね、バッドエンドの物語。』

「あれでね、ちょっと気になったんですよ。」

『何が?』

「あの子って何歳?」

『…………。』

「…あれ?
 なにこの沈黙?
 そしてなにその冷たい視線?」

『あんたは、幼女ならなんでも見境無しか…。』

「ちちちち違うよ!?
 ただ、ちょっと気になっただけで…。」

『見境無しね。
 このエロ猿がぁっ!』

「酷い言いがかり!

 だってあの子、あんな幼いっぽい年齢ですごい境遇じゃないですか?
 あれくらいの年の頃って私何してたかなーとか考えて、あの子って何歳なんだろ?って…。」

『ふむ…。

 まぁろくでも無い事でもしてたんじゃないの?』

「カエルのお尻にストローを刺して…後は分かりますね?」

『吸ったの?』

「なぜ!?
 普通は逆ですよ、逆!」

『…え、吸われたの…?』

「そっちの逆じゃねええええええええええ!

 いやまぁ冗談はともかくね。
 ていうか、カエルなんてあんまり見かけませんよ?
 雨の後とか頻繁に見かけましたけどね、ど根性ガエルを。」

『…2Dに挑戦しちゃったのか…。』

「えぇ、主に道路で見かけました…。

 いや、それはともかく、マッチ売りの少女の年齢です。
 マッチ売りの少女って呼びにくいので、仮の名前としてマッチ子って名前にします。

 マッチ子って何歳なの?」

『ネーミングセンスが素敵過ぎて、眩暈がしたわ…。

 まぁ、あの子の年齢は小学校中学年から高学年ってとこじゃない?』

「おぉぅ…!」

『セレ……?
 なんで興奮してるのよ…?』

「シテナイヨ!
 エル姉のさもしい深層心理が、ありもしない声を」

『フルメタの女神の来日編はいいから。』

「やべ、元ネタがばれたw
 まぁいいとして。

 小学校高学年くらいっていうと、私は何してたかなぁ…。」

『スカートめくりとかパンツめくりとか、女子のリコーダーをペロペロなめたりしてたんじゃないの?』

「私どんだけ子供の頃から目覚めてるんですか!?
 そんな事してないよ!

 ていうか、スカートめくりならまだましですけど、パンツめくりって…!」

『文字通り、女子のパンツをペローンとするのよ。
 好きでしょ?』

「馬鹿なっ!?
 ていうか、ぶっちゃけズボン履いてる女子の方が多かった気がしますw
 今はどうだか知らないですけど、とりあえず私の小学校時代には今の女子高生みたいなミニスカートはいてる子いませんでしたしね、スカートめくりだってしませんでしたよ?」

『……うそでしょ……?』

「何でそんな、ありえない物を見ちゃったみたいな視線で私を見るの!?
 しないですよ普通、スカートめくりとかリコーダーとか。

 高校で、道端で1人(ピーーー)してて部員に目撃されて部を去った先輩ならいたけど。」

『…その方がレアね…。』

「ま、とりあえずマッチ子は10歳前後…っと…。」

『メモるまでもないくだらない内容だと思うんだけどね…。
 まぁ、自由だけど。』

「さてエル姉、話を変えますよー。

 えー私ね、ROでね、久しぶりにみんなと…PT狩りがしたいです…!」

『帰宅時間を早くするしか手は無いでしょうね…。』

「うぅ…。

 あと、ローグはクエも進めさせたいですね、特にキルハイル。」

『全キャラでやったら、カード帖があと19個もらえるわよ?』

「いや、レベル制限で何人か不可能ですからw
 まだノービスな子すらいますからw

 でも、レベル制限をクリアしてるキャラだけでも、たぶんあと5~6個は貰えるんですよね…。」

『そうね。』

「まぁ、全くクエしてない子ばっかりだから、かなり大変そうですけどね!

 さて、昨晩も相変わらずのカビです。
 今夜辺り、鉄球セットもたせてみようかと考え中です。」

『殲滅はは早くなるけど、どうなのかしらね?』

「なので、昨晩は普通の装備で30分狩りをさせてみて、その収集品をそのままにして狩場に放置してログアウトー。
 今日、ログインしてみて個数数えて控えておこうと思ってます。」

『何回かやって、平均を出したらいいわけね?
 計算は任せなさい。』

「お願いしますね♪

 さて、話す事がありませんね。」

『余計な事は言わずに、大人しく更新終了にしたら?』

「そうはいきません、まだ行数が残ってます!」

『残ってるっていうか、書いたら書いただけ反映されるからほぼ無限なんだけどね…?』

「というわけで、ちょっと欲しい物と、しなきゃいけない事を書いてみようと思いますb」

『うわぁ…、また性癖爆発の告白タイムか…。』

「えー、まず気になってる商品からー。」


クドリャフカー♪


「マントっていうか外套の棚引き具合がとってもステキですね、是非欲しい一品です。」

『どこに飾るのよ、あんたのあのカオスな部屋の…?』

「次!」


うたわれるものPORTABLE


「大好きな作品のPSP化!
 個人的にはトランプがものすごく欲しいw」

『あんた、家にあんなにトランプあるのに欲しいの…?』

「あれはトランプじゃないです、あれはカードです。
 手品用のトランプは、普通のトランプじゃないのです!

 まぁ、カードは残り5デッキくらいありますけど、あれは普通のゲームするには少し滑りが良すぎてやりにくいのでねw」

『でも、このうたわれるものトランプでゲームなんてしないんでしょ?』

「当然!」

『だったら意味無いじゃないのよ…。』

「それはそれ、これはこれ、ですw」

『はいはい…。』

「次は、前にも書いたけどこれー。」


純愛触手ADV『つくもの ~やどりぎロマンス~』


「続々と追加情報が出始めました、楽しみですね!
 まさか、触手がしゃべるとは…。」

『今までの触手って、しゃべらなかったしね、当たり前だけど。』

「まぁ、前代未聞ですね、私の知る限りは…。」

『セレの触手はしゃべるのにね?』

「しゃべりませんよ!?

 ……え、しゃべらないよね…?」

『後で話しかけて見なさいな。』

「やべー、返事聞こえたらどうしよう…。

 セレ「やぁ、最近忙しいけど、元気に行くよおいどん!」
 触手『うるせぇ、ガタガタ言ってんじゃねぇぞ、ぶるああああ!』」

『なんで若本ボイス…。』

「いやなんとなく…。
 ハスキーな女の子の声なんて聞こえたら、思わず気絶しますよ私w」

『ちなみにこんなマンガがあるわね。』


カオスだぜ!


「ちょ…!
 (ピーーー)と会話するのはデフォルトなのか、今の時代…。

 ていうかこのマンガ、絵柄的には少女マンガ…?
 こんなの読んで大きくなった女の子は、なんていうか、大丈夫なの…?」

『わたしから見たら、セレも大丈夫か心配になる部類の人間だけどね…。

 さて、まぁ半分は冗談だから続き行きなさい?』

「ほいさー。

 …って、冗談なの半分だけなの…?
 え、どこからどこまでが…?」

『いいから、続き続き。』

「…よし、後で話しかけてみよう…。
 えーと、次はやらないといけない事ね。

 とりあえず、貯まってる小説を読破しなきゃいけませんw」


・伝説の勇者の伝説シリーズ(『とりあえず』も含めて全部読み直し)
・ゼロの使い魔(16未読)
・灼眼のシャナ(最初から読み直し)
・とらドラ!(6辺りで読むの止まってる気がしてたら、いつのまにか完結してた)
・風水学園(読み直す)
・まじしゃんず・あかでみぃシリーズ(最初から読み直し)
・クロスカディアシリーズ(4までしか読んでない、ラストの5巻を読む!)
・Fate/0(まだ1巻中盤ちょい前くらいw)
・空の境界(読み直す)


「浮かんだのだけで、これだけ読まないと…。」

『読んだけどもう一度、ってのも紛れ込んでるわね?』

「んむ!
 私にはよくあることですw

 さて、とりあえずこれくらいでいいかなー、文量?」

『後半のはいらない気もするけどね…。
 しかも、こんなの関係無い事を書いてるのに、カテゴリはROなんだ…。』

「んむ!
 書きたかったのはROの話なのでねw

 それでは、また夜にでもー。
 ノシ」


にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

カビマップで収集品をたくさん集めようと思うのです

セレ「お口で咥えるのが大好きで、そんなサークルを作っちゃったって人からコメントがありました、アドレス付きで。」

エル『どう考えても、ウィルス付きのページだったりしそうね…。』

「こういうコメントは困りますねー。
 新着コメントが着ててウハウハ気分で表示してみたら、
 『フェ○○○クラブ☆』
 とかそんなのですよ。
 ガッカリですよ…。」

『まぁ、そういうサイトからコメントが来るって事は、フィルターを通過出来るくらいにはこのブログも認識され始めたって事でしょ?
 そう考えたらいいんじゃない?』

「デスネ!

 まぁ閲覧してくれてる人に迷惑がいかないように、アドレス付きのコメントに関しては私が自分で色々やってみて、安全性が確認されてから出すようにしてます。
 まぁ、ぶっちゃけ、ほとんどの場合は『疑わしきは罰せよ』で行ってますけどね!」

『セレもわたしも、そういう面での捜査能力は低いしねぇ…。』

「ですねw

 さて、週末の話ー。

 ブラさんから借りたアイシラ頭を装備して監獄に乗り込みました。」

『あ、どうだった?』

「なんかフェンクリの持ち替えで混乱して、何も出来ないままにソニックブローで南無しましたw
 FW置くのにミスるとか、どんだけ鈍ってるんだ私!」

『あー、ずっとWIZ系は使ってなかったしねぇ…。』

「えぇ…。

 で、ローグは上書きされましたけどもそのままカビマップに引きこもってます。
 目指せ、魔女砂10K個!」

『10K個だったら、1個1Kで売却したとしたら10Mになるわねぇ。
 貯められるかしらないけど。』

「まぁ厳しいと思いますけど、なんとか頑張ろうと思いますw

 Gvは、砦ゲットならず…。
 LPに乗っかって移動するのはなんとなく出来るようになったかなーと思いますが、なかなか一筋縄では行きませんねー。
 上陸されてのBB連打がかなり痛いです。
 私の役割としては、こういう場合の武器破壊が大事かなってな訳で、次回は武器破壊のソドブレを借りようと思います。」

『って事は、今回はメイルブレイカー装備だったんだ?』

「んむ!
 突入してきたLKを殴りまくってたら、SG喰らって凍ってるのを見て
 『よっしゃぶっこわしたったどーーー!』
 って思ってたら、阿修羅されて南無した。」

『なんというアホ…。』

「さて、今日も帰宅したらカビマップかな?
 もしくはWIZでどこかに行くかな?」

『ふむ…。
 帰れるの?』

「帰る!
 なんとしても帰る!」

『ふぁいとー。』

「ほいでは、短いけど今日はここまでー。
 日曜日に寝ちぎっちゃったから、あんまりネタも無いのですw

 みんな夜はしっかり寝るんだよ!

 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

仕事になった土曜日です、コンニチハ!

セレ「今日はお仕事です、忙しすぎて出社日になってしまいました土曜日の午後2時を、決してロリコンじゃないたたの子供好きのセレインさんがお伝えします。」

エル『仕事か…。』

「来週は、きっと仕事にならないと信じてる…。

 さて、昨晩の話!

 ログイン→ローグ→上書き→WIZ→南無→就寝」

『また上書きされたの…?』

「横涌きババヤガかウジャスに、高速WBを喰らいましてね…。
 ショックでごわす…!」

『あー、なるほど…。
 ま、また誰かにお願いして覚えるしかないでしょうね。』

「ですねー。

 よし、時間がないから今日はこれだけ!
 明日も忙しそうですけど、Gvには参加できるかと思われますw」

『まだ微妙なラインか…。』

「えぇ、今日の頑張りで変化します。
 なので、今日は更新を短めにして、仕事優先!」

『いや、いつも仕事を優先しなさいよ…。』

「えへっw

 それじゃ、日曜日が仕事にならないように頑張ってきます!
 ノシ




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

お風呂で睡眠+ザウス新作発売日決定

セレ「その辺どうですかエル姉?」

エル『え、お風呂で睡眠?』

「うん。」

『お風呂で寝ちゃうのは、睡眠じゃなくて気絶に近いから注意よ?
 アンタくらいの年代なら大丈夫でしょうけど、年いったらそれが死因になる可能性もあるから。』

「まぁ、そのくらいの年になったら気をつけますw
 何歳くらいかなぁ…。」

『普通のヒトだったら60歳とかから気をつければいいんでしょうけどねぇ。
 セレの場合は体力が無いから、まぁ25歳くらいから気をつけたらいいんじゃないの?』

「ちょ、今25歳…!」

『じゃ今夜から気をつけなさい。』

「ドンダケー!」

『早朝、家族によって発見される全裸セレイン…。
 その手に握られた筋肉旋風トランクスに隠されたメッセージとは!?

 次回最終回 『セレイン、ロリにより殉職』』

「何やってんの!?
 変な番組をでっち上げないで下さい!」

『何か新しい事させたい気分なのよねー。

 あ、あれやりなさい。』

「あれって?
 あ、分かった、埋蔵金探しですね?」

『そんなアホな事しなくていいから、特にセレみたいな超絶方向音痴は。

 そうじゃなくて、執筆しなさい。』

「ネリーのやつ?」

『そっちじゃなくて、
 『愛すべきロリ』
 の方。』

「馬鹿なぁっ・・・!」

『哲学書らしいから、それっぽい事書きなさいよ?』

「ていうか書かないよ!
 書けないよ!」

『そこをがんばるのが、セレのセレらしさっていうか、苦しみ悶えるセレを見るのが大好きなわたしの悦楽というか。
 まぁ、書けって事よ。』

「書かないよ!

 はい、次の話ね!

 えー、ログインして少しおしゃべりして、風呂入って、気絶して、目覚めて、狩りに行って、RO終わらせて、寝ました。
 昨晩の動きはこんなもんですねw

 狩りはモスコビアです、何事も無く終了しちゃったので、特に書く事がありません。」

『ていうか、また風呂で落ちたのか…。』

「あの暖かさには勝てません…。
 全身を包み込むように私を誘惑するんですよ、仕方ありません。」

『口と鼻を重点的に包んでくれたらいいのにね?』

「ちょ、南無してしまう…!」

『セレならきっと大丈夫よ、口とか鼻を塞がれても、
 『大丈夫! 私には、エラ呼吸がある!』
 とか言い出しそう。』

「言わないヨ!

 あ、口とか鼻をふさがれるで思い出した。
 というわけでどりゃああああああああ!」





純愛触手ADV『つくもの ~やどりぎロマンス~』純愛触手ADV『つくもの ~やどりぎロマンス~』純愛触手ADV『つくもの ~やどりぎロマンス~』


『…例の、純愛触手ADVゲームね…。』

「発売日が決定しました、5月1日です!
 あと、ザウスのHPがリニューアルになってます、ヤッタネ!」

『だから、アンタはザウスの回し者なのかと…。』

「ちなみにこのバナーは期間限定商品かもしれません。
 欲しいと思った人は、今すぐザウスHPへ、GO!」

『いるのかな、そんな人…。』

「ちなみに↑に並べた3人は、とりあえず画像をパッと見てなんだか良さそうだと思った3人ですw
 特に理由はありませんw」

『ちなみに3人の中2人はあれね、ペターンね。』

「偶然ですねー♪

 はい、それじゃー今日はここまでだよ。
 明日もおそらく出社ダヨ!

 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

執筆と、ロシアからの最終兵器(21)参戦。

セレ「ここ数日、全く狩りをしてない事実にやっと気付きました…。」

エル『それよりも、社会人なのに毎にログインしてるってのが驚きなんだけどね…?
   帰りが早いならいいんだけど、帰宅時間が25時過ぎとかでも普通にログインしてるのはおかしいと思うのよね…。』

「へへへ、照れるぜ…。

 さて、なんか突発的なノリで書き始めてみたモノが進んできました。
 完結まで書き切れたら、もしくは書ききれると確定したら乗っけて見ようかとw」

『まぁ、好きにしたら?』

「でも、ぶっちゃけエンディングがまだ見えてきません。
 ていうか、ここからどう話を続けるかがなんとも言えませんw

 とりあえず、ネリーが勝手に動き回った結果、マリコヌルが仲間になってしまったかもしれません。
 なんでこんな事に…?」

『いや、知らないけど…。』

「さて、そんなお姉ちゃんやってるルイズの話は置いといて…っと。

 何かありましたっけ、話すること?」

『特に無いんじゃない?
 そろそろホワイトデーだから、その準備しなさいってくらい?』

「あー、もうそんな時期ですよね、そういえばー。
 ちょい前の更新で、自分で書いた気もしますがw」

『あとは何かあったかしらね…。

 RODSの進行状況とか?』

「あ、なるほどー…。

 といっても今、ラスボスっぽい男性に2回も返り討ちにあった後でしてね…。
 レベル上げを兼ねて装備の充実も図ろうかと思いまして、蜃気楼の塔に登頂中。
 現在20階くらい、金ゴキカードが出てよっしゃああああな気分ですが、主人公がアサシンでカタール型な為、盾なんてもてませんw」

『ラスボス戦だけ装備変えたらいいんじゃないの?』

「そんな訳には行きません、だってカタールはロマンだもの!
 でも、二刀もロマンです。
 ロマンがいっぱい、アサシンライフ♪」

『ラスボスだけ片手に錐でも持ってサクッと倒して、後からレベル上げやらクエスト達成率100%狙うなりしたらいいのに…。』

「…それもそうですね…。
 よし、そうしようw」

『ん。』

「あ、大事な事言うの忘れてたよわたし!」

『ん?』

「はい、ドーン!」


棗ブラザーズ(21)


「俺Gでの会話から発覚した、棗ブラザーズのリニューアル版!
 なんと、クドも追加でレギュラーに!」

『幼女率が上がったわね、キャラクターの。
 中の人の年齢は知らないけど。』

「中の人だって同じ年齢に決まってるじゃないですかw
 緑川さんは18歳です。」

『…そっか…。』

「クドは16歳だと思ってます。」

『いや、そこは18歳って言っておきなさいよ…。
 規制掛かってるでしょ、18未満のキャラには…。』

「そうだったぁ!

 えー、みんな大人だNE☆」

『きもっ。』

「さて、私はまだ聞いてないんですけど、どんな内容になってるのか、今から楽しみです♪
 でも、みんな帰った後の職場で聞くと思うので、今はまだガマンです…。

 『待つのが男の・や・く・め♪』

 って、あの子も言ってたしね!」


※あの子→『Q.E.D~証明終了~』に登場する水原加奈。

※このマンガに出てくる数学用語全部を完全に理解出来るなら、大学院レベルなんじゃないかなーと思いますw
 (例)ゼータ関数、フーリエ変換、フェルマーの最終定理、デデキントの切断、などなど…。


「さて、お仕事の時間です。
 マンションの修正、めんどくさいんだぜ!」

『はいはい、がんばれ。』

「ほいではイッテキマスw
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

リレー小説に私が飛び出てる件…!

セレ「からあげ弁当を食べて満腹気分なセレインさんが、午後1時30分をお知らせします。」

エル『昨日の夜も今朝も食べてないのに、普通の弁当一個で満腹になるのって、経済的なんだか不健康なんだか分からないわね…。』

「経済的なんですw
 今の世界の最新流行である『省エネ』仕様なんです、私。」

『ふーん。』

「うわ、どうでもよさそうな返事…!」

『どうでもいいしね?

 それより、リレー小説の話しなさいな?』

「あいあいー。

 えー、ご存知、『律する言葉の息吹』ですが、小説(主にラノベ)好きが集結したギルドになってます。
 開設当初からいたマスターや白木さんや慧音さんは、主に電撃文庫好きかな?
 私は入団当時は富士見しか呼んでませんでしたけど、それから進められたのとかを買い始めて、ゼロの使い魔とかシャナとかにも手を出してる所ですb」

『どれも積んでるけどね、特にシャナ。』

「シャナとか、すでに主人公の名前すら飛んでるんだぜっ!
 近いうちに、最初から読み直します。

 で、このギルドメンバー。
 たまに溜まり場に終結して、リレー小説を繰り広げます。」

『簡単にリレー小説を説明すると、何人かで集まって、1人2行とかルールを決めて、順番で執筆していく形式ね。
 前の番の人が無茶な事を言い出してもうまくまとめないといけない技量が問われるけど、売るわけじゃないから楽しんだ人間が勝ちね。』

「まぁそんな感じですかねー。

 さて、私は帰宅が遅すぎて参加出来なかったんですが、後で墓石さんがまとめてくれまして、GのBBSに載せてくれましたw

 で、読んでみたんですよ。」

『どうだった?』

「なんかね、私が何故かね、出演というか、登場してる…!」

『うわぁ、カオス決定…。』

「ちょ…。

 まぁ内容に関しては読んでもらうとして…。

 あ、トップページの絵が新しくなってますね!
 以前はリンゴを齧ってるホロ嬢だったと記憶してるのですが、今回は溜まり場メンバーかな?
 勘違いが無ければ、マスター・慧音さん・私、かな?

 よく女を凝らすと、慧音さんのパンツさまがポリンから少し透けてるのがエロティックですね!」

『…こんなジックリ見ないと分からないような場所に気付くなんて、アンタどこまでえろいのよ…。』

「えーと、フラウスさんか慧音さんが描いたのかと思いますけど、この二人の絵のレベルは常軌を逸してますからね!」

『セレも負けてないわよ、常軌の逸し具合なら。
 良い意味で逸してるのがその二人で、踏み外してる的な意味で逸してるのがセレね。』

「へっ、褒めても何も出ないんだぜ…?

 さて、普段は図書室に投稿されてたんですけど、業者書き込みの鬼打撃を喰らって大変な事になってましたので、今回はBBSの方に投稿されました。

 すごいね、なんていうか、すごいね。
 でも、なんで私が・・・!」

『白木の発言で第一回の登場を果たしてるわね、アンタ…。』

「しかも挨拶してますよ、こんばんまーって…。

 今は『わふー』とか言う事が多いですけど、基本的には
 『おはようございまー』
 『こんにちまー』
 『こんばんまー』
 で挨拶してました。
 別にしなくなった訳じゃないので、今でもしますけどw」

『最後が『まー』になってる理由は。』

「あすくさんだったかな、HAIさんだったかな。
 『1! 2! 3!』
 って叫んでたんですよ。
 これは間違いなく、某元気があれば何でも出来るの人に違いない、けど普通に
 『ダーッ!』
 って言ったら面白くない、というか私らしくない。

 という脳内葛藤があり、審議の結果
 『まーっ!』
 って叫ぶ事に。」

『…って言い訳してるけど、本当はTH2に出てくる
 『まーりゃん先輩』
 のロリボディにメロメロだからね。

 このペド野郎が!
 絆創膏に興奮してたセレを見てるわたしの身にもなれってのよ!』

「言いがかりすぎる!
 まーりゃん先輩好きなのは否定しませんが、『まー』に関しては関係無いですw

 いや、今日はそれはいいんです、流しますよーw」

『えーとー、ペド野郎は『ver.白木執筆』で出現、次の『ver.ウルク執筆』と『ver.ウェル執筆』まで続いて、そこでやっと消えたわね。』

「現場にいないのに名前を出されるのって、有る意味嬉しいですけどね?
 何か、釈然としない物がある…。」

『ま、嫌われてはいないんだろうから、良かったじゃない?』

「デスヨネ!
 よし、良い方に考えるw」

『そしてまたしても出現する、ペド野郎第2幕…。』

「マスターの、
 『各国の幼稚園を巡って貯めたLoRiエナジーをーー』
 ってとこ!

 私の、保育園6件同時進行の補強計画の仕事の話がネタにされてるwww」

『覚えててもらえてよかったじゃない?』

「どっちかって言うと、
 『セレさんが仕事で保育園に行って幼女を見てニヤニヤしてる、把握した。』
 みたいな記憶のされ方してそうなんだぜ…。」

『いいじゃない、うそじゃないんだし。』

「いや、たしかに自然と笑顔にはなりますけどね?
 でも、ニヤニヤじゃないよ、ニコニコだよ。
 ドワンゴだってビックリのニコニコでしたよ。」

『犯罪者は皆そう言うのよ。』

「私ってば味方ゼロ!?」

『大丈夫、わたしが味方でいてあげるから。』

「これっぽっちも味方な気がしないのは気のせいですか…?」

『気のせい気のせい。』

「…で、さっきは突然出現した私を退去させるというナイス判断をしてくれたウェルさんに感謝の念を送ってたら、

 『「愛すべきロリ」   著エロインが出てきた』

 って言って、またさりげなく私を出現させてるし!」

『あんた、そんな本書いてたの…?
 さすがのわたしも、それは引くわ…。』

「書いてないヨ!
 まったくもう…。

 愛すべきロリもなにも、ロリは平等に愛でるものですよねぇ?」

『…(うわぁ…。)…。』

「……あれ?
 心なしか、エル姉との心の距離が少し開いた気ガスルゾ…?」

『…まぁ、個人個人の趣味だし?
 セレがガチムチ好きでも別に構わないけど。

 …逮捕されないように、自重しなさいよ?』

「犯罪者にはならないですよw
 私とかもう、自重の鬼ですよ。
 自重しまくりですよ。」

『アホ言ってないで、続きは?』

「うわあ、アホ扱い!
 今日のエル姉は普段よりも辛辣…!
 でも健気にも続きを書くセレインさん、ホワイトデーが怖い。」

『バレンタインに何ももらえなかった癖に…。』

「いいのさ、日頃のお礼に、何か渡すだけさ…。
 もらってないとか、そんなちっちゃい事はポイです!

 さて、そんなこんななカオスなリレー小説大会。
 次回は、私も参加したいですね、現状の忙しさだと無理っぽいですが…。」

『まぁ、その辺はファイト。』

「ほいじゃ、また新しい仕事が舞い込んできてしまったので、今日はここまでー。

 みんな、お雛様の左右が分からなくなっても上下にしたらダメなんだからね!」

(凪さんからのメールを見つつ。)



雛祭りの夜(昨晩)、妹は1人でビール飲んで春雨スープ食べてました。

今日は、そう! ひな祭りですね!

セレ「はい、皆さんひな祭りですよー♪」

エル『セレには関係無いけどね、ひな祭り。』

「昔は、雛人形を出す作業とかあったんですけどねぇ…。
 ここ数年、妹の成長と共に日の目を見なくなりましたよあれも。

 …カビとかが心配ですねw」

『まぁ、そんなに立派な何段にもなってるのじゃないから大丈夫じゃない?
 セレの家の雛人形って、内裏雛だけのだっけ?』

「ですねー。
 お内裏様とお雛様。」

『あ、覚えとくといいわよ?
 あれ、お内裏様とお雛様って名前は間違いだから。
 あれは、男雛と女雛だから。』

「…え?」

『曲名は忘れたけど、ひな祭りの歌あるでしょ?』

「ありますねー。

 あかりをつけましょぼんぼりにー♪
 おはなをあげましょ もものはなー♪
 ごーにんばやしは くびちょんぱー♪
 きょーうはたのしい ひなまつりー♪

 ですよね。
 くびちょんぱとか、なんとも血なまぐさいですねひな祭り。」

『そんな地方毎に違うような替え歌の歌詞なんて知らないわよ…。

 まぁ、それはいいとして、その歌ね。
 セレが歌ったのが1番。
 ちなみに、『五人囃子は笛太鼓』だから。』

「あ、そうなんだ…。」

『…本気で首が飛ぶと思ってたの…?』

「いや流石にそれは無いですけどね?
 でも、正しい歌詞を思い出せなくてw

 何せ、小学校お音楽の時間に歌った以来じゃないですかね?」

『あぁ、キレイなセレインだった頃かぁ…。
 今は面影も無いけど、まぁそんなもんかしらね?』

「今だってキレイダヨ!」

『はいはい。

 で、その歌の2番の歌詞の冒頭が、
 『お内裏様とお雛様』
 なのよ。
 だから、その歌を子供の頃に歌ってたヒトは大多数が勘違いしてるかも。』

「…子供の頃に覚えた事って、間違ってるって知った後もなかなか抜けませんよね…。」

『ん。だから今日覚えなさい。

 さて、今日はひな祭りだからその話でもしようかしらね?』

「お願いします!」

『まずは名称。
 まぁ一番メジャーなのは『雛祭り』でしょうね。
 あとは、『桃の節句』ってのもメジャーかしらね?』

「まず、『ひな人形』って、なんで『ひな』なんです?」

『色々な説あると思うけど…。
 あ、わたしがここに書く内容は基本的に『説』だから、その辺は注意してよ?

 えーと、ひな。

 日本ではワンワンだけど、アメリカだろバウバウ(犬の鳴き声)
 日本ではコケコッコーだけど、アメリカではクックドゥドゥルドゥー(ニワトリの鳴き声)
 って感じで、表現が違うでしょ?

 で、今の日本だとチーチーとかピーピーとかいう表現になる鳥の子供の泣き声だけど、昔の表現だと『ヒーヒー』とか『ヒヒ』だったのよ。

 で、『ヒヒ啼く』って言葉になって、縮まって『ヒナ』になった、これが雛の語源ね。』

「ほほぅ…。」

『で、このヒナって単語に、小さい物って意味が加わったのよ。
 雛鳥、雛菊、雛形、そんな単語は今でもあるでしょ?』

「ありますねぇ。」

『で、この人形も小さいでしょ、人間と比べたら。』

「等身大の人形なんてそうそう無いですしね、ダッチワイフくらい?」

『はい、エロス発言ありがとう。
 普通はマネキンとか浮かべるもんだと思うんだけど…。』

「………あっ!」

『ま、そんな感じで、『雛(小さな)人形』ってなったのよ。
 雛人形祭りってのが更に縮まった結果が、今の雛祭り。』

「ふむ…。

 あ、節句って他にもあるじゃないですか、端午の節句とか。
 あれって、どういう意味なのん?」

前に説明した『節分』とかと一緒で、節目ね。
 正確には、『節日(セツビ)の供物(クモツ)』が短く省略されて『節供(セツク)』になって、そこから『節句(セック)』になったってのが一般的。

 ちなみに、日本にある節日は

 1月1日の『人日(ジンジツ)の節句』
 3月3日の『上巳(ジョウミ(又はジョウシ))の節句』
 5月5日の『端午の節句』
 7月7日の『七夕の節句』
 9月9日の『重陽(チョウヨウ)の節句』

 の5つ。』

「端午と七夕しか聞いた事無いですねー。」

『まぁ一般的じゃないしね?

 さて、桃の節句の桃。
 これはセレが歌った歌詞にも出てくるんだけど、
 『おはなをあげましょ もものはな』
 の部分ね。

 元々は旧暦の3月3日が雛祭りで、その頃に綺麗に咲くのが桃の花だったってのが通説ね。
 それに、少し時期がずれるけど綺麗に咲く桜は枝を軽く折るだけでも枯れる事があるって言われるくらいに弱いから、こういうイベントには向かないしね?』

「ふむー…。

 あとは、なんで人形を飾るのか、かな?」

『色んな地域で、色々な物を川に流す行事あるでしょ?
 灯篭流しとか。
 それの派生で、人形を流す行事もあったのよ、昔から。

 で、その人形を使って遊ぶ女の子も出るわけで。
 古い書物にも、女の子が人形遊びをしたって話は載ってる位なのよ?

 その人形を節日の儀式(作物がよく育ちますように、とかそんなの)の日に飾るようになったのが始まりで、時間と地域が動いて動いて、今みたいに全国的なイベントになったのよ。』

「日本って、昔からの行事を利用したっていうか再利用したっていうか、そんなイベント目白押しですねぇ…。」

『同感だけど、どの国でもそんなもんじゃないの?
 詳しくは知らないけど。』

「…それもそっか…。」

『で、なんでこの雛人形がやたらと豪華なのか。

 これは、昔から言われてる事だけど、人形が作られる理由の大半って、身代わりなのよ。
 ほら、藁人形とか。』

「最近は藁人形は見かけないですねぇ。
 いや、頻繁に見かけた時期が幼少にあった訳じゃないですがw」

『藁人形を頻繁に見かけるような生活してるヒトは長生きしないでしょうね、呪いかけられてそうで…。』

「ですねぇ。」

『ま、人形は身代わりになるって考えがあったのは一般的に言われてる事だからいいとして。

 さてこの人形。
 嫌な災いを替わりに受けてくれるって事で、結婚の時の嫁入り道具として使われるようになったのよ。
 で、当然見栄っ張りもいれば、商売根性豊かな職人もいるわけでね?
 段々と豪華になって、当初は男雛と女雛だけだったのに、7段飾りなんてのが出現するまでになっちゃった、と。』

「7段…?
 サザエさんの家とかは、それくらいのでしたっけ?」

『それは知らないけど…。

 参考までに書いておくと、

 1段目:男雛、女雛。
 2段目:3人官女
 3段目:5人囃子
 4段目:左大臣(老人)、右大臣(若者)、
 5段目:仕丁(3人)
 6段目、7段目:食器、箪笥、籠、化粧道具、重箱とか色々。自分のセンスで並べなさい。』

「後半が投げっぱなしジャーマンになってるw」

『実際、決まりは無いのよね、6段目と7段目。
 まぁ、籠とか御所車なんかのでっかいのを下の段に置くのが一般的ではあるけど。』

「ふむー。」

『セレの家の雛人形は、左右どっちが男?』

「うろ覚えだけど、たしか左じゃなかったですかねぇ…?」

『それは、『現代式』って言われる並べ方ね。
 昔は左の方が偉い人の位置だったから、右に男雛、左に女雛だったのよ。』

「…女雛の方が、偉いんだ…。」

『違う、アホかあんた…。
 『雛人形を見る視点』じゃなくて、『雛人形から見た視点』で考えなさいな。』

「…あー、そういう事かw」

『ん。

 明治だったか大正だったか、その時期の欧米化で左右が入れ替わったみたいね。
 今でも、関西の方に行ったら古式の飾り方してる場所があるみたいねぇ。』

「京都とかですかね、祇園とか!」

『あそこの人達の雛人形は、7段目とかまで標準装備してそうね…。』

「なんていうか、きらびやかですもんねぇ…。」

『はい、こんなとこかしらね?』

「あ、最後に一個!」

『ん?』

「単語の節句は休日なのに、なんで雛祭りの日は休みじゃないの?」

『あぁ、その話?

 戦後に、休日を増やそうって話になって、色々話し合って、最終的には端午の節句の5月5日を『こどもの日』にするって案が採用されただけよ。
 3月とか、北海道とかの方だと寒すぎて休みになってもありがたく無いでしょ?
 でもって、夏なんかにしたら今度は吸収とか沖縄の方が大変だし。
 ってなわけで、どの地域も比較的すごしやすい日でちょうど節日でもあった5月5日に決まった、って訳。』

「あ、なるほど…。
 男尊女卑とかの関係なのかと思ったw」

『完全にゼロとは言えないかもしれないけど、男女関係無しに休みなんだから、どっちにしても気にしないんじゃないの?
 『女性の権利をーー』とか言ってるおばさん達以外は。』

「あの人達も無茶言ってる事あるらしいですしねぇ…。」

『売れ残りでしょ、どうせ。』

「ひどっ!?
 エル姉、その発言は酷いよ!」

『セレも売れ残りだけどね。』

「私にも言うんだやっぱり!?

 違うもんね、私は売れ残りじゃないもんね、独身貴族だもんね!」

『はいはい。

 それじゃ、今日はここまでね。
 皆、少しでも覚えときなさいな、日本の古き良きイベント。

 じゃねー。
 ノシ』



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

墓石さんだ! あとGvとトールとアビスとローグ

セレ「めっちゃ久々に、墓石さん降臨っ!」

エル『ホントに久々ねぇ…。』

「無事に卒業論文も終わったらしいので、就職まではRO出来るかもってな話でしたー。
 やったね、夫が復帰ダヨ!」

『妻であるセレの支援キャラは、アカウント止まってるけどね…。』

「はい…。
 まぁ、どこかに遊びに行く時には一緒に行こうかと思ってますのでね?
 その場合は、別に支援じゃなくてもいいかなーと…。」

『ふむ。』

「さて、今週のGv。

 マスターのタツさんが参加出来ない事態だったので、今回はブラさんが全体の指揮を執ってました。
 色々なGvギルドに入って参加したり色々調べたりしてるブラさん、さすがに上手な指揮だったかなーと思います。
 まぁ、私にはよく分からなかったんですけどね、何人かそんな事言ってたかもですw」

『セレも、そういうのが多少は理解出来るようになさいな…。』

「うぃw

 残念ながら砦は取れませんでしたが、ルアフの重要性を再認識しました…。

 でもって、その後に律G廻りでアビス突撃!

 今回の殲滅は、阿修羅なブラさんと、SG超連射の斬さん!

 私はポコさんと一緒に盗人行為に奔走してましたw」

『STRも低いから、そんなに働けないしねぇ…。』

「んむ。

 何度か南無もあったりしましたが、ハイドラも数回倒したりして無事終了ー。
 経験値も8%くらい増えたかな?

 なんだか、ものすごく涌きが良かったです、というか沸きすぎでしたw」

『あぁ、アビス3のモンスターが即涌きになったって話は聞いたわね。』

「なんと…!」

『毒瓶ある程度集まったら、また魂EDPSB狩りもいいんじゃない?
 そうそうあそこじゃ即死もしないし。』

「生体3よりは安全ですけどねw
 でも、あの涌き具合を見た感じ、少数だけがいる状況って少ないかも…?」

『まぁ、そこは頑張ってもらうとして。』

「わーお…。」

『あとは?』

「えーと、日曜日の昼頃だったかな、俺Gの皆でトール火山に突撃しました!
 私はWIZだったんですけど、南無しまくりw
 やっぱり、汎用装備で火服を作った方がいいかもしれません。」

『あー、今はシフクロしか無いんだったっけ?』

「ですねー。
 でもまぁ、急ぐ必要は無いかも?」

『まぁ、基本的にセレはソロが多いからねぇ、帰宅が遅いから。』

「んむ、悲しい事にね…。

 さて、土曜日の話。
 土曜日はお昼からイヴっちの家に行ってましたー。
 目的は、ヴァイスシュバルツというカードゲームをプレイする事!」

『あー、新しいカードゲームにも手を出しちゃったんだ、セレ…。』

「えぇ、好きな作品目白押しでね…。

 リトバスになのは、Fateにゼロの使い魔。
 あとディスガイアとかもあるんですけど、ディスガイアは原作知らないのでとりあえずスルー。
 でも、アニメを見てる最中なので、もしかしたら買うかも?」

『あぁ、なるほどね…。
 もうどっぷりなわけね…?』

「とりあえずイヴっちと試行錯誤というか、説明書を睨めながらプレイしてみました。
 私は、Fateスターターパッケージ。
 イヴっちは、なのはスターターパッケージ。

 色々な問題点がありましたけど、勝負はイヴっちの勝利でしたw」

『問題点って?』

「ホント、色々ですw
 1:あけたばっかりだったので、ちゃんと混ざってない。
 2:説明書だけだと、微妙なニュアンスな所があって難しい。
 3:キャラを出す時に支払うコストを忘れてた(主に私)」

『ふむ…。』

「でもまぁ、作戦を練ったりしたら楽しそうな感じではありました♪
 あとは、持ってるブースターパックのカードをどれだけ使いこなせるかってとこかな?
 時間作って、デッキの構築作業をします、今度。」

『…いつになるのかしらね、今度って…。』

「ほんとに、いつになるんですかねぇ…。

 で、最後にローグの今後について。」

『ほいほい。』

「えー、三段はアビスで上書きされちゃったので、また近いうちに誰かに盗ませてもらおうかと思ってますw
 もらったら、モスコビア、カビ、スリッパ辺りを転々とする予定です。」

『お金稼ぎのメッカね、どれも。』

「しかも経験値もなかなか美味しい場所です。
 いやー、期待で胸が躍りますね!」

『ん。』

「ほいでは、今日はここまでー。
 それでは、一週間がんばろうZE!
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。