スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローグ、カビと戯れる

セレ「エル姉ほら! 雪が降ってますよ!」

エル『小学生かアンタ。
   雪くらいではしゃぐんじゃないわよ…。』

「だって、珍しいじゃないですか、こっちの方で振るのって?
 私的には初雪じゃないかと思うんですけど、どうです?」

『さぁ…?
 でも、南国でも無いんだから、知らないだけで振ったりはしてたと思うわよ?
 ほぼ毎年振るでしょ、雪。』

「そうでしたっけ?」

『いや、確証は無いけど…。』

「ま、いっかw

 さてROの話。
 通称『カビマップ』、行って見ましたよー。」

『どうだった?』

「余裕もいいとこですねw
 あれなら回復アイテムも不要ですb」

『まぁ、そんなに攻撃力が高い相手でもないしね?
 所詮は菌糸なんだし。』

「時計2に初めて行った時、パンクがとても恐ろしい相手だったのが懐かしいです…。
 今となっては、時計2のパンクよりも数段強力なデーモンパンクも雑魚扱いですしねw
 私も強くなったもんだなぁ…。」

『AGIカンストの93歳は伊達じゃないわね。』

「さて収入。
 昨晩は実験的にどれくらいの稼ぎになるのかを図る為、30分狩って拾った商品を売却してみました。
 大体150Kちょい+黄石+魔女砂ですねー。
 黄石と魔女砂は、個数を見る前にいつもの癖で倉庫に放り込んでしまったので、いくつだったのか分かりませんw」

『まぁ、仕方ないか…。』

「なので、これはもう個数を把握せずに行こうかと思います。
 そしたら最後にまとめて売って、
 『ヒャッホーーーーウ、筋肉斉藤!』
 って叫べそうなのでねw」

『はいはい…。』

「デーモンパンクはトレインプリがちょっとムー…でしたけど、支援してくれたからいい人です。
 お互い頑張りましょう。」

『寛大ね…。』

「まぁ不都合はありませんでしたしねw
 その人しかマップにいなかったっぽいし…。」

『過疎狩場なのかしらね?』

「かもw

 装備は錐と土ダマの持ち替えでやってます。
 パンクにダマで、デモパンに錐。

 パンクはDEFがものすごく低いのもあって、土ダマで私の低STRで殴っても大体500前後のダメージが出ます、ダブルアタックなしで。」

『流石にやわらかいわね、カビ…。』

「土日で頑張って狩りしようかと思いますw

 といっても、土曜日は仕事が入るかもしれない、入らなかったらイヴっちと遊ぶ予定にしてるのであんまりできないかもですが!」

 日曜日のGvは参加出来ますb
 高速度ヒットストップで目に物見せてやると思ってますが、クローズコンファインを習得しておこうかとも考えてるので、今日は帰宅したらその作業かなー?

 どうやって覚えるんでしたっけ、あれ?」

『えーとね…。

1.サンダルマン要塞南(cmd_fild09)のマップ右下の建物(338,143)に入る。
合言葉は「うちの父は/精錬用品を/横領して/いない」
中に[ルイ・グレグ]がいるので、父の話を聞く。
2.ローグギルドの[マキ]と話をすると、秘密の通路について教えてくれる。
(教えてくれないときもあるらしいが、タンスの間の通路へ進めばクエスト進行可能)
3.[マキ]の隣の部屋のタンスの間に秘密の通路があるので先に進む。
奥には[ハイジャラ・グレグ]がいるので無難な選択をする。
(選択によっては死ぬこともあるらしい※デスペナは無し)
会話が進めば[ルイ・グレグ]のことが聞ける。
4.サンダルマン要塞南(cmd_fild09)のマップ右下の建物(338,143)に入る。
合言葉は「うちの父は/精錬用品を/横領して/いない」
中に[ルイ・グレグ]がいるので話しかけると、[トール・グレグ]の話が聞ける。
5.ファロス燈台島のマップ(cmd_fild07)右上の建物(352,286)に入る。
中に[トール・グレグ]がいるので話しかけると、[ジェイ・グレグ]の話が聞ける。
6.ココモビーチ(cmd_fild04)右側の建物(302,178)に入る。
合言葉は「アントニオは/精錬品を/壊すのが/好きではない」
中に[ジェイ・グレグ]がいるので話をする。
7.再びローグギルドの[ハイジャラ・グレグ]に会いに行くと、[トール・グレグ]に会うよう言われる。
8.[トール・グレグ]に会うと、修練所に飛ばされる。
チャットに入ると封鎖の修練開始。
[キエナ]を規定回数掴まえることになる。10回のチャンスで6回以上掴まえれば良い
(5回では失敗、6回で成功扱いになった)
(成功確率は7%ほどなのでかなり時間がかかる。根気良くやるしかない)
修練が成功したら[ハイジャラ・グレグ]に会うように言われる。
9.三度[ハイジャラ・グレグ]に会うと刺客が出現。
刺客と接触すると封鎖のコマンドが出るので、助言のとおりに封鎖をする。
封鎖に成功した後[ハイジャラ・グレグ]と会話するとスキル習得。

 らしいわね。』


ローグWikiよりコピペ


「わーい、とってもめんどくさそう♪」

『まぁ、利点がかなり多いスキルだし、仕方ないんじゃないの?』

「くそう…。
 まぁ、頑張って覚えます、うん。

 でも、クエストに必要アイテムが無いってのはありがたいですねw
 私のキャラがほとんどクエストをしてない理由の大半は、必要アイテムを集めるのが面倒だからですしね!」

『それは分かるけど、有用な物がもらえるクエストくらいやったら?
 TheSignクエなんかは、内容も良くてアクセも強力だから、ウルクも薦めてたでしょうに?』

「アイテム、多すぎるんですよアレ…。」


※TheSignクエストに必要なアイテム
■第一部
綿毛(わたげ) 100個
毒キノコの胞子 50個
サソリの尻尾 30個
くさった包帯 20個
子悪魔の角 15個
サンゴ 10個
緑ハーブ 10個
イグドラシルの葉 2個
空の試験管 10個
ローヤルゼリー 10個
ハチ蜜 20個
ヒナレの葉 1個
メント 1個
くまの足の裏 30個
空きビン 1個

※1部の途中までだけでコレ、ちなみにこのクエは何次かまであるから調べるのが面倒になりました(ぁ


「多すぎる、どう考えても…。
 ていうか、なんでこんなにすごい数必要なのこのクエ?

 うろ覚えですけど、たしかサンゴが365個とか必要だった気もするし!」

『そういう物語なんだから仕方ないでしょ?
 ドラクエだって、
 『おおゆうしゃよ
  おまえは でんせつの ゆうしゃ だから このそうびを あたえよう』
 とか言ってドラゴンキラーとかそういう店売りで最高級の装備がいきなりもらえたりしないでしょ?
 それと一緒よ。』

「理不尽な世の中だぜ…。」

『これが理不尽って、どんだけゆとりなのよアンタ…。
 世代的にはゆとりじゃないのに、セレだけはゆとりなの?』

「ヨトリジャナイヨ、たぶんw
 あんまり考えた事無いけど、とりあえずゆとりなんて授業は無かった!」

『あー、脳がゆとりなだけか…。』

「脳も違うよ、たぶん!

 えー、まぁ今日はここまでかな?
 今日は23時30分くらいには帰宅できるかと思いますので、頑張って狩りとかしたいと思いますb

 ではではー。
 ノシ」

『ポーケットーのーなかーにーはーゆとりセレが1匹♪

 ポンとたたいたらあら不思議、つぶれたトマトになっちゃった♪』

「怖いよ、何その歌!?」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
スポンサーサイト

WBって使えないスキルだよね!

セレ「ウォーターボールとかね、ほんとにいらないスキルですよ!」

エル『いや、WIZの魔法の中では詠唱速度と威力で考えたらなかなか強いスキルなんだけど・・・?』

「ふん!
 うちみたいな、素INT1の盗作ローグに取っては完全にいらない子ですよ!
 まったくもう!」

『あー、モスコビアで上書きされたの?』

「えぇ…。

 ていうかね、あれは困る。
 あいつらって、スイッチ入るじゃないですか、ダメージ受けたら。」

『入るわね、スキル使用スイッチ。
 ダメージ受けたときだけじゃないけどね、条件。』

「…え?」

『あそこのモンスターにスイッチが入る条件は大きく分けて2つ。

 1つ目は、セレも言った
 『ダメージを受けたら』
 って条件ね。

 2つ目は、
 『ビックリしたら』
 って条件。』

「…え、何そのファンキーな条件?
 何、ビックリって…。」

『具体的に言うと、
 『プレイヤーが一定以上の速度で近づいてきた。』
   (モンスターが→に移動してる際に、右から←に移動して遭遇した場合等)
 『プレイヤーが、付近に突然出現した。』
   (モンスターの近くにテレポアウトした場合等)
 がよくあるスイッチが入るフラグ。』

「だからか…!

 昨晩の上書きの原因は、横涌きしたウジャスによるウォーターボールだったんですよー。」

『あ、それは
 『プレイヤーが、付近に突然出現した』
 に分類されるスイッチが入る条件。』

「なんて迷惑な…!
 勝手に近くに涌いて、勝手に驚いて魔法ですか!」

『まぁ、仕方ないんじゃないの?
 ウジャスとかババヤガだったら殴りたくなるけど、マブカだったらいいと思わない?』

「マブカさんはモスコビアのアイドル!」



マブカ【よーし人間を退治するぞーって…、うわわわぁ近くに人間がいるよ!?
    あああああああたしをビックリさせたお返しだー!
    えーい、アーーーススパイクーーーッ!】
セレ「あふん!」



『セレのダメージ受けた時の声、キモッ!』

「私の悲鳴はフィクションですb

 さて、いきなり上書きされてにょろーんなセレインさん、考えました。

 もはや上書きされる狩場にはいられない、ジュノーへ行こう。」

『スリッパとかカビ?』

「ですw
 おそらくですが、魚咥えて空デリ服を着てればそうそうな無する事は無いと思います。
 収集品を集めるのが目的みたいなもんなので、鉄球は倉庫に入れときますw
 あれ持ってると、持って帰れる収集品の数が激減するんですよね、重すぎて…。」


※鉄球セットの重量は、合わせて700もある。
  ちなみに、クルセ系しか装備できない全身鋼鉄なフルプレートの重量でも550しかない
  一般的な装備なら、100~150程度


「鉄球持ってると、それだけで収集品数百個単位で持ち帰れるはずなのが、出来なくなりますしね…。」

『まぁ、そんなに急いで殲滅しなきゃいけない狩場でも無いでしょうしねぇ…。』

「なので、さゆさんがローグで三段まだ持ってたら、覚えさせてもらおうかと思ってますw
 まだ持ってたらいいなー、ていうか、時間が合ったらいいなぁ…。」

『帰り、遅いもんねセレ…。』

「ま、ガンバルヨ!

 さて、あすくさんのブログでモンスター配置変更の事を知りました。
 時計4も変更対象になってたんですけど、どうなったのかは分からなかったんですよー。

 なので、次のぬくもり使用の時にでも調べようかと思ってたら、溜まり場で情報をもらえましたw」

『あ、どう変更になったんだって?
 フクロウが増えたんだったらありがたいけど。』

「なんかね、ベアドールが追加になってるって話ですよ?」

『…死亡率が上がったわね…。』

「えぇ、大幅に難易度アップです…。

 まぁ、登場当初から比べれば移動速度も遅くなってるので、全く無理になったってわけでも無いですけどねw」


※ベアドール登場当初は、移動速度はミミック並だったのですw


「まぁ、今日は三段もらってカビかスリッパかなー…。
 ちなみに今の所持金は、2Mちょいってとこですw
 やばいねこれ!
 早急にお金を集めようと思いますw」

『2垢稼動中にいくら集めるつもり?』

「全開で奔走するつもりなので、20Mくらい集めたいですね、無理な気がしますがw」

『ま、目標は高いにこした事はないし、それくらいがいいかもね?
 達成できたら、またアレしてあげる。』

「おおっ、まじですか!?
 やったね!
 アレしてもらった後は血のめぐりがいいんですよねー♪

 アレって、何してるの?」

『んー、秘密にしとこうかしら?』

「チェッw
 まぁいいけどw」

『いやー、最近の柔軟剤ってば血のめぐりまでよくなっちゃうなんて、なんて万能なのかしらねぇ。』

「…柔軟剤……?
 え、柔軟剤を注射してたのアレ…?」

『うん。
 大丈夫、ちゃんと薄めてあるから。』

「いえ、そういう問題じゃなくてね…?」

『はい、ここまでー。
 それじゃ、頑張って皆生きていきなさい。
 セレみたいなのを見つけたら即通報、約束よ?』

「ちょ…!」





にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

装備受け渡し完了と、律Gの名無しツアー

セレ「昨晩は割りと早くに帰宅出来ましたねー。」

エル『ていうか、昨日も遅くまで仕事してたら持たないでしょ、体力的に考えて…。
  ちゃんと寝た?』

「バッチリ26時に就寝b」

『……。』

「えー、帰宅してみたらなにやら溜まり場が大賑わいでしてw
 私の職位(俺G)が変わってたんですけど、やっぱりエロインになってました…orz」

『前の職位は、
 『いいえ、エロスです』
 だったっけ?』

「んむ。
 今回は、
 『エロインです』
 とかそんなのにw

 エロインジャナイヨ!」

『いや、エロイでしょ?』

「ソンナコトナイヨ!

 さて、取りとめも無い会話やら色々としてから皆で名無しに行く事に。
 ジュノーセーブでスリッパオンラインだったらうちのアサクロをプロに戻す為に戻ったんですけど、なぜかジュノーから飛行船に乗って伊豆に行ってそこから徒歩という時間の無駄w」

『…お金は節約できたわね、すずめの涙だけど。』

「えぇ…。

 で、まぁ狩り開始です。
 実は名無しの3Fでの本格的な狩りはまだ2回目w
 臨時経験皆無!」

『後衛アサクロなんて、臨時名無しじゃ呼ばれないでしょうしね…。
 ていうか、セレのキャラで名無し臨時に行けそうなキャラなんているの?』

「性能的には、MEとWIZとローグくらいかな、候補。
 ローグは運剣+モリガンセットで幹線回避で前衛かな?
 MEはもう、サンクなりで共闘狙いつつ、支援掛けるくらい。
 WIZは、ひたすらSGかメテオ。

 問題は、アサクロ以外は名無しクエを進めてない事ですねw」

『そもそも問題外ね…。』

「さて、今回の狩りはすごいですw
 前を疾走するLKブラさん、SGで軒並み敵を吹雪で凍え殺す斬さん、詠唱速度をめちゃくちゃ上げる白木さんのブラギ。

 私は、チョコチョコ着いていってバンシー中心にSBrしてました。
 でも、ブラギもらった時のメテオアサルト連射の快感を忘れられなかったので、敵の集団をブラさんが耐えてたら突撃してメテオ!
 ボス属性なネクロ氏は無理ですけど、取り巻きをスタンにさせてなかなかいけてましたw」

『支援にすごい負担が行ってたと思うんだけど…?』

「支援さんは腕がいいので、問題無いです!
 私の支援とはちょっとレベルが違いますw」

『普通の腕を持ってる人をプリとすると、セレの支援はRO初心者が作ったノビみたいなもんだしねぇ…』

「否定できないけど、いつか克服してやるっ!

 で、まぁそんなに危なげも無く進みまして、終了ー。
 今回はレアが結構出ました。
 スタッフオブカース(だっけ?)が3本に、黒皮ブーツ1個、ショール1本、ミスリルマジックマント1個、そしてネクロさんの名刺1枚。」

『あ、カード出たんだ?』

「んむ!
 この頃はカード出しまくりですよ、ソロでもPTでも!」

『あら、そうなの?
 何も聞いてないわよ?』

「…まぁ、値段がね…?
 今回のネクロは高い(相場で1Mちょい)ですけど、ちょっとね…。」

『なによ、何が出たの?』

「…アンドレ卵2枚と、オウルデューク1枚と、スリッパ1枚…。」

『…軒並み、数狩られるから大量生産されてて、しかも使い道がそんなにカードの代表みたいなもんね・・・。』

「ぶっちゃけ、10Kくらいで露店並んでても売れない可能性があるカード達w
 まぁ、いいんです。
 ちょっとした刺激にはなるのでね…。

 さて、清算も終わった後に俺G溜まり場に突撃、ギルドをもらいました。」

『ふむ。』

「ウェルさんのギルドに入ってたんですけどね、数分の間だけ。」

『短いわね…。』

「いやー、まぁそういうのもいいかな、と思ってw
 すぐに抜けさせてもらって、俺G入会。
 さゆさんがローグに上書きされちゃったとの事だったので、うちのローグから三段10を進呈ー。」

『…あれ?
 セレのローグって、前にモスコビアでウォーターボール上書きされて終わったんじゃなかったかしら?』

「いやー、実は昨晩、凪さんのモンクに教えてもらいましてw
 その際、何故か阿修羅を喰らったりして即死したりしてましたけど、無事に終了ー。
 凪さんありがとう!」

『ていうかあのヒト、モンク持ってたんだ…?』

「私もすっかり忘れてましたけど、見てみたら確かになんとなく記憶にありましたねー。
 ただ、やっぱり稼働率的に見てもレアキャラなのかもしれませんw」

『あぁ、セレのテコンみたいな感じ?』

「デスネ…。

 さて、今日は帰宅したらローグオンラインです!
 紛失してしまった風ダマも買いなおしましたので、モスコに中型グラを持っていかなくてすみそうw」

『…中型グラでも十分だと思うんだけどねぇ…。』

「いやー、実は今回はペコペコヘアバンドと天使忘れとの持ち替えもしての狩りにしようと思ってましてw
 なので、F1に回復アイテム(魚)、F2に火&風ダマ、F3F4に二つの頭装備ってな具合で分けようと思ってます。」

『あー、F5は微妙に数センチ離れてるから、確かに操作面では難があるか…。
 でも、他キャラはF5どころかF8くらいまで埋まってる事が多いじゃない?』

「ですねー。
 ま、伊豆に行きたいと思った時とかにもすぐにいけるように、風ダマはあるに越したことは無いのでねw」

『ふむ…。』

「というわけで、しばらくはモスコビア、及びWIZのアリ地獄になるかと思います。
 WIZは少し修行も兼ねて監獄に行ったりする可能性もありますけど、頻度としてはそんなに高くは無さそうですし…。」

『ローグの狩場だけど、ちょっと前に調べてたカビマップとかはどうなの?』

「それも考え中ですb
 黄ジェムはGvで消費するらしい話をさゆさんに聞きましたので、集めてみるのもいいかなーといった感じ。
 とすると、カビマップもやっぱりいいかも…。」

『あそこは収集品の値段も高いし、いいと思うわよ?』

「あそこ行くならエキサ使うといいって話を見たんですけど、買うべきですかね?
 まぁ、今は所持金不足で買えませんが…。」

『全くいらない。』

「…そうなんです?」

『うん、いらない。

 セレのローグのステでのそれぞれを使った時の平均ダメだけどね?』

「うん。」

『えーと…。
 錐・・・・・・287
 エキサ・・・290』

「あ、それはいらないねw」

『でしょ?
 買わなくて正解。』

「良かった、無駄使いしなくて済んでw
 いい姉を持ってよかったね私!
 たまに怖いけど!」

『あぁ?』

「やさしいおねえちゃんだいすき!

 えー、今日はこれくらいだったかな?
 なにやらマオさんがアサクロのステで悩んでるってな話を聞いたんですけど、何で悩んでるのか分からないから何も書けない…。

 なので、今度それを聞いたら記事にしようかと思いますw
 へっへっへ、考察するぜー?
 ちょー考察するぜー?」

『あぁ、考察するのはわたしなんだけどね。』

「オネガイシマスw

 さて、ここまでっ!
 皆、寒くなったりして、
 『もう、冬だなー。』
 って感じですけど、風邪に負けないでがんばりまっしょい!」

『…冬になってからだいぶ経ってる言い回しじゃないわね…。』

「ではではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

事務所で、壮大で変な夢を見た

そこは、見たことも無いくらいに広い草原だった。
本当に広くて、どちらを向いても、地平線まで草原が続いてるのが見えるくらいの、広い広い草原だった。

私はそこで、1人で立ってた。ジーパンにティーシャツというラフな格好で、ただ1人、立ってた。
太陽は真上にあるけど、さわやかな風が吹いてるから決して暑くない、そんな最高の草原。


ふと気付くと、小さな女の子が1人でこっちを見上げてた。


「どうしたのかな?」

やさしく声を掛けてみた。
きっと親御さんも探してる。
無限に続くんじゃないかってくらいのこの草原を、きっと必死に探してる。


「だっこ。」


女の子ははっきりした声で答えた。


「だっこ。」


なるほど、だっこして欲しいのか。


「うん、いいよ。
 おいで?」


「うん!」


女の子は、見ていて危なっかしいしぐさで歩いてきた。


私は、女の子をジッと待つ。


1メートルくらいしか離れてなかったから、すぐに女の子が目の前に来た。


そして。








女の子は、私をだっこして、歩き始めた。








セレ「徹夜仕事して、朝型少し寝てたらこんな夢見ました。
   エル姉、なんで私はこんな夢を見たの…?」

エル『いや、わたしに聞かれても…。
  なに、幼女にだっこされたい願望でもあるの?』

「いえ、それは無いと思います…。
 だっこはしたいけど、されたいと思った事は無いですw」

『セレが、女の子をだっこ…。

 犯罪の臭いがプンプンするわね…。』

「ていうか、なにこれ?
 草原とかね、風とかね、すごくいい感じだったんですよ?
 昼寝したらそのまま永眠できそうな位の心地よさだったのですよ?」

『うん、永眠は良くないけど、まぁ言いたい事は分かる。』

「で、そこに女の子ですよ。
 鬼に金棒ですよ。
 英語でいったら、オーガにゴールデンスティックですよ。」

『…ゴールデン…スティック……。』

「まぁ、それだけです。
 なんかテンションが無駄に上がっちゃって上がっちゃって困りますねw
 もう、さっきからくぎみーボイスが脳内で再生されまくりんぐ!」

『…なんていうか、強く生きなさいね…。』

「はい、今日は帰りたいから、がんばるヨ!

 そだ、ついに見つけたかもしれません、睡眠時間を削っても生活に支障をきたさないコツ!」

『…あぁ、セレが、どんどんヒト科から遠くなっていく…。』




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

眠らないで仕事して帰ったら眠り姫のように眠るんだ私…(死亡フラグ)

セレ「どうも、オハヨウゴザイマス、午前4時30分、事務所からオハヨウゴザイマス。」

エル『…少しでも寝たら?』

「いえ、まだ書類が終わってません…。
 定期点検報告書めんどくせええええええええええええええ!」

『仕事でしょうに、諦めなさい。』

「うぅ…。
 専門職じゃない部分なんて、どうやって書けと…。

 非常灯の配線状況なんて知るかああああああああああああ!」

『…がんばれ…。』

「うぅ…、今夜っていうか今夜じゃないけど、昨晩…とも言わないな、さっき、そうさっきですよ。
 本当だったら、つい数時間前に装備の受け渡し作業を終えてちょっとローグで狩りしてから眠りに付くはずだったんですよ…。
 なのに、何この状況…orz」

『…仕事変えたら?』

「や、この事務所は気に入ってるんですけどね…?
 ただ、急ぎの仕事がわんさか入ってくるのはなんとかして欲しいところですね…。

 ま、グチっても仕方ない、がんばる!」

『ん、がんばれ!』

「うぅ、仕方ない。

 ルイズがネリーを呼び出した話でも書いてみるか、ノリで…。」

『完結させる自信が無いんだったらやめなさいよ?
 待つ人がいるくらいの作品になるかは知らないけど、万一なったら、完結しないのを待たせるのはダメよ?』

「ですよね…。
 なんか、急にネリーの元気な声が聞きたくなってね…。」

『……(だめだ、相当に病んでる…)……。』

「これはもう、宇宙のぱわーを遣ってがんばるしかない!

 地球の皆!
 おらに元気を分けてくれーーー!」

『え、宇宙から集めるって言ってるのに、集める対象は地球限定なんだ…?』

「だって宇宙語とかしゃべれないし…。」

『…言語の問題だったんだ…?』

「そりゃそうですよー。
 言葉さえ分かれば、私だって宇宙人の友達の2~3人は作れますよたぶん。」

『根拠、無いわよね?』

「無いですねw
 でも、そんなの気分ですよ気分、あはハハハハ。」

『…(だめだ、早くなんとかしないと)…。』

「ほいじゃ、今日の更新はここまでダヨ!
 今日こそは帰宅します、絶対します。
 ていうか、しないと倒れてしまいます、道端で。

 ワーオ、日本で行き倒れだよワショーーーイ!」

『うん、分かったから、少しだけでも休みなさいな…?
 大丈夫、ちゃんと起こしてあげるから。
 普通に、やさしく起こしてあげるから…。』

「わー、エル姉が優しいゾ…?
 これはあれですか、死に際の人間に優しくしてあげるっていうフラグですか!」

『うん。』

「否定無しですっごい肯定着ちゃった!?
 何、私ってばリアル南無寸前なの!?」

『まぁ、割と死相が浮かんでるわね…。
 死兆星とか、かなり鮮明に見えるんじゃないの?』

「だかだなー、北斗七星ってのは、いつ見たって星8つじゃないですかw
 アハハハハハ!」

『…そっか、8つ見えてたんだ…。』

「ほいじゃ、これでー。
 皆、夜はしっかり寝るんだよ!

 ノシ」

『いや、あんたが言うな。』



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ついに、EMCがGに実装です!

セレ「EMC、ついに実装っ!」

エル『セレも上納頑張ったみたいね?』

「ちまちま稼いでただけなんですけどねw
 ただ、ぬくもりはオデンにいけた分があるので、だいぶ稼いだみたいですねー。」

『全部でどれくらい稼いだの?』

「んー、二人(アサクロ+ぬくもり)合わせて40Mくらい…?」

『…その分を自分用に稼いでれば…。』

「や、自分の為だとモチベーションがねw
 EMC体験してみたいってな欲望パワーで頑張りました!

 欲望が叶ったよ、今回のGv!」

『おおー。

 で、どうだったの?』

「残念ながら砦は確保できませんでしたけど、面白いですねー。
 印象としては、結婚スキルでの呼び出しに近い物がありますb」

『そりゃ、自分の行動と無関係に暗転→移動なんだから、そんなの同じに決まってるじゃないのよ…。』

「それはそうなんですけどね…?
 ほら、結婚スキルってそんなに使わないじゃないですか?
 夫婦が揃ってログインしてて、なおかつ離れた場所にいてってな条件ですし。」

『離れてなくても呼び出しは出来るけど、まぁ普通は離れた位置でやるわねぇ…。』

「なので、週に1回くらいじゃないですか、呼び出すのなんてw」

『…それを言うなら、GvでのEMCだって週に1回程度じゃないの?
 週に2時間しか実施されないイベントなんだし。』

「いあ、その2時間の間に何度か、こう、何度もあるじゃないですか…?

 まぁ、それはイイヤ、折角なので、ちょっと作戦を色々考えてみたのですよー。」

『ふむ。』

「やられて気付いたんですけど、結構曲者なのがやっぱり速度増加ポーション使用でのER突入と同時の疾走。
 EMCされたら大変だって考えて、やっぱり殲滅に走るわけですよ。」

『まぁ、されたら決壊するしねぇ・・・。』

「なもんで、私はポタ抜けたとこ(ER入り口)での各個撃破から離れて歩き回るような行動に出ちゃってました…。
 反省点です…。」

『ふむ…。』

「そこで考えました。
 この戦法、うちのGでの攻めに利用できないか?」

『ふむ…。』

「まず必要なのは、速度増加ポーションです。
 遣う人は言ってみれば生贄というか陽動役なので私とかでもよさそうですが、高速度でエンペを割れるような職が望ましいかと思われます。
 候補になるのは、ケンセイ、アサクロ、LKくらいでしょうか?」

『まぁ、その3ジョブはエンペクラッシャーとしては有名だしね?』

「んむ。

 でもって、その生贄(陽動)が突入して少し経った頃(5~10秒後かな)に、他全員が突入を開始します。
 この時大事なのは、ER前に全員が集合してるのを悟られない事。

 ERで防衛してる人間の中に数人がERから出て偵察を軽くする事があると思いますが、この間隙を突きたい。」

『…たぶんに運任せね、タイミング的に…。』

「なので、ここはEMCを活用したいと思います。
 Gマスターが1人で突入してると見せかけて、ハイドなりクロークなりで隠れて偵察。
 敵の防衛陣の偵察キャラがERに戻った瞬間を狙ってEMC、全員呼び出し。

 続いて、間を空けずに陽動キャラ突撃。
 偵察キャラから『敵はまだ着てない』みたいな報告を受けた直後のエンペ割り要員の突入に、少しだけあわててくれると思います。
 大混乱に陥ってくれれば儲け物ですが、そこまで甘い世界じゃないっぽいですw」

『ふむ…。』

「突然乱入してきた超速度(速度ポ)キャラに、EMCの対策として数人は入り口を離れざるを得ないと思います。
 そして、直後に襲い掛かるほかメンバー。

 ここで襲い掛かるメンバーに要求されるのは、高威力の遠距離スキルだと思います。
 敵はブラギ展開+ハイWIZ+スナイパくらいは揃ってる事が多いので、まずはWIZを倒したい所。
 スクリームでのスタンを狙うのもいいかもしれません。
 敵に阿修羅がいた場合は、それも迅速に排除したいです、のんびりしてると、あっという間に数人がいなくなる可能性もあるので…。」

『セレのキャラとか、阿修羅されたら即死もいいとこだしねぇ…。』

「ハイドで隠れるしかありませんが、まだタイミングが良く分からない…。」

『慣れでしょうねぇ、その辺りは。』

「ですねw

 さて、この頃にはおそらく陽動員は敵に捕まってる頃だと思われます。
 で、陽動員はできる限りクロークやハイドで敵に見つからない状態にはならないようにした方がよさそう。
 というのも、陽動員が見えなくなると、防衛陣は最大級の警戒態勢になると思われます。
 ER全体をルアフサイトが走り回ります。

 これはこれでめっけものなんですけども、その時には、ERへの突撃組への対策として、殲滅係はER入り口に留まるんじゃないかと。
 走り回るのは、たぶんサブ戦力orヒットストップ要員、支援くらいかと。

 なので、陽動員はあえて見つかって、殲滅係の目を集める必要があります。
 これで、入り口から多少なりとも殲滅係を動かせる事も出来るはず?」

『んー…、机上の空論な気がする…。』

「机上の空論ですともw
 ただ、少しでも自分で色々考えて見ないと、私の場合にはとっさの動きが出来ないのでねw
 でもって、Gvの作戦みたいな話になるから一応のパスワード設定!」

『ふむふむ…。』

「これで、殲滅1人くらいは絶対に持ち場を離れざるを得ない状態には出来ました。
 後は、突入組の仕事です。

 必要なのは、ある程度分散する事。

 密集してるとやっぱりSGなりメテオなりが怖いです。
 なので、大魔法対策になるべく早い段階で分散を。

 でも、分散しすぎると各個撃破の憂き目に遭います。
 陽動係が合流できればちょっと楽なんですけど、もう倒されてると考えるのが無難かな?」

『回復アイテム垂れ流しだったら、なんとかなるかもしれないけどね…。』

「資産的にそれは厳しいですw

 あとはもう、いつもの通り?
 ブラギ展開、敵への大魔法。
 私はクロークして敵のど真ん中でメテオ連射でスタン狙い。
 敵の主要殲滅力を阿修羅で退場させて、エンペ占拠。」

『んー。

 まぁ、うまくいったらいいわね?』

「デスネ!

 どっちにしても、早く集めないとなぁ、サベージベベカード…。」

『RMCで買取出してみたら?』

「それも考えてはみたんですけどね?
 これから2垢に課金なので、まだ使えないんですよー…。」

『あ、2垢に決めたんだ?』

「んむ!
 お金稼ぎと、Gvでのヒットストップ要員ですb」

『モスコビアかしらね?』

「ん、今回は回復アイテムも何も買わず、集めたアイテムも何も売らず。
 そんな状態でいくらまで蓄積できるのかを試してみようかと思います。

 でも経験値集めて転生もさせたいので、三段を上書きした状態で行きます!」

『ふむふむ…。』

「ローグはモスコビア。
 WIZはアリ地獄。

 あとの子は適当に休んでてください。」

『…他キャラの扱いが憐れね…。』

「二兎追うものは一兎も得ず、を心に抱いて進みますw

 さて、問題にはるのは倉庫の容量問題。」

『あー…。』

「ローグ用の装備とWIZ用のドロップ装備、あと一応Gv関連装備を移動させるだけなら、そんなにすさまじい数にはならないはず…。」

『…そうかしらね…?』

「TAグラ、中型グラ、エベシ、羽ベレー、モルフェセット、ファルコンセット…。

 …まぁ、50くらい移すだけでいい…はず…?」

『あいまいね…。
 まぁ、あの数だから仕方ないとは思うけど。』

「うっしゃ、とりあえずここまでー。
 次の記事は一般向けに、いちゃいちゃの話ダヨ!」

『いや、それ一般向けじゃないから。』



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

2垢課金確定のお知らせ

セレ「2垢に課金する事が、決定しましたー。」

エル『やっぱりお金稼ぎ?』

「んむ!
 ローグでモスコビア監禁、WIZでアリ地獄監禁。
 モンクはまぁ、たぶん適当に鳥人間とかその辺り?
 戦闘BSは完全にサイフ係になりそうです。

 …あと何がいたっけ?」

『罠師。』

「あー、あの子かー。

 …あの子は、どうしたらいいんだろう…?」

『もうDEXに振ってDS師にでもなるしかないんじゃないかしらね…?
 回避性能は壊滅もいいとこだけど…。』

「やっぱりそうですよねぇ…。

 ま、たぶんローグとWIZしか動かさないんじゃないかと思いますし、とりあえず放置!」

『ん。』

「装備の受け渡し作業は今夜にでも実行予定ー。
 すごい数になるはずなので、倉庫に入りきるかが問題です…。

 でもまぁ、セット物はモルフェセットとフレイシューズセットくらいなもんnだったはずなので、なんとかなるかな?

 で、他の装備を移さない関係で、2垢が終わったら1垢に課金する事になります。
 その次は、3垢かな?」

『4はどうするの?』

「あれは、あんまり育てなくてもね…?
 あの垢は基本的に他垢の手伝いようアカウントなのですよ。
 生体グリムしたくて付与作って、魂EDPSBしてみたくてリンカー作ったりでw」

『まぁ、あんまりガンガン狩りするタイプのキャラはいないわね、確かに…。』

「リンカーでエスマ狩りが出来るくらいかな?
 この子は、ジョブカンストしたらもう狩場に行くことは無くなるんだろうぁ、魂掛ける時以外はw」

『かもしれないわね…。』

「さて、次のアカウントも行動も決まったので、あとは萌え話をしたいと思います!」

『………。』

「まずは、昨晩というか昨日読んでたまんが!」

『ふむ…。
 まともなマンガな事を祈るわ。
 まともなマンガがセレの部屋には無いのが問題だけど。』

「えー、読んでたのは、

 『神風怪盗ジャンヌ』(りぼんコミックス、著:種村有菜)」


神風怪盗ジャンヌWikipedia
神風怪盗ジャンヌ アニメ公式


『あー、少年誌ですらなかったかー…。』

「アニメ公式の、ジャンヌが真ん中に立ってる画像ありますね?
 それの背景。
 左上がシンドバッド、左下がジャンヌ、右上は悪魔騎士ノイン、右下は…誰この子?

 なかなか面白い、というかちょっと性格が近い所があってお気に入りですw」

『あ?
 セレがどのキャラに近いって?』

「それはいえないんだぜw

 この作品、簡単に言うと、
 『絵に悪魔が取り付いてるから、ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりな神風怪盗ジャンヌが神に変わって封印しちゃうヨ!』
 って作品です。」

『うわー、すごいまとめ方…。』

「セーラームーンを皮切りに流行った、いわゆる『変身ヒロイン』ものですね。
 ちなみにセレインさん、原作者を見たことがあります、リアルで。」

『…どこで…?』

「どこだったか…。

 ……あ、思い出した。
 ラジオの公開録音に、ゲストで着てたんだ!」

『ほほぅ…。
 わたしが知らないって事は、わたしが生まれる前の話ね?
 いつ頃?』

「中学2年くらいだったかな、あの時…。
 ちなみにラジオ番組の名前は、
 『小森まなみのきみがそばにいれば』
 ですねー。

 中学時代の友人であるⅠ塚に勧められて聞いてましたねw
 懐かしいなぁ…。」

『あー、セレが丁度、アンダーグラウンドな道に進み始めた頃か…。』

「デスネ!

 まぁ、そんなこんなでジャンヌ読了。
 いやー、最後に読んだのだいぶ前だったので、楽しめました♪
 ヒロイン(まろん)の、こう、心の持ち方というか、なんか泣けます。」

『でも、涙なんて出ないでしょセレ?』

「出ませんね!
 全く持って、不便な体なんだぜ!」


※セレインさんは、メーテルと一緒に遠い星まで行って機械の体にしたので、涙が出ません。


「まぁ、そんなこんなで終了ー。
 後半の、ヒロインと彼氏(稚空)いちゃつきシーンのほんわか感ったらもう、私の中では作品史上3位かもしれません!」

『興味無いけど聞いてあげる…。
 1位と2位は何なの…?』

「えー2位は、月陽炎ですね。
 メインヒロイン2人の柚鈴嬢と美月嬢の、ヒロイン確定後のいちゃつきがセレインさん好みです。」

『…ロリコン…。』


月陽炎Wikipedia
月陽炎公式ページ
■アダルト作品につき、18歳未満の人は公式ページは見たらダメですよ!■


「余談ですが、月陽炎のドラマCDで主人公の声を勤めるのは、一条和也さん。
 ToHeartのアニメの主人公、なのはのパパ、痴漢者トーマス等の役をやるスーパーマンです。
 ちなみに彼、BLだろうが一般アニメだろうが同じ名前で仕事をする猛者です、尊敬してます!」

『いや、知らないからそんな事。』

「いちゃつきシーン第一位は、前に出てきたっぽいRoutesですね!」


Routes公式


『セレ、これ大好きねぇ…。』

「えぇ、ポータブルの方はだいぶ楽しみましたw
 今はイヴっちに貸してますけど、返ってきたらまた楽しむと思います。」

『………。』

「皐月とのイチャイチャっぷりにはもう驚きとか隠せません!
 なにこのイチャイチャ空間!
 私だったら、この空気には耐えられない!」

『そりゃ、そうでしょ…。
 これは、よっぽど周囲に関心が無い人間にしか耐えられない…っていうか、いないでしょ、これを無視できる人間?』

「かもしれませんね…。」

『ん。』

「さて、今日はこれくらいかな?
 あとは仕事にまい進しちゃうんだぜ!

 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

次はどのアカウントに課金しようか?

セレ「11時15分、お昼前のセレちんです。」

エル『もう、何も言わないわ…。』

「さて昨晩の話ー。

 ぬくもりでもって時計4突撃!
 エルダーに2回南無されてやる気喪失…。」

『凍結+雷とか。
 石化+火か。』

「です…。
 まぁ仕方ありません。
 ぬくもりでなら勝てるんじゃね? とか考えちゃった自己責任ですw」

『完全に自己責任ね…。』

「あと、歌舞伎忍者が時計4を闊歩してたんですけど、あれは何?」

『枝か商人セットじゃないの?』

「でしょうねぇ…。
 私の場合はまだ変換したモンスターを時計4に放置した事は無い(強いのになった事が無いとも言う)ですけど、まぁ仕方ないっちゃ仕方ないかな、ハイロゾは…。」

『まぁ、商人セットの常だしね…。』

「ていうか、セット内容にこれが入ってる意味が分かりません!」

『紫箱が出るっていう金銭的な恩恵があるから、経験値面ではリスクを背負えって事じゃないの?』

「そうなんでしょうけど…。
 でも、周囲の迷惑になる事くらいは予想出来たと思うんですけどねー。

 せめて、変換させたプレイヤーのレベルよりちょっと高い程度のモンスターにしか変わらないようにして欲しかった…。

 なりたてのBSなんかが出した相手にハワード出てきたらどうしようもないですもんねぇ。」

『あー、前に出してたわね、ハワード…。
 アリ地獄の、しかも入り口で…。』

「あれには参ったぜ…!

 っと、狩りの話の続きね!

 といっても、2南無して溜まり場に行って、ちょっとぬくもりに関しての指南みたいなのを軽くした位なんですけどねw」

『セレの廻りには、あんまりヌクモリ特化キャラはいないしね。』

「んむw

 で、1垢の残り日数が5日になってます。
 次をどうするかで悩み中…。」


1垢:E=S=セレイン(支援プリ)
   セレイン=メネス(アサクロ)
   セレイン=メネス(製造BS)
   『月光』のファーレーン(AGI騎士)
   セレイン=ヌクモリティ(ぬくもり拳聖)

2垢:対ホルグレン用セレイン(戦闘BS)
   マジカルセレイン♪(I>D2極WIZ)
   セレイン=メネスJr(盗作砂ローグ)
   トラップガールセレイン(罠師)
   グラップラー・セレイン(モンク)

3垢:エロイン=ヌクモリティ(ぬくもり2号)
   エクソシスト・セレイン(MEプリ)
   『曙光』のニムントール(槍騎士幼女)
   ブリーダーセレイン(ダンセイニの飼い主)
   微熱少女せれいんたん(天下無敵のアイドルにゃ)

4垢:付与専用セレイン(付与専用のセージw)
   蹴撃のセレイン(ケンセイになりたいテコン)
   魂専用セレイン(ソウルリンカーになりたいテコン)
   ヒミツ☆
   ヒミツ☆


「どれにしますかねぇ…。」

『お金稼ぎを考えるんだったら、文句なしで2垢ね。』

「ですね。
 モスコビアはとても美味しい事が分かりましたしねw
 回復アイテムもそんなに使わないでいけますし…。」

『1垢続行って手段もあるわね。
 アサクロでスリッパを延々狩ってお金稼ぎとか。』

「ふむ…。」

『3垢行くなら、アイドル育成が出来るのが利点かしらね?
 あとは、MEはGvでもそこそこ焼くには立つみたいだし。』

「でも、まだまだ詠唱遅いからなぁ…。」

『4だったら、リンカー育成かしらね?
 エスマ狩りできるスキルにはしてあるから、モルフェセットで篭れば鳥人間ですぐ上がるでしょ?』

「魂スキル、あんまり必要無いような気もしてきてるんですよね…。
 ただ、あたら便利なのは確かなので、Gv用に育てるのもありかな?
 ゴロリさんのリンカーが取ってない魂スキルを取るとかw」

『まぁ、好きにしたらいいんじゃないの?』

「それが全部好きだから困るのですよ…。

 よし決めた。」

『…迷ってた割には、早いわね…。』

「コメントで決めます!

 どれにして欲しいか、コメントしてくださいw
 コメントがなかったら、また迷います。(ぁ」

『あぁ、決めたって、そういう意味なんだ…。』

「さぁ!
 コメントを書くがいい!
 誰からも来なかったら、ちょっと悲しいんだぜ…!」

『誰からも来ないに1万賭ける。』

「そんなに!?」

『負けても痛くないしね。
 セレのお金だし。』

「私ってばハイリスクノーリターンなの!?
 なんという負け戦!」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

おしゃべり&ソロ砂漠短剣狩り

セレ「どうもコンニチハ、9時30分、朝のセレさんです。」

エル『ホントに気に入ってるのね…。
  ていうか、朝なんだからこんにちはじゃなくておはようじゃないの?』

「いやー、書き始めはこの時間ですけど、書き終わるのはきっと昼くらいなんだろうなーと…。」

『…なるほど…。
 年越し前なのに
 『あけましておめでとうございます♪』
 ってテレビ番組の収録するのと似たようなもんか…。』

「ん、そんな感じかなー。

 さて、支援でログインしてみましたら、溜まり場が大賑わいでしてw
 なんだか皆お久々におしゃべりした気がするぜ…。」

『あー、この頃は俺Gのヒトと行動する事が多かったもんねぇ。』

「んむw

 おしゃべりの内容ですが、なんていうか私好みな流れでしたヨ!」

『え、幼女誘拐とか…?』

「そんなの好みじゃないですよ!?
 どんだけ私の事を誤解してるのエル姉!」

『誤解ていうか、理解?』

「理解じゃなーーーーーい!」

『まぁ、いいからいいから…。

 続きは?』

「…えーと、なんだか私にロリコン疑惑が浮上してましてね?」

『いや、もう疑惑ってニュアンスじゃないから。
 もはや確定情報だから。

 もう、等号符だから、セレとロリコンは。』

「そんな事無いもんね!
 俺Gの溜まり場に顔出したときに
 『こんばんはエロさん!』
 『エロインさん!』
 『エロスさんdキタ』
 『エロイン=エロスだよね!』
 とか言われるけど、ロリコンとは言われたこと無いもんね!」

『……そっか……。
 まぁ、時間の問題だと思うけどね?』

「そんなばかなっ…!

 でも、そんな事態になっても華麗に受け答えできちゃう私は、とりあず後回しにしまして話の続きをしますw

 えー、もしかしたらハジメマシテな星天さん(アコ)が、アセリアシリーズっていうか永遠神剣シリーズをなかなかにプレイしてらしゃる事が判明!
 色々な話をしましたよー。」

『星天って名前は、もしかして・・・?』

「そう!
 聖なるかなに出てきた、ラスボス(ルートによっては別のラスボスになります)の名前というか二つ名ですねー。
 星天のエト・カリファから取ったみたいです。」

『セレの二つ名を考えてあげましょうか?』

「遠慮しときます。
 ろくなのにならない可能性が高いので…。」

『チッ!!!!!』

「いや舌打ちはせめてもう少し聞こえないようにしましょうよ!?
 態度に出しすぎ!」

『気を遣う相手だったらそうするけど、セレが相手じゃねぇ…?』

「なんてこった…。
 一応私ってば産みの親なのに!」

『ほら、続き続き。』

「うぃー…。

 えーと、まぁアセリア関連の話とか、初めてやったPCゲームの話とかしてましたw
 懐かしいですね、マルチとか…。」

『ToHeartか…。
 セレが始めてやったゲームだっけ?』

「ですねー。
 当時の私は、若かったなぁ…。」

『あの頃のセレは、まだ可愛気もあったんでしょうに、今のセレの汚れっぷりったら…。
 当時のセレが今のセレを見たら、絶望するでしょうね。』

「…否定できないんだぜ…!
 でもまぁ、そんな話で盛り上がってましたw

 星天さんとはアセリア関連で盛り上がったりw

 ユーフィがロウ側に付く話は本格的に作って欲しいよね、とか。
 あの裸族の名前が思い出せないね、とか。
 星天さんは黒スピ好きだったとか。
 セレインさんはニムの抱き枕を買ったら人生最大の暴走をする、とか。」

『…今まで以上の暴走…?』

「エル姉も割と頻繁に暴走してるんですけどね、ここでも。
 たとえば、私がピー音を入れてるからいいけど放送禁止ワードがぽんぽん飛び出したりとか!」

『別にいいじゃない、それくらい。
 言論の自由よ。

 セレの暴走は、廻りに変な電波が飛ぶから犯罪よ。』

「なんという差別…!

 うん、まぁそんな会話で終了。

 少しソロ狩りしてから眠るよってな話をしてキャラチェン。」


※ここまでは支援キャラで律G溜まり場にいました。


「チェンジしたのはアサクロで、俺Gの溜まり場でした。
 そして、↑で書いた挨拶ですよ…。

 エロサンジャナイヨ!
 セレインサンダヨ!

 もう、今ならセイレンさんでもいい、受け付けるよ!」

『あぁ、よく間違われるけどついに自分で受け付け始めた…。』

「で、まぁ狩りに出発しまして。
 行き先はマミーわんさかのあそこにしようと思ったんですけど、現場に着いてから気付きました。

 場所間違えた。」

『アンタ…。』

「入ったら、なんかアヌビスいた。」

『うわぁ…。
 低DEFに高HPって、セレが割と苦手なあいてよね?』

「ですねー…。
 しかも属性服も着てないしw

 雷は気合いのハイディングで大体は回避しましたけど、ダークストライクが怖いです…。
 ゴリゴリ削られます…。

 でもね、ここで私ってば大発見したっぽいですよ。」

『ん?』

「砂漠短剣セットの7秒間のASPD190ですけどね?

 スキル攻撃でも発動するっぽいです。」

『おぉ!』

「SBr撃ったら、キュイーーン!ってなったヨ!」

『効果音が…なんか違う…。』

「そこから始まる圧倒的な手数の暴力!
 秒間10回の切り裂きに加えて、発動率50%のダブルアタック!
 計算上は、1秒に15回の切り裂き攻撃を仕掛けている計算に!

 そして、ブラさんから購入したベベカード1枚で追加されたスタン5%。
 20回の攻撃で一回のスタン効果がある計算なので、2秒以内に敵はスタンに!」


※敵のVITによる減算はとりあえず無視してます、アヌビスはVIT低いし。


「すごく楽しかったですw

 で、HPが残り300になって帰還。
 危なかったぜ…。」

『ギリギリね…。』

「それがひと段落して就寝ー。
 今夜は何をしようかな♪」

『する時間、作りなさいよ?』

「あい…。

 忙しすぎて涙が出そうです…。

 ほいじゃ皆、明日仕事したらお休みだ、たぶん!
 頑張ろうぜ!

 私も、休みになるようにガンバルヨ!
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

建物の耐震について(真面目っぽいヨ)

セレ「どうもコンニチハ、定期点検3物件超連発の最後の点検をやっとこさ終えた、15時53分、夕方ちょっと前のセレインさんです。」

エル『…そのネタ、気に入ったんだ?』

「んむw

 さて、昨晩はROできなくて話のネタが無いから好きなゲームに追加(月陽炎、リトルバスターズ!)でも入れようかと思ってたら、マサさんからメールいただきまして、その件で今日は建築の話でもしようかと思いますw」

『…なんていうか、マサ、ありがとう…!
 セレの暴走回避的な意味で、ありがとう!』

「暴走て…!?

 いや、まぁ、いいですけどね?

 さて、建築。
 知ってる人は知ってると思いますが、私は設計事務所に勤めてまするー。」

『そうね、イカサマ建築士よね、セレ。』

「なにゆえ!?
 ちょっと力不足な感はありますけど、イカサマは手品でしかしないヨ!」

『手品ではするんだ…。』

「もちろんですよ。

 声優さんは詐欺師(緑川氏)
 手品する人は魔女(地元の知り合いのS山氏(37))

 魔女じゃない私が手品をするには、イカサマしか…!」

『…まぁ、手品師=魔女って意見にも色々言いたい事はあるけど、まぁいいわ…。』

「さて、マサさんからのメールの内容をまとめると、

 『古い一軒家の3階建てのとかあるけど、大丈夫なものなのかな?』

 といった所。
 ちなみに、まとめてもまとめなくても長さは対して変わりませんでした。
 メールをもう一度見るのが面倒だったんです(ぁ」

『アンタ…。』

「まぁ本題行きます!

 ぶっちゃけちゃいますと、
 『古い建物は、現在の耐震基準はほぼ100%クリア出来ない。
  でも、計算してみないと詳しくは分からない。』
 です…。」

『なんで?』

「これは簡単な話です、基準が厳しくなったからw」

『…もうちょっと細かく説明なさいな…?』

「あいw

 色々な要因はあるんですけど、一番大きな違いは
 『筋交い』
 っていう部材の取り付け方ですね。

 ちなみに筋交いってのは、
 『柱と柱の間を、斜め方向に取り付ける部材』
 って感じかな?」

『かしらね?』

「以前はこれをクギ打ちで止めればOKだったのですよ。
 しかし、阪神淡路大震災の時、クギ打ちで止めただけだった家はそれが地震の揺れで抜けちゃいまして、筋交いが全く役に立たなかったのです…。

 なので、それを教訓にして、
 『筋交いには専用の金物をつけなくちゃらめーーっ!』
 って決まりました。」

『…真面目な話してるはずなのに、語尾が…。』

「というわけなので、その法規が出来る以前の物件に関しては、
 『金物を使っていない筋交い』
 というわけで、かなり耐力が低い物として計算されてしまいます。

 対して、最近建った家は
 『金物を規定通りに使用された筋交い』
 という事で、想定通りの耐力を計算されます。

 数値に関しては、筋交いのサイズでも異なりますし、とりあえず今回は除外w」

『セレが知らないだけだったりして…。』

「……えへへ・・・。」

『知らないのかよ。』

「計算は所長がやるんだもん!
 私は、図面を書くだけなんだもん!」

『それでも、少しは知っておきなさいよ…。』

「たしかこうだったはず、ってな数値はありますけどね?
 万一にも間違った情報を書くわけには行かないので、除外にしといて下さい…。」

『…まぁ、いいけど…。』

「ま、以上の理由で、古くからたってる建物に関しては、地震にはそんなに強くないって結論になります。
 もちろん全てがそうとは言えませんので、調べて欲しい際には、地元の組織に電話してみてくださいなー。」

『組織って?』

「おそらく、建築士事務所協会、ってとこがあると思われます。
 建築士会ってのもあるんですけど、これは私はオススメしません…。」

『なんで?』

「事務所協会ってのは、建築で生計を立ててる事務所しか登録できない組織なんですけどもね?
 建築士会っていうのは、建築士の資格を持ってる人なら誰でも登録できる組織です。

 なので、建築士の資格は持ってるけど、実は建築の仕事は全くしてないって人がいる可能性もあるのでね…。
 もちろん、協会よりも詳しい人がいる可能性も十分にありますし、地域によって実情が異なるかもしれません。

 一番確実なのは、やっぱり役所かなぁ…。
 市役所か区役所にでも問い合わせれば、たぶんどっちの電話番号も教えてもらえるかと思いますヨ!」

『ふむふむ…。』

「自分の家とかで調べて欲しい人は、連絡してみてくださいねー。

 あ、マンションとかを調べる場合には物凄い金額になる可能性がありますので、注意してください。」

『なんで?』

「まず、鉄筋の有無とかを調べないといけないので、コンクリート内のそれを透視できる機械が必要になりますのでね…。
 これは、そこらの普通の設計事務所にはありません、高価(たぶん数百万単位)な上にあんまり使わないので。
 なので、これをレンタルする金額がそのまま上乗せになります。
 更に、マンションは大抵がでっかいので、調べるのに時間も掛かるのでその手間賃も増えます。
 でもって、そのでっかいのを全部計算しないといけないので、これまた金額がかなりになると思います。

 出来る事務所もあるかもしれませんけど、ちょっと難しいかも…?
 あ、管理人さんには話を通しておいてくださいね?
 すんでる人の個人的な意見だと、これは計算できません、全部の家を回るような作業になるのでw」

『なるほど…。

 一般的には、普通の一戸建ての診断っていくらかかるの?』

「お金関係はあんまり知らないんですけどねー…。
 安くは無いです・・・が!
 いきなり、訪問してきた大工に変な金物を付けられてすごい金額要求されたりするのも珍しくないみたいなので、それを考えたら安いかもしれません。」

『ふむ…。』

「うちの地域に限っての話をすると、
 図面(確認通知書とかそんなの)をしっかり保存してる家で、ごく一般的な2階立てくらいだと…。

 まぁ、精密診断を含めても20万はいかないんじゃないかな…?

 あ、一般診断と精密診断の2種類があってね?
 一般診断:現状の建物が規定の地震が来た時に耐えられるかを計算する。
 精密診断:一般診断にくわえて、どこをどう補強したら耐えられるようになるかまでを計算。」

『たかっ…!』

「でもね?
 前に相談に来たお客さんみたいな、だまされちゃうケースもあるのでね…。」

『どんな風に?』

「簡単に言うと、床下に扇風機をくっ付けただけなんですよ、その大工。
 それも複数、ざっと見ただけで5個。」

『ふむ…。

 意味無いの?』

「…無くは無いかもしれませんけど、あんまり…。
 床下に防水シートでも敷いて、床下換気口に扇風機(床下用のやつ)をくっつけるだけでも十分なので。
 ていうかその方が効果的な気もします…。

 この家、たしか200万近い請求着てます。
 基礎をけずったからその金額も載せて、とかそんな感じで…。」

『…基礎を…?
 大丈夫なの?』

「ダメですよ、当然…。
 いきなり家が倒れるような事にはなりませんけど、それから長期間経過したらどこがどうなるかなんて分かったもんじゃありません…!

 いいですか?
 柱、梁、基礎、筋交い。
 これらのパーツは安易に取り外したり削ったりしたらメッですよ!」

『まぁ、素人ならやっちゃう事は無いでしょうけども、大工が来てやっちゃうのか…。』

「問題なんですよね、これも…。

 あと、地味に怖いのがリフォーム業者。

 もちろん全部がそうだとは言いませんよ?
 しっかりと計算とかまでしてから計画してるリフォーム業者もいらっしゃるでしょうしね?

 でも、うちに来た相談で、柱を何本も取っちゃったのがありましてね…。
 すごいんですよ、これ…。
 2階で人が歩くと、建物全体が揺れる。」

『…うわぁ…。』

「正直、震度5どころか3とか、下手したら2くらいでも倒れてもおかしくないレベルです。

 リフォーム業者の中には、建築士資格を持っていないのに営業してる事務所があります。
 違法ではなかったはずですけど、頼む時には資格を持ってるのか確認してください。

 でもって、計算書を持ってくるように言って下さい。
 そしたら、自分の所で計算できなくても知り合いの事務所にお願いしたりして作成すると思います。」

『ふむ…。』

「あと、夢は大きく持ちすぎないようにして下さい…。
 お金をたんまりかければ別ですけど、ある程度のお金でリフォームする際に、
 『ここには大広間を作りたいんだにゃん!』
 とか言われても、ちょっと難しいです、木造は。

 基本的に1820mm毎に1本は柱を入れないといけないんだって考えてください。
 普通の部屋とかの中に柱が無いのは、その柱を抜く代わりに、その部分の床とか天井を支えてる『梁』をごっつくしてるだけですのでね?

 一般的には梁のサイズは105x105か120x120ですけど、柱を抜く本数、というか一部屋として使いたい部屋の長さに応じて梁の高さ(梁せい)も変わります。
 私が知ってる建物でも、梁が120x450なんてすごい事になってる家がありますしねw」

『でかいわね…。』

「っと、長くなったかな…?
 ROの記事を期待してた人、ゴメンナサイネ!
 でも、建物の事も少しだけ知っておいて下さいな。

 そしたら、変な詐欺みたいな大工にだまされる事も無いと思います!」

『ふむ…。』

「ここで、うちに相談に来たさぎみたいな手口をちょっと公開。
 突然こんな内容で家に来たら要注意!」


・床下にこの○○産の木炭を撒くと、湿気を吸って土台が腐るのを予防できるんです!
  →撒くだけじゃなくて、撒いた後に湿気を吸った木炭を取り出すならまだ考えられるけど、やらなくてOKだと思います

・瓦屋根は重いので、小屋(屋根裏の事です)を金物で補強しないといけません!
  →小屋は耐震上はあんまり関係無いです。
    が、瓦屋根が重いのは事実なので、その際には屋根を交換しましょう!

・この家は金物が少ない、付けたらそれだけ強くなります!
  →金物をつけるのに柱に穴を開けますので、穴をあけまくった柱が強いかどうかは…分かりますよね?


「これからも新商品とかが出て、ここに書いてある私の話が違う事もあるかと思いますが、まぁ参考程度にして下さいw

 何か建物の事で聞きたい事とかあったら、いつでも聞いて下さいなー。
 RO内でも、メッセでも、リアル電話でも、ブログのコメントでもw

 私に相談するのは、完全無料だぜb

 ではではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

砂漠短剣セットが揃った!

セレ「昨晩はスリッパとFD5で遊んでましたー。」

エル『アジトダンジョン行かなかったんだ?』

「んむ。
 ソロ狩りはあそこは禁止されてるらしいのでねー…。
 たぶん、騎士系の人が超絶トレインとかして他Gの人に迷惑を掛けたというような事が過去にどこかのADであったんでしょうねぇ…。
 私はそんな狩りはしない(ていうかしたらタコ殴りにあって南無るw)けど、決まってる事だから仕方ありませんw

 で、BSで露店めぐりしてたら砂漠s4短剣を発見したので、購入ですb
 ちょっと高かったけど、これでスタン剣作ろうと思ってるので、奮発しましたw」

『ふむ…。
 でも、肝心のカードが一枚も無いのよね?』

「です…。

 とりあえず、先に購入してたs2の方を安全圏まで精錬。
 武器レベルは両者共に2なので、6までは安全に精錬できますb」

『…案外低いのね…。
 レベル3くらいだと思ってたけど。』

「私もです。
 s2がレベル4で、s4はレベル2かなーと思ってたら両方2でしたw

 さて、このセットの醍醐味はなんといってもASPD190の発動!
 二刀でこれを自力でやろうとするとすさまじいお金が確実に掛かるので、ちょっとドキドキしながら試し切りですb」

『ちなみに二刀でASPD190に必要な数値とか装備を書いておくわよ?
 やりたかったらやってみるといいわ。

 ステータス:ジョブ70アサクロ、AGI&DEXカンスト
 ブレススクロール、IAスクロール、AGI料理、DEX料理使用
 狂気ポーションピッチャーもらう(もしくは毒瓶を飲む)
 頭上:天使の忘れ物
 頭中:ペコペコの羽耳
 服:ブリーフ(盗蟲挿し)
 肩:ランニングシャツ(彷徨う者挿し)
 靴:+9以上の黒皮ブーツ(ワイルドローズ挿し)
 アクセ1:コンチネンタルガード印章(歌舞伎忍者挿し)
 アクセ2:コンチネンタルガード印章(小龍舞挿し)
 武器:一反木綿1枚、ドッペルゲンガー1枚、雌盗蟲5枚

 これで達成。』

「OK、物凄く大変なのは分かりましたw」

『ん。』

「さて発動率。
 やっぱりかなり低く設定されてます…。
 体感ですけど、高く見積もっても1%無いと思われます。」

『まぁ、どんなに高くても1.4%以下でないとまずいってのは分かってたでしょ?』

「…なんで?」

『……少しは計算をする癖を付けなさい…。

 いい?
 発動する効果は、
 『ASPD190を7秒間発動』
 でしょ?』

「ですねー。」

『だから、7秒x秒間5回攻撃x2刀=70
 この発動中だけで70回の攻撃をしてるのよ、これ。』

「…聞いてみたらすごい事ですねコレ…。」

『だから、発動率が1/70以上だったら、一度発動しちゃえば理論的にはずっとASPD190を維持できちゃうわけよ。
 ゲームバランス崩壊でしょこれ?』

「あー、確かに・・・。」

『これに必要になる発動率が、1/70x100=1.4285…%
 だから、最高でもこの確率未満にしとかないといけないって訳。

 まぁ、発動してる時には発動判定が無くなるようにプログラムしてるなら別でしょうけど、なんとなくしてない気がするし…。』

「ふむー…。
 となると、やっぱり1%いってないっていう私の体感はあってそうですねぇ…。
 0.5%くらいなのかな?」

『ネットで調べてみると、0.2って意見と0.5って意見があるみたいねぇ…。
 まぁ、試行回数を稼ぐしか近似値に届かないから、こればっかりは時間もかかるんじゃない?

 まぁ、ソロ狩りでの息抜き用装備って感じが無難かも。』

「ふむ…。」

『気になるのは、この装備で近接物理スキルを使った時に発動するかどうかなのよね…。
 発動するんだったとしたら、Gvでもなかなかの性能を見せてくれるわよ、セレの防衛の仕方限定な気もするけど…。』

「要実験ですかねー?
 発動率考えると、難しそうではありますけどねw」

『トーキーを大量においてもらったら?
 罠はセレが持参すればいいだろうし。

 仮にトーキー200個設置したとしたら、発動率0.5%だとしたら1回、0.2%だとしても3回目で発動するはず。』

「トーキーすげぇ…!」

『いつか修正されそうで怖いけどね…。』

「その時はその時!
 ぬくもり奇跡のトーキー方が使えなくなるだけですw

 そしたらあれですね。
 私のケンセイは終了ですねw

 …修正されない事を祈ってます…!」

『そんな事よりも、ちょっとこれ見てくれる?』

「ん?」

『ほら、この動画。』

「…ほほぅ…。」

『これ、どう?』

「いけますね。
 次回やってみます。」

『武器は?』

「混乱とか出血とかがいいかなぁ…。」

『OK、BSに言って集めさせる。』

「お願いしまー。

 よし、内輪ネタっていうか軽い相談も終わったので、今日はここまでー。
 昨晩は俺Gの人は生体行ったみたいですけど、私は寝落ち確率が9割くらいっていう低い数値にも関わらず万一に備えて就寝!」

『9割って、低いんだ…?』

「ほいでは、また夜にでもー。
 もしかしたら帰宅直後にぶっ倒れるかもしれないので、その時は逢えませんが、泣いちゃダメだよ!

 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

砦ゲットヒャッホーーーーーーーゥ!

セレ「ついにやりましたよエル姉!」

エル『おぉ…。』

「ついに、ついにゲットですよ砦!」

『って事は、今日はその話?』

「ですです♪
 他にも色々やってはいるんですけども、今日はGv関連の話をー。」

『ふむ。』

「いつもよりもゆっくり目に集合しました、集合時間は20時。
 Gv開始してから少ししてから突撃!

 まぁ途中まではいつも通りですw
 エンペを破壊して防衛して、バーサークLKが突入してきてエンペ壊されてクソゥみたいな。」

『あぁ、いつも通りね…。』

「で、終盤にレース状態だったC1のエンペルームを占拠して、エンペを割らずに防衛線に突入!
 メテオをガンガン落としつつ、私とヴァルさんがSBで各個撃破。

 私は魂を貰ってゴッスンゴッスンしてましたけど、ヴァルさんは魂貰ってなかったなぁ…。
 そういえばなんでだろ?」

『気分じゃない?』

「まぁ今更ではあるんですけどね?

 で、エンペルームの手前のマップでは、出張阿修羅な俺TUEEEマスターや、外部協力の形を取っていたルシュナさんがやばそうな敵(EMCしそうな相手)をボコボコにしてたらしいですw
 私は部屋に篭りっきりの引きこもり防衛だったので、その現場は見てませんでしたけどねw

 ラスト1分くらいで、敵集団が突撃してくるも、俺Gが誇るエンペブレイカーのゴロリさん(ゴッド・ロリの略です(嘘))で、確保して護衛していたエンペを破壊。」

『敵さんには、強制退場してもらった訳かぁ。』

「ですw

 それからはもう、時間との戦い!
 隕石が落ちまくり、ルアフ焚いたキャラが走り回り、入り口前では阿修羅軍団が待ち構える恐怖の城。
 それでも突撃してくる猛者どもを相手に、全員で協力して死守!

 そして流れる、最終的な砦保有者の一覧!
 ヤッタヨ!
 中に、うちのGの名前があったヨ!」

『…画像付きだったら良かったのにね…?』

「一応準備、というか家からこっちに送信しておいたんですけど、なんかね?
 設定を間違ったのか、画像が半分くらいのサイズに縮小されちゃってまして…。
 これ、全体の雰囲気は分かるんですけども、一番大事な『文字』が読めないという…!

 なので、画像に関しては今日帰宅してからがんばる予定です。
 本当に頑張れるかは、期待しないで待っててNE☆」

『期待薄ね…。』

「で、その後はアジトダンジョンに突撃ですb

 通常モンスターと同じような勢いでアムムトとかジェネラルスケルトンが涌きまくるここ、ビックリです…。」

『そういえば、セレにとっては初めてのアジトダンジョン?』

「ですねー。
 律Gでエンペ狙っても、どうにも人数的に出来なかったので…。
 しかし、これで私のRO内での『やってみたい事』がひとつ叶いました♪」

『アジトダンジョンで狩りをする、か…。』

「うぃw

 さてここで、このADに出現するモンスターについて書いてみようかな?

 ●ガジョマート(取り巻き:ホロン匹)
   HP13669、DEF85+10
   やたら硬い火の玉。
   赤くて少し大きめなのが本体であるガジョマート、小さくて青いのは取り巻きのホロン。
   錐によるSBrのダメージが面白いほど良く通るけど、幻覚攻撃されると一気に窮地に!
   エフェクトオフは必須かもしれませんw

 ●ジェネラルスケルトン(取り巻き:ソルジャースケルトン1匹、アーチャースケルトン1匹)
   HP17402、DEF25+40
   見るも見事な骨トリオ。
   あんまり怖くは無いけどもアチャの攻撃でのヒットストップが地味にウザイ。
   強さの割には良い物を落とすので、金銭効率は上々。

 ●アムムト(取り巻き:ドケピ2匹)
   HP12099、DEF50+40
   ドケピと全く同じ形ながら微妙に色が違う変種。
   硬いといえば硬いけど、やらかいといえばやらかい、そんな敵。
   メマーがすごい威力なので注意が必要。

 ●キャットナインテイル(取り巻き:九尾狐)
   HP64512、DEF61+55
   前衛に壁を任せ、錐SBrで沈めよう。
   メマーは、私が喰らったら三途の川まで一直線!

 ●エドガー(MVPボス)
   HP152000、DEF15+85
   可哀想な位にアッサリと倒されてしまうボス。
   焚き火(デモンストレーション)は恐ろしい火力なので、上を歩くときは死を覚悟する事!

 こんなとこかな?」

『あとビックフットも出るらしいわよ?』

「そうなんです?
 昨日は会わなかったなぁ…。」

『ふむ。』

「まぁ楽しみましたよ♪
 普段だったら時間涌きでしか出現しないモンスターが、わんさか沸きますからねー。」

『まぁ、確かに…。』

「昨晩は、盾とドオケプカードが出てG資金が潤ったとかw
 今度は私にお金を下さい。

 ていうかサベージベベカードが出ません、売ってください…。」

『あぁ、誰も売ってくれないわね…。』

「砂漠探険のs4の方も買取してますw
 あと、ゴーレムカードも買い取ります。

 …売って下さい・・・。」

『…もう、自分で取りに行ったら…?』

「それも考えてるんですけど、もうベベとか倒しに行くのが面倒な位に遠いんですよね…。
 経験値、全く入らないって言っても過言じゃないですし?」

『まぁ、頑張ればノービスでも倒せるだろう程度の相手だしねぇ…。』

「まぁ、地道に裏作業時間に買取しますよ…。

 さて、今日はここまでー。
 今手品の図面書いてて、これを送信したらもう私、今日はおうちに帰る!
 疲れちゃった!」

『まぁ、朝から歩きっぱなしってのは、虚弱体質っていうか軟弱なセレにはきつい運動でしょうねぇ。
 鍛えたら?』

「これでも走るのは得意なんですけどね、長距離に関しては…。
 まぁ、学生時代程に早くは走れないでしょうけどもw

 ただ、今回みたいに延々歩き続けるっていう動作は、なんとも足に血が溜まるというかね、張るんですよね…。」

『あー、女のブーツ活動みたいなもんかしら?』

「なのかな?
 私は女物のブーツをはいて歩いたことが無いから分からないけども…。」

『わたしだって無いわよ、そんなの履いた事…。』

「……ですよね……。

 っと、うっしゃ今日はここまでー。
 なにやらPvに行ってたりしてる事も多いですけど、それなりにガンバッテマスw」

『あとは、スリッパ行ってるわね最近?』

「あい、一撃で落とせるのでねー。
 デモンパンクは、物理が当たらない事もかなりありますけどね…。」

『TA装備にしたら?
 右手TAの左手錐にしても、スリッパなら一撃でしょ?』

「月光剣との持ち替えもしないと、なかなか当たらなくってね…。
 ま、色々試して見ますw
 まだ試行錯誤の段階なのですよー。」

『なるほど…。』

「それじゃ、また明日ー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

今日は何も無いからゲーム紹介ダヨ

セレ「昨晩はもう、帰宅→ベッドにばたんきゅーw」

エル『だいぶ疲れも溜まってたみたいだし、仕方ないんじゃない?』

「だって、私をベッドで待ってる子がいたんだもの、一緒に眠りたくもなりますよw」

『あぁ、猫?』

「んむ。
 私のベッドを暖めてくれてたナイスな子ですb
 もうね、猫はね、最強ですよ!」

『猫好きだもんねぇ。』

「そんな訳なので、ROの話できません。
 なので、今日は普段とは毛色の違う話をしてみようかとー。」

『ふむ…。

 ちなみに行事カテゴリに追加するいい機会よ?
 何せ、今日はバレンタ』

「というわけで、今日はね?
 オススメPCゲームの紹介
 をしてみるよっ!」

『いや、いつもしてるでしょうが…。』

「いえいえ、今日はてんこ盛り!
 大盛りどころか特盛りすらも飛び越え、もうテラ盛りってくらいに紹介しちゃうヨ!

 なお、年齢制限の掛かったゲームも多数あるので、そういうのが苦手な人は今日は楽しめる記事はありません、注意してNE☆」

『あ、ならさ?
 全年齢対象のが出てるゲームだったらそっちへのリンクを貼るとかしたら?』

「お、さすがエル姉、それで行きましょうか!」

『普通に考えたら、当然の対処なんだけどね…。』

「さて、記念すべき一発目は、今までにもさんざん出てきました
 『永遠のアセリア』
 これが属する『永遠神剣シリーズ』から入りたいと思います。」


永遠のアセリア


「永遠神剣シリーズは、全てここから始りました。

 世界観としては、異世界物。
 序盤は普通に高校生してる主人公ですが、もう序盤から異世界に吹っ飛ぶので、異世界物です。」

『まぁ、そうでしょうねぇ。』

「さて、吹っ飛んでからが本番です!
 このゲームは吹っ飛んでからが楽しく、難しいですw

 あんまり詳しく書いたら他ゲームの紹介に支障が出るので完結に書くと、

 ・人間よりも遥かに強い『スピリット』を何故か人間が支配していて、戦争等は全てスピリットで行う。
 ・各々が神剣を持った状態でどこかから転送されてくるスピリットは、その神剣の声を聞く事が出来る。
 ・基本的にその声の内容は、『敵を殺して、マナを奪え。』である。
 ・声に従い続けた場合、本人の意識が希薄になり、戦闘能力が増加する。
  また、ハイロゥが黒く染まる事でもそのスピリットの意識レベルがある程度は分かる。
 ・スピリットには4種類いる。
  ・青スピリットは『バランスの良い近接戦闘』を得意とし、武器は西洋剣である場合が多い。
   ハイロゥは羽であり、ある程度は空を飛ぶ事が出来る。
   また、敵のスキルを封じるサポート魔法も覚える。
  ・緑スピリットは『物理防御、及びサポートや回復魔法』を得意とし、武器形状は槍が多い。
   魔法攻撃にはほとんど何も防御手段を持ってないので、注意。
   ハイロゥは盾形状で、敵からの攻撃を凌ぎ切る。
  ・赤スピリットは『高威力の魔法攻撃』を得意とする物が多く、武器形状はダブルセイバー。
   魔法防御もかなり高いが、物理防御は皆無に等しいので注意。
   ハイロゥはスフィア型、セレインさんはこのスフィアが何するのかあんまり理解してませんw
  ・黒スピリットは『速さを生かした近接戦闘』を得意とし、武器形状は刀が多い。
   敵の防御階数を凌駕する程の手数で押し切る戦闘方法。
   ハイロゥは羽で、青と同じく空を飛ぶ事が可能。」


『はい、説明お疲れ様。』

「え、疲れませんよw

 さて、各種スピリットですが、実は
 『大陸三大スピリット』
 というのがいまして、それが、

 『ラキオスの青い牙 アセリア』 (ブルースピリット)
 『マロリガンの深緑の稲妻 クォーリン』 (グリーンスピリット)
 『サーギオスの漆黒の翼 ウルカ』 (ブラックスピリット)

 の3人です。
 クォーリンは記憶にありませんが、ウルカとは戦闘も行います。
 正直、この3人の中で最強なのはウルカです、アセリアが手も足も出ないような状況にまで追い込まれます、イベントで。」 

『あぁ、原画さんが今見たら泣くって言ってた、あのイベント絵か…。』

「それは言わないで上げてください…。
 製作期間が恐ろしく長かったので、原画さんのレベルが、製作中にものすごい勢いで上がっちゃったのです。
 なので、最初の頃に書いた絵と後半で書いた絵だと、

 『あれ? 原画って二人いるの?』

 って位に別人かってくらいに絵が違う…!」

『ほとんど、この作品が初原画みたいなもんだって言ってたしね?』

「たしか、そんなことを言ってたかなぁ…。」

『で、アセリアはこれだけ?』

「いえ、まだ登場人物の紹介が終わってない!」

『あぁ、そこまでするんだ…。』

「えー、まずは主人公からいくよ!


 ・主人公:高峰悠人
   キング・オブ・ヘタレと呼ばれるくらいにヘタレなヘタレ。(半分冗談です)
   両親、義理の両親と2度に渡って親を亡くし、現在は義理の両親の子供である妹の佳織との二人暮し。
   バイトに明け暮れる生活をしていたら、妹共々、異世界に飛ばされる。

 ・高峰佳織
   主人公の妹、実は主人公に恋心あり。
   原画作成段階で、色々な追加をしてしまった結果、なんだか良く分からないすごい事になってしまい、しかもそのままGOサインが出てしまった為に原画家の黒歴史になる。
   聖なるかなでも登場、その際には成長した彼女というよりも成長した原画家が見える。

 ・レスティーナ
   ラキオス王女、後に女王になる。
   人間とスピリットの共存を本気で考えて取り組むが、それを周囲に悟らせない(異端だと思われる行動な為)ように行動する女性。
   ヨフアルというお菓子が大好きで、城を抜け出して食べている事がある。
   料理の腕は『劇薬精製、ケミカルクッキング』というレベル。
   主人公は星になりそうになった。

 ・アセリア(青)
   主人公が異世界に行った際にそれを発見、ラキオスに連れ帰った娘。
   何を考えているのか分からない娘だが、手先が器用でたまにアクセサリーを作ったりしてる。
   料理の腕は、『血の滲む訓練が必要でしょう』という、魔王でも食べるのをちょっと遠慮しそうなレベル。
   尚、
   ユート『なんで俺が風呂に入ってる時にアセリアまで入ってくるんだ!?』
   アセリア「違う、ユートがいたから入ったんじゃない。私が入ったら、ユートがいただけだ。」
   といってそのまま普通に(主人公がいても)体を洗い始めちゃうこの子に、羞恥心とか求めても無駄です。

 ・エスペリア(緑)」
   メイド服を着たスピリット隊全員の母代わりみたいな子。
   料理の腕は天下一品、洗濯に掃除から傷の手当てまでの一切をこなす。

 ・オルファリル(赤)
   幼少期から戦争の為に育てられていた為、相手を殺す事に何の悩みもなく、ゲームのように楽しむ。
   普段も年齢同様に幼くおてんば。
   ただ、料理の腕に関してはエスペリアに次いで上手であり、よく手伝いもする良い子。

 ・ウルカ(黒)
   サービオス妖精部隊の部隊長、主人公は『侍みたいだ』と評する程に侍な子。
   戦闘力に関しては全スピリット中で最強といっても過言じゃない。
   料理は『きるのはすごく上手、後は練習しないとダメだね』って感じ。

 ・その他スピリット
  ・ハリオン(緑)
    おっとりお姉ちゃん。
    『お姉ちゃんのいう事を聞かないとー、メッ、ってしちゃいますよ~?』
    胸部には、溢れんばかりの母性がにじみ出ている。
  ・ニムントール(緑)
    ツンツン幼女。
    『だから?』『ふーん。』『うるさい!』『だって面倒だし。』等の発言を良く行う子。
    後日談の『スピたん』で化けた、絵的には、年齢が下がった。(ぁ
    ペターン。
  ・ヒミカ(赤)
    赤スピリットにも関わらず、魔法攻撃よりも直接戦闘を好む変わり者。
    ハリオンと良く一緒に組んで戦場を駆け回る。
    ポイーン
  ・ナナルゥ(赤)
    ヒミカと対照的に、これでもかという程の威力の魔法をぶっ放す子。
    神剣に飲まれかけており、ほとんど感情の起伏が無い。
    ボイーーン
  ・セリア(青)
    アセリアと名前が似てるのは、同じ訓練校出身だから。
    戦闘では前衛だが、指揮官みたいな立場で全体を見通すのが得意だったりする。
    ボイーン
  ・ネリー(青)
    天真爛漫、アホな子、シアーの姉妹。(といっても、親は根本的に存在しないので気分の問題)
    勢いだけで行動し、結局後で大人なスピリット達に叱られ、反省して。次の日にまた同じことをしでかす幼女。
    ちなみに神剣の名前は『静寂』、実情とこれほど合わないのも珍しい。
    ペターン
  ・シアー(青)
    おどおどした感じの目立つ子。
    姉妹のネリーといつも一緒に行動する、お菓子が大好き。
    ボーン
  ・ヘリオン(黒)
    何事にも一所懸命な真面目な子。夜中に自主練をしていたりする。
    ゲーム中では神剣ランクが最低の9位ながら、終盤の能力上昇地は異状w
    チョコッ
  ・ファーレーン(黒)
    いつでも仮面を付けた黒スピリット。
    理由は、極度の男性恐怖症の為である事がスピたんで明らかになった。
    ボーン
 

『あれか、最後のペターンとかボーンとかってのは、胸の大きさ?』

「ですねー。
 ただ、皆あんまり気にしてないかもしれません。
 ていうか、武器として利用してる子もいないかもしれません、ハリオン以外は。」

『彼女は、分かってて相手を抱きしめたりして困惑させてる感はあるわねぇ…。』

「少なくとも気にしてるのは、ヘリオンとニム。
 この二人はそれを気にしてる事が『ガロ・リキュア放送局』にて暴露されました。」

『あぁ、スピたん発売記念のあのオンラインラジオ番組か…。』

「えぇw
 あれは面白いですね、是非またやってほしいもんですw」

『ふむ。』

「で、永遠神剣シリーズのほかの作品に行きますw」

『待て、まだここからいくつもあるのか。』

「まぁ、キャラ紹介とかは除きますからそんなに多くないんですけどねw」


永遠のアセリアEXPANSION
 前作『永遠のアセリア』でメインヒロインになれなかった二人(岬今日子・倉橋時深)だけが攻略対象になったアセリア。
 モードによっては敵が『前衛:法王テムオリン、防御:法王テムオリン、支援:法王テムオリン』とかいうカオス状態になる、また、主人公の妹が超威力の技を引っさげて戦闘に参加したりする。

 まだ時深クリアしてないけど、今日子のスキルが鬼だったのは覚えてますw


スピたん!
 永遠のアセリアの後日談。
 メインヒロインだったスピリット(アセリア、オルファリル、エスペリア、ウルカ)は揃って『存在していなかった』事になっている。(詳しくは永遠のアセリアをプレイしよう!)
 今回のメインヒロインは、いわゆる『スピリット隊年少組』の面々+α。
 ニムントール、シアー、ネリー、ヘリオン。
 追加で、新キャラのツェナに、主人公の師匠である『剣聖ミュラー=セフィス』。

 10年で食糧難になる事が予測される大陸の命運を掛けた探険が始まる!

 ちなみに、ニムは私おお嫁さん、もしくは私の娘です。
 手を出したら許さないんだからねっ!


アネたん!
 スピたん!で攻略対象からあぶれてしまった『スピリット隊年長組』を攻略するファンディスク。
 ファンからの熱い要望があって製作された、らしいです。
 スピたんと違い、戦闘パートは存在しないので容易にクリアできる。
 セリア、ヒミカ、ファーレーン、ハリオン、ナナルゥが攻略対象。

 これはこれで楽しめます、キャラの性格がもう、いい感じに出てますしねb
 ちなみに、ハリオンとナナルゥは声優さんが一緒だったりします、驚愕です…。


聖なるかな
 アセリアシリーズよりもちょっと後の年代の、別世界の話かな?
 アセリアシリーズから続投なのは、時深嬢とユーフォリア(アセリアと主人公の娘)。
 ユーフィかわいいよユーフィ。

 戦闘システムは初代アセリアの発展型。
 1ロール内での行動回数1回に制限、防御スキルに物理用と魔法用の個別数値実装。
 他にも、行動回数に影響する数値実装など。
 また、マップ画面には美麗3Dを使用、回転させたり角度を変えたりと自由自在!
 (ROの視点変更とほぼ同じです。)

 皐月、希美、カティマ、ルプトナ、ナーヤ、ナルカナの6人が攻略対象。
 タリアとヤツィータは攻略できませんが、ホニャラララなシーンはシーン回想に出現するのでそれでガマンしてください。


聖なるかな スペシャルファンディスク
 聖なるかなの後日談+クイズとかそんなお祭りディスク。
 主人公とレーメのその後や、ソル&タリアの話、絶&ナナシの話などがある(らしい)
 セレインさんは、聖なるかなを全キャラクリアしてないからまだインストしてないよ!


「よし、ザウスのオススメゲーム紹介終了っ!」

『…他の会社のもやるつもりなんだ…。』

「時間も押してるから短めにいきますw」


●ニトロプラス
  ・ファントム
    ニトロプラスはここから始まった!
    アメリカのマフィアグループ最強の殺し屋である、ファントム。
    アメリカ旅行をしていた主人公は、偶然ファントムの犯行の瞬間を目撃してしまい、逃走るすも捕まってしまう。
    薬物や暗示によって過去を奪われた主人公は、ファントムである少女から様々な技術を学ぶ。
    時期『ファントム』になるように…。

  ・ハローワールド
    人類の感情という物について調査する為に『ヒカリ』によって作成されたロボット、式森和樹。
    人間社会での生活を続けるうちに、彼の中には確かな『感情』が芽生え…。
    『ヒカリ』の本当の目的、和樹の前任だったロボットからの驚愕の情報、全世界を巻き込む大惨事。
    人とロボットは共存できるのか!?

  ・斬魔大聖デモンベイン
    赤貧魔術探偵、大十字九郎。
    ひょんな事から『世界最強の魔道書』であるアル・アジフと契約してしまい、そこから彼の生活は一変する。
    襲い来るアンチクロス幹部に、それらを束ねるマスターテリオンの脅威とその因縁。

    クトルゥー神話についてある程度の知識があると、より一層楽しめます。
    知らなくても楽しめます、特にロボット好きにはナイスな一品ですb

●他企業
  ・Routes(Leaf)
    皐月に萌えろ、くぎみーボイスでの彼女のデレっぷりに身悶えしろ!

  ・Fate/stay night
    燃えろ、男ならこれで燃えろ!

  ・ギャラクシー・エンジェルシリーズ
    GA→GA・ML→GA・ELの順にクリアしろ。
    シャープシューターはエキサイト翻訳したららめぇ。

  ・うたわれるもの
    今度PSPで出るらしいです、買います。
    アニメ版と同じ声優だったらいいなーと思いつつ、変わったりしちゃうんだろうなーと…。
    ちなみに、カミュ役はくぎみーです。

「これくらい?」

『いや、わたしに聞かれても…。』

「じゃあこれくらいにしときますw
 後は、思い出したら追記スルヨ。」

『ふーん。

 あ、そうそう、いい事教えてあげよっか?』

「お?
 何です?」

『今日ってバレンt』

「はい、これでおしまいー。
 じゃあねっ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ライドワード帽+商人セットの実験

セレ「どうもこんばんは、18時48分、夜のセレさんです。」

エル『あんた、棗ブラザーズ聞いてたでしょ?』

「よくわかりましたね!」

『分からない訳が無い…。』

「まぁコアなネタは置いといて、実験してきましたー。」

『ん、帰宅時間が遅かったしねぇ。』

「今日も遅くなります。
 もう、ものすごく眠いです…。」

『…おつかれ…。』

「いやー、参ったぜ…。
 朝から定期点検の調査をしてたんですけど、戻ってきたのついさっきですよ…。
 今日の仕事の予定が…!」

『ガンバレ。』

「あいあい…。

 えー、昨晩はログインしたら何やら俺Gの溜まり場にすごい人数が集結してましてね?
 ざっと、15~20はいたんじゃないかと!」

『深夜って言ってもいいくらの時間だったのにね…。』

「んむ。
 何やら新人さんが入ったらしくw
 うれしい限りですね!

 でもね、実は私、どの人が新人さんなのかを把握してませぬ!
 今度教えてください!」

『アンタ…。』

「で、ちょっと自己紹介をしてたら、何かさゆさんが言い出しましたよ?

 『セレさん、生体行くよ!』」

『…え、あの時間から?』

「えぇ、あの時間から…。」

『断ったんでしょうね?』

「んむ、残念ながら…。
 昨晩は、早く寝ないといけなかったのでねw
 今日の調査が遠い場所だったので、会社に8時にはいないといけなかったのでw」

『良かった良かった…。』

「で、断っただけじゃあれだったので、ケンセイで実験をしてみました。
 題して!

 『本帽だけで、SP回復アイテム無しで狩りはできるか、in時計4』

 です!
 前からやってみたかったんですけど、やっと本帽子を入手できましたのでね、今回実験をしてみましたよ。」

『ふむ…。

 まぁ、無理だったでしょ。』

「ですね…。」

『考えれば分かる事なのに…。』

「…え?
 エル姉、分かってたの!?」

『ん、分かってた。』

「先に言えええええええええええええええ!」

『夢を壊しちゃ悪いでしょ?
 だからあえて言わなかったのよ、フヒヒヒ。』

「何その邪悪な笑い!?」

『まぁ私の魅惑の笑顔は置いといて。』

「魅惑!?」

『置いといて。

 えーとね、ライド帽子の効果のSP回復だけど、
 『物理攻撃時、1%の確率で相手に与えたダメージの4%をSPとして吸収する。』
 って物。

 SP回復アイテムゼロで行くって事は、
 『SP消費量<SP回復量』
 って式が成り立つ状態なのは分かるわよね?』

「ん…?
 『<』じゃなくて『≦』でもいいんじゃないです?」

『いや、ぬくもり発動とか、火属性付与とかでもSP使うでしょ?
 そこまで含めると計算に色々加味しないといけないから計算が面倒なのよ…。
 索敵時間の平均値なんて、セレは分からないでしょ?』

「…図ってないですからねぇ…。」

『だから、今回の計算は少し特殊に行くのよ。
 要は、

 『常時ぬくもりが発動している状態かつ、ぬくもり以外では敵にダメージを与えない。』

 って条件ね。』

「うぃっす!」

『まずは、期待値。
 発動率が1%で、吸収率が4%だから、

 『0.01x0.04 = 0.0004』

 これが、1ダメージ与えた時に回復するSPの期待値。
 で、

 『1/0.0004 = 2500』

 これが、SP1回復するのに必要な与えるダメージ。』

「つまり、一撃で2500与える形の狩りだったら成り立つって訳です?」

『そうなるわね。

 どう?』

「うん、私には無理ダネ…。
 フクロウ様が星登録で一番与えるダメージ高いけど、それでもせいぜい500くらいだったし…。」

『ね?
 計算したら、実際にやるよりもすんなり結果は出るもんなのよ。

 まぁ運もあるから、一撃ダメが2000くらいでも成り立つかもしれないけど、セレみたいに必要ダメの2割なんて低いダメだったらどうしようも無いわね。』

「クッソウ…。」

『ま、ほぼデメリット無しで少しだけ回復アイテム必要量が減るのは確かだから、全く使えないって事は無いでしょうけどね?』

「くそう…。」

『これだけだと疲れきったセレが真っ白になりそうだから、少しだけ朗報。』

「お?」

『この状態で、人数をきっちりと準備したオデンに行くんだったら、Sp回復アイテムはゼロで行ける可能性が高い。』

「なんと!?」

『まぁあくまでも期待値なんだけどね?

 セレのぬくもり、ヨウカン相手にはPTが12人編成だったら一撃ダメ3000行くでしょ?』

「いきますね、たぶん。」

『だから、たぶんいけるはず。
 運が悪かったら回復する前にSPが切れるけど、たぶん大丈夫でしょ。』

「おおおおおおお!」

『問題になるのはあれね、オデンに行けるかどうかね?』

「ですねー…。」

『時間、無いみたいだしね。』

「んむ…。
 がんばるヨ…。」

『はい、がんばれ?』

「とりあえず昨晩はこの実験しかしなかったから、これだけかな?

 それでは、またねっ!
 ちなみに私は、明日も仕事ダヨ!

 ではっ!
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ぬくもりの装備が、最終段階1歩手前になったヨ

セレ「昨晩は早めに布団に入ったせいか、エル姉との討論が盛り上がって大変でしたね!」

『あぁ、全くもってアホな話題で盛り上がったもんよね…。』


※議題1:何歳までだったら魔法少女なの?
 議題2:エリオは魔法少女の男バージョンだけど、なんて呼ぶの?


「キャロの年齢だったら確実に魔法少女だと思うんですけど、3期(ストライカーズ)のなのはさん達はもう少女じゃないし…。」

『スバルとティアナのペアも、少女って呼ぶのは微妙なラインだしねぇ。
 少女っちゃ少女だけど、魔法少女の少女ってのは子供って感じのニュアンスも含んでるし…。

 ていうか、話してた内容全部書いたらすごい事になるんだから、結論だけ書きなさいな。』

「うぃすw」


※議題1:何歳までだったら魔法少女なの?
      →初めてのブラを体験してから3年の間は魔法少女。
 議題2:エリオは魔法少女の男バージョンだけど、何て呼ぶの?
      →魔法少女の男版は、魔法ボーイになった。

「さて、こんなアホな結論に達した今回の議論ですが、まぁ意見は受け付けます。
 最初は『魔法少年』であってる気もしたけど、語呂が悪かったからボーイになりましたw」

『しょ・う・じょ、で3単位。
 しょ・う・ね・ん、で4単位。
 ボ・オ・イ、で3単位。
 こういう比較ね?』

「もっとふさわしいネーミングがあったら募集しますぜ!

 さて、ROいきますw
 ついに購入しちゃいましたよ、ライドワード帽!」

『やっぱり高かったの?』

「まぁ、高い買い物ではありますけども、ソロ狩りでもある程度は使えるので長い目で見れば元は取れるかと…。」

『いくらだったの?』

「14Mで帽子を買って、500Kでミストケカードを買いました。
 なので、合計で14.5Mですねー。」

『ふむ…。
 多少余裕を見て15Mのお金を用意してたから、まぁ上出来かしらね?』

「んむ!

 あとは、ちょっとビックリさせようかってな具合でとあるアイテムをいくつか購入w
 これに関してはまぁ、適当な時期に使って見ますw」

『あぁ、あれか…。』

「えぇ、これはまぁ、今夜にでも爆発させようかと思います。

 さて、狩りについて!

 皆でトールに行ったりしてましたけど、中でも私の中で大きかったのは、ぬくもりがモロククエを終わらせた事ですねー。
 これで、彼女は自由に狭間マップへ侵入出来るようになりました♪」

『おおー。
 あとはレベル上げてDEXを上げるなり、装備でHITを上げるなりするだけね?』

「んむ!
 一番HITが上がるのは、
 『呪われた手(HIT+10)』
 に
 『ガリオンカード(HIT+5)』
 を挿すのですけど、さすがに高いので、これは本格的にモロクに行ける様になってから入手しようかと思います。」

『入手する頃には、もう使わなくても大丈夫な状態なんじゃないの…?』

「いえ、ほら。
 エロインがいるじゃないですかw」

『あぁ、なるほど…。』


※エロイン:正式名称『エロイン=ヌクモリティ』
    セレインさんの3垢にいるぬくもり2号
    ステ的にも初代と全く変わらないという、完全引っ張り用のキャラ。


「オデン用にトラップガールのアカウントを復活させるのもありかなーと思い始めました。」

『あぁ、トーキー用に?
 いいんじゃないかとは思うけど、1DAYの方がいいかもしれないわね。
 毎日オデン行くって訳でも無いでしょ?』

「あ、確かに。

 1DAY、買った記憶はあるけど使った記憶が無いのはどこに置いたんだったかなぁ…。」

『あぁ、こないだ見たわよ?』

「あ、どこにありました?」

『堂々と部屋に置いてあるエロゲーの間に挟まってた。』

「ワー、そんな情報はここで言って欲しくなかったヨ!」

『ちなみにタイトルは、『Routes』と『アネたん!』ね。」

「そこまでバラス必要がどこに!?」

『いや、面白そうだったから、セレの反応が。』


※Routes:セレインさんが大好きなゲーム。
     PSP版も購入して、ニヤニヤしながら釘宮ボイスを堪能。
※アネたん!:永遠のアセリアの後日談である『スピたん!』のファンディスク。
     要は、スピたんでは幼女(スピリット隊の年少組)しか攻略出来なかったので、
     後日、ファンからの要望に答えて作成された『年上のスピリット隊員を攻略できる』内容。
     ファーレーンシナリオが好きです。(それもあって、AGI騎士を彼女の名前で作ってある)


「私の個人情報がばれまくる!?
 これは、巧妙な罠っ!」

『いや、罠でもなんでもないわね。

 で、ROの話はもう無いの?』

「え?
 えーと、ソロでアヌビスにまた行ったりもしましたけど、あんまり稼げなかったような記憶しか…。」

『割とすぐにソニックブロー一撃→スタン→タコ殴りで南無してたわねぇ。』

「スタンは苦手です…。
 VITも振ってる支援ですけど、パサナのクリティカルとかも重なるとどうしようもありません!」

『ま、育てなくてもいいっちゃいいキャラだしねぇ。』

「さて、今後の話ー。

 ぬくもりが狭間に入れるようになったので、ぬくもりにはオデン中心の臨時にでも行って貰おうかと思ってます。
 あの子には、早く強くなってもらいたいのでね!」

『ふむふむ…。』

「後は適当かなー。
 ファーレーン(AGI騎士)には、サベベベカードゲットの為に、ベベベがたくさん出る所に出張に行ってもらってます。
 敵がビックリする位に弱いのしかいないので、たぶん戻るまでには青箱とかレジポとか大量に持ってきてくれるでしょう!」

『…サベージベベカード4枚拾得するまで帰さないつもりなの?』

「んむ、彼女ならやってくれる!

 あと、そろそろ考えないといけないのはやっぱり次の課金垢かなぁ…。
 2でローグを転生に近づけるのもいいんですけど、3のぬくもりとか4のリンカーを戦えるようにするのも面白そうw」

『なんでもありよね、セレの持ちキャラ数だと…。』

「サーバー内で上の方かなーと思いますけどね、4垢。
 あんまり聞かないですし。」

『まぁ、無いでしょうね…。』

「さて、今日はここまでー。
 土曜日は出社だからログイン出来ないんだぜ!

 それでは、またー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

スカートの短いメイド服を撲滅する委員会(SMBI)

セレ「昨晩、ログインしてすぐに一旦アヌビスへ支援で突撃しましたー。」

エル『どうだった?

  あ、タイトルがもう意味不明だけど、そこはスルーするわよ?』

「南無げっちゅー。
 でも経験値は増えてるからまぁヨシとしますw

 意味不明じゃないヨ!
 なんかね、凪さんが加入してる日本国内だけで1億人からなる委員会だそうです。」

『ふむ…。
 やっぱりあれね、装備が貧弱すぎるのよね。

 …人口のほぼ8割…。』

「立ち回りの問題な気もしますけどね、多分に

 あ、凪さんの委員会に関連する話は少しだけ最後にする程度ですw
 いつかまとめて、そういう内容の記事を書くヨ!

 で、溜まり場に向かうと、ウェルさんが暇そうにしてましてw
 同じくそこにいた斬さんに聞いてみた所、皆はナナシに行ってるらしかったです。」

『合流したの?』

「それも考えてはみたんですけど、時間が時間だったので、もう帰還する頃だろうってな訳で、ウェルさんとペアで行って見ましたw
 無事に1は通過…と思いきや、ウェルさんが1南無…。」

『ありゃ…。』

「ディレイでヒールが回らなかったみたいです…。
 こういう場合は、すぐにこっちにタゲを移さないといけないんだと、学びました。」

『ふむ…。』

「で、2突入直前。
 支援を掛けなおしてもらって、突入!

 ウェルさんが先に入って、私が入ったらME詠唱中で、発動するまで毒ナイフ投げて毒にしまして。

 で、ウェルさんが南無です…orz」

『…同じミスしたの、セレ・・・?』

「死んだ直後のウェルさんの発言。
 『混乱らめぇ!』

 混乱状態になって、なんかダメだったみたいです…。」

『いや、混乱でもなんでも、セレがタゲを持てばいけるでしょ?』

「必死に近くでメテオ連射とかしてみたんですけど、移ってくれなくて…。
 あれですか。
 スキル攻撃じゃなくて、素殴りじゃないとダメなんですかね…?」

『あー、それはどうなのかしらね…。
 次は殴ってみたら?』

「余裕がありそうなPT狩りになったら…。
 近くで殴るのって、私にとってもかなり命がけの行為なのでね?」

『ふむ…。』

「で、イグ葉で起こして、進軍。

 結局全滅してしまいましたけど、私は経験値が少し減ったくらいで済んでました。

 ウェルさんは…確実にマイナスになってしまってるなぁ…。」

『…稼げる場所に、次回一緒に行きなさいな…。』

「うぃす…。

 さて、狩り終わって帰還したら、結局マスターたちのナナシと時間的には変わらなかったのかもw
 合流してれば良かったかなぁ…。」

『あの時点じゃ判断も出来ないだろうし、仕方ないんじゃない?』

「そう考える事にします…。

 で、そこからは雑談ー。
 主に、凪さんがフィーバーしてましたねー。
 私はギリギリで付いていってる、って感じ?」

『いや、あの時のセレの瞳は輝いてたわね。』

「あ、少年の瞳してました?
 キラキラシテル感じの!」

『いや、なんていうか、獲物を前に舌なめずりしてる性犯罪者みたいなギラギラした目だったわね。』

「馬鹿なっ!?」

『ビンビキビンにいきりたつ~♪』

「ハイ、そこのエロ姉!
 ギンギラギンに○○○なく、なんていう有名な歌を使って変な替え歌を作って歌わないようにっ!」

『古い歌だし、いいでしょ?』

「意味が分からない…。
 古くてもダメです。

 はい、えーとりあえず私は一般人なので、そんなハァハァしたりはしません。
 めったにしません。」

『今更何を…?』

「さて、凪さんとアセリア系の話で盛り上がったり(主に私がフィーバー)、メイド服のスカートの長さで様々な話をしたり(主に凪さんがフィーバー)。
 あとは、女性の髪に関して盛り上がったり(二人でフィーバー)してました。

 若干、廻りにいた人(マスター達)が引いてた気もしますけど、きっと気のせいです。
 もしくはAFKしてたから反応しなかっただけに違いありませんw」

『…そのむやみにポジティブな考え方、たまに尊敬するわ…。』

「で、おしゃべりしてたらなんか27時とかすごい時間にっ!

 そろそろ寝ないとヤバイんだぜってなわけでログアウトー。
 それから何故か、リトバスを起動してしまった私…。」

『なんで…!』

「いや、アイコンが目に留まりまして…。
 さすがに28時30分になってるのに気付いた時にはちょっとヤベーってなりましたw」

『午前4時半…。
 3時間睡眠で出勤か…。』

「ま、なんとかなりますw

 でも今日は眠いので、帰ったらバターンかもしれませんw
 で、明日が休みなので、オデンツアーとかいくかもしれませぬ!」

『ふむ。』

「あと、サベージベベの買取を今日辺りにでも立ててみようと思いますw

 何に挿すかを考え中ですけど、ちょっと砂漠の風&砂漠の夕暮れも面白そうにw
 まぁ、もう少し安くなったら遊びで買ってみようって程度ですけどねw

 実際挿すのは、やっぱりs4短剣(ナイフかカッターかな?)か、もしくはメスにしようかとも思ってます。」

『出血かぁ。』

「んむw
 発動率はそんなに高くは無いんでしょうけど、かかるとかなりウザイ状態異常なのでね、カード一枚減らすだけで狙えるんだったらやってみようかとー。」

『ま、いいんじゃない?
 今だったらそんなに超高額って商品でもないし。』

「んむ!
 買取チャットとか露店めぐりで見つからなかったら、RMC買取も考えてます。
 まぁ、不良在庫になってる人も少なからずいると思いますしねw

 では、今日はここまでー。
 明日は休み!
 今日の仕事がちゃんと終われば、明日は休みだNE!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

トール→オデン祭り→スピたん

セレ「凪さんから突っ込みを頂きましたー。」

エル『完全に忘れてたでしょ?』

「分かってんねんで?
 そやけど、ちぃとばかし失念してたっちゅうか…な?」

『そういうのを、忘れてたって言うのよ…。』

「がっでむ!」

『クドの真似はいいから、似てないし。
 あと、その似非関西人みたいな口調はやめなさい、鬱陶しい。』

「週明けからいつも通りすぎる姉だぜ…!

 えー、週末の動きー。

 土曜日はトールに行きましたよ、ダーリン(フラウスさん)と、あと何人かで。」

『…メンバーは覚えなさいと何度…。』

「ブラさん(WIZ)と斬さん(HiWIZ)、ダーリン(支援)、凪さん(殴り支援)、うにさん(リンカー)に紫苑さん(ハンター)。
 これだけだったかな…?」


ウェルさん&ポコさんがいらっしゃいました!
 忘却申し訳ないです…orz


『あいまいね…。』

「抜けてる人いたら教えて下さい…。

 まぁ、いつも通りなトールでしたね。
 釣りをフラさんとうにさんが行って、残ったメンバーで殲滅。
 途中で斬さんがいなくなっちゃいまして、それから少し立って帰る事にー。」

『ん?
 全滅?』

「いあいあ、私が
 『俺Gでオデン行くっぽい』
 というような話をして、帰還になったのです…。」

『うわぁ…。』

「次回は時間を気にしないでいけるように調整しますね!
 トールもレアが出たら美味しい場所ですし…。」

『出たことあったっけ?』

「燃えてる弓とピアーシングは出た事ありますよ?
 手袋とか盾は出た事ありませんが…。
 まぁ、ドロップは未実装だから仕方ないですねw

 さて、トール終わりまして次はオデン!

 私はいつも通りのぬくもり装備ですb」

『ドロップは決して未実装じゃないんだけどね?
 あすくが、出したって言ってなかった?
 しかも2回連続でとかなんとか。』

「ブルジョワにインフルエンザウイルスが回りますようにっ!
 あと、彼女とラブラブしてる人にももれなく進呈されますようにっ!

 あ、でも彼女さんには罪は無いので、彼氏だけ苦しんでください。」

『なんというソロの妬み…。
 彼女作ればいいなじゃいのよ?』

「私に可能だとでも?」

『オタク道から抜け出せば可能性はゼロじゃないと思うわよ?

 …ものすごい勢いで楽観的に見たら、だけど。』

「へっ!
 私はいいんだもんね、ニムは俺の嫁とか言ってたら満足なんだもんね。」

『その発言、リアルでしないでよ…?』

「あ、手遅れです。」

『………。』

「ほら、前に私、
 『高校生の担当してる』
 って言ってたじゃないですか?」

『あー、ものすっごい前に言ってたわねぇ…。』

「その会合が昨日の夕方にありましてね?
 でも私、外出しないといけない用事が入ってたので、代わりに出席してもらってたんですよ、担当者として。」

『誰に?』

「同じ地域の、小学生担当の人。
 すごくいい人です、Tさん。
 部長によくいじられてます(ぁ」

『…で?』

「そこで、会合の主催者が悪乗りというかノリノリというかハッスルしまして、
 『じゃ、高校生の子と担当者は1人ずつ前に来て、
  自己紹介と、好みの女性のタイプを言って下さい!』
 とかいう謎めいたコーナーになってしまったらしいですw」

『…セレの代わりに行ったTさんも餌食になったのか…。』

「なんかね、そこでね?
 『私は今日は本当の担当のセレインさんが仕事でこれないから代わりに来た。
  ちなみにセレインさんは、二次元を愛してます。』
 みたいな事を言って、笑いを取ったそうです。」

『…うわぁ…。』

「悪気があったわけじゃないですし、そもそも既にカミングアウトしてる相手も多かったはずだからかまわないですけどねw
 とりあえず、用事の合間を縫ってお礼(送迎もお願いしてたので)の電話したら、その事実を語られましたw

 Tさん『ノリで言っちゃったけど、まずかった?』
  私 『全く問題ありませんb』

 みたいな話しておしまい。」

『ふむ…。』

「さて、話を戻して、トールから戻ってすぐのオデン。
 すぐって言っても、皆が準備したりとか色々してたら結局開始は10時45分くらいになったんだったかな?」

『ん。』

「今回はぬくもりが3人いたから安定・・・かと思いきや、開始早々というか、奇跡を起こす為に集合する時に死者が…!」

『…まぁ、奇跡起きてないセレのキャラなんて、あそこはタゲられるだけでも死亡確定みたいなもんだしね…。』

「カヤラさん(97)が南無してしまったのが申し訳ない…。
 挽回できたかな、経験値…。」

『さぁ?』

「で、まぁ始りまして、全員上納50モードでぼっこんぼっこん!
 ジョブレベルが上がりましたとさ♪」

『おお~。』

「あだEMCまでは遠いと思いますので、頑張りたいと思いますw」

『んむ。』

「さて、こんなとこかな?
 後は支援さん(臨時で拾った)とペアで氷行ったりもしましたけど、これは特に何も無かったのでw」

『南無も無かったの?』

「えぇ、3回だけでしたねー…。」

『………。』

「やっぱり囲まれたらアウトだってのが分かりました…。」

『…ファイト…。』

「ほいじゃ、今日はここまでー。
 後は、この頃お気に入りなシリーズの中で、ニムがどんな子なのは分かりそうな部分を抜粋して紹介っ!」

『…またニムか…。』

「ツンデレだと思ってましたけど、前にやった『真面目に考察』によって恥かしがり屋さんである可能性が高いというわけになりまs…
 エル姉、鼻血出た!

『そんな報告はいらないからさっさと続きを書きなさい…。』

「うぃw

 で、まぁ彼女の可愛さを皆に知ってもらおうというわけで、都合良くニコニコ動画にあったのをペタリ!

 ちなみに分からない人用にゲームの概要よキャラ解説、出てくる人だけ簡単に。


龍の爪痕。

大陸の北東にある巨大な亀裂。

その向こうには、ハイ・ペリアと呼ばれる楽園があり、
その亀裂の底は、バルガ・ロアーと呼ばれる地獄があると言われていた。

完全なる断絶。

越えられる者も、越える方法を知る者もいない。
ただ世界の神秘としてそこにあった。

だが――

「話は簡単。ようは、空を飛ぶ船があればいいのさ」


ある発明を発端に、世にも騒がしい探検隊が組織された。

隊長に推されたのはスピリットではないものの、剣の腕と『ミュラー・セフィス』の推挙により、
スピリット隊に籍を置く1人の青年『ロティ・エイブリス』。

現在の同僚と元スピリット隊の9人のスピリット。
それから、計画の発案者である『ヨーティア・リカリオン』、剣の師匠である『ミュラー・セフィス』。

個性豊かな彼女たちに、ロティは振り回されっぱなし。


こうして、長き戦争を終えたファンタズマゴリアから、新たな冒険が始まる。
いざ、龍の爪痕の向こう側へ!


※引用元:公式サイト


 ロティ:主人公。なんていうか、自分に自信を持てない感じの少年。

 ネリー:幼女、いろんな意味でアホな子。(川の始まりを見たいといって外出、上流まで行って、流されて行方不明になった事がある)

 シアー:幼女、ぽわーんな子。(飛んでる蝶を見つけて追いかけて迷子になった事がある)

 ニム:幼女、ビックリする程のお姉ちゃんっ子。

 ファーレーン:大人、ニムのお姉ちゃん(血縁関係は無い)。

 ナナルゥ:大人、ビックリする程感情表現が無い子、この少し前のパートで、『趣味は冗談』という設定になって主人公を困惑させる。(是非見て欲しいです、この趣味w)

 



 お次に、私の中でのスピたん最大のイベント(ロティピンチ→ニムの回復魔法)。
 あ、『ニムのお礼』を見たい人は実際にプレイしてみてNE☆

 ハリウス:ニムルートで主に大暴れする敵(開拓者)
     友達認定をされると困った事になる人、思考回路が飛んでるとしか思えないんだぜ!






 そしてニムのデレ期到来っ!
 『ロティもここで寝て』の破壊力は、瞬獄殺よりも上だと思います。
 あと、ニムのキャラソンも入ってます、絵が可愛くてもう、鼻血が止まりませぬ!




『あー、キャラソンが入ってる部分の絵は全部こんな感じのSDキャラだったわね、確か・・・。』

「ですねー。」


※他のキャラソン(タイトル覚えてないので歌詞の最初の方)
 ツェナ:『汗と埃と闇の中~、幾たび剣を握り締め~♪』
     あとテーマソング系もこの人だったはず?
 ヘリオン:『ひと時限りの恋人ごっこ、だけど心の中、少しだけ悲しい…』


「全部で7曲あるんですけど、記憶に…orz」

『あー…。』

「エリー&シアーには無かった気がしますけど、真偽は定かじゃないですw
 プレイしてみてね☆」

『回し者…。』

「さて、ここまでにしときますかねー?

 来週(15日)はGvは参加できるかと思いますけど、その次(22日)は微妙なとこです。」

『まぁ、リアルを大事になさいな?』

「うぃすw

 ほいでは、今週も頑張っていきまっしょーいっ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

死神の名簿過剰精錬計画(失敗)

セレ「見事、失敗に終わりましたw」

エル『クホホか…。』

「いや、そうじゃなくてね?

 レベル制限の問題で、うちの支援は装備すら出来ませんでした…。」

『…あー、そっちかぁ…。』


※うちの支援81歳、レベル制限は85以上だった


「なので、ちょっと支援のレベルを上げる事も検討しようかと思い始めました。」

『いいんじゃない?
 どんなステにするの?』

「考えてるのは、VITをもう少し上げてからDEXに振る方法かな?
 ただ、転生を目指すんだったら、アヌビス狩りフィーバーもいいのかなぁ…。」

『…それはまぁ、自由だけど。
 ただ、あんまり激しく迷惑にやると、晒されるらしいから注意ね?』

「そんな必死狩りはしません、たぶんw」

『ならいいけど…。』

「でも最近、ちょっとハイプリが欲しくなってきたのはありますね…。
 転生…本格的に考えてみようかな…?」

『やめときなさい、どうせ長続きしないんだから。』

「ですよねぇ…。
 騎士もまだ81だし、ローグも92くらいで止まってるし…。」

『でもまぁ、ここからTU狩り専門のアンデッドバスターになるんだったら、LUK振るのがいいかしらね?
 TUの成功率って、INT、LUKの数値で決まるんだし。』

「ふむふむ…。」

『まずはおさらいね。
 TUの成功率の計算式は、

 {(SkillLv * 20) + Luk+ Int+ BaseLv + (1 - 敵HP / 敵MaxHP) * 200} / 1000

 だから、セレの今の状態で敵HPがMAXだったら、

 {(3 * 20) + 15+ 95+ 81} / 1000 = 25.1%

 4回に一回の成功率ってとこね。』

「さすがに低いですね…。」

『まぁ、LUKがねぇ…。
INTだってカンストすらしてないし。

 ちなみに今のステポイント余ってる分を全部LUKに振って、キラキラでTU10にした場合。
 そこに、自己支援(ブレス、グロリア)を入れて計算してみると、

 {(10 * 20) + 15+ 95+ 81} / 1000 = 44.9%%』

「あ、これならなんとか様になりそう?」

『さすがにこれの為だけにLUK料理を買うのは馬鹿みたいだからやめるにしても、教範とINTくらいは使ってもいいかもね。
 そしたらもうよっと上がるかも。』

「ふむふむ…。」

『ただ、レベルを上げるんだったらオデンとか行ってみるのもいいんじゃない?
 SW10にして、少し他の臨時で腕を身が井出からでないとダメだけど…。』

「ふむー…。」

『あと、睡眠ね!』

「デスネ!
 しょっぱなから寝落ちしてブラックリストに載る訳には行きませんしね!」

『まぁ、無難なのは最初に書いたアヌビスソロだけどね?
 普通にやる分には迷惑にならないし。
 寝落ちしても、セレが南無するだけだから迷惑にはならないし。』

「PT狩りだと、寝落ちは迷惑かけまくりですしねー…。」

『ん。』

「今夜にでも、ちょっとアヌビスやってみるかなぁ…。」

『85になったら、死神の名簿を過剰精錬?』

「ですねw
 Gvで装備して、広範囲呪い+ダメージをやってみたいのですw」

『あの、サタン拳聖に装備してもらった方がいいんじゃないの?』

「あー、それもいいかも…。
 まぁ、何にせよ支援のレベル上げですねー。

 なんか、やる事がドンドン増えて行ってるのに時間がドンドン減っていってるような気がしてきた…!」

『実際そうなってるでしょ?
 別に義務じゃないんだから、やりたいのからやっていけばいいんじゃないの?』

「そうですねー。
 そしたら、とりあえず思いついた支援を少しやってみようかな?

 ほいじゃ、とりあえず方針が決まったので今日はここまでー。
 昨日の話をほとんどしてないけど、おしゃべりだけだったからなぁ…。」

『ホント、モンスター一匹も倒してないわよね…。』

「ではではー。
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

生体狩り→記憶飛び飛び

セレ「エル姉、事件です!」

エル『なによ?
  頭が爆発したの? 物理的に。』

「それは死んでしまう!

 いや、そうじゃなくて。
 ほら、うちのブログの→に、リンクあるじゃないですか?」

『うん。』

「入れたと思ってたら、凪さんが入ってなあああああああい!
 しかも、入ってたはずの、きみさんのが消えてるううううう!?」

『うわぁ…。』

「今の今まで気付きませんでした、ずっとブラウザのお気に入りから行ってたから…。
 というわけで、更新終わったら修正というか追加作業に入ります。」

『ふむ…。』

「さて、昨晩は生体でした。
 これがまら、ある意味斬新でしてねー。」

『ほほぅ?』

「まず、入ってすぐに息を潜めながらプレイヤーを待ち受けるガイルおにいちゃん(AXDOP)の熱烈な歓迎でほぼ全滅です。」

『…まぁ、アサクロだけでよかったんじゃない?
 転生前にグリムしてた時とか、暗転解けてから少し歩いたら殺されたでしょ、MVPに。』

「えぇ、殺されましたね…。」


生体南無
レベル98でしかもあと少しで発光だってときに、
入って瞬殺されて言葉も出ないセレインさんの図


「あー、懐かしいなー。」

『この頃は課金料理は実装されてなかったから、セレは料理を自力で作ってたんだっけ?』

「えぇ、気分転換にドリアードに行って葉っぱを集めて、ヅリーンサラダ(レベル4か5の料理)を作ってましたねー。
 大きな葉っぱがなかなか集まらず、苦労しました…。」

『今だったらモスコビアですぐ集まりそうね?
 まぁ、課金料理があるからいらないかもしれないけど…。』

「ですねw

 さて、入り口はもはや難攻不落な場所と化してしまいましたので、入ってすぐにテレポして、それから合流しようという流れに。」

『まぁ、よくある光景ね?』

「なんとか合流しまして、レッツ階段狩り!」

『どうだった?』

「まぁ順番にw

 えー、今回の狩りですが、ちょっと斬新なスタイルでした。」

『ふむ?』

「まずメンバーが、
 チャンピオンx2、ハイプリx5、プリ、ハンタ、アサ、アサクロ(私)、教授。」

『PT上限の12人フルじゃないのよ…。
 しかも、前衛がいない…。

 まぁ、それだけ支援がいるんだったら、どうにでもなるとは思うけど…。』

「そして、ハイプリのうちの二人は、マスターと凪さん!」

『…あぁ、支援とはちょっと違うわね…。』

「バリバリで殴りかかってましたからね、特に凪さんw

 私はまぁ、いつも通り?
 ひたすらソニックブームです。」

『まぁ、他に出来る事無いもんね、殲滅としてだと。』

「ですねー。

 さて今回の狩り、見ての通り前衛がいません。
 チャンプ二人が釣って来て白羽で固定。
 そして、

 PTメンバー全員でタコ殴りにするという、なんとも男らしい狩りでした。」

『階段の狩り方じゃない気がするわね…。
 ていうか、生体でその狩り方は確かに斬新ね…。』

「私は殴る毎にSPが減るナイフ装備なので、SBr連射でしたけどねw
 やっぱりTAグラにした方が良かったかもしれないと、後で感じました。」

『まぁ、命中足りるのにはだいぶあたるけど、全く当たらない相手にはTA装備でも当たらないしね…。
 その辺りを割り切って考えたんでしょ?』

「ですね。
 けど、まぁやっぱりセシルは苦手です…。
 物理が全く当たりません!」

『まぁ、そうでしょうねぇ…。』

「あれに本格的に当てるとなると、フリオニカードが必要になる気がします!」


※フリオニカード:HIT+100という、命中に関する鬼のようなカード、MVPボス。


『夢は見ない方がいいわよ?』

「ですねw

 ちなみにレアは無かったですね、セシルカードあったらよかったのに…。」

『あれを複数準備出来れば、ローグはASPD190狙えるかもね?』

「できたらいいですねー、面白そうですしw」

『秒間5回攻撃だからねぇ…。』

「んむ!
 でもまぁ、夢は見すぎるとダメって聞いたので、あんまり考えないようにしますw

 …っと、そういえば昨晩の記憶が飛び飛びです。

 『次の倒したら戻りかねー』みたいな事を誰かが言ってたのはなんとなく覚えてる。
       ↓
 気付いたら俺Gの溜まり場にいて、凪さんが抱き枕の話してた。
       ↓
 気付いたら朝で、布団に入ってた。」

『………。』

「ログアウトどころか、パソコンの電源を切った記憶がありません…。
 あと、私はなんでトランクス一枚で寝てたの?」

『わたしが知ってるわけないでしょうが…。』

「まぁ、私がそんなハレンチスタイルで眠りに付くわけ無いですしね、きっと妖精さんが夜中に脱がした上で記憶を消してったのでしょうね、うん!」

『あー、はい、ソウネー。』

「というわけなので、今夜は私の服を脱がした妖精さんに詳しい事情を聞こうと思います!」

『ハイハイ。』

「えーと、あと、カトルミューティレーションされてないかの確認もします!」

『ハイハイ。』

「…えーとー…。
 後は、あれです、うん、こう、心を鍛えて、あの、妖精とか見えるようにします!」

『ハイハイ。』

「………ごめんなさい、突っ込みを入れてください…。
 どこまで行ったらいいのか分かりません…。」

『最初からアホな事言わなければいいのに…。』

「↑で書いた話は冗談ですからねー?
 起きたらトランクスで寝てたとこまでしか、ホントのことは書いてませんw」

『…パンツ一丁で寝てたのは事実なんだ…。』

「えぇ、お陰でなんとなくおなかの調子が悪い気がします…。
 ま、もう治りましたけどね、アップルティーの薬効成分は世界一イイィィィィ!」

『はいはい、もういいから。
 今日はこれで最後?』


「ですねw

 でえは、今日はここまでー、
 明日仕事終わったら、休めるはず…。
 がんばれ私!

 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ザウスの新作キターーーーー!

セレ「まずはこれを見てください。」


つくもの ~やどりぎロマンス~
※18禁ゲームなので、対象外年齢な方はクリック禁止ですよ!


エル『まぁ、セレの好きな原画のヒトなのは分かるわね、絵だけで。』

「んむ。
 でね、私が気になったのはね?

 ジャンル:純愛触手ADV

 純愛で…触手…?」

『……。
 想像しにくいわね…。』

「ザウス作品は過去に永遠神剣シリーズしかやってない私ですけど、実は触手は登場してます。
 『永遠のアセリア』での、イービルルート
  →主人公から触手が出る(隊員を(ピーーーー)しちゃう)
 また、同じく『永遠のアセリア』で、共通ルートかアセリアルート。
  →元の世界にアセリアと一緒に飛ばされた後、その地の主人公の後輩が敵(幼女(見た目だけ))に捕まって(ピーーー)てしまう。」

『あー、あったわね、そんなシーン…。

 …ハリオンだけは、なんか無理やりっぽくないというか、キャラが強すぎてイービル主人公が引いてた気がする。』

「だったっけ?
 イービルとかああいうのは一回しかやらないからなぁ…。」

『で、今回は純愛?
 触手で純愛…。』

「まぁ、触手の正体にも拠るとは思うんですけどねー。
 こう、ダンセイニ(出展:デモンベイン)的な、意思の疎通ができるスライムっぽいのだったら、カップルの夜の生活には困らないかもしれません、私はちょっと怖いですが!」

『でも、ぶっちゃけ男には触手生えてるしね、一本。』

「ちょ…!」

『セレにも生えてるでしょ?
 こう、ハンディーなサイズの触手。』

「…そういう発言は控えるようにーっ!

 でも、主題歌は
 『這い出るモノたち』
 ってタイトルなので、なんとなく主人公から触手が生えてきそうではありますね。
 作品概要にも、そんな感じの事が書いてありますし。」

『ふむ・・・。』

「ちなみにこの主題歌、歌手はRitaさんです。」

『…どこかで見たような名前ね…。』

「それもそのはず!
 この方、リトルバスターズ!!の主題歌を歌ってらっしゃった方ですb」

『あー、なるほど…。』

「あの歌大好きなので、今回のこれも買います。
 ていうか、人丸さんが絵を描いてるだけでも買いですb」

『この、幼女好きどもが…。』

「私は幼女好きじゃないよ、子供好きなだけだヨ!

 人丸さんは、幼女好きなんじゃないですよ?」

『いや、あのヒトは疑いの余地無いでしょ、セレと一緒で。』

「だから、私は違うと…!

 人丸さんの、こんな名言があります。
 『ちっちゃい子がいいんじゃない。
  ちっちゃい子じゃないとダメなんだ。』


 つまり、幼女好きだったら、
 『女の中で順位を付けるなら、幼女がまず来て、次にその他の女』
 ってなると思うんですよ。

 対して人丸さんは、
 『女の中で順位を付けるなら、幼女がまずきて、あとはいらない』
 ってなるのですよ!」

『……(末期ね)……。』

「とりあえずこの作品に関してはまだ情報出たばっかりでなんともね?
 作品が出るのとか、作品名とかジャンルとかは知ってたんですけどね?」

『あー、あれかぁ。』

「んむ、あれですw」

『いつものハッキング?』

「そうそう、毎回セキュリティがねー……ってちげええええええ!
 会員には先に情報公開されてただけです!

 ハッキングって…!
 私みたいに、
 『なー○○、ルーターってうちにあるのか分かる?
  あと、ハブって何? 俺ハブってヘビしか知らないんだけど。』
 とか言ってるレベルの人間にできる事じゃないですよ、きっと…。」

『わたしはするけどね、ハッキング。
 自作のメモ帳ソフトで。』

「だからそれは断じてメモ帳じゃないと…。

 …具体的にどうやってハッキングするんですか?」

『まず相手のサイトのアドレスをメモ帳に書くでしょ?』

「うん。」

『そしたら、そのアドレスのデータが入ってるパソコンの窓が開く、エクスプローラで。』

「…え、手順って、アドレス入れるだけ…?」

『うん。』

「どう考えてもメモ帳じゃNEEEEEEEEEEEE!」

『まぁそんな話はともかくとして…。

 発売っていつだっけ?』

「現状だと、今年の春って事しか分かってないですねー。
 クラブザウスを見てないから、そっちには何か書いてあるかもですがw」

『ふむ…。』

「まぁ、楽しみにしてます♪

 さて、そろそろ聖なるかなをクリアしないと…。」

『まだ終わってなかったのか。』

「いや、あのゲームはクリアに時間がかかるのですよ…。
 戦略シミュレーションなので、仕方ないのです。

 なので、とりあえずあれです。
 クリアしてないキャラに絞るかな…。」

『待て、クリアしたキャラの攻略をしてるの…?』

「んむ!
 だって、カティマのスキル強いんだもの!」

『…(発売までに終わらないだろうなぁ)…。』

「聖なるかなが終わったら、次はファンディスクだ!」

『……(絶対終わらないわね)……。』

「はい、急に更新しなきゃいけない的な義務感に襲われたのでw
 以上、ザウスの新作紹介でしたー。

 ノシ」

『…いつもだけど、セレってザウスの広報なの…?

 あと今更だけど、CG見た感じ、主人公のお尻から生えてるわね、この管狐っぽいの。』

「あ、ホントだ。
 買いだNE!」

『男の尻が好きなのか…。』

「そういう意味じゃなああああああい!

 狐、好きなんです♪」

『ハイハイ。』

「流された…orz」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

ログイン→おしゃべり→就寝

セレ「帰宅したのが大体1時30分でしたー…。」

エル『いつもながら、お疲れ様…。』

「ありりぃ…。

 まぁ、体のだるさと反比例するかのようなハイテンションでやっていきますよ!

 さて、昨晩はログインしておしゃべりして就寝、って感じでした。
 おしゃべりはだいぶ色々してましたけどねw

 恐ろしかったのが、SBrの最大ダメージ(シーズモード)を計算してみようぜ、って話w」

『ほほぅ。』

「ご存知シーズモード。
 遠距離攻撃には40%も補正が入って下がるのですw
 つまり、遠距離攻撃であるSBrも補正対象!
 ただでさえ対人装備で固めているであろう相手に、更に60%のダメージしか与えられません…!」

『まぁ、そうでもしないと強すぎでしょうしねぇ、特にハンター系。』

「ですねー。
 DS連打とか、シーズ補正無しだったら私は瞬殺されてしまいますw」

『で、どんな想定で、どんな結果が出たの?』

「えーとね。
 まずこっちが、
 ・素ステ、S=Iカンスト、残りをDEXに。
 ・メギンギョルド2個
 ・+10錐+QHw左+聖付与
 ・その他装備で端数を整えて、支援料理、STR220、INT125
 ・ゴスペルでステ+20にATK倍増が来たのを想定。
 ・演奏スキル戦太鼓5使用

 相手想定が、
 ・DEF100、VIT150
 ・不死服着用
 ・対人ダメ減少装備無し
 ・LA掛かってる

 これでやってみました。」

『実際のGvではありえないようなシチュエーションね…。
 メギン2個もかなり無理あるけど、まぁなんとかならなくもないけど…。
 でも、DEF100は無理でしょ。』

「まぁ、あくまでも最大ダメ考えてみようぜってな話しなのでw」

『ふむ…。
 結果は?』

「159700!
 つまり、160Kくらいのダメージです!」

『…うわぁ…。』

「正直ビックリですが、まぁ妄想なので、やろうとは思わない方がいいですよー。」

『いや、思わないでしょそれは…。』

「よし、この話しおしまいー。
 メギン欲しいですけど、新神器のアスプリカ(だっけ?)ってのもすごい能力なんですよねー。」

『あぁ、あれかぁ…。
 まぁ、強いとは思うけど、近接攻撃ってのがネックね。』


※アスプリカ(肩装備)
 すべての属性の物理攻撃に対する耐性 30%
 FLEE + 30、DEF + 5、MDEF + 5
 [テレポートLv1] 使用可能
 精錬不可、破壊不可


「全属性ってのに無属性も含まれるとしたら、どれにも負けない上位互換ですよね…。」


※単一属性に対する耐性のカードはある(レイドリック(無)、マリオネット(念)、ジャック(火)等
 また、無属性耐性50%を誇るデビルリングcは、デメリットがある(他属性からのダメ増加)


『まぁ、だからこその神器でしょ?』

「ですねー。

 あとは特には何も無かったかな?
 さゆさんが新キャラ(ダンサー予定)を作ったそうで、手伝おうかとも思ったんですけど寝落ちしそうだったのでやめときましたw」

『賢明な判断だと思う。』

「ほいじゃ、今日はここまでー。
 今夜は、狩りがしたいです…。
 ルシュナさんにも借りた武器返してないし…orz」

『もらっちゃえば?』

「何言い出してるのこの姉!?」

『まぁ冗談だけど、また日曜日にも借りるんでしょ?』

「その可能性はありますけど、やっぱり返さないと…。」

『まぁ、早く帰れるように頑張りなさいな。』

「うぃすw

 それでは、またー。
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

節分の話から、イザナギ・イザナミ夫妻の話に飛んでしまいました。

セレ「はいみんな! 今日は特別な日ダヨ!」

エル『何がよ…?』

「今日は節分!
 2月の最初で最後の大イベントです。」

『いや、バレンタイn』

「さて皆さん、節分に関してどれくらい知ってますかー?
 どうせ、
 『鬼は外、福は内って言って鬼に扮装した父親に力いっぱいマメを投げつけて、
  年齢と同数のマメを食べれば幸せになれるんだぜ!』
 くらいのことしか知らないでしょう?

 しかも節分をカップルで過ごそうなんて不届き者は、セレインさん添い寝の刑ですよ!
 毎晩行くよチクショーー!」

『警察とか他の組織が動くわね、自衛隊とか、米軍とか。』

「何故私が添い寝する刑罰に米軍が…?

 まぁそれはともかく、実は私も、節分って豆投げて年齢の数食べるって程度しか知りませんw
 なので、ここは超絶優秀お姉ちゃんであるエル姉に色々と教えてもらおうという他人任せ企画
開始です!

 そてじゃエル姉、お願いしまふw」

『…面倒な…。
 まぁ、たまにはいいけどね?

 えーと、節分。
 名前の由来は
 『季節の分かれ目』
 って事だから、今は2月上旬の立春だけだけど、本来は立春・立夏・立秋・立冬の直前は全部節分なのよ。』

「そうだったんだ…。

 あ、豆を投げるってのは何が由来なのん?」

『あれは、宮内行事の『豆打ち』ってのと、中国から来た『追儺』が合わさったみたいね。
 豆、ていうか穀物とか木の実とかには邪悪を祓う聖なる力あるって思われてて、それで邪悪(節分行事だと鬼)に投げて、祓うって寸法ね。

 ちなみに穀物系にそういう力があるってのはかなり昔くからある話ね。
 イザナギがイザナミ達に桃を投げて追い払った話あるし。』

「…あれ、イザナギとイザナミって兄妹ですよね?
 なんてヒドイ兄貴…!」

『違う、兄妹違う。
 あの二人は夫婦。』

「……え?」

『確かに 『妹伊邪那美』 って書いてあるから勘違いするヒトもいるみたいだけど、あの頃の『妹』って単語は、妻・年下の女性ってな意味。
 まぁ、親しみを込めた言い方ね。
 中国語でも、挨拶には
 『ツァオアー』(おはよう)
 『ニーハオ』(こんにちは)
 って単語を使うのが主流だけど、仲のいい相手には
 『チーラマ?』(飯食った?)
 って単語使ったりするから、そういうニュアンス。』

「ふむ…。」

『で、イザナミが火の神(カグヅチ)を産んだ事でまんk(ピーーー)に大火傷を負って死去。
 その後、イザナミ死去の原因になったカグヅチをイザナギが殺害。

 イザナミに逢いたい気持ちを抑えられなかったイザナギが、黄泉の国に行ってイザナミに一緒に帰ろうと説得するんだけど、黄泉の国の食べ物を食べちゃったから戻れない、って話に。』

「そんなに美味しかったの?
 もう、これ無しじゃ生きていけない、みたいな。」

『アホか、アンタ…。
 食べ物ってのは当時はすごく重要視されてた物なのよ。
 食べるってのは、その地の精霊とか土地神だとかの力を体内に取り込む行為って認識があったはずだから、黄泉の国の食べ物を食べちゃったイザナミはもう、黄泉の国の一員なのよ。』

「あー、なるほど…。」

『だから、イザナミは、
 『ちょっと黄泉の国の神に戻る方法聞いてくるから、それまで私の事見ちゃイヤだよ…?』
 って言われてたのに見ちゃって、そこで見た姿があまりにも…ね。』

「どんなだったの?」

『体中が腐ってウジが涌いてて、しかもそこから生まれた8匹の雷神がまとわり付いてた。』

「…恋心もスパークしそうな、阿鼻叫喚の地獄絵図ですね…。」

『ん。
 そんな姿を見ちゃったもんだから、イザナギも驚いて逃走。
 見ちゃ駄目って言ったのに恥ずかしい姿を見られて逆上(混乱とか焦りもあるかも)してイザナギを追いかけるイザナミ。』

「それは、私でも逃げるかもしれません…。」

『で、追い払う為に最初に投げたのは髪飾り。
 これはブドウ(野葡萄かも)になったみたい。
 次に投げたのが、櫛の歯。
 これはたけのこになったらしいわね。
 これで最初の追っ手からの逃走に成功。

 第二陣で追跡してきたのが、さっき出てきた雷神。
 この時に投げたのが、さっき言った桃の実ね。
 これは逃げてる最中に生えてたのをもぎ取って投げたみたい。
 ちなみに3つらしいわ。

 最終的に助かったからか、イザナギはこの桃の木の神に
 『オオカムズミノミコト』
 って名前をつけたみたい。』

「ふむー。

 …あ、節分から話がかなりそれてる気がしてきた…。」

『…そういえばそうね…。
 まぁ、ここまで来たら最後までそんなに無いし、話しちゃうわよ?

 えー、最終関門、イザナミの追跡。
 これはなんとかダッシュでに逃げ切って、黄泉の国と現実との門を超えて、門にでっかい石を置いて封鎖。

 この直後の、

 イザナミ『こんなことをするのなら私はあなたの国の人間を一日千人殺します』
 イザナギ『それなら私は一日に千五百の産屋を立てる』

 って会話は有名じゃない?』

「ゴメン、私は全く知りませんw」

『……。

 あ、ちなみにここでの返答が、

 『それなら私は、一日に千五百の子供を産んでもらうwwww』

 だったとしたら、イザナミは石破天驚拳で石を壊してイザナギを殺してたでしょうねー。
 そしたら、アマテラスとかツクヨミとかスサノオとかが生まれてなかったから感謝するように。』

「あんまり恩恵は感じないですけどね、ぶっちゃけちゃうと…。」

『まぁこれだけ見ると酷い夫に見えるかもしれないけど、これはわたしがかなり省略して書いたからね。
 実際の話はもっと深くて、イザナギの成長によって、アマテラスを生み出す資格を得るってな内容。
 自分のした事の責任、生と死のけじめ、そういう話。』

「深いっていうか、重そう…。」

『神話なんてどれも重いわよ。
 ディズニーのヘラクレスみたいな英雄譚で終わるような話なんてそんなに無いでしょ?

 …っと、そろそろ節分に戻るわよ?』

「あい!」

『まぁ、木の実に邪悪を祓う力があるってのは今の話である程度認識してもらえたと思うから、次ね。

 ただ、生だとちょっと問題があるから、今は炒った豆を使うわね。』

「ん?
 何が問題なのです?
 豆まき終わった後に調理して食べたら、一石二鳥じゃないです?」

『だって、邪悪を祓ってていうのは、別の面で見たら邪悪を吸い込んで無効化したって意味にもなるから。
 この辺りは陰陽道とか魔術の『虚と実の入れ替り』ってな話になって長いから除外するけど、そんな悪い物を吸い込みまくった豆食べたら、祓った意味が無いでしょ?』

「なるほど…。」

『でもって、そんな豆が芽吹いても困るから、最初から炒って使うのね。』

「あー、なるほど!

 …あれ、でも、年齢の数だけ食べるんですよね…?
 おかしくないです?」

『その辺りは、いくつかの行事をごっちゃにして出来た現代の節分の矛盾点ってとこじゃない?
 現代日本だと、そんなに気にしないでしょ?

 安産祈願にお寺(神社だったかしら?)に行って、結婚式は教会でウェディングドレス、死んだら仏壇でなーむーなんだから。』

「まぁ、それもそうですね…。」

『あと何か節分で分からない事ある?
 これで大体は網羅したと思うけど。』

「あー、祓われた鬼ってどこに行くんです?
 やっぱりあの世とかそういう類?」

『んー、色々。

 実は地域によって色々あるのよ。
 『鬼は外! 福は内!』(一般的)
 『福は内! 福は内!』(鬼関連の寺宝やら地域とか)
 『福は内! 鬼も内!』(追い払われた鬼を呼んで、仏門に帰依させるらしい)

 まぁ追い払われた後どうなるかはどうにもねぇ…。』

「ふむ…。」

『余談だけど、
 『水上スキーに乗った鬼に、巫女少女が豆を撒く』
 っていう何がどうなってこうなっちゃったのか分からない節分になってるお寺もあるわね。』

「ちょw」

『あと分かってると思うけど、2月最大のイベントはバレンt』

「どりゃー!」

■通信が切断されました■




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

オデンぬくもり上納+騎士団

セレ「いやー、なんかブログの更新をするのが久々な気がします、なんでですかね?」

エル『あぁ、3日空いたからじゃないかしらね?
  まぁ、更新頻度に関してだけは立派なもんだと思うわよ?

  後は、内容が人並みになったらねー…。』

「人並みダヨ!
 変な話題は口にしないしね!

 えー、土曜日はオデンでした。
 俺TUEEEな人たちとオデンでした。

 律Gのみんなと狩りしてない気がしてきた…。
 溜まり場行っても誰も居なかったから、まぁ時間的に仕方ないんですけどねw
 またみんなでアビスとか行きたいですね!
 カードカモーーーーン!」

『そして値段つけ間違えね?』

「おぉう、この古傷を平気でえぐる姉をどうにかしてください…。

 あー、オデンね!

 マミー買取は無事に終わったんですけど、ブラさんから購入したSミラーシールドが行方不明に…。
 というわけで、急遽買取開始!

 そして見事!

 誰も売ってくれません!!!」

『在庫にもなってないんだ、あれ…。』

「えぇ、誰も持ってなかったっぽいです…。
 高めに設定してたのにね!

 で、仕方なく狩りをしようと思って臨時広場に。」

『ふむ。』

「そしたら、生体の募集ばありまして、火力か拉致のどちらか募集、ってな感じでした。
 さっそく突撃!」

『おおー。』

「残念ながら、私が入る直前(ホントに秒単位だったっぽいw)にチェイサが入っちゃいまして、残念ながら…。」

『あらら…。』

「仕方ないので、他の募集チャットを見てたら、
 『募)84↑戦力、どこでもー。』
 というような内容の素プリさん発見、早速突撃!」


 私 『94物理SBrアサクロですけど、ペアいかがですか?』
プリさん『よろしくですー。』


『OK出たんだ?
 どこにしたの?』

「氷D3か、お金欲しいから騎士団かなって話してみたら、猫ポタあるって事だったので騎士団に。」

『ふむ。』

「早速行きましたw
 で、驚いたんですけども、うちのSBrって、威力頭おかしいですね!

 レイドリックアーチャーだけでなく、レイドリックにも塩いれたら一撃。
 カリツは塩+LAで一撃。
 深遠様も、LA一撃+普通に一撃。

 錐ってすごい!」


※後で計算してみたら、カリツに関してはLAでもたまに一撃で落とせない事がありそうです。


『深遠に当たるって事は、TAグラ+錐で行ったの?』

「ですw
 あたらないとイライラしますしねー。」

『確かに…。』

「一度南無させてしまったのが申し訳なかったですけど、あればっかりはもう…。
 深遠様の槍ぶん回しが支援さんに直撃しちゃいまして、吹っ飛ばされました…。
 もうちょっと回避上げて、かかえられるようにしないとダメかなぁ…。」

『でも、上げても中途半端になるでしょ?
 今のスタンスを押し通す方がいいんじゃない?』

「まぁ、どっちにしても次のレベルアップは遠そうですけどね…。

 さて、この狩りはすごくサクサク行きました!
 私の破壊力があったのも一因だとは思いますけど、何よりも支援さんが上手だった!

 私の威力を見て、すぐにLAを入れる相手といらない相手を判別。
 塩が切れても敵がいなければすぐにはかけないけど、敵が沸いたら即座に最優先で塩掛けてくれます。
 支援が切れる事は無いし、私があんまり回避高くないのに気付いてからは先導してくれました♪

 複数の敵が来てる時には一ヶ所にまとめてくれるので、メテオ殲滅もしやすい事この上無し!」

『おおー、当たりっていうか、大当たりな支援だったわねけ?』

「んむ!
 私のRO史上、上から数人に確実に入る腕前でしたb
 すごいなぁ、支援してて眠くならないってのがまずスゴイですよね!」

『いや、セレの支援と比べるな。
 セレのプリは支援じゃなくて、支援スキルを覚えた経験値泥棒だから。』

「反論できない…!」

『まぁ、いいけど…。

 って事は、お金も増えたのかしらね?』

「えぇ、エルが6個出たので1人3個の儲けでした♪
 そして、ミラーシールドも出ました!
 ブラさんから買った分をこれで補填(所持品的に)

 でね、カードも出たのですよ!」

『おー?』

「殲滅殲滅で歩き回って、アリスいたからメテオメテオで瞬殺→カードぽろり!」

『アリスカードか、すごい儲けじゃない?』

「ワイルドローズカード1個獲得」

『…え、そっち……?』

「私と支援さんの消沈具合ったら無かったです…。
 なんで、よりにもよって猫カード…。

 いや、シーフセットの一枚ではありますし、完全回避が増える靴カードって意味では優秀ではあるんですけど、アリスカードと比べると…ね?」

『そりゃそうでしょうね…。
 値段の開きが一目瞭然だし。』


※ワイルドローズカード・・・25,000~200,000(平均150K程度)
 アリスカード・・・・・・90,000,000前後(平均90M程度)


「アリスが出てれば、色々な物を買えたのに…!」

『まぁ、あきらめなさいな…。』

「ま、この土日ではこれくらいかな?
 昨日の夜はGvだったんですけど、始ってすぐに出かける羽目に…!

 開始が10時30分って話だったのに、なんか20時30分だったらしく…。」

『聞き間違いか…。』

「いや、メールにも10時30分って書いてある…。
 夜のこの時間はおかしいなぁとは思ってましたけど、そんな日もあるのかなぁと流してたらこんな事態に!

 次回からは確認します。」

『そうなさいな?』

「さて、ぬくもりの装備整理はこれで終了。

 で、土曜日の夜に行きました。

 殲滅は私とヴァルさんのぬくもり(ダヨネ?)の二人。
 私のはもう完成ステに近い状態まで育ってるので、なかなかナイスなダメージを出せてたかと思います。

 が!
 やっぱり防御ステに一切振ってないだけあって、なんとも打たれ弱い…。
 攻撃されたら寝る、攻撃されたら寝るを延々繰り返しw」

『まぁ、ぬくもりなんてそんなもんじゃないの?』

「ですかね…。

 でも、上納もかなり行きまして、大体40Mを超えたくらい?」

『おおー。』

「オデンの恐ろしさを体感しました…。

 死者もかなり出ましたけど、まぁなんとかやれたって感じでした。
 ただ、その後に一旦溜まり場に戻って、そこで私、寝落ち…orz」

『…まぁ、狩場でなかったんならいいのかな…。
 良くは無いけど、狩場で寝るよりは少しマシって程度だけど。』

「で、何者かによって私は南無してました。
 何が起きたんでしょうかね?」

『枝でしょ、もしくはキノコの逆襲。』

「なるw
 で、オデンも終了ー。
 これで土日の私の動きは最後かな?

 さて、アサクロも騎士団か亀かでなんとでもなりそう。
 また、アサクロ&騎士でGD1でのカルボ集めなんかも必要そうです。」

『あ、カルボ集めといえば。』

「ん?」

『軽く計算してみたんだけど、セレのステだとね、ブラッディロア装備で魂EDPSBするよりも、中型裏切りでやったほうがダメージ大きそうよ?』

「まじですかw」

『うん。
 さすがにDEFが70とかあるような場合だとそうじゃないでしょうけど、一般的なプリとかWIZとかならそれでいけそう。

 まぁ、騎士系にはブラッディロア、魔法職とかアサクロとかには中型裏切りがいいかな?』

「ふむ…。

 次回はそれでやってみるかなぁ…。」

『ま、毒瓶集めガンバレ。』

「うぃすw

 ほいじゃ今日はここまでー。
 今週も、頑張っていきまっしょい!

 ノシ」



PS:ルシュナさん
  短剣借りたままなので、今夜にでもお返ししますー。




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。