スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本じゃあんまり意識されないけど、今日がハロウィンですね

セレ「あー、幼女にいたずらされたいなぁ…。」

エル『…流石のわたしも、その発言には引くわ…。』

「はい、今日はハロウィンです。
 皆さん、ハロウィンってなんだかご存知ですか!

 まぁ、知らないヒトが多いでしょうねぇ、日本じゃw
 クリスマスとかは有名なのに、なんでハロウィンは有名じゃないのん?」

『そりゃ、同じ意味合いのイベントが日本には昔からあるからねぇ…。』

「前にも聞いたんですけど、一応もいっかいしゃべってもらおうw

 何でしたっけ、ハロウィンって?」

『日本で言うなら、お盆ね。
 ただ、元々は別々のものだったのが一緒になったのかも?

 詳しくはここ読みなさい。
 説明するのに時間かかるから。』

ハロウィン(@Wikipedia)

「ワー、エル姉がサボりに走ったw」

『ていうか、ここで説明する必要無いでしょ?
 ラグナロクカテゴリだし。』

「ま、そうですけどね…。

 よし、早速ROの話行こうか!」

『うん。』

「ま、昨晩も相変わらずのアビスですw

 昨晩おゲットと言えば、
 ・経験値8%前後
 ・P箱 1個(Aミミックから出た)
 ・ゴールドオシドスカード
 です。」

『お、金オシ?』

「あい!
 なかなかの運の良さですよねw
 この金オシは休めにすぐ売り払って、毒瓶60本購入。

 というわけで、きれいさっぱりなくなりました…。」

『…相変わらず、すさまじい散在よね…。』

「ていうか思ったんですけどね?
 今って、ぬくもりし放題ですよねw
 かぼちゃパイあるから。」

『あー、言われてみれば…。』

「でも、星ぬくもり狩りはもうできないかなぁ…。
 次の5の倍数の日は11月5日。
 1.5倍のキャンペーンが終わった後の木曜日なのでねw」

『ふむ…。』

「まぁ、引っ張るキャラもいないですけどねw
 でも、引っ張れるなら引っ張るのもいいなぁ…。

 4垢で引っ張る価値があるのって、どれだろ?」

『リンカーくらいじゃない?
 ASFCするならセージもだけど、あれってもう消してもいいと思うのよね、正直。』

「…否定…出来ない…。」

『あとはもう、他のアカウントを復帰させるくらい?
 でも、そこまでするのもねぇ…。』

「ですよねー。
 あとは誰かに頼まれたらやるかなーってとこですねw

 ブラストクリップ持って行って奇跡起こすのも手段かな?」

『あー、それもいいかもね?』

「奇跡起こすなら、このまま稼がせるのも手かなぁ…。
 オデン行ける様に育ったら、お座りさせる手段も取れますしねw」

『オデン臨時に関してなら、ミスター白木が詳しいんじゃない?
 助言してもらったら?』

「ですねー。
 あ、ブラさんも詳しいかも?

 ま、誰かに意見を聞いてみるつもりではありますけどねw

 さて、今日はここまでかなー?
 アビスもやっとこさ安定してきましたので、がんばりますよ!
 目指せ、土日でレベル94!」

『はいはい、ファイトー。』


にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
スポンサーサイト

アビス一確ツアー本格始動!

セレ「はい、準備万端で行って来ました!」

エル『お、どうだった?』

「序盤は南無しまくりですね!

 というのも、回復アイテムをお魚&レモンにしてたからかもしれません…。
 お魚じゃ、どう頑張っても回復が追いつきませんw」

『ま、そうでしょうね…。』

「加えて、大量のハエを持たないといけない関係上、回復アイテムは必要最低限に抑える事に…。
 鉄球セット重いヨ!」

『重いわねぇ…。
 魚も、単体なら軽いんだけども数持って行く事考えたら微妙ね、特にこういう一撃が重い狩場だと。』

「ですねー。
 魚200個にテコン50個持っていってたので、ハエが100個しか持てないという状態でしてね…。」

『あー、きついわそれ…。』

「です…。

 加えて人が多くてですね?
 私が確認できただけで、
 ・ニヨ固定狩り 2組
 ・G狩りっぽい移動PT 1組
 ・LKとハイプリのペア 1組
 ・ASPD190かと思われるケンセイとプリのペア 1組
 ・チャレンジなのか、モンク(チャンプ?)のソロ 1人」

『かなりの大人数ね…。』

「アビスの金オシなんかは時間沸きなので、ちょっとこれじゃきつすぎますw
 というわけで、時間を空ける為に一旦溜まり場へ~。

 あ、アサクロとリンカーはフィゲルセーブにしましたw」

『ふむ…。』

「支援で溜まり場行きまして、なにやら興味深い話を聞きましてね?」

『ん?
 どんなの?』

「今回のハロウィンで追加されたクエスト(期間限定なのかな)で、かぼちゃパイってのが作れるんですよ。」

『ほほぅ。』

「効果がすさまじいんですよw」

『…どれくらい?』

「HPとSPが7%程度回復。」

『…装備だけじゃなく、回復アイテムにもインフレが来たのね…。
 でも重量10とか20とかあるんじゃないの?
 おもちよりも回復上でしょ、それ?
 そのおもちですら8あるし、重量。』

「重量ね、1なんですよw」

『………インフレね…。』

「ハロウィンイベントが終わったら5%に引き下げられるらしいですけど、それにしたって十分すぎる回復性能!
 というわけで、さっそく作ってきました。」

『どんなクエストなの?』

「難しい事は何も無かったですw
 ようは、材料を集めて渡すだけw

 材料は、
 ・かぼちゃ・・・3個
 ・ミクル・・・3個
 ・卵・・・1個
 ・赤い香辛料・・・1
 の4種類ですね。」

『ふむ…。

 で、ミクルって新規アイテムについてkwsk。』

「…ハハハ、ミルクのことですw
 あ、わざとですよ?
 いくら私でも、そんなに朝比奈さんじゃないですよ。」

『分かったから…。

 えーと、かぼちゃは野菜商人か何かから買えるでしょ?
 ミルクは牛乳娘から買えるでしょ?

 赤い香辛料ってどこだっけ?
 料理材料系のアイテムって、色んな地域でバラバラな種類売ってるから、どうも覚えにくいのよね…。』

「赤い香辛料はプロンテラですねー。
 噴水のすぐ↑にいる女性から買えます。

 で、問題なのが、卵。」

『去年は、なんかニブルでニワトリを追い掛け回してた記憶があるわね。』

「ありましたねw

 でも今回は簡単です、買うだけなのでw」

『あら、良心的…。』

「ただ、卵が高い…!
 10個セットで5000zもするのです!」

『1個500zか…。
 リアルの卵とは比べ物にならないくらいに高級な卵ね…。』

「ですねー。
 この卵を売ってくれるNPCの隣にいるニワトリが産んだんだったら、高いのも分かるかな。」

『なんで?』

「だってこのニワトリ、しゃべるんですものw」

『あぁ、キモイニワトリね…。』

「ヒドイw

 ま、ニワトリはどうでもいいので、移ります。

 この卵ですけど、今回追加された装備品の
 『パンプキンハット2008』
 を装備してると、なんと3800zにまけてくれますw」

『おー。

 って事は、作ったの?』

「んむ、作りました!

 今回のパンプキンハットの材料は、
 ・キャップ【0】・・・1個 (プロンテラ武器屋で販売)
 ・かぼちゃパイ・・・3個 (卵の値引き無しで作るか、露天で買おう)
 ・かぼちゃの頭・・・10個 (GD2のジャック(だけ?)が落とす)

 これをもっていくと、作ってくれます♪」

『頭がネックになるわねぇ。
 アサクロは移動させるの面倒だし。』

「そこは人徳のあるセレインさん!
 斬さんがくれました!

 ありあり~。」

『ふむ。』

「すぐさま作って、レッツ卵お姉さん!」

『あぁ、卵販売NPCって女だったんだ?』

「んむw
 あ、位置的には肉商人のすぐそばですよ、プロの。
 ていうか今回のこのクエ、かぼちゃの頭以外は全部プロで入手できるかな、露店以外で。

 便利ですね♪」

『確かに。』

「さて、卵NPC。
 彼女に話しかける際にパンプキンハト2008お装備していた場合、新しく
 『Trick or treat!』
 という赤い選択肢が出ます。
 そしたらあとはエンター連打で10個を3800zで購入できます♪

 ちなみに10個セットの販売しかないので、そこは注意ですよー。」

『じゃ、わたしから助言。
 今回のパイ作成に関してね?

 まず、材料重量が合計で19。
 だから、効率的には自分の所持限界から既に持ってる重量を引いて、その数字を19で割った個数を持っておくのがいいわね。

 セレの場合は、これで230個って計算結果。
 だから、
 ・かぼちゃ・・・690個
 ・ミルク・・・690個
 ・卵・・・230個
 ・赤い香辛料・・・230個
 を所持した状態で話しかければ、手持ちの材料全部を一気に交換できるわね。
 これを、欲しい数だけ重ねれば大丈夫かしらね?』

「おおー、ありあり♪
 よし、その手で行きます、今夜あたり!

 で、このアイテムをとりあえず2000個くらい作った私、早速効果を確かめるべくアビスアサクロとチェンジw

 すごい、すごいですよコレ!
 今までは、魚200+レモン50+ハエ100だったのに、
 なんと今回は、かぼちゃパイ300+ハエ200で余裕です!
 かぼちゃパイすげーー!

 しかもパーセンテージで回復するので、うちのアサクロでも十分な回復能力っ!
 高レベルでこれ以上の回復能力のアイテムって、出ないでしょうねぇ、イグ関係以外ではw」

『イグもパーセンテージだけど、あれはもう回復アイテムっていうよいは起死回生の最終アイテムよね。』

「で、狩りの成果。

 昨晩は序盤でかなり南無しちゃったんですけど、かぼちゃパイ導入からはめっきり死亡率も減りましてw
 大体10%くらい増えたんじゃないかな?」

『おおー。』

「しかもね、石盾ゲットですよ!
 ヤッタネ!」

『ナイスb』

「ありありー♪

 しばらくはこの狩りで固定かな?
 一発レアが大きいですし、何より経験地も結構なもんですしねw
 PT狩りに行く機会がめっきり減っちゃいますけど、1.5倍期間でなるべく稼いでおきたいので、多めに見てくださいw

 あ、私に逢いたくて逢えなくても泣ちゃだめだぜ?」

『そんなヒトいないでしょ…。』

「さて、今日はここまでかな?
 なんとか少しづつ補正していって色々考えたい所ですけど、ステ関係がやっぱり難しいですねぇ…。」

『HP高いからねぇ、あの辺りのモンスター。』

「ま、頑張ります。

 …エル姉が!」

『はいはい、考えてみるわよ。』

「ヨッシャb

 それじゃ、またね!
 ノシ」


なんか咳が止まらないと思ってたら、風邪らしいですよ?

アビス一確狩り、早速いってみたー

セレ「色々なミスの結果、2南無したにも関わらず3匹しか倒せてないという…orz」

エル『何よ、ミスって…。
  わたしの言った通りにしてたらそう簡単には死なないはずなんだけど?』

「えーとね、まずは装備とかが大きく変わりましたw」

『あ、ここでは書いてないか。
 こんな感じに変更ね。』

アビスD3Fの一確狩り(改定版)

『ドラグーンヘルムを露店で買ったみたいだから、それを踏まえての検討ね。
 ちなみにドラグーンヘルムがまだ対応されてないみたいだから、カード1枚を武器に指すっていうような入力で代替。
 与えるダメージ計算的には全く同じになるはず。』

「でね、ブレスとかそういうのを忘れてました…。」

『うわ…。』

「追加で、アクセをテレクリのままにしちゃってましたw」

『…テレクリ自体もっていくのやめたら?』

「そうは行きません!
 アビス狩りの目的のひとつなお金稼ぎの精神に反するのでw」

『ふむ…。』

「リンカーの3F入り口の配置は無事に終わってますので、今夜辺りは本格的に始動しようかと思いますw」

『早く帰れるの?』

「予定通りにいけば、大体23時半には帰宅できるはずなのでねw
 1時間くらいは狩りも出来るんじゃないかなぁ…。」

『あぁ、なるほどね。』

「さて、新しくエル姉が計算した者ですが、ブレススクロールにするかSTR料理&DEX料理にするかで迷いました…。
 結局、ブレスは気付かないうちに効果が切れてるってな事件が起きるかもしれない為に料理にする事に。

 幸い、くじでSTR料理は割と出てる上に自分で買ったのもあるのでねw」

『ふむふむ…。』

「あと書く事は…。」

『特には無いんじゃない?』

「ですねぇ…。
 なんか、短くて物足りない…。」

『たまにはいいんじゃないの?
 時間も限られてるし、特に今日は。』

「んむ、17時にお出かけしないといけないですしねw
 その後に直接帰るんですけど、確実に23時くらいまで拘束されるので、それがいかに早く終わるかが今夜の私の動きを決めます。」

『決めるわね。』

「じゃ、今日はここまでー。
 ドラグーンヘルム4.5Mで買いましたけど、早まったかなぁとか不安になるセレインさんでした。

 ノシ」


にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

今日から1.5倍ですね! というわけで準備

セレ「昨晩は寝落ちもせずに頑張れましたよ、褒めてください!」

『いや、それが当たり前なんだけど…。』

「ん、まぁ冗談なんですけどねw

 さて、昨晩はアビスに行ってきました。
 ブラさんは転生してクラウンになってたので、非公平PTでアローバルカンですいまくってたみたいですw
 私も、アサが転生した時とかにやったっけなぁ…。
 あと、ダンサーも。」

『やってたわねぇ。』

「で、マスターがお疲れだったので帰還。
 私は1南無だけ!」

『え、なんでよ?』

「いやー、モンスターを釣りに行ったらね?
 属性攻撃→魔法でヒットストップ→攻撃→どかーん
 というコンボを喰らいまして…。

 風服来て行かないとダメなのかなぁ…。
 でも、風服着ると腰帯せっとが使えなくなるから、SP消費きついしなぁ…。」

『忍者スーツにドケピ挿せばいいんじゃないの?』

「忍者スーツ、高いんだものw
 今はお金を貯めたい時期なので、使えません…!」

『まぁ、いいけど。』

「でね、今日から1.5倍期間らしいんですよ、昨晩知ったんですけどw」

『へー。』

「でね、ワクワクしてたんですよ、
 『これで、アビスで一確狩りしたらウマーだよねw』
 とか考えて、ワクワクしてたんですよ。」

『ふむー。』

「でもってね、改めて計算してみたんですよ、倒す手段。」

『うん。』

「スキル振りなおさないと無理ですよね、これ…。」

『そうでしょうねぇ…。

 ぱっと計算してみようか、持ってる装備だけでアビス一確狩りするのに必要な装備とスキル。』

「オネガイシマス!」

『んーとねぇ…。

 ………………。

 うん、できた。
 はい、これ。』

取得しないといけないスキル
装備しないといけない物と使うスキルと料理

「うわぁ…。」

『STR料理とDEX料理使用。
 ブレススクロール使用。
 闇付与、EDP。
 これでこのステね。

 ちなみに、ここからSTR1でも下げたら青オシ倒せなくなるからね?』

「なんというギリギリ設定…。
 計算が得意な姉を持つと、こういうギリギリ計算が出来るのかw」

『あ、ちなみにね。
 この状態だと、データルとハイドラ以外は一撃だから。』

「ななななんと!?
 Aミミも…?」

『うん、Aミミも。』

「すごっ!」

『ま、回避が高いだけっていうか、回避よりもHITの高さが問題なだけだしね、Aミミ。
 当てるのだけなら普通のミミックとそんなに大差無いわよ、今の状態なら。

 あと、アサシン魂とソニックアクセラレーションの効果で、命中が1.5倍だしね。』

「あ、そか…。」

『あ、スキルは振りなおしてね?
 やっぱりカタール研究が5いるみたいだから。』

「了解~。」

『一応今まで狩りで使ってたスキル、
 ・ソウルブレイカー10
 ・メテオアサルト10
 も残してあるから、PT狩りとかは今までと同じ使い方が出来るわね。

 ただ、カタール研究に振る関係で左手修練消去、右手修練も必要最低限の3になってるから注意ね?
 通常攻撃のタメージが、二刀の時だけとはいえ、かなり下がるから。』

「了解~。
 ま、あんまり殴ることは無いですしね、うちの子w」

『だからこそ、そこを削ったんだけどね?
 ていうか、他に削れるところも無かったんだけどね…。』

「詳しい計算ありありー♪

 さて、あとはリンカーに課金してアビスに連れて行くだけか…。」

『実はそこもネックよね?』

「ですねぇ…。」

『でもまぁ、リンカーは魔法でタゲられてもタイリギで範囲外まで逃げ切れるんじゃない?
 範囲外に逃げたら魔法喰らわないのか覚えてないけど…。』

「範囲外に逃げてもくらった記憶あるなぁ…。
 ま、そこはハエでなんとか逃げ切りましょうw」

『それが一番の選択ね。

 リンカーはどこに配置するの?』

「やっぱり3Fかなーと思ってます。
 生体2に置いてた時と同じ方法でなんとかなるかと思いますしねー。」

『ふむ…。

 ま、大丈夫でしょ、それなら。』

「敵がいたら倒してからリンカー出せばいいですしねw
 レア、出たらいいな~♪」

『まぁ、そう簡単には出ないでしょうけどね…。

 っと、待って?
 4垢に課金できるの?
 サイフ的に。』

「あ、大丈夫…なはずです。
 こないだ勢いでオクトーバーらぐくじ買った時、残りが7200だった気がするのでw
 だから、たぶん大丈夫ですよ!」

『…たぶんとか、だった気がするとか…。
 なんでこう、不確定なのかしらね、いつも…。』

「これに関しては覚える気が無いからかなぁ…。
 ほら、あったら使う、無かったら買って来るっていう行動に移すだけなのでw

 さーて、今日は早く帰ってなんとかやってみたいですねw
 うまくいくかなー?」

『いくはずよ、ラトリオの総合計算機とROの仕様が一緒だったら、だけどね?』

「そこは信用しておきましょうw
 多少ずれてても大丈夫でしょうしね?」

『いや、ブルーオシドスに関しては致命傷よ?
 HPから余分に与えてるダメージ、20弱だし。』

「ちょ…、ホントにギリギリw

 ま、倒せなくても一回殴ったら倒せますし、いいかなーとw」

『それもそうか…。
 まぁ、頑張りなさいな?
 レア出たらお金も増えるし、なによりアビスは生体よりもかなり安全だから。』

「ですよね!
 いやー、ハエから出現してクロークつかった瞬間に10KダメのSBr吹っ飛んできたりしないですしね、アビスw
 余裕余裕♪」

『でも、なんだかんだで南無するんだろうなぁ…。
 ま、最初数回で慣れなさい。
 あとはなんとでもなるでしょ?』

「うぃすw

 ほいじゃ、ここまでー。
 昨晩はフラさんとラブラブファイヤーだったセレインさんでしたー。」

『…あぁ、見てて痛々しかったわ・・・。』

「ちょw
 久々だったから少しだけハッスルしただけなのに!」

『フラウス『おかえりハニー』
 セレイン『ただいまダーリン♪』

 死んじゃいなさいよ。』

「えええええ!?
 いいじゃないですかこれくらいっ!」

『いや、フラウスはいいのよ、別に。
 ただ、セレの口からこのセリフが出たって考えると、虫唾が走るのよね。』

「なんという暴言!?」

『でも、周りも引いてたでしょ?』

「…まぁ、それは…。
 なんか、私とフラさんから離れていって、アンクルとかで隔離されたのは確かに…。

 凪さんとか、ペットのつかさ(アリス)に、
 『つかさ、あっちは見ちゃダメ』
 とか言ってたし…。」

『それが真理よ。
 つまり、セレはあれよ、公害。』

「こここここ公害ぢゃないですよ!?」

『じゃ、歩く公害ね。
 決定~。』

「うわあああ・・・。」

『でも、ちょっと隔離されたりして面白がってたでしょ?
 丸分かりよ。』

「…まぁ、それはそうなんですけどね?
 ていうか、周りも本気で引いたりはしてないですしw

 本気で引いてたら、たぶんそこから会話が消えますよね。」

『かな…。
 ま、総括すると、

 セ レ が キ モ い

 でファイナルアンサーって事よ。』

「…え、なんで今の流れでそんな結論に…。」

『それが真理よ。』

「ええええええ…。

 あーでも、不毛な言い争いになりそうだから、イイヤw
 いつまでも子供じゃないんだぜ、といわんばかりに大人な対応を見せる私って萌え?」

『モンスターに濃厚な接吻されて窒息死なさいな…。』

「ちょっと悪辣具合が上がっちゃった!?
 なんか具体的ニナッチャッタ!」

『…ま、今日はこれくらいにしといたげる。
 キモい発言には注意するように!』

「えー?
 でも私って全然キモくないし、みたいなー。」

『…返事は…?』

「は…ハイ!」

『よし…。』

「…なにこのノリ…。
 意味が分からない。
 でもまぁ、いっかw

 ほいじゃ今日はここまでー。
 ドラゴンブレスをどうするか考え中なので、ちょっと誰かに相談してみようかなぁ…。」

『そうなさいな?
 わたしだったら、とりあえず安全に売れ、としか言わないから。』

「ロマンが無いなぁ…。」


ドラゴンブレス過剰か、売却か…

ファン感謝祭とか色々な話

セレ「土曜日はファン感謝祭でしたねー。」

エル『あれって、ファンが感謝してるって意味なのかしらね?
 それとも、ファンに感謝してるって意味なの?』

「どっちですかねぇ…。
 まぁ、どっちだとしても大差無いですけどね?」

『いや、意味が全然違うでしょ…。』

「いあー、意味が違っても、やる事変わらないじゃないですかw
 だから、結局大差無いんだなーと…。」

『あぁ、なるほど…。』

「さて、金曜日は割と早く帰る事に成功したセレインさん。
 ログインしてしゃべったり狩りしたりして、土曜日のファン感謝祭に備えましたw

 そして話し合いの結果、6時に現地に到着するような感じで始発で出発するという話にー。」

『元気ねぇ…。
 これが若さってやつ?』

「え、実年齢だったらエル姉の方が若いんだけど…。
 ていうかエル姉以上に若い実年齢って、ぶっちゃけ物心付く前っていう年代なんだけど…。」

『まぁ、そうなんだけど…。
 いつもいつも子供のお守りをしてるせいか、どうも老獪しちゃってね…?』

「あ、エル姉そんな事してたんだw」

『ちなみにアンタの事よ。』

「私ってお守りされてたの!?」

『いつもいつもアクセルしか踏まないでしょ?

 まぁそれはいいから、土曜日の話したら?
 また時間無いんでしょ、今日も。』

「ですねw

 えーとりあえずアレですね。
 6時に到着する予定で、ふと気付いたら6時過ぎてたんですよね、家で。」

『うわ…。』

「寝ないで行こうと思ってたのですよー。
 で、4:42の幕張発の始発にのって行く予定を組んでたんですよ。

 3時過ぎまで白木さんとしゃべったりブラさんとしゃべったりしてて、目を休める為にパソコンを落としまして。
 横になったら確実に寝ると思って、ベランダで煙を出す棒を銜えて空を眺めたりしてたんですよ。」

『なんでそんな、微妙にメルヘンな事を…。』

「で、何故かそのまま睡眠状態に入ったらしくw
 気付いたら6時過ぎてるという…。」

『うわ…。』

「まさか、ベランダで熟睡するとは思いませんでした…。
 どうやったら直るのコレ?」

『ここまで来ると、ただの睡眠不足っていうよりもあれね、眠り病に近いわね。』

「あ、ナルコレプシーですね!」

『あれ、よく横文字の名前知ってたわね?』

「いあー、リトバスの主人公の持病ですからねー。
 何度か名前が出てくるので、覚えちゃったのですよ。」

『まぁ、そんな事だろうとは思ったけどね…。』

「ハッハッハ、セレインさんの知識の半分くらいはゲームやらラノベから仕入れてますw

 で、ベランダで起床してすぐに準備して、いざ出発。
 途中途中で白木さんにラブコールして道を聞いたりしつつも無事に到着しまして、会場の列に並びました。

 と、ここで事件が。」

『事件?』

「えーとね、私は2列目になったんですけどね?
 一列目の中盤にね、なにやら見慣れない人物がいるんですよ。」

『どんなのよ?
 下半身がタイツで、上半身裸とか?』

「それ江頭じゃないですか…。
 いあ、そこまで奇抜じゃないですけども、なんていうか、場所とのギャップが激しかったといいますかw」

『ふむ…。』

「えーとね?
 タキシード着て赤い蝶ネクタイを付けてシルクハットを被ってる人物がいたんですよ。」

『……は?
 ゴメン、もっかいいって?
 たぶん、聞き間違ったと思うから…。』

「タキシード着て赤い蝶ネクタイを付けてシルクハットを被ってる人物です。」

『…なにその紳士風の人物…。』

「正直何事かと思ったんですけどねw
 でも、世の中にはコスプレが大好きな人もいるじゃないですか?
 あと、身長とスリーサイズのひとつが同じ数字になりそうな体系でゴスロリ既婚出る人とか…。

 なので、まぁそういう人もいるんだなー、ハハハ、とね?
 とりあえず私とは関係無いなーとね。

 ……思ってたんですよ…。」

『うわ、なに、関係者だったの?』

「律する言葉の息吹Gが誇る最強の盗賊(プリのコスプレしてる)のダディでした。」

『……』

「そういえば、夜中にそんな話をした事があったなーと…。
 ていうか、
 『紳士っぽい服装ってどんなのですかね?』
 とかいう会話になって、
 『タキシードじゃないですかねw』
 とか返した気もしたり…。」

『発端はアンタなのか…。』

「でもまぁ、そんなに目立ってはいなかったですよ?
 まぁ、白木さんは私よりもちょっと身長が高いので、それプラスシルクハットでの高さは目立ちますけど…。

 さて、そんな感じである意味合流したんですが、始発でバッチリ到着してる白木さん軍団と始発時間から一時間以上送れて出発した私とでは位置にかなりの差が…!

 というわけで、私は一人で孤独に、ぱにぽにのアニメを見たりスパロボAをやったりPSPoをやったりして時間つぶしー。」

『進んでるの?』

「まぁまぁですかねw
 PSPoに関してはレベルが99になちゃったりしてますしねw
 それでも、ソロ限定のマップだと死んだりします。
 あそこって、どうやってクリアするんだよぅ…。」

『まぁ、中の人の腕が悪いんでしょ?』

「で、スパロボはやっとガンダムWの方々が仲間に。
 ヒイロ&デュオはお気に入りのキャラなので、鍛え上げます!

 ていうかドモンのパイロットボーナスが尋常じゃないです。
 『気力上限が200になる』
 とかね、あの天驚拳が熱血も何もなしでダメージ2万オーバーですよ?」

『うわぁ…。』

「魂掛かった主人公のファントムフェニックスに援護攻撃の石破天驚拳が今のところ最強かな?
 魂覚えるキャラが少ない印章gああるなぁ…。」

『ま、それはとりあえず詳しく話さなくていいわよ?』

「ですねw

 さて、開演しまして、アナウンスが始りました。
 ラクナロ娘っていう2人が登場してましたけど、あれは何ですか?」

『…本人が聞いたらショックを受けそうなセリフね…。

 簡単に言うと、ラグナロクのイメージガールでしょ。
 ほら、不二家のペコちゃんとか。』

「ペコちゃんはイメージキャラクターじゃ?」

『一緒一緒。
 イメージガールって二次元だから。』

「二次元なんだ!?
 やべー、イメージガールって三次元だと思ってた…。」

『正確に言うと2.5次元ね。』

「そっか、そうだったのか…。
 また賢くなっちゃったぜw」

『うわ、信じちゃった…。』

「さて、ここに来て初めて購入しちゃいました。
 『ラグくじ』
 のオフラインのやつ!」

『うわー、買っちゃたのかぁ…。
 いくつ買ったの?』

「2箱。」

『……え、5万円分も…?』

「んむw」

『あんた、ばかぁ?』

「うわ、懐かしい台詞だw
 言われたのは初めてですけどw

 で、まぁ購入したのにも訳がありましてね?
 ほら、ちょっとミスって損害出しちゃってたじゃないですか?
 あれのお金の補填も兼ねてるのですよー。」

『ふむ・・・。
 ま、仕方ないか。』

「で、開封してみたんですよ、1箱。」

『両方じゃないんだ?』

「1箱は凪さんに売却ですのでw
 まぁ、売るっていうか、欲しがってたのは知ってたのでね。」

『あー、なるほどね。
 セレがあけた分にはあたりはあった?』

「金額的にあたりだったのは、
 『ギロチン』 (20M相当)
 『ドラゴンブレス』 (9M相当)
 『ヴァルキリーシューズ』 (5M相当)
 が大きいのかな?
 あとは、
 『Dexサバイバルロッド』2本(2M弱)
 『ストーンバックラー』2個(2M弱)
 が大きいかな?」

『ふむふむ…。
 まぁまぁだったのかしらね?』

「ですねー。
 確実に不良在庫になりそうなのが、
 バックラー、ガード、シューズ、マフラー、マジックコート
 ですねー。」

『ふむふむ。』

「ま、これはウルドに入れちゃってもいいかなーと思ってます。
 ただウルドだとカードが無いのがネックですけどねw」

『買えばいいんじゃないの?』

「お金ナッシングw
 最高のレベルなのがシーフのベース40程度なので、お察し下さい…。」

『あー、そんなに低いのか…。』

「ですw

 で、とりあえずギロチンは14Mで、V靴は5Mで売却。
 これで、青オシ分は取り戻したので、順次渡していきまして。

 あと渡してないのはうにさんだけですねー。
 ここ見てたら、うにさん、ログインした時にメッセか何かで読んでくれたら渡しに行きますよ!」

『ま、なんとかなったって訳ね?』

「んむw

 でもって、これで損害補填できなかったら2箱目もあける予定だったのですよw
 補填できたから、安心して凪さんに。」

『いくらにしたの?』

「値段に関しては曖昧なままですw
 とりあえず、原価割れしない値段で輸送代を入れてNE、とだけw」

『ふむふむ…。』

「住所とか名前の個人情報は聞いたので、あとは送るだけ。
 何で送るのが安いんですかね?」

『難しいわね…。』

「前のフラさんの時なんかは割と大きい荷物だったから宅急便にしましたけど、今回のって、結構小さいんですよね。
 カードゲームで使うデッキケースくらいの大きさ。
 なので、少し大きめの封筒か何かに入れるべきかと悩んだり。」

『でもやっぱり普通に送った方がいいんじゃないの、宅急便で。
 封筒とかだと、途中で濡れたりだとかでダメになるかもしれないし。』

「中身、というか箱はビニールに包まってるからその心配は無いですけども…。
 ま、宅急便が無難ですかねw」

『わたしはそう思うけど、ま、好きになさいな?』

「んむ、考えておきますー。

 さて、次はRO内部の話。

 といっても、様々な場所に行ってましたねー。
 アビスも行ったし、ボス狩りもしたし、氷Dにも行ったし…。

 昨晩のラストは、くらげさんの壁もしました。
 すさまじいスパルタ狩りでしたw」

『どんな感じ?』

「ホルンを、石投げなりプロボなりでひたすら集めてきて星3マインで殴ってレベル上げー。
 LB10を取得したあたりでシロマに変更。
 石投げでタゲを取って、支援二人で殴って共闘を入れて、サフラで詠唱早くしてLAで一確。」

『…壁要員が3人もいたんだ…。』

「途中で、調子にのって集めすぎて殴り倒されたのは私だけだったので、良かったですねw」

『馬鹿じゃないの?』

「大丈夫!
 その前にやってたボス狩り(ファラオ)で何度も南無してたのでね!
 なんていうか、1%くらいたいしたことないよ、みたいな?」

『転生93で南無祭りか…。』

「転生前の98での金ゴキ10南無の時と比べたらたいしたことないですよw
 でも、また94から遠のいたのは事実ですねー。
 どうしようかw」

『どうしようも無いわね…。
 まぁ、色々頑張りなさいな?』

「うぃw

 よし、メインのファン感謝祭の話も終わったし、狩りも終わったし。
 今日はこれくらいかな?」

『え、感謝祭の話って、タキシード白木とくじを買った話だけなんだけど…。』

「あ、そか!

 えー、初の邂逅を果たしました、3人と!
 紫苑さん、Troyさん、斬さん(前まで風さんって呼んでたけどややこしいからこっちでw)

 いやー、楽しかったですねー。
 『もう死んじゃえよw』
 とかブラさんに言われたけどね!」

『アホな事言ったんじゃないの?』

「いやー、トンカツ屋さんでヒレ肉ってのを見てね?
 『ヒレってさー、ヒレ?』
 って聞いただけなのに…。」

『死んじゃいなさいよ…。』

「同じ反応!?

 だってさ、聞いてくださいよ?
 ヒレって、背びれとか尾びれとかじゃないですか。
 それが、なんて牛とか豚とかにアルノ?」

『あぁ、そういう事か…。

 それ、日本語のひれとは無関係よ?
 正確にはフィレ。
 英語とかフランス語の単語なのよ。

 だから、セレの言ってる魚のヒレとは無関係ね。』

「あ、そうなんだ…。
 ややこしいね!」

『ていうか陸上でしか生活してない動物にひれがあるわけ無いでしょ、常識的に考えて…。』

「ん、だから不思議だったのですw
 へへへ、また賢くなっちゃったぜ…。」

『…それは良かったわね…。』

「あい!

 で、お金が少し余ってるので、もう少し貯めてモリガンマントを買おうかと思いますw
 あといくらくらいですかね?」

『んー、あと10Mもあったら買えるんじゃないかしらね?
 相場って、今は25M~30Mくらいでしょ?』

「ですかー。
 一息ですけど、地味に長いな…。」

『買ったら使うんでしょ?
 AGI騎士とローグかしらね?』

「ですかねー。
 でも、考えてみたら微妙な気もしてきた…。」

『安く売ってたら買う、って程度でいいんじゃないの?』

「ですねw

 おっしゃー、ここまでで!
 狩りの話とかもっとしたいんですけど、時間が限られてるのではしょります…。

 それじゃ、今週も頑張りましょうね!
 ノシ」


この頃、私のベッドにログ(猫)が来てくれません…。

昨晩はちょーっとだけ壊れ気味でしたねw

セレ「いやー、忙しくてちょっとだけ壊れちゃったヨw」

エル『あれでちょっとなんだ…。』

「あんなの壊れたうちに入らないですw

 で、ちょっと壊れちゃってる間に体は勝手に仕事を進めてたらしく、とりあえず半分くらいの仕事を終わらせたので帰宅~。
 何故か普段よりも家に着く時間が早くて、微妙な気分に…。

 これはあれですね、壊れかけてる方が作業ははかどるって事ですかね!
 ちびまるこちゃんのおばあちゃんも、
 『ちょっとカビとる方が体にえぇんよ』
 と言ってますし、壊れかけてる人間ってのはもしかしたら人間として最強なんじゃないかと。」

『無い無い。』

「今日から、壊れかけた人間になってみようかな?

 セレ「あ、所長、これ読んでみて下さい」
 所長『ん? なにこれ?』
 セレ「マリオxルイージのBL本です!」

 とか、そんな感じで。」

『いや、クビになるから…。
 クビにならなかったとしても、精神病院か何かに連れて行かれるから、それ…。』

「あ、エル姉はBL否定派ですか?」

『いや、わたしは好きじゃないけどまぁ趣味は好き勝手でいいと思うけどね…?
 なんの脈絡も無く男である上にものすごく目上のヒトにBL本を薦めるってのは、心の病気だと思う。』

「そか…。
 仕方ない、普通のフタ○○物に抑えておくか…。」

『…抑えてるのそれ…?
 ていうか、フタ○○のって、何かうちにあったっけ?』

「こないだの夏のコミケで衝動買いしたなんこつ先生の同人誌。」

『…まぁ、セレの所持品にどうこう言うつもりは無いけど。
 とりあず、所長に渡すのはヤメロ。』

「ちぇっ、仕方ないなぁ…。

 じゃ、妹に渡すかw
 やばい、こっちの方が反応が面白そうだ!」

『…(昨日から全く直ってない…?)…』

「渡すとしたら何かなぁ…。
 とりあえず昨晩は、妹は私の部屋で海賊王の麦藁帽子のゴム人間の動画を見つつ、マンガ読んでたー。」

『実はセレの部屋に普通においてある本棚って、地雷よね?
 なんか、年齢制限付きのマンガが普通に並んでるのよね…。』

「あややん邸ほどじゃないですけどねw」

『いや、同じようなもんだと思うんだけど…。

 『ラブひな』『ネギま!』『BlackCat』
 とか並んでる間に
 『ボクの番台さん』が全巻並んでるし…。』

「置くところが無いんだものw
 ていうか、隠したとしても絶対に隠し通すのは無理だと思うんですよねー。
 親とか妹とかって、そういう嗅覚みたいなのが並外れてません?」

『そうなの?』

「んむ。
 なんかね、そういう
 『いわくつき』
 の品物を見つける能力とでもいいますか…。

 妹には実績もありますしね、遺憾ながら…!」

『…あぁ、前に聞いたアレか…。
 あわや大惨事だったもんね。』

「いや、見られた時点で大惨事なんですけどね…。
 妹から親に通達されてるしw

 あ、ちなみにエッチなのじゃないですよ?
 『どう見ても○○です、本当にありがとうございました』
 みたいな内容じゃないので注意w」

『あれは、自殺を考えるくらいに精神的に来るでしょうね…。』

「エル姉が一人でにゃんにゃかしてる時に親とかに見られたらどうします?」

『続行。』

「…エル姉に聞いた私がばかでした…。」

『セレだったらどうよ?』

「どうですかねぇ…。
 少なくとも続行って選択肢は無いと思いますけどw

 ま、私はそういう心配は無いですね、いろんな意味で…。」

『そうね、幸か不幸か、心配いらないわね…。』

「さて、なんか脱線してますけど、とりあえず昨晩のROの話から!」

『ん。』

「といっても、昨晩は壁しかしてませんw」

『あ、誰の?』

「んー、言ってもいいんですけど、もしかしたら秘密裏に進めてるのかもしれないので、名前は出さないで置こうかなw」

『ふむ…。』

「まだベース16って事だったので、火マイン(かな?)片手にウルフ狩りー。
 そこでベースが30ちょいになるまで狩って、終了。
 本当はその後にシロマに行こうと思ってたんですけど、眠気MAXでw」

『うわぁ…。

 あー、でもまぁ公平狩りしてる時よりは許される事…なのかな?』

「ですよねw

 バッチリお礼ももらってますけどw」

『ダメね、そういうのをもらうんだったら眠気はアウト。』

「デスヨネ!

 まぁ、オフ会に何度も呼んでもらった仲なので、きっと許してくれるヨ!
 ていうか最近、寝落ちしない私は偽者じゃないかってな話が出てるんじゃないかと思ったりw」

『…寝落ちキャラで決まりか、セレは…。
 あながち否定できないのが悲しい現実ね…。』

「ま、休日みたいにしっかり休んだ後ならある程度は大丈夫な体に作り変えてる最中なので、改善されるかとー。
 いやー、色々難しいですね、体質改善。
 ちょっといじっただけなのに、今日はお腹の調子がちょっとキツイです。」

『なに、下痢?
 それとも便秘?』

「…もう少し恥じらいを…。」

『液状のが出るの?
 それとも、出そうとしても出ないの?』

「……単語変えればいいってもんでもないんですけどね!

 えー、まぁ、あれです。
 入試に落ちたと思い込んだ浦島景太郎が海外逃亡した時に、追いかけてったなるがなったのと同じような状況になってます、とだけ…。」

『あぁ、液状の方かぁ。』

「だから、恥じらいをと…!

 いや、まぁいいです。
 すでにエル姉の人と形(なり)はあらかたばれてると思いますしね…。

 さて、今夜は帰宅したらお金稼ぎだなー。
 なんとしてもあと2Mためて早急にお金を渡さないとっ!」

『立派なj心がけねぇ…。
 その意気で頑張りなさいな?』

「んむ!

 あとは、アサクロのレベル上げを本格的に始めようと思いました。
 3次職になる条件がどうなるか分からないですけど、天性95とかだとすると私はまだ到達してないのでねw」

『ふむふむ…。

 そういえば、ベース上限が上がってステ上限も上がるでしょ?
 何を上げるつもりなの?』

「まだ未定ですねー。
 考えるに、今からAGI振って前衛も出来るようにするよりも、INTなりSTRを上げて砲撃の威力を上げる方が有効な気もw」

『ふむ…。』

「難しい所ですが、とりあえずは静観してようと思ってます。
 偉大な先達達が様々な実験データを揃えて計算式とかが分かってきてからかなーとw

 まぁ、私が先達になってスキルの使い方なんかを考案するのも面白そうなんですけどねw」

『なんか、増える(かもしれない)スキルがかなりあるみたいだしね。
 名前しか分からないから、なんとも予想しにくいけど…。』

「いつか更新のネタが無い時にでも想像してみますかねw」

『うん、それもいいかも。』

「うっし!

 ほいじゃ、今日はここまでー。
 ではでは、皆さん良い週末を~。

 ノシ」


ギロチンクロスになれるかな?w

セレインとオクレ兄さんとの邂逅。

セレ「ストックとちょーっとしゃべって、それからまたネイチャを砕いて就寝です…。」

エル『まともに狩りしてないわねぇ…。』

「本当はお金にする為にアリ地獄行ってたんですけど、先に人がいたのであきらめましてねw
 やっぱり、時間とかによって全然違いますねぇ…。」

『ま、人気のある場所だしねぇ…。
 あそこ以上に金銭効率が高い狩場って、そんなに無いんじゃない?』

「でしょうねー。
 空き瓶ドロップ率がかなり高いのが、数十秒~1分間隔で沸きまくるわけですしねー。
 セレインさんは、アリ地獄にメロメロです♪」

『アリ地獄とニム、どっちの方がメロメロ?』

「むー…。

 アリ地獄には、はにゃーんってなる位のメロメロで、
 ニムには、体が液状化現象を起こすくらいにメロメロ。」

『…うっわ、聞かなきゃ良かった…。』

「さて、昨晩はストック氏の協力により、装備を大量入荷~。」

『なになに?』

「sリングを12個。」

『……明らかに無駄遣いなんだけど…?』

「いや、安くて…。
 1個40Kちょいだったらお買い得じゃないです?」

『まぁ、そうでしょうけど…。
 ふむ…。』

「しばらくしたら実装される頭下段装備での対人装備。
 これも装備していろいろやったら、うちの槍騎士幼女のニムでもハイオークを一撃で粉砕できると思うんですよねー。
 それには、sリングが不可欠だと思ったんです!

 そう、思ってたんです…、レベル制限の事を忘れてて…。」

『うわ…。』

「でもまぁ、いつか使うでしょうしね、数個は。
 残りは転売しようと思ってます。

 問題は、いくらにするかですね…。」

『そうねぇ…。
 50Kくらいにしたらすぐに売れるんじゃないの?』

「微妙なんですよねー。

 ま、これはそのうち処分しますw

 で、なんだかんだで、とりあえず所持金は10M超えました。
 あと2Mで、みんなにお金渡せるヨ!」

『なら、土日でなんとかなるかしらね?』

「でしょうね~。

 あ、そうそう。」

『ん?』

「今日は帰れません。」

『…お疲れ様…。』

「なんとしても土曜日に時間を作る為、今日で図面を一気に進めます!
 というわけなので、私に逢えないからって泣いちゃったら、メッ、だぞぅ?」

『きもっ…。』

「ほいじゃ、仕事がんばってくまー。

 …まずは手品の図面書いて耐震診断した家の既存平面描いて補強計算して補強図面描いて定期点検の図面描いて建築点検報告書に建築点検報告概要書に設備点検報告書に設備点検報告概要書を作ってリフォーム平面書いて補強箇所を図示して展開図を補強する4部屋全部描いて今日の仕事はおしまいダヨネ…?
 それで…おしまいだと言ってよ、オ…オクレ兄さん…!
 そのたくましい筋肉と笑顔でおしまいだと言ってよオクレ兄さん!!」

『…うわ、セレが壊れた…。』

「…あ、大丈夫、壊れてない、壊れてなんか無い…。
 壊れてても直れば壊れたことにはならないんだよって言ってたよね、エル姉?」

『言ってない、言ってないから…。』

「ところで前に絶さんが言ってたんですけどね、ハイオークがパイオーツに見えるらしいんですよ。

 まったく、けしからんね!
 でも見えるね、うん、見えるヨ!
 ハイオークのおっぱいぼーーーん!
 パイオーツのおっぱいぼーーーーーーーーーーん、あははははは!」

『うわぁ…。
 一応女なオークレディーならまだしも明らかにオスなハイオークに目覚めちゃった…。
 ロリコンとかがすごくかわいく見える…。』

「あれ、パイオーツとエル姉ってどっちの方がおっぱいぼーん?」

『…いやそれはわたしだけど。
 女の威厳に賭けて、あんな筋肉野郎に負けてたまるかってのよ…。
 初めてブログにわたしが出た時、セレの策略のミスリードで引いたカードに
 『巨乳』
 って書いてあったしね、わたし。

 …いや、純粋に胸囲とかで比べたらあっちかもしれないけど…。

 ていうかセレの壊れ方がヤバイ、未だかつて無い壊れ方してる…。』

「ぷっぷー。
 でもエル姉がどんなにおっぱいぼーんでもニムには勝てないんだもんね!
 やっぱりニムは最高だぜ!
 ニムさいこーーーう、オクレ兄さんさいこーーーーう!」

『また出てきちゃったよ、オクレ兄さんって人物…。』

「……よし、ひとしきりストレスを発散したので、そろそろ仕事に戻ります…。」

『あ、良かった、ちゃんと直った…。』

「ハイオーク兄さんとオクレ兄さんのおっぱいぼーんを眺めながら図面書いたら、すごく進むのが早い気がしてきたw
 やべー、みんなに教えてあげなきゃ!」

『(ダメだ全然直ってなかった、しかも変な幻覚見てる!)

 …えー、セレがちょっと故障したので、今日はここまででお開き。
 今からちょっと、セレの 強制終了と再起動 説得に入るから、ここからはオフレコで…。

 じゃねー。
 明日には今まで通りのセレに戻ってる事を祈っててねー。
 ノシ』

「ROで一番のおっぱいぼーんって、何だろ…?
 サキュバス…、ヤファ…、あ、アサシン女もおっぱいぼーんだ…。
 あとは、マヤパープルもおっぱいぼーん…。

 この中から選ぶとなると…。

 やっぱりオクレ兄さんだね!
 ヒャッホーゥ!」

『(だめだこいつ、はやくなんとかしないと…!)』


オクレ兄さん、おっぱいぼーーーん!

帰宅したら部屋に妹がいた(2回目)

セレ「というわけで、お金稼ぎが出来ませんでした…。」

エル『妹を言い訳にするんじゃ無いわよ…。』

「エヘッw

 ま、帰宅時間が遅かったからそのまま寝たってのが真相です…。
 さすがにね、25:20に家に着いたら、そこから遊ぶ気力が無かったのですw」

『健康体だったら、いけるのにね?』

「そうなんですよねー。
 最近妙に体がだるいというか、なんというか…。

 なんでかなぁ?」

『人間らしい生活を始めれば解決すると思うんだけど?』

「私的には、普通に人間の暮らしをしてるつもりなんですけどね?」

『本人が気付かないだけで、十分に変な生活なのよ、アンタは…。
 無いでしょ、普通、

 『生きてるか?』

 なんてメールが来る事、無いでしょ普通なら?』

「あの人はほら、変わり者だからw」

『一人じゃないじゃないのよ…。
 少なくとも同じような内容のメールを送ってくる人が3人いるじゃないのよ?

 一般的に考えて、しばらく音沙汰無かったからって理由で、
 『生きてるか?』
 『元気にやってる?』
 『死んでないよね?』
 なんてメールが着たりしないでしょ…。』

「それを言われると…。
 でも、大丈夫ヨ、元気元気!
 昨日あたり言ったかもしれないですけど、元気101倍だから!

 あ、101ってお店が渋谷だか銀座だかのギャル系に大人気らしいですね?
 私ってばそれくらいは知ってるくらいに世間にも対応してるのですよ。」

『…あれ、101だったっけ、なんか違くない…? 具体的に言うと8くらい違くない…?

 …いや、まぁそれはいいけど。

 今日は何時頃に帰れそうなの?』

「難しい質問ですね…。
 なるべく早く帰りたいですけど、厳しいです・・・。

 今私が抱えてる仕事ね?

 ・某物件のリフォーム図面作成、及び変更作業(打ち合わせは所長)
 ・某機械式駐車場の全体の組立図作成
 ・手品の道具の図面作成
 ・某物件の耐震補強図面作成

 ちなみに納期は全部今週中だったりします…。」

『…既に死亡フラグだと思うんだけど、それ…。
 枚数はどれくらいなの?』

「えーとね…。
 リフォームのが7枚(1階平面、2階平面、展開4枚)
 機械式駐車場が2枚(平面、断面)
 手品の図面が、たぶん2枚、もしかしたら3枚(パーツ1で1枚、他パーツで1~2枚?)
 耐震補強が2枚(既存平面、補強平面)

 だから、全部で……13~14枚?」

『……。』

「あははははははははは!
 なんだか気持ちよすぎてバンザイとかバンジャーイとかしてしまいそうになりますね!」

『いや、なんこつはいいから。

 単刀直入に言って、…終わるのソレ?』

「過去に数度しかないくらいの大ピンチになりますね。
 どうしようこれ…。」

『…わたしには、頑張れとしか言えないわね…。
 あれね、フリフリ付きの洋服を着て応援してあげてもいいわよ?』

「ヤッタネ!
 しかし私以外の人にとってのエル姉って、ジルタスと同じなんですよね見た目…。

 …思わず想像してしまった、応援の女の子集団(なんていうんだっけ?)の服を着てビニールテープを裂いて作った玉(なんていうんだっけw)を両手に持って、『ふれふれっ、ぽんぽん!』を歌って踊ってるジルタス姿…。

 なんという魔性の女…!
 この映像をユーチューブとかニコニコとかに載せたら、サーバーがダウンする!」

『ちなみに、チアガールとボンボンね。』

「あ、それそれ。

 でも、なんか気分でエル姉って名づけたジルタスですけど、考えてみたらまったく似てないですね!
 なんていうか、性格が似てそうだったからつけたけど、もうちょっと見た目も気にすべきだったかな?」

『別に、本物のわたしとはまったくの別物だし、わたしは気にしないわよ?
 ただし、オークウォリアーとかにわたしの名前を付けたら、セレを殺してわたしが体を乗っ取る。』

「体は男、頭脳はコンピューター系女の新人類が出来てしまう!?
 やばいね、気をつけときますw」

『既に新人類の類だけどね、セレ。

 さてと、長々書いてもアレでしょ、時間的に。
 終わりにしたら?』

「え、まだタイトルの話してないんですけど…。
 言ってみればこれ、前フリですよ?」

『長すぎるわよ…。』

「はい、本題行きます!

 帰宅したら25:20くらいで、妹が私の部屋で、私のパソコンを使って動画を見てました。
 AVだとかだったらちょっと面白そうでしたけど、そんな事はえっちな本でしか起こらない事態ですのでご安心を。」

『何に対して安心するのよ…。』

「で、妹が見てたのは何かといいますと…やっぱりヒミツにしとこうw

 ちなみにヒントですが、
 変な木の実を食べて、泳げなくなる代わりにダルシム顔負けの伸縮性を兼ね備えた体質になった少年が『俺は、海賊版になるっ!』 とか言ってドンブラコする話です。」

『いや、意味が分からないから。
 『俺は、海賊版になる!』
 って何よそれ?
 海賊版って、どんな将来の夢よ?

 海賊王じゃなかったっけ?』

「あー、一緒一緒。」

『あんた、原作者とこの作品のファンにケンカ売ってるの?
 面白そうだからいいけど。』

「え、いいんだ…?

 まぁ、とにかくそれを見てました。
 前回見たときは、なんかしゃべる鹿(?)を仲間にするしないの話だったんですけど、昨晩のはなんか、よく分かりません。」

『一応書いてみたら?
 情景とか、そんなのを。』

「なんかね、男二人がね、
 『ただいま戻りました!
  遅くなった理由を聞いてください!』
 とか言っててね?
 上司っぽい女の人がね?
 『…遅くなった理由を言ってみなさい…。』
 とか返してね?
 そしたら男二人が、
 『お花を摘んで参りました、貴女の為にっ!』
 とか言いつつでっかい花束を差し出してて、にべも無く女の人が
 『いらないわよ』
 とツンツンしてるとこでした。」

『…まったく分からないわね…。』

「そもそも私たち、この作品に関してあんまり知らないですしね?
 私の中でのあの一味の最後の仲間って、茶髪の女の子ですよ?」

『…それはまた、古い情報ね…。
 わたしはもっと先で、医者として鹿を仲間にするのを知ってるわよ?』

「くっ…!
 あの鹿、仲間になる鹿だったのか…!
 仲間になる確率は何分の一だろ…?
 きっと高くは無いんだろうな、1/32くらいか…?」

『ドラクエじゃないんだから…。
 あれよ、キラーパンサーのゲレゲレと同じような感じで、イベントやったら仲間になるタイプなのよ。』

「あー、そっちかーw」

『うん、きっとそっち。

 で、それはいいから仕事しなさいって。
 ROしてないのは分かったから。』

「あれ、まだROしてない話してない気がするんですけど…。」

『してないでしょ?』

「え、まぁしてないですけど…。」

『じゃ、いいでしょ?
 はい、おしまいー。

 このブログを読んでしまったアナタ、そうそこのアナタ。
 間違っても、セレみたいな生活はしないようにね?

 具体的に言うと、
 『一日の食事はお昼のほっかほっか亭のお弁当のみ』
 『他に食べるのは、お菓子とコーヒー』
 『基本的にAM3時くらいにならないと寝ない』
 なんていう生活ね。

 改善しないと、わたしとしては
 『アンタ死ぬわよ…』
 といわざるを得ないわ。』

「ちょ…。」



ここにカーソルを合わせて、右手人差し指を曲げてみようか。
    ↓
はい拍手ー!

ガンガンお金を増やしてるよ!

セレ「はい、昨日はちょーっと壊れ気味でしたけど、今日は元気101倍です!
 元気100倍の
 『ボクの頭をお食べよ、ほらっ、ほらぁっ!』
 のキャラよりも1倍分だけ元気な計算ですね。」

エル『いや、そのテンションは十分に壊れ気味だと思うんだけど…。』

「さて、急遽お金を作らないといけなくなった私。
 せっせとお金を作り出す作業に邁進してますw

 昨晩で、所持金はとりあえず5M増やして、9Mいきましたー。
 あと一息ですね!」

『あぁ、いざって時の為の
 『こんな事もあろうかと資産』
 だったのにぃ…。

 セレのネーミングセンスに絶望しつつも、苦労して少しずつ作ってたのに…。』

「いや、まさに今が使うべき瞬間だと思うんですけどね…?」

『そうじゃなくてね?
 セレのミスで発生したのが悔やまれるのよ…。』

「まぁ、そうですよね…。
 でもほら、終わった事にうだうだ言っても始らないですし、気楽に考えましょうよ?」

『アンタが言うな。
 アンタが言うな。』

「はい…。

 で、まぁ今日中に10Mくらいまでは持っていける予定ー。
 渡さないといけない金額は1.5Mx8人分の12Mなので、あとほんとに一息ですw」

『ふむふむ…。』

「残り2M~3Mくらいなら、空き瓶とかでなんとかなるかな?
 凪さんも手伝ってくれるって言ってくれてるので、お願いしようかなー。」

『空き瓶の方がいいかもしれないけど、どうするの?』

「いや、確かにあれは安定してるんですけどね?
 ある意味かなり不安定じゃないですか?」

『ま、そうねぇ。
 まず、すでにヒトがいたら出来ないしね?』

「ですー。
 他にも、
 ・箱が出るかどうかが完全に運。
 ・レジポはそこそこ出るけど、そんなに売れない。
 なんてのもありますしね?」

『思うに、箱関係はP箱だけは自分で開けるべきかと思うのよ。
 そこそこ良い物も出るしね?』

「ふむふむ…。
 まぁ、紫1個でも出たら、P箱20個分くらいの収益ですしねー。

 ほいじゃ、P箱だけはあけようかなw」

『ま、アリ地獄に行く時間があったらそうしたらいいんじゃないかしらね?
 ちょっと今、忙しそうだけど…。』

「えぇ、忙しいです…。
 保育園がやっとひと段落したんですけどね?
 またしても、セレインさんドキドキの手品の道具の図面の仕事が来てましてw

 こらがまた、なんとも複雑でして…。
 想像力を働かせながら、ガンバッテマス!」

『前の時みたいに、ペn(ピーーーーーーー)の張g(ピーーーーーー)みたいなのにしちゃダメよ?』

「分かってますb
 前のはヤバかったですからねぇ…。
 しかも、修正とかも無いままにラインに乗っちゃったあら、売られてるし…。」

『形としてはもう、完全に女性の一人遊びにしか使わないような物だったしねぇ…。
 売ってるのって、トイザラスだっけ?

 …あ、一人遊びはNGワードじゃないんだ?』

「トイザラスかな?
 まぁ、単体での商品じゃなくて、いくつの商品とのセットになってるみたいですけどねw

 まぁそれはともかく、NGワードに近い単語を出さないで下さいね!
 ピーー音を入れてるの、私なんですから…。」

『え、セレが言ってたのあのピーって音?』

「いや、拝借してますw」

『どこから…っていうか誰の声?』

「やなせさん!」

『…誰だっけ…?』

「んもう!

 やなせなつみさんですよ!」

『あー、リトバスに出てるヒトなんだ…。
 ていうか、声優に関してそんなに詳しくないから、わたし。』

「それもそっかw

 で、リトバスのラジオでピー音が入る時は、やなせさんの声で入るんですよー。
 うたわれらじおで『キンッキンッキンッ、こどものこーろの♪』って入るのと一緒ですw」

『…そうなんだ…。』

「ま、それもイイヤ!
 忙しいから今日はここまでー。

 早く帰れたらいいなーと思いつつ、土曜日をあける為にはそうも言ってられないセレインさんでした…。

 ではではー。
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

13.5-1.35=12.15←ミスして出した損害金額

セレ「エヘヘヘヘ、ニムたーん、ウヘヘヘ!」

エル『あぁ、ついにセレが、本格的に・・・。』

「フヘヘヘヘ・・・。」

『えー、どうもこんにちは、エル姉ことエレインよー。
 ちょっと待ってね、今、セレが精神的なショックでぶっこわれてるから…。』

「ふへへへへ、
 『ニ』『ム』『たん』
 で、あいうえお作文~。」

『こう、ナナメ45度でチョップしたら直るんだって、誰かが言ってたから…。』

「『ニ』ブルヘイムで、
 『ム』ラムラしてる……」

『よっこいしょ…っと…。』

『たん』ばてつろう

 ウヒャッw
 ムラムラするなよ、てっちゃーん!」

『はいはい、分かったから。
 セレー、ちょっとこっち見て?』

「目を合わせたら・・・石にされる・・・。」

『わたしをどこの三姉妹の末っ娘と勘違いしてるのよ…。

 ま、いっか、セレー、ちょっとこっち見なさいなー?
 わたしの背後に、すっぽんぽんの5才の女の子がいるわよー?』

「え、まじで!?」

『うん、まじまじ。
 ほら、ちょっと覗いてみなさいよ。』

「見る見る~♪」 (スタスタ)

『てぇぃっ!』 

ドゴッ

「ハウアァッ!?」

『…ふぅ、やっと大人しくなった』

「……あれ?
 なんで私、血まみれで倒れてるの…?」

『おはよう、セレ。』

「あ、おはようエル姉…。

 …あれ、なんかエル姉の右手に、何か見慣れないバットみたいなのが見える…。
 日本昔話の鬼が持っていそうな、あからさまに『鈍器です』って自己主張してる何かが見える…。」

『これ?
 ちょっと知り合いに借りてきたのよ。

 壊れたものを直すのに、ナナメ45度で衝撃を与えるといいって聞いたから、ちょっとためしたくて。』

「何が壊れたんです?」

『セレの脳。』

「ハッキリ言いすぎ!?」

『事実だし…。

 何よさっきの?
 ニブルヘイムでムラムラきてる丹波哲郎?
 あんた頭いかれてたのよ、きっと。』

「えええええ。
 …ちなみにその鈍器、誰に借りたのさ…?」

『ん、こないだ知り合った子ね。
 本名じゃないだろうけど、自称だけ聞いたわね。
 『ドクロ』
 って言うらしいわよ?

 なんか体系もわたしに近いし、気があったのよね。』

「……へぇ……。
 で、そのドクロさんに借りたのが、その鈍器…?」

『うん。
 なかなかに高性能なのよこれがまた…。

 全然重さを感じないし、硬いし。
 ニッケル合金製らしいわね。』

「うわー、誰だか分かっちゃった気がするぜ…。」

『ま、それはいいけど。

 何、なんでそんなに今日は吹っ飛んでたのよ?』

「いやー、とんでもないミスをやらかしましてね…。」

『?
 いつもしてるじゃない?』

「…いや、まぁ否定はしないけどね…。
 もうちょっとテレフタラートに包んで…。」

『オブラートね。』

「そうそれ。」

『いや、わたしって直球勝負が好きなのよねー。
 好きなヒトでも出来たら、真っ先に言うわね。』

「なんて?」

『やらないか。』

「ちょ…。」

『ま、それは冗談として、何があったのよ?』

「えーとね…?

 まぁ、狩りに行ったんですよ、9人でアビスに。」

『うんうん。』

「でね、カードが出たんですよ、ブルーオシドス。」

『おー…。
 一人頭1Mちょいは行きそうね。』

「でね?
 他に売るものがあったわたしが、露店販売する事になったんですよー。」

『ふむ。』

「露店出して、値段チェックして、寝たんですよー。」

『ふむふむ。』

「起きたら、カード売れてたんですよー。」

『おー。』

「所持金が2.4Mなんですよー。」

『……あれ?』

「……値段ていうか桁を間違えた……?」

『……うわ……。』

「なんていうか、ごめんなさい…。

 これが自分の転売用のだったら問題無いんですよ、自己責任だし?
 問題なのは、自分のじゃなくてPTのだって事!

 やべー、こんなミス初めてだ…!」

『どうするのよ?』

「あ、大丈夫。
 知り合いには迷惑かけちゃダメなんだぜ!

 というわけで、責任持って私以外の8人部の金額は用意して渡します。
 13.5Mで9人の予定だったので、一人頭1.5M

 ちょっと時間かかるかもしれませんが、長い目で見て下さい…。」

『…迷惑な話ね、ホントに…。』

「うぅ…。
 これだけ大きな金額の商品の値段間違えたのは初めてかも…?
 前に間違えたのって、HSPとかだったもんなぁ…。」

『…ほ、ほら、暗い話はやめにして、明るい話しよっか!
 ほら、何か無いの?』

「えーと…。
 あ、アリ地獄で空き瓶とか箱とか出ましたねー。」

『やったじゃない!』

「フフフ、少しは足しになるかな…?」

『…そ…そうね…。』

「あと、プラズマカードのアクセサリーを準備しましたねー。
 結構出るみたいで、いい感じかもしれません。」

『おー。
 やったわね、セレ!』

「買ってなかったら、4人にはカード代で払えたのにね…。」

『……そ…そっかぁ……。』

「あとは、あー。

 うん、何も無いですね。」

『………。』

「それじゃ、今日はここまでで~い。
 一週間くらいを目処になんとか出来たらいいけど、厳しいなぁ…。」

『…ファイト、セレ…。』


ちくしょー…orz

狩りは行かずに、アサクロ空き瓶

セレ「最近、このブログは『空き瓶収集日記』になりつつあるなぁとちょっと恐怖を感じています…。」

『自重したらいいのに…。』

「いや、でも日記帳なのでね?
 ちゃんとその日にやった事は書かないといけないと思うのですよw」

『まぁ、分からなくは無いけど…。』

「えー、ログインしてちょっとおしゃべりして、すぐ空き瓶。
 でも時間が遅かった上に体調も芳しくなかったのですぐ終了w

 空き瓶40本に青箱1個ってとこだったかな?」

『あ、出たんだそんな短時間で。』

「出ましたねー。

 というか、
 『青箱が一個出たら寝よう』
 って決めてたらすぐに出たって感じでしたー。
 なので、昨晩のROプレイ時間は、実質10分~20分前後です。」

『寝たのは何時?』

「何時ですかねぇ…。
 でも、1時くらいにログアウトしたのは覚えてるので、1時半には寝たんじゃないですかね?」

『あら、セレにしては早寝ね?』

「んむw
 まぁ体調が良くない時くらいは自愛しますしね!

 さて、そんなわけなので、書くことがありません。」

『おとなしくこれで終わりにしたら?』

「それもなんか、味気ないですし…。
 でも、書くことが無いのも事実なので、今日はこれで終わりにしますー。

 仕事終わるの、何時になるかなぁ…。

 ノシ」


寒気がすごいんですけど!

カード帖を狩りでゲットしたのはいつ以来だろ?

セレ「いやー、城のハゲさんは、相変わらずの拉致おじ様でしたw」

エル『まぁ、ハゲっていったら、『高回避』『高命中』『拉致』ってのがすぐ浮かぶくらいに拉致してくる敵だしねぇ・・・。』

「ですねー。
 みんなで城に狩りにいって、侵入直後に殲滅担当の一人が拉致されましたしねw

 さて、昨晩のメンツ。
 マスター(ハイプリ)、ブラさん(チャンピオン)、風さん(騎士)、ストック(クリアサ)、私(大砲)」

『セレが大砲(アサクロ)を使うの、久々ねぇ。』

「アカウントが止まってましたしねw
 これから一ヶ月はアサクロオンパレードになるかとー。」

『ふむふむ…。』

「さて狩りの内容。

 といっても、進軍して敵がいたらフルボッコ。
 私はひたすらSBr連発。
 敵が集団で来たら、メテオアサルト連射。
 それだけw」

『まぁ、魔法が無いならそうなるでしょうねぇ…。』

「ぶっちゃけ、

 前衛3(ブラさん、風さん、ストック)
 半前衛半支援(マスター)
 半前衛半後衛(私)

 なメンバーなので、それ以外に狩る方法がありませんw」

『…全員が前衛として動けるって、なんともレアな陣営よね…。』

「しかも一番前衛として動けるはずのアサシンクロスな私が一番脆弱性が際立っているという…。」

『まぁ、そうでしょうねぇ…。』

「で、ガンガン頑張って、なんかポロリしましたw」

『何、脱げたの?
 セレのキャラは女キャラだから、ポロリはあれね、読者サービスね。』

「読者って…。
 あと、胸でもないですから!」

『まだ胸なんて言って無いし…。
 このスケベ大臣がっ!』

「えええええ!?
 ポロリって、ほかに何が…。」

『あんたの股間に生えてる触手とかどうよ?』

「なんという破廉恥発言…。
 ていうか、女キャラに生えてるのかなーとか考えたら墓穴掘りそうだからここでおしまい!」

『チッ…。』

「えー、ポロリしたのはカード帖っ!
 いやー、久々ゲットですね、カード帖はー。」

『ずいぶん前だったしねぇ…。
 覚えてる限りだと、騎士団2でスティったのが最後じゃない?』

「ワー…。

 騎士団にジョーカーがいた頃ですか…。
 ていうか、そもそもその時って、私転生してましたっけ?」

『たぶんして無いわね。
 軽く1年以上は経ってるって事か…。』

「ですねぇ…。

 で、清算の時に私が買い取って、レッツおーぷん。

 靴に挿すカードげっとー。
 あれですよ、ノービスにはうれしいんじゃないかなって感じのカードでした。」

『……チョンチョン……?』

「うん、チョンチョン。」

『…いくら運次第とはいえ…。』

「ま、これからいいものも出るでしょうw

 というわけで、今日はここまでー。
 アサクロ、どこに生かせようかな…。」

『生体3臨時、行ってみたら?』

「ん、考えておきますw
 ノシ」


右手が左手の倍になるくらいセクシーなセレイン

唐突に掲示板設置してみた

ちょっと色々整理してる最中w

・ちょっとやってみたかった『掲示板』を設置してみたー。
・カテゴリの並べ方をちょっと変えてみたー。

・リンクもそろそろ考えないと、見づらくて仕方ない…。

ほい、それだけっ!


PS:掲示板は、フラさんが書いてくれたかわいらしい私の絵の少ししたを見ると分かるヨ!

4垢もあると、装備受け渡しが大変で困る

セレ「昨晩は、課金とアイテム受け渡しで終了しました…。」

『まぁ、数が数だしねぇ…。』

「いい加減、倉庫の整理もしないといけないかもしれません。
 というか、ぶっちゃけ製造BSが製造BSとして仕事できない状態なので、製造関連の材料をまとめて売却ってのも考えにあります…。」

『まぁ、元から茨の道なのは分かってたしねぇ。
 キャラデリ?』

「いや、愛着はある子だからそこまではしないかな?
 キャラの育成自体は完全製造で通すつもりですよ?

 …彼女のレベルが上がるのがいつになるかは、まったく持って未定ですが!」

『狩りなんて行かないしねぇ…。
 たまに、歩いてる時に見かけたポリンを殴る程度?』

「このペースで、オーラっていつなんですかね?」

『オーラどころか、次のレベルに上がるのにも軽く数年はかかるんじゃないかしらね…?』

「でしょうねー…。
 まぁ、いいんですけどねw

 さて、受け渡し作業。
 どれだけ大変かってのをあらわす為に、ちょっとどれだけの量のアイテムをやってたのか書いてみようかと思います。
 狩りしてないから話題が無いってわけじゃないんですよ、決して。」

『はいはい…。』

「まずは武器。
 これが一番多いかと思いきや、実はそんなにありませんw

 短剣類(錐、ドラキラ、特化グラ3本(命中、無形、中型)、ゼニーナイフ)
 杖類(SOS、WIZ杖、骸骨、神官)
 片手剣類(海東剣5本)
 斧類(4色属性2HA、毒特化)
 本類(無形特化、対ボス商人セット)

 これくらいかな?」

『かしらね?
 ま、武器はそんなもんでしょ。』

「で、次、服。

 前衛系(メイル3、シフクロ、忍者、アーマー2)
 支援系(聖服、ミンク)

 これは少ないですね、流石に。」

『これもたくさんあったら、大変だしねぇ。』

「はい、次は頭。

 前衛系(P箱2、悪魔耳、天使忘、ギャング等)
 後衛系(ミストレス、たれ系、黒眼鏡等)
 全般系(目隠し等の中段全般、花びら等の耐性下段計)」

『これもまぁ、少ないかな?』

「ですねー。

 よし、盾!

 対人、対遠距離、ジルタス、桃木、反撃(ぬくもり用)」

『少ないわねぇ…。』

「3減盾がタラしかないですしねw ホルンはあるけど、種族じゃないし。
 半分趣味の域なジルタスを入れてもたった5つという現実w」

『ま、基本的に避けるキャラが多いしね?』

「ですです♪
 はい、靴。

 マーター、エギラ、オシV、足鎖、未精錬銃鬼、ミニデモ

 これも少なめですかね?」

『以前は無かったけど、足鎖が増えたのよね。』

「ですねー。
 ほい、肩。

 イミュン2、木琴、ファルコン

 これが一番少ないかな?」

『選択肢に巾が無いからねぇ。』

「さてやってきましたアクセサリ…。
 もうね、おかしいですよこれw」

『ま、そうね…。』

「いきます!

 リング2
 ブローチ2
 グローブ2
 イヤリング2
 パワーグローブ2
 フェンクリ
 パワクリ2
 ニンクリ
 イクラクリ2
 ミミクリ2
 魔法石クリ
 天下大将軍クリ2
 チャンスクリ
 ハイロゾクリ
 血鉄球
 忍腰帯

 …これくらいですよね?」

『じゃない?
 流石に演舞は覚えてないけど…。』

「とまぁ、アクセだけで20個以上あるわけでしてw

 このほかにも、
 ・モルフェウスセット
 ・カード(ゲットしたのとか、凪さんから買ったオットーとか)
 ・収集品系(白雲母、かんらん石、薔薇水晶、エル、オリ、鋼鉄等)
 も追加されて、50個以上になるのかな?」

『なるでしょうねぇ…。
 宝石系(ルビーとか真珠とかの類)もあったから、すごかったわよね…。』

「えぇ…。
 毎回倉庫に入りきらない装備が出てきちゃうので、カートの中に入っているという…。」

『いい加減、ネタ装備は処分してもいいかもしれないわね?
 トリプルアイスロープ(s3)とか。』

「あ、あれは確かに使わないんですけどね?
 確か、知り合いからもらった物だから捨てられないというか…。」

『ふむ…。

 じゃ、スクラッチマスクは?
 2垢に3個もあるんだけど、いらないでしょ?』

「いらないですね!
 よし、売る方向で考えとこう。」

『あとは、適当にどうにかなさいな?』

「うぃすw

 よし、これくらいかな?
 なんか内容がほとんど無かったので、この頃お気に入りのキャラのセリフを書いてみるー。」

『ん?』

「そのキャラ、MIT卒業してます。」

『あぁ、燈馬想?』

「いきます、そのキャラのセリフっ!

 『先生だぞ! 偉いんだぞ!』」

『また幼女かよ。』




PSPoが進まなくなってきました…(原因→眠気)

ローグで生体2のG狩りー。

セレ「昨晩の狩りは、ヒャッホゥ生体!」

エル『あら、入れるようになったの?』

「んむw
 キューブルームの楽しいクエをローグでやったので、これからは自由に入れます♪」

『おおー。』

「まぁ、ソロでは行かないでしょうけどねw

 さて、クエをやってなかった私&Troyさん(ブログでは初登場)、無事に終了っ!
 さっそくGO!」

『あ、メンツは?』

「えーとね、
 白木さん(支援盗賊)
 うにさん(エスマリンカー) 
 Troyさん(パッシブモンク?)
 ウッドストック(クリアサ)
 私(追い剥ぎ)」

『…追い剥ぎ…。』

「最初のモンスターから服を盗みましたのでw
 いやー、しょっぱなからどうかとは思ったんですけど、もらえるならもらっておこうかと!」

『あぁ、嬉々として女性キャラクターの服を脱がしていくセレの笑顔が見える…。』

「創造しないで!

 盗んだの、男モンスター(シーフDOPかな?)ですから!」

『嬉々として男の子キャラクターの服を脱がして、
 『あ、まだ子供だね? 大きくしてあげようか?』
 とか言い出すセレが見える…。』

「見えないから、見えないから。
 百歩譲ってロリコンであったとしても、ショタコンでは無いですからw

 さて、潜入してからなんですけど、生体は初というTroyさんがやたら南無します…。
 慣れてないのが原因なんですけど、マジに殴りかかってしまいましてねー。

 フロストダイバー→サンダーボルトで死んだり…。
 連続型のマクロスミサイル(ソウルストライク)で落ちたり…。

 それでも、うにさんの超速エスマでゴンゴンとマジDOPを殲滅。
 白木さんは色々な魔法で色々やる、比率で言うと、ヒールが多目!
 私は中型特化、命中特化、錐、ランカー☆2土ダマを駆使してひたすら殴り&タゲ取り。
 ストックは持ち前の安定性でどんな敵にも安定ダメージ(マジ以外)
 Troyさんも、基本的には三段を交えた殴りで、硬いのが来たらハッケイ連発!

 そんな狩り風景。
 アサクロが出なかったのが、幸運だったかな…?」

『あ、確かに。
 そのエメンツじゃ、アサクロを倒すのは無理でしょうしねぇ。』

「うちの子ならある程度は回避できるとは思いますけど、それでも、一発でもSBrなりSBなりを食らったら撃沈ですからねぇ…。
 ま、良かったですw」

『ほかに死者は?』

「んー、ストックとTroyさんが南無してたのは記憶にあるんですけど、ほかはどうだったかなぁ…。
 とりあえず、私と白木さんは死んでないです。
 うにさんも死んでなかったとは思いますけど、なんとも、微妙なとこです…。」

『ふむー。』

「で、経験地も2~3%くらいは増えたっぽいので、美味しいカリでした♪」

『レアは?』

「斧2個、服、靴、鈍器をゲットしてたんですけど、全滅ですねー。
 sアックス、sバスター、sアドベンチャスーツ、sサンダル、sソドメ。」

『…見事にはずれね…。』

「ですね…。」

『ま、いつか良い物も出るでしょ?
 生体2で出るとは思えないけど…。』

「ですねぇ…。
 ま、ぼちぼちw

 さて、今日あたりで2垢が終了です。
 1垢に課金するお金が無かったので、おそらく現在はどおアカウントにも課金されてない状態かと思いますw
 で、次に課金する時は1垢にして、凪さんと一緒に火山に行く約束をしてます。
 なので、次は12垢ー。

 この1垢が終わったら、しばらく課金してない3垢ですかね?」

『かしらねぇ…。

 3垢って、何がいるんだっけ?』

「ニムと、ホムと、ぬくもりと……あと何だっけ…?」

『たぶんだけど、MEじゃないかしらね?
 あと一人は、なんだったかなぁ…。』

「思い出せない子、不憫すぎる…。
 割れながら、不憫巣すぎる…。

 ま、それはともかくw

 アリ地獄に監禁してたWIZ、一度拾ったアイテムを全部倉庫送りにしました。
 WIZはアリ地獄にいるままで!」

『あぁ、カプラ利用券?

 …あれ、実装してたっけ…?』

「へっへっへ…。
 ちょっと頭を使えば、出来るのですよ!」

『え。無理でしょ…。』

「やり方を伝授!

 
1:WIZをアリ地獄に連れて行く。
2:アイテム移動要員でキャラを連れて行く。
3:WIZがひたすら狩る!
4:50%超えたら移動要員に渡す。(地面に投げてcc、もしくは別垢なら2PC等)
5:もうイイヤ! ってなったら移動要員だけ帰る(蝶とかで)

 ほらできた!
 WIZはアリ地獄にいるまま、アイテムを倉庫にw」

『いや、それは、ちょっと違うんじゃないかと思うんだけど…。
 まぁ、セレがいいなら、それでいいけどね…?
 でも、それは、違うわね…。』

「睡眠中の放置露店でP箱以外が売り切れまして、所持金が6Mくらいになりましたー。
 ぶっちゃけ、ローグが稼ぐ量よりも数段多いです…。
 現金も100Kくらい入手してるし、あのWIZ…。」

『荒稼ぎねぇ…。』

「うにさんに、
 『だから、やりすぎだからwww』
 って言われちゃったゼ…。」

『言われてもおかしくないわね…。
 この数日で、何本の空き瓶を出したのよ?』

「数えてないですけど、たぶん4000~5000本くらい?」

『…暇人め…。』

「いあ、リトバスやりながらですからねw
 流石の私も、これだけで延々はできません!」

『ま、そうでしょうねぇ。
 動き回る臨時狩りでも寝るくらいだしね?』

「う゛っ・・・。

 えーとー、はい。
 あ、じゃあ恒例のリトバス進行状況イキマス。」

『いや、恒例にしないでよ…。
 ここ、曲がりなりにも『ラグナロク』カテゴリよ?』

「いいじゃんいいじゃん、ちょっとくらいー。」

『…はぁ…。』

「あ、一応!
 まだリトバスの佐々美シナリオをまったくやってないって人はここから先は読まないでNE!
 ネタバレ爆発だからね!
 序盤だけだけど…。
 (セレインさんはまだ序盤までしか進めてない)



 えー、笹瀬川佐々美嬢ですが、なんともかわいらしいです。
 ていうか、猫になっちゃうんだ、この人…。
 原因も分からないけど、なんでだろ?」

『似た話を読んだことあるわねー。』

「え、まじで?」

『うん。
 ま、読んだのは体と心が入れ替わるってやつだけどね?』

「ほおぅ!
 やっぱり、主人公とヒロインがチェンジして、お互いの体をムハーみたいなのですか!」

『んー、なんていうかなぁ…。
 簡単に言うと、3人で回った感じ。』

「・・・は?」

『だからね?

 主人公→義理妹の後輩の体に入る
 義理妹→主人公の体に入る
 妹後輩→義理妹の体に入る』

「…あ、うん、理解した。
 読んでみたいんですけど、ページまだ残ってますかね、そのサイト?」

『バッチリ残ってるhじゃずね。
 ここ数ヶ月見てないけど。』

「なんでその状態で確信がもてるんですか・・・。
 まぁ、いいや、どこです?
 あ、アドレスじゃなくて、検索ワード教えて下さいなー。」

『えーとね……。

 …カリカリカリカリカリ……カタカタッ…カタタタタタフィーーーーーーーーーー……。』

「(エル姉ってやっぱりロボなんか…?)」

『あー、あったあった。
 健在みたいよ?

 ちなみに、こないだの10月1日に新しいSSが追加されてるわね。』

「おおー!
 期待できるっ!」

『ちなみに、前にセレが紹介した事あるサイトよ?』

「え……?」

『ヒント1。
 スターズ隊、ライトニング隊、『バーニング隊』。

 ヒント2。
 魔法を完全に受け付けない物質で武器を作ったら、魔法使い相手の戦いはどうなる?』

「あーーーーー、分かったーーーーーー!
 あそこですか、あの方の作品ですか!」

『うん、そう。

 リンクフリーじゃないから、張れないのよね。
 同じようなジャンルだったら、報告くれたら相互するって書いてあるけどね。』

「ジャンル、違いますもんねぇ…。」

『そうねぇ…。
 あっちは創作サイト、こっちは電波サイトだもんねぇ…。』

「そう、電波サイt……じゃないよ!
 ブログサイトですよ!
 健全なブログサイトですよ!」

『まぁ、健全な電波系ブログサイト。
 創作系とは、ちょっと合わないでしょうねぇ。』

「うぅ、電波じゃないのに…。

 まぁ、電波じゃないけど、確かに合わないですねー。
 なので、検索ワードを!」

『はい、
 『魔法少女バーニングアリサ』
 で検索したら、このサイトのとこに出るわねー。
 ちなみにサイト名は、
 『桜舞う並木道』
 ね。

 こっちで検索した方がいいかもね?』

「んむ!

 さて、なんか話がそれましたけど、佐々美嬢。
 なんていうか、可愛いですw
 可愛いとはちょっと違うか、なんていうか、張り切ってる感じが好印象。
 時間が出来次第、攻略しまー。」

『あ、そういえば製なるかなはどうなってるの?』

「……止まってますね…。」

『うわぁ…。
 ってことは、ファンディスクは?』

「ん、まったくの手付かずです…。
 だって、本編クリアしてないのにファンディスクやるなんて、私のゾンビ並に強靭なプライドが許しません!」

『…強靭なんだか貧弱なんだか、微妙な例えね…。』

「ま、リトバスがひと段落したらこっちも進めますw

 ほいでは、今日はここまでー。
 皆さん、あでゅーです♪」


1垢復帰したら、アサクロ話オンリーになりそうな予感がする…。

ひたすらアリの卵をつぶす作業をしてる話

セレ「お休みだった月曜日、私はWIZでひたすらアリいじめ!」

エル『飽きもせず、よくやるわねぇ…。』

「お金の為ですからね!

 さて、そんな事を延々続けましてw
 昨晩の時点で、
 ・空き瓶 2000↑
 ・アリ卵カード 2枚
 ・青箱 18個
 ・P箱 24個
 をゲットー。

 あと、計画の一環で進めてる時に、植物の茎が割りと手に入る事が判明ー。
 へっへっへ、HAIさんに割高で売ります。」

『・・・割高なんだ…。
 知り合い価格とかで、割安じゃないんだ…。』

「そこはほら、お金の為ですからb」

『ウワー。

 ていうか、割高だったら買わないんじゃない?』

「……それもそうか…。
 じゃ、割安でいいやw」

『適当ね…。』

「まぁ、お金もいいけど、知り合いとの仲を良くするのも大事ですしねb」

『守銭奴なんだかなんなんだか、微妙なとこなのねぇ。』

「私はいつでもそんなもんですw

 さて、特に書くこともないぞ…?
 マミーカード欲しくて狩りに言ったけど出なかったとか、そんな話しかないw」

『あー、その一行で、全部説明できるわね…。』

「でしょ?

 というわけなので、ここからはリトバスの話いきまーす。」

『うわ…。』

「えー、アリ地獄で吹雪を起こしながら進めた結果、色々クリアー。
 残るはササカマサシミ嬢だけです♪」

『あー、うん、笹瀬川佐々美嬢ね…。』

「なんていうか、二木さんイベントはもう、なんか良かったなぁ…。
 最後の方の恭介の、
 『こんな往来で舞踏会か? 行儀の悪い連中だな。』
 でしびれない男はいないと思うんですよ、どうですか!」

『わたしはそうでもないかなー。
 一番色々と考えさせられた台詞はね、あれかな?』

「どれです?」

『葉留佳が、姉御(来ヶ谷)の胸を表しての台詞の、
 『おっぱいぼーん!』
 ってとこ。』

「よりにもよってそこ!?
 いや、確かにエル姉の自由なんですけどね!?」

『なんていうか、一応女なわたしとしては、見過ごせない?』

「でも、エル姉ってきょぬーですよ?
 サイズとか決まってないけど。」

『そりゃ、設定上はそうだけどね…?
 なんていうか、具体的な数値が無いから自分でも分からない、みたいな?

 そもそも、ゲームキャラのスリーサイズって、おかしいでしょ全体的に。』

「…まぁ、そうかもしれないですね…?
 よく分からないけどw

 日本人は胸が小さい、みたいな話は色々聞きますけど、ゲームキャラってみんな見事なスタイルですもんねぇ。」

『いや、それもあるけどね?
 ほら、数値としてある胸のサイズと、絵で描かれてる胸(服着てても)の大きさが明らかに逢わないとか。』

「…どうなんだろ…?
 そもそも、キャラ設定にスリーサイズ書いてあるけど特に必要ないと思ってる人間なのでw
 大事なのはスリーサイズじゃない、性格だ!」

『あと年齢?』

「そう、年齢も大事!
 個人的に、先生とかヒロインのお母さんとかは射程外!」

『中学生以上はおばさん?』

「そう、中学生に入ってしまったらもうおばs・・・。

 そんな訳無いw
 中学生は若者でしょう、どう考えても…。
 私は、人○さんとは違うのですよ!」

『…あー、一応伏字にしてるんだ、なってない気もするけど・・・。』

「へへへw
 人○さんといえば、
 『ニムはいつまでもニムのままでいて下さい、父として』
 『俺のニムは、108式まであるぞ!』
 『ちっこい子が好きじゃない、ちっこい子じゃないとダメなんだ』
 『(*゜θ゜*)チッコイコスキスキー』
 『ユーフィは娘ですよ、寵愛してる』
 
 等の発言で有名なのはご存知かと思いますが、他にも色々と逸話がありまして…。」

『ていうかこの発言部分だけで、まるでセレを見てるかのような錯覚を覚えるんだけど…。
 特にニムのあたりで。』

「人○氏と職場を同じくすると方の会話で、

 人○『テムオリンのライバルにして神剣『再生』の持ち主。乳デカい。』
 A 『うん、デカイのぅ。』
 人○『無意味だ。』
 A 『む…無意味!?』
 人○『剣を振るうにも料理するにもテニスするにも寝るときにも邪魔ですね。
    肩こり酷そうです』
 A 『人○くんはオトコだからそんな心配しなくても…。』
 人○『・・・Aさんは心配なさそうですねヽ|・∀・|ノ
    ヒャッホーウ
    =3』
 A 『……(゜Д゜#)』

 なんていう、命知らずな発言も行うという『漢』です!
 あ、やばい、惚れそうw」

『惚れてもいいけど、掘られないようにね?』

「( ゜Д゜)<・・・」

『で?』

「あ、はい…。

 で、彼に関して女性二人で会話してるのがありましてね?

 B: ヌーブラは男性的に有りなのか無しなのか…………(・・)
 A: うーん、たぶんナシでありましょう。
   スポーツブラなんかは高得点っぽいのであるが、どうなのかしらン!
 B: 特に大阪の人○とかいう幼女と触手が好物なひととかには高得点そうな感じが…
   …あ、ちがうね、スポーツブラでさえも 
   「 必 要 な い 」
   の一言だな……
 A: 人○(笑)(笑)
 B: え?伏せてるよね?ちゃんと伏せてるよね?(・・)
 A: 伏せてる伏せてる(笑)
   あの人は「初めてのブラ」を経験する以前の娘が好きかと。
 B: 経験したらもう駄目なんだよねぇ………w
 A: きっとそうに違いないナル。

 なんて事を言われていますね。
 すごいね、ここまで来たら、漢の中の漢ですね!
 英語で言ったら、Man in man ですね!」

『すっごい、直訳にも程があるって感じの英語ね…。
 英語が出来ない人が直訳してみました、みたいな?
 意味合い的には、
 『A Men's men』
 の方が近いかも。』

「あ、そうです?」

『意味は、
 『男にほれられるような男』
 ね。

 …一瞬、
 『男にほられるような男』
 って見えるから注意ね。』

「…うん、今まさにそう勘違いしそうになりました…。
 『れ』って、大事ですね…。」

『そうねぇ。
 正しい日本語って、大事ね。
 あわよくば
 『アッー!』
 なとこだしね?』

「んむ…。

 さて、話はそれましたけど二木嬢クリア。

 次、何気に新規追加キャラになった朱鷺戸沙耶嬢。
 やばいですね、かわいいですね!」

『ていうか、セレ的にかわいくないキャラっているの?』

「いませんね!
 そもそも、攻略対象がかわいくないってのは、どうかと思いますしね?
 中にはとんでもないキャラもいるらしいんですけどね?」

『たとえば?』

「すごいんですよ。

 『わざと不味く作った弁当を食べさせる』
 『女装させて町を歩かせる』
 『初めから行く気のない約束をして土砂降りの中十時間も待ちぼうけを食わせる
   (しかも自分は向かいの喫茶店でその様子をのんびり観察)』

 なんてヒロインがいるらしく…。」

『…うっわ………。
 ヒロイン云々より、人間としてアチャーって感じね…。』

「このレポートを書いてくれた田中さん(仮称)は、
 『っつーか書いてて思ったが、ギャルゲー史に残るド外道だなこの人。』
 という私と同じ感想を抱いたようで、何よりです。」

『ふむ…。
 まぁ、そうでしょうね…。』

「そういう内容のゲーム、いわゆる調教だとかそんなゲームに出てきたんならまだ分かるんですよ。
 でもね、このゲームね?
 『ちょっとこそばゆい恋愛の物語』
 なんですよね。

 …本家も裸足で逃げ出しそうなサド娘が紛れ込んでるのは、バグなんでしょうか…。」

『…ま、ちょっと必要だと思ったんじゃない?
 大好きなカレーも、毎日じゃ飽きる、みたいな。』

「にしても、追加が間違ってるんじゃないかと…。
 まぁ、このゲームは私はやってないから全部聞きかじりなんですけどね?
 本当の所は、プレイしてみないと分からないんだろうなぁ…。」

『買うの?』

「いや、買いません。
 お金がキツイので…。」

『そんなに?』

「えぇ…。

 あまりのお金の無さに、2垢切れてからしばらくはどのアカウントにも課金できない日々が続くくらいです…。
 どうしようコレ…!」

『計画性が無いわね…。』

「ま、なんとかしますw
 そもそも一人暮らしじゃないからそんなにきつくはないですしねw

 今は、ほか弁で290円で美味しいの食べられますし♪」

『お金が無い時は、こういう弁当は重宝するわねー。』

「ですです♪

 というわけで、ウマーな安いお弁当を食べて今日もお仕事がんばるヨ!
 ではではっ!
 ノシ」


頭が禿げ上がるほどエクスタシーなセレインさんったらもう…!

わーい、仕事終わったー!

セレ「いよっしゃー!」

エル『はい、お疲れ様ー。』

「ありあり~♪
 よっしゃ、帰ったらROだ!」

『いや、帰ったらって…。
 あんた、今の時間を見てみなさいな?』

「え?

 ・・・・・・え、10時・・・?
 ていうか外明るくないです?」

『明るいでしょうね、朝の10時だし。』

「え、朝・・・?」

『うん、朝。』

「モーニングの朝…?」

『うん、モーニングの朝。』

「・・・ツァ…ツァオアー…。」

『はい、ツァオアー。
 ほら、いい加減戻って来なさいな?
 あと、中国語のおはようとか、メジャーじゃないから。』

「ええええええええ!?
 私のROは!?」

『昨日の分は無いから、今日頑張って早く帰りなさいな?』

「…OH、NO!」

『…やたらと海外の言葉が出る日ね…。
 別に構わないけど。』

「うぅ、しかし明日も仕事な私…。

 耐震診断、土曜日希望しないでよお客さん!?
 本当だったらお休みだったのにっ!
 お陰で、色々な計画がまったく進まない上に、あと数日で2垢の期間が終わっちゃう…。」

『…がんばれ。』

「うぅ・・・。
 まぁ、調査自体はつらいわけでも無いからいいですけどね、休みに入ると、ヴァー…。」

『はいはい、前向きに前向きに。』

「ですね…。
 まぁ、ガンバルヨw

 ほいでは、またー。
 ノシ」





追伸:昨晩聞いてたラジオですが、いろんな意味ですごい番組でした…。
  女性声優が、『口技収録の音』を披露したり、あまつさえそれで対決したりします、ドラマ内で。

  …一条さんも勝負に参加してるあたり、BLもこなすオールラウンダー声優のすごさが垣間見えた…。


にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

トーマス聞きながら仕事してるのって、国内で私くらいじゃないかと思うんだ

セレ「はい、今日二回目の更新~。」

エル『仕事中に…。』

「今ね、ラジオ聞きながら仕事してるんですよ、一人で。」

『ま、いつも通りねぇ。
 J-WAVEでしょ?』

「そんな普通のを、私が一人きりで聞くとでも…?」

『え…。』

「今聞いてるのね?

 『ラジオドラマ 痴漢者トーマス』」

『……仕事中に…。
 ていうか、職場で何を…?
 上に住んでる人に聞かれたらどうするつもり?』

「大丈夫、イヤホンは最強ですb」

『あっそ…。』

「でね、名前を聞いて分かる通り、エロゲーのラジオです。」

『ま、そうでしょうね…。』

「でね、大抵のゲームってね?

 『ニムたんハァハァ』
 『オルファ、オルファー!』
 『ネリー、クールだよ! クールだよネリー!』

 といった感じで、女の子キャラが人気になるじゃないですか?」

『まぁ、そういう目的のゲームだし、そうなんじゃない?

 …それより、セレがパッと上げたキャラが全部そろって幼女なのが気になるわね…。
 ていうか、なんで全部アセリアのキャラなの?』

「いあ、痴漢者トーマスがXuseのゲームなのでねw

 さて、このゲーム。
 どうやら、女の子キャラも人気はあるんですが、主人公のトーマスも大人気らしいんですよ。」

『…特徴的なキャラなんでしょうしねぇ…。』

「で、今1回目のラジオ内でのドラマの内容を要約するとね。

 1:トーマス、本屋で美味しそうな女の子発見
   ↓
 2:トーマス、女の子の反応(すれ違った時とかに見てた)を見て痴漢する事を決定
   ↓
 3:トーマス、痴漢開始、お尻やら胸やらをもんだりする
   ↓
 4:女の子 『お母さん、お婆ちゃん、今年の冬は帰るね、皆で湯たんぽ食べようね!』

 と、こんな感じ。」

『…1~3は、まぁ、分かる、うん…。
 でも、3→4の間に女の子の身に何が…。』

「なんかね、無知すぎて、トーマスの○○○を、湯たんぽと勘違いしたらしくw
 女の子の出身が東北だった為、家族を思い出した。

 らしいですよ?」

『…痴漢って割には、なんていうか、コメディ要素が強いのね…。』

「みたいですねー。

 ラジオの最初の自己紹介も、
 女『ごきげんよう、好きな体位は、う・ま・の・り♪ の、レンカでーす!』
 男『はい、こんにちは、好きな、た…体位は…、あー、正乗位の、一条和也です…。』

 でした。」

『ぶっ飛んでる・・・。』

「前にこの話は書いた気がするので、第二回の自己紹介の事を書いてみる!

 女『ごきげんよう、好きな喘ぎ声は、
     『アッ、いけません、神が…神が見ておられますぅっ…!』
    な、レンカでーす!』
 男『はい、こんちはー、好きな喘ぎ声は、
     『Oh、Yes! Come on!Yes!』
    な、一条和也です。』
 女『なんで、洋物なんですか!?』
 男『いや~、今考えたんだよw』

 とかやってます。」

『ワー、ノリノリ…。』

「ま、こんな感じの明るいゲーム(?)みたいなので、機会があったらプレイしてみようかと思います。
 ザウスですしね!」

『…まぁ、好きになさいな…。』

「んむ、じゃ、これで更新終わるヨ!」

『え。

 え、何?
 これを書く為だけに更新したの…?』

「んむ!
 ていうかね、一人で仕事とかしてるとなんか書きたくてしょうがなくなるw」

『だからって、こんな内容で…。』

「ヘッヘッヘ…。

 あー、ROやりたいけど、仕事が終わらないー。
 明日必要な図面だから、がんばらないとー。
 えいえい、おー!

 ノシ」

大所帯でアビス突撃、

セレ「仕事してたら、ストックからラブコールがw」

エル『何、狩り行こうって?』

「ですですw
 クリアサなんですけど、86からレベルが上がらないぜ、みたいな話してましたしねー。

 で、帰宅してからログインしてみたら、溜まり場がすごい人口密度でしたw
 10人くらいいたんじゃ…?」

『珍しいわねぇ…。』

「普段も、通算にするとかなり人は来るんですけど、大抵は時間がずれちゃってるんですけどねw
 昨晩はなんか、すごかったです。

 で、どうやら私がログインするまでにアビス行きが決まってたらしくw
 私とストックも便乗~♪」

『ふむふむ。』

「ドラキラ(自分で持ってた分)片手に、突撃っ!
 うにさんのエスマの威力とアイシラカードの効果に戦慄しつつ、他のメンバーの戦闘能力にも目を見張り、それでも持ち前のスピードで次々とアイテムを盗んでいく私って萌え?」

『いや、萌えじゃない。』

「…。

 で、なぜか2~3南無してしまいました。
 ハイドラに殴りかかっただけなのにね…?」

『いや、どう考えても死亡フラグだから、それ。』

「爆裂するまでなら大丈夫かなーと思ってたんですけど、あまりのエフェクトの派手さに見損ねましてw

 あ、人数が多かったってので分かると思いますが、狩りの内容はすごく単純でした。」

『ふむ。』

「みんなで歩く
   ↓
 敵がいた!
   ↓
 タコ殴り

 これを延々繰り返す感じ?

 すごいですよ?
 何がすごいって、範囲攻撃が騎士のBBとクルセのGXと、凪さんのGX。
 WIZって何ですか、なPT構成ってウェルカム!
 バンザーイ!」

『…シンプル・イズ・ベスト…。』

「…え?
 新婦ルイズベスト?

 確かにルイズが新婦だったら、色々ベストですよねー。」

『セレ、アンタは病んでる…。』

「…え?

 まぁいいや!
 で、そんな狩りを続けてまして、日付が変わってからちょっとで終了~。
 経験地が41%くらいまで増えましたヒャッホウ!」

『おおー。
 でも、南無してなかったら44%くらいになってたのよね?』

「||| oTZ」

『頭が落下してる、落下してる。』

「さて、まぁ寝落ちもせずにバッチリ狩りも出来まして、ちょっとづつ色々な事を進行させてます。

 最たる物はとある少女を育てる事なんですけど、なかなか順調な感じですねー。
 このペースで行くと、あと一月くらいで人前に出せる状態に出来るかな?」

『あぁ、あの、セレが道端で
 『確保っ!
  ロリータ最高、ヒャッホーーーーウ!』
 とか言いながら捕まえたあの子?』

「ちょっと!?
 それじゃ警察沙汰じゃないですか!」

『存在が刑務所扱いだしね、セレ。』

「ばかな!

 …でも、こんなに言われても決してめげない私、萌え?」

『…馬鹿って、死なないと直らないって言うわよね?
 逆に言うと、死んだら直るって事よね?

 …どうする?』

「…どうするって、何がですか…?」

『克服したいかしたくないかって話。』

「それ、したいって答えたらDEAD ENDですよね!?
 したくない!」

『向上心が無いわねぇ…。』

「死と直結してるのに向上心出すなんて愚行にはまだ走れませんw

 はい、そんな感じの狩りでしたー。
 収入は、大体50Kくらいですかね?」

『ま、それくらいじゃない?
 レアが何も出なかったのが残念ねぇ。』

「せっかくのジュニアだったのに、盗めないなんて…。

 あ、あの子も色々と持って帰ってくるかも、具体的には植物の茎とか。」

『じゃ、少しは収入になるかしらね?』

「んむ!

 ほいでは、また今夜っ!
 ノシ」



にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

今日も~いつ~もの、寝~落ち地獄♪

セレ「いやー、参った参った…。」

エル『もう、アンタの寝落ちは完全にデフォルトよね…。』

「言い訳できない自分が憎い…!」

『どんな狩りだったの?』

「えーとね、ブラさん(WIZ)、めでぃあさん(ハイプリ)、私(盗人)」

『…ついに、ギルメン以外の人にも迷惑掛けるようになっちゃったの?』

「問題ですよね。
 ギルメンに迷惑掛けるのはもうある意味決まりなのに、他の人にかけちゃうのはなー。」

『いや、ギルメンに掛けるのをデフォルトにしないようにしなさいよ…。
 迷惑掛けないのをデフォルトにして、それを上書き保存しなさい。』

「そんな、無茶な事言われても…。」

『…やっぱり無理なんだ…。』

「えー、とりあえず狩りの話に移行しますね!

 ブラさんが元気で、私も元気だったので狩りに行くことに。
 その直前まで、なにやらおかしな遊びをしてまして、それで盛り上がってましたw」

『なに、どんなゲーム?』

「えーとね?

 何か、萌え要素っぽい事項を挙げていって、
 『もう、我慢できない!』
 ってなった時に、特定の叫び声を上げるのです。」

『…何、その、アホな遊び…。』

「ちなみに、叫び声は決まってて、
 『エロイーーーーン!』
 です。」

『ちょ…。』

「いやー、白木さんが強い事w
 でもまぁ、私も、

 『こっちを見上げながら、『もう帰っちゃうの…?』』

 という心臓停止並の萌えで反撃しましたけどね!
 掛かったのは白木さんじゃなかったですけど…。」

『ダメじゃん。』

「そもそも、この遊びはダメなんじゃないかって気付いたから、いいんです!」

『あ、気付けたんだ?』

「今日になってですけどねw」

『やっぱダメじゃん…。』

「さて、狩り。

 ブラさんと私の二人だけになっちゃいまして、
 『支援いないね、どうしようかー?』
 とか離してたら、救世主参上!

 それが、めでぃあさん!」

『こっつぃとかきみとかのGの人だっけ?』

「ですねー。
 めでぃあさんはだいぶ前に転生したHiMEさんなので、詠唱速度の高さはすさまじいです!
 サフラもあるので、ブラさんのSGもガンガンうなります!」

『ふむふむ…。』

「で、私は弓を装備して、氷割りに徹しようと思ってたんですよ。」

『…射程延びるスキル、取ってたっけ…?』

「そう、それ!
 すっかり失念してました、スキル取ってない弓って、射程が恐ろしく短いんですよね…。
 お陰で、大した活躍も出来ずw

 仕方ないので、一応持っていた短剣で地道に殴ることにw」

『ま、そうなるでしょうねぇ…。』

「そしたら、突然眠気が!」

『そこで発動かぁ…。』

「もうね、ぶっちゃけ、
 『めでぃあさんとブラさんのペア狩りに、横殴りしてるローグ』
 みたいな感じでした。

 やばいね、これやばいねw」

『やばいわね…。』

「それでも経験地が2%以上増えてる私、明らかにすってるだけでした。」

『……。』

「でも、最後の清算の時にBS出したから、いいよね?」

『いや、いいわけないでしょ…。』

「デスヨネ…。
 いつも言ってるんですけど、次回こそは…!」

『ハイハイ。』

「遅い時間に開始するのは、やめたほうが良さそうですねぇ。」

『いつも言ってるでしょ、わたしが。
 あんたは、すぐに眠くなるんだから、早く寝なさいって…。』

「大丈夫だと思うんですよね、いつも…。
 なぜか、狩りの真っ最中に眠くなるのです…。」

『支援してなくても眠くなるとなると、もうROが向いてないんじゃ…?

 もしくは、単純に睡眠時間が足りてないか。』

「睡眠時間かなぁ。」

『ま、間違いないでしょうね。

 そもそも、24時過ぎてから帰宅したら、PT狩りはやめときなさいアンタは。
 絶対に寝落ちするから。』

「んむ、考えておきます。」

『いや、考えなくていいから、やめなさいってば…。』

「でも、その時間が一番面白いんですよねw
 ソロ中心にするかなぁ。」

『それもいいかもね?』

「あ、そうそう。
 お金がある程度出来たので、凪さんからsドラキラを買おうかと思ってますw
 マミー挿すのは決めてるんですけど、あと一本は何にするかなぁ…。」

『んー、何がいいかしらね…。
 マミー一枚あればアサクロのHITは足りるはずだからねぇ、必中には少し足りないけど。』

「どれくらい足りないです?」

『エンシェントミミック相手で、10%ちょい?
 だから、マミーをもう一枚挿す必要はなさそうね。』

「ふむふむー。」

『ま、使うのがアサクロかローグしかいないから、それ系かしらねぇ…。
 どっちにも有効なのは、やっぱりアンドレとかかしらね?
 ちょっともったいない気もするけど。』

「難しいとこですねー。
 ふむぅ…。」

『無難なのはやっぱりATK上昇系のカードじゃないかしらね?
 他のカードは微妙でしょ、たぶん。』

「今、オットーもありかなーと思いましたw
 微々たる物ですけど、FLEEも増えますし。」

『あぁ、マミー+オットーにしたら、たぶん竜には全部必中になるわねー。
 エンシェントミミックにはあと数%足りないけど。
 ま、それくらいなら誤差みたいなもんだと思えばいいかも?』

「じゃ、マミー+オットーって事で進めますかねー。
 うちのジャパネットのBS、オットーは在庫で持ってた気もしますしw」

『それってずいぶん前じゃない?
 アコセットにしたんじゃなかったっけ?』

「あ、そんな気もしますね…。
 ま、無かったら探しましょうw
 今なら安くもなってるでしょうしねw」

『うん、それがいいかな。』

「よし、方向も決まったし、今日の記事はここまで~。
 それでは、またっ!
 ノシ」


レス即沸き場所、いつも人がいます…。

罠師、初のモスコビアクエ終了!

セレ「モスコビアのダンジョン進入クエスト、終了~♪」

エル『うわ、セレにしては行動が早い…。』

「まぁ、難しい事なんて何も無いですしねw

 でね?
 モスコビアクエストって、強制的に敵と戦う部分が2回だけあるんですよ。」

『そういえば、そんな話もあったわね…。』

「出てくるのはオボンヌ1とレグルロ2なんですけど、ここで罠師の練習にもちょっとだけなったりw」

『ふむ…。』

「で、ちょっと今までと違った罠の爆発のさせ方を覚えたので、書いておこうかと!
 ちなみにどこで覚えたかと言いますと、ニコニコ動画の罠師の動きですw」

『ほほぅ。』

「ちなみに『4』までは前に書いたのとまったく一緒(いわゆるコピペ)なので、覚えてる人は読まなくても大丈夫ですw
 ようは、敵をアンクルで一箇所にまとめるところまでですw」


□・・・空白セル
弓・・・自分がいる場所
敵・・・もんすたぁ
ク・・・クレイモナトラップ
氷・・・フロストトラップ
風・・・ブラストマイン
ア・・・アンクルスネア
☆・・・アローシャワーを打つ位置
※・・・説明用に置くポイント


1:まずはこんな位置になるようにしよう!

 □□敵□□□□敵□□□□□□□□□□□
 □□□□敵□□□□□□□□□□□□□□
 敵□□敵□□□□□□※□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  自分から上下左右に線を引いて、その線以外の場所一箇所にモンスターが集まるようにします。
  この時、敵は『※』に向かって進んできます、そこで・・・。


2:アンクル準備だ!

 □□敵□□□□敵□□□□□□□□□□□
 □□□□敵□□□□□□□□□□□□□□
 敵□□敵□□□□□□※□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□ア□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

『ア』の位置にアンクルスネアを設置しましょう。
これで準備完了、あとは敵が近づいてくるのを待ち受けます・・・。


3:男は待つのがヤ・ク・メ♪(by水原可奈(Q.E.D 証明終了)嬢)

 □□□□□□□敵敵□□□□□□□□□□
 □□□□□□敵□敵□□□□□□□□□□
 □□□□□□□敵敵□敵□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□ア□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  敵が一匹、戦闘可能域に侵入しました。
  私に対して、執拗に攻撃を繰り返します・・・。
  が、しかし!
  ここであわてアンクルを飛ばさないでください?
  ここであわててアンクルを飛ばしても、ほとんどの敵がアンクルにはまらない状態で近づいてくる羽目にないます。
  だから、ここは数秒の辛抱!


4:食らうがいい!

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□敵敵敵□□□□□□□□
 □□□□□□□□□敵敵□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□ア□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□☆□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  今だ、アローシャワーー!
  渾身の力を込めて、☆に向かってぶっ放せ!


 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□敵□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  敵はこんな感じでアンクルに吸い寄せられてギューギュー状態です!
  さぁ、ここから罠師の怒号の反撃が!


5:ここから、少し違うヨ!

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□敵□□□□□□□□□
 □□□□□□□氷□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  この位置に、フロストトラップを仕掛けましょう!


6:前のと違って、敵を吹っ飛ばして凍らせるのです!

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□敵☆□□□□□□□□
 □□□□□□□氷□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  この位置にアローシャワーをぶっ放すと、

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□敵□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  この位置で、敵は凍っているかと思います。
  敵の1セル下のフロストトラップが発動しますからね!


7:そしてトドメの、TBM(トリプルブラストマイン)!

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□敵□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□風□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□風□風□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  この3箇所に、ブラストマインを仕掛けましょう。
  1セルでも間違えるとうまく置けないかと思いますので、落ち着いてネ!


8:最後の締め、アローシャワー!

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□☆□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□敵□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□□風□弓□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □□□□□□□□風□風□□□□□□□□
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  この位置に打ってやると、3個の罠のちょうどど真ん中に敵が吹っ飛びます、凍った状態で。
  すると!
  もう、すさまじいダメージになる(はず)なのですよ♪


「こういう技ですねw」

『でも、確かに一切の無駄が無い動きね…。
 一歩も動かず、接敵もせず…。』

「んむ、まさにいい事ずくめ!
 教えてくれた動画のUP主さんに感謝!

 で、モスコクエ。
 前から集めてあったアイテムを駆使してやってみたんですけど、いくつか足りなくて…。
 仕方なく、露店で購入ですw」

『ふむ…。
 いくらくらい?』

「約300Kz」

『…あんた、ほとんど何も持ってなかったんじゃないの、それ?』

「……ジュビリーは、倉庫にあったヨ?」

『他は?』

「……ジュビリーは、あったんですよヨ?」

『…ジュビリーしかなかったのね…。』

「で、まぁクエスト案内所を参考にしながらサクサク勧めて、無事に終了~。
 偶然同時になったマジさんがさっきの3匹と戦ってた(詠唱長いからか、短剣で頑張ってた)ので、アンクルで固めてあげたらサンクスエモゲット♪」

『あ、なるほど。』

「えぇ、マジさんは殴れるけど、敵は殴れないって位置に固めてみましたw
 マジさん、安心してファイヤーボルトの詠唱開始!
 まさかのレベル10でビックリしました。」

『んー、マジで取ってる人は少ないのかしらね?』

「どうですかねぇ…。
 ま、私のセージみたいに、ファイヤーボール10ってなのはそうそういないでしょうけどね!!!」

『それはそうでしょ…。』

「さて、無事にクエストを終わらせた所で終了です。
 紫箱、2個目ゲット♪」

『ん?
 1個目はいつ?』

「たぶん、ローグでフレイヤのクエストをやった時じゃないですかね?
 おそらくはローグでのクエストの報酬だと思いますけども。」

『あ、それか。
 無駄遣いしたのかと思った…。』

「そんな、無駄遣いなんてしませんよwww」

『いや、説得力が無いから。』

「ふみゅーんTT

 さて、ここまでー。
 昨晩はモスコクエだけでいっぱいいっぱいでしたw
 帰宅したの、25時過ぎですからね!」

『うわぁ…。』

「今日は頑張ったら早く帰れるはずなので、気合いれて生きます!
 ではっ!
 ノシ」


罠師の人々に愛の手を!

罠師の頑張り、75になった!

セレ「がい罠師!」

エル『この頃は頑張ってるみたいねぇ…。』

「んむw

 土日の頑張りで、ミストレスの王冠を装備できる75歳まで上がりましたよ♪」

『おお~。』

「ここからはしばらく、またジオグラファー狩りをしようと思ってますw
 なんていうか、監獄とか火山2で安定して狩れるだけの回避を手に入れるまで!」

『…オーラ近くになる気がするんだけど…。』

「まぁ、素AGIが70~80くらいになったら一旦切り上げようと思ってますけどねw
 それまではちょっと罠は休止かなーと…。」

『何、飽きた?』

「ていうか、回避が無さ過ぎて、ちょっとしたミスで経験地が減るのが痛いんです…。
 もうね、イヤになる!」

『ROの宿命でしょうねぇ…。』

「まぁ、PT狩りとかで活躍する事は可能だとは思うので、バンバン誘ってくださいなー。
 SP回復量だけなら、そこらのハンターとは比べ物にならないくらいにありますよ、きっと。」

『まぁ、そうでしょうけど…。』

「で、お金稼ぎの話もチラッとw

 えー、リトバスを進めてる間、延々とアリ地獄に篭ってました。
 その時に出たのが、
 空き瓶:1500~1600
 ジェムストーン:3色合計で20~30個
 おいしい魚:400程度
 エル原1個(孵化したアンドレが落とした?)
 赤原石(孵化したアンドレが落とした?)
 現金200Kz程度
 青箱7個
 P箱35個程度

 倉庫に眠ってた空き瓶と箱を放置就寝露店で並べてみたら、所持金が5M増えてました♪
 空き瓶ヒャッホウ♪」

『売れるのねぇ…。』

「ていうかね、あの狩り以上の金銭効率ってそうそう無いんじゃないかと思うんですよ。
 SGうつ毎に、空き瓶3くらいは確実に出て、お金も最低でも100zくらいは増えますし…。

 一発のでっかいレアこそ無いですけど、堅実に稼ぐならこれしかないんじゃないかとw」

『まぁ、確かに…。

 その代わり、経験地は皆無だけどね。』

「それはもう、仕方ないかと…。

 で、とりあえず荷物もちで連れて行ったモンクも殲滅担当のWIZも重量オーバーになったので、帰還~。
 毎日継続出来たら、すごい収入になる気がします…。」

『飽きない?』

「飽きます、確実に。

 なので、ちょっと考えていたんですよ。
 エル姉(ジルタス)にご飯という名の心臓を上げながらやれば多少は気もまぎれるんじゃないかと!」

『あー、なるほど…。
 ジルタスの名前をわたしにした件に関しては不満が残るけど、まぁ目を瞑ってあげる。』

「ヨッシャ!

 で、罠師なんですけどね?
 レス即沸きって場所がウマーってのは前から聞いてますので、どの程度ウマーなのかを試してみたくなりましたw」

『ふむ…。
 あそこってホムケミが放置狩りしてるから無理じゃないかってな話は聞いたことあるわねぇ…。』

「2匹枠らしいですから、片方を分けてもらう!」

『…これを見てもそう言える…?』



「…おおおおぉぉぉ…?
 え、こんなに人っていうかホムがいるの…?」

『らしいわねぇ…。

 …で、どの人にお願いするの?』

「…どの人だろうね…?」

『まぁ、人が居ないのを見計らって頑張るしかないんじゃないかしらね?』

「ですねw

 まぁ、何よりもクエストをしないといけないんですけどねw
 メンドクサー・・・。」

『うわぁ…。』

「ま、フレイヤにも罠師で行かせたいので、色々と頑張りますw

 ほいでは、また~。
 ノシ」




にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

コメント返しで、つるぺたスキーでは無い事を語りましょうか!

セレ「あすくs・・・いや、あしゅくたんからコメントが来てましてね?」

エル『…わざわざ名前を言いなおす必要があったのかと…。』

「でね、そのコメントがね?

 『動くインデックスやミサカに萌えてるなんて……。
  流石、つるぺたマニアのロリセレさんは違いますね。』

 というもの。」

『あら、正確にセレの事を理解してくれてるわね?』

「ちょ…!

 なにやら勘違いされてるなぁ…。
 もうとりあえずロリコンだという事で話進めますよ、もう面倒だから…。」

『ふむ?』

「えーとね、私ね、小さい子は好きですけど、胸の大きさはつるぺた好きって訳じゃないんですよ?」

『え、そうなの?
 つまり、胸の大きい幼女が好きだって事?

 でも、
 『つるぺたちゃんは感度が良くってもうウッヒヒヒーー!』
 とか言ってなかったっけ?』

「一言もそんな事言ってないですよ!?
 どこのエロい人の台詞ですか、それ…。」

『…言ってなかったっけ…?』

「言ってません!

 えーとね、前にどこかでそんな話題になって、
 『胸とお尻、どっちがすきですか?』
 とかいう質問に答えたんですよ。」

『ん…、この記事の話かしらね?』

元祖セレインさんの日記帳『エロインさんのエロトーク(NOT18禁)』

「あ、これこれw

 でね、書いてある通り、お尻よりも胸がすきって答えてるじゃないですか?
 理由が、
 『お尻は自前のもあるけど、胸は無いから。』
 というものー。

 つまり!
 つるぺただったら自分と大差無いのですよ!!」

『つまり、巨乳がすきなの?』

「それはまた、極端な…。

 別に大きいのが好きって訳でもないですよ?
 なんていうか、少しでもあればOK?」

『ふむ…。
 セレ的には何カップがすきなの?』

「正直、あの『カップ』とかってのの判断基準が良く分かりませんw
 あれって、つまり胸囲が
 ○○センチ~●●センチならAカップ、
 ●●センチ~□□センチならBカップ、
 ってな感じで決めてるんです?」

『さぁ、どうなのかしらね…。
 ただ、それでいったらギネス記録になってるバストの女性って、何カップになるのかしらね?』

「あれって、なんていうか、巨乳じゃないですよね?
 単純にデブなんだと思うんですよ…。
 だってほら、曙とか見てるのと同じでしたもん、その女性…。」

『まぁ、言いたいことは分かる・・・。』

「あれは胸じゃないですよ、ただの脂肪、贅肉!
 胸じゃないヨ!」

『そんな、熱くならなくても…。』

「まぁ、ちょっと戻して。
 なにやらAカップが一番小さいってのはなんとなくわかります。
 最大が何なのか知らないですけど、とりあえず吊革広告でGまでは存在するのは知ってます。

 ぶっちゃけ、A以上ならいいですw」

『あー、胸ならいいんだ…?』

「かな?

 ていうかね、そもそもロリコンじゃないんですけどね…orz
 あぁ、何故にロリコンだと思われてるのか…!」

『アンタのお気に入りのキャラが、揃いも揃ってロリロリなのが原因なんだけど?

 ニム、ヘリオン、ナーヤ、ユーフィ(永遠神剣シリーズ)、
 まーりゃん(TH2)、
 柚鈴・美月(月陽炎)、
 ミント、ヴァニラ(GAシリーズ)、
 イリヤ(Fate/stay night)、
 ルイズ(ゼロの使い魔)…。

 この幼女率の高さは、どう考えてもロリコンでしょ…。』

「そんな馬鹿な…。

 ていうかね、幼女じゃなくたって好きなキャラはたくさんいますよ?」

『たとえば?』

「えーとね、
 ランファ(GAシリーズ)、
 ナルカナ様、カティマ、のぞみん(永遠真剣シリーズ)
 双葉、みどり(グリーングリーン)
 とか、もろもろ。」

『リアルで好きなアイドルは?』

「え……?

 ……。
 あー…、爆笑問題とか…?」

『アンタの中では、爆笑問題はアイドルカテゴリなのか…。
 一般的には、どういう判断基準でカテゴライズしても、アイドルには来ないでしょうよ…。』

「リアルの事とか聞かれても、困る!
 テレビでそういう人が出てくるのなんて見ないですし…。

 前にも言ったかもしれないですけど、私の芸能関係の情報源になってるのは、
 『笑っていいとも!』(テレビ)
 『J-Wave』(ラジオ)
 だけですぜ?」

『うん、まぁその時点で現代人としてはちょっとおかしいと思うんだけどね…。』

「ま、そこはもう仕方ないですw
 今更直せませんw」

『ま、いいけどね?』

「うっしゃ、とりあえずあすくさんのコメントから始まったなにやらよくわからない自己主張終了っ!

 一応最後に言っておくとね?

 『仮にロリコンだったとしても、
   ツ ル ペ タ ス キ ー じゃ な い で す よ !』」

『はいはいわかったわかった。
 とりあえず、今はそういう事にしとくから。』

「え、ずっとにして下さいよ…?」

『無理に決まってるし。
 もう決まりきってる事だし。
 言ってみれば、もう常識レベル?』

「まじか!」

『うん、まじ。』

「まじでか!
 子供好きなだけなのにっ!」

『セレが言うと、犯罪の臭いがするのよねー。』

「何故!?
 こんなにも純真な私なのに!」

『それはもういいから。』

「あ、今のエル姉の台詞で思い出した!

 こないだ何かで見たなのはとフェイトの4コマが面白かったヨ!
 なんかね、

 フェイト『ちょっとアルフ、フェイトさんのいいとこ、言うたって!』
 アルフ『え・・・パ、パス。』
 フェイト『パスってなんやー!』

 とか、

 なのは『フェイトちゃん、どうしてうちのトイレにカメラを仕掛けるの』
 フェイト『なのはが危ない目に逢わないように』
 なのは『そういうのはいいから』
 フェイト『それより、なのははいつもすぐにバインドするー、よくないよこういうの!』
 なのは『そういうのはいいから』

 とか。」

『あー、あれかぁ。』

「あ、分かります?
 どこで見たんだったかなぁ…。」

『なのはの18禁同人誌。』

「…え…?」

『…だったはず?』

「え、あの絵柄で18禁…?
 正直、ギャグまんが日和とかの絵でエロ本かかれるよりも厳しいんじゃないかと思うんですけど…。」

『…確かに。
 ちょっと調べとくわ、気になるし。』

「お願いー。

 そしてグダグダ書いてもアレだからここまで!
 後でまたRO記事の更新だヨ!

 ではでは~。
 ノシ」


にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ

とある魔術の禁書目録<インデックス>、土曜日から開始!

セレ「なんか、久々に土曜日が休みな気がします…。」

エル『まぁ、実際久々だしね?
 その分、月曜日休んでたはずけど。』

「ま、それはそうなんですけどねw

 さて!
 今週の土曜日からは、あれが始まりますね!」

とある魔術の禁書目録<インデックス>

「楽しみだな~♪」

『と、動き回る全裸の打ち止め(ラストオーダー)を期待してるセレでした。』

「してないよそんなヤマシイ期待!?
 なんで私をロリコンに仕立てようとするんですか!?」

『仕立てるまでも無いんだけどね、実際。

 まぁ、なかなか自分を認められないセレの為の愛あふれる行動?』

「小さな親切大きなお世話って、こういう時に使う言葉なんだろうなぁ…。

 さて、この『とある魔術の禁書目録<インデックス>』。
 このブログを見てる人でこれを知らない人は少数だと思いますが、とりあえず説明っ!

 はい、エル姉お願い。」

『…それもわたしなんだ…。

 えー、じゃあ、簡単に説明ね。

 禁書目録っていうのは、カトリック教徒を非道徳から、もしくはカトリック信仰を妨げる原因になる書物から守る為に作られた禁書の目録の事ね。
 最初に作られた禁書目録は1529年のネーデルランド(今のベルギーあたり)って言われてるけど、
 ・1557年にローマで発刊されたのが最初である。(教皇パウルス4世)
 ・1559年にスペインで発刊されたのが最初である。(スペイン王フェリペ2世)
 って話もあるわね。
 どれが正しいかは覚えなくていいから、とりあえずそんな歴史があったって事は覚えとくといいわね。

 さて長い間続いてきた制度だったんだけど、1900年頃を目処に大幅な規制緩和が行われて、1948年(第32版)に発刊されたのを最後にして終了。

 こんなもんかしらね?』

「うん、最後までおとなしく聞いてたんですけど、これって、
 『とある魔術の禁書目録』
 じゃなくて、モノホンの
 『禁書目録』
 の説明ですよね、間違いなく…。」

『そうね。』

「…私が説明して欲しかったのは、『とある魔術の~』の方だったんだけどなぁ…。」

『うん、分かってた。』

「ならそっちの説明を普通にして下さいよ!?
 なんでそんな、マニアックとか通り越してる知識を…orz」

『せっかく調べたのに誰にも言わないのって、勿体無いと思ったのよね。
 …にしても、最初に発刊されたのって、結局どこなのかしらね?』

「いや、とりあえずどうでもいいんですけどね、そんなの…。

 えー、あまりにもオカルトチックなエル姉の説明でドン引きになってるかと思われますが、この姉、ちょっと頭がアレなので、気にしないで下さいねー?」

『アンタが言うな、アンタが言うな。』

「さて、説明!

 えー、ようは、
 『魔法っぽい物を消す効果がある右手を持ってる主人公が、超能力者を作る『学園都市』で平凡に暮らしてたら、『魔術』を扱う様々な宗教関係者との出会いでちょっと尋常じゃない生活になっちゃう話』
 ですね。」

『…分かりやすいような、分かりにくいような…?』

「まぁ、
 『科学(学園都市)』vs『魔術(各種宗教サイド)』
 のバトルだと思えばw

 登場人物も様々ですぜー?
 上で説明した主人公に、10万3000冊もの禁書を所持してるヒロインのインデックス。
 電気操作でもって、ゲーセンのメダルを超音速で打ち出すビリビリ少女、御坂美琴。
 恐るべき長さの長尺刀を自在に扱う神裂さん。
 他にも、多数のかわいらしくて強いお嬢さんが!

 あとは、青髪ピアスとかシスコン陰陽師(?)とか赤髪喫煙不良神父とか出ます。
 あと、血色の悪い目つきの悪い一方通行も出ます、たぶん。」

『…男性陣が哀れな説明に…。
 一方通行とか、たぶんって…。』

「上に公式ページへのリンク張ったから見たかもしれないですけども、一応。
 私の場合(千葉県)には、土曜日の深夜から開始ですね、この番組。

 いやー、楽しみだなぁ♪」

『ま、わたしも楽しみにしてるんだけどね。

 ところで、この作品関係のマンガは買わないの?』

「んー、買いたいんですけどねぇ…。
 『レールガン』の方は、特典付きのが欲しかった…。
 いまさらになって、その存在を知りました…orz」

『あー、ああいうのに目が無いもんね、セレ…。』

「です…。
 しかも、70枚も付いてるらしいですしね?
 是が非でも欲しかった!」

『あきらめるか、もしくはネットで探すかかしらね?』

「ま、見かけたら買おうかなーと。
 でもって、特典付きのが買えたら、1巻も買おうかと思ってます。
 でも、コメントを見た限りでは買って損をする作品じゃ無いっぽいので、いいかなー。」

『ふむ…。』

「おしゃ、ここまでー。
 アニメカテゴリでは2回目の記事なのかな、これ?」

『そうなるかしらね?』

「へへへ、着実に色々なカテゴリに記事が増えていきますね…。」

『良い事かどうか分からないけど、確かに色々書いてるわねぇ。』

「それじゃ、また来週っ!
 ノシ」


ROの記事じゃないけど、ポチッと押しときましょうね

HIT数が1500いった~♪

セレ「へへへ…、仕事の忙しさが尋常じゃないぜ…。」

エル『…ファイト。』

「ありりぃ…。

 さて、我がブログであるこの『セレインさんの日記帳2』も、ついに1500HIT!
 ありがたいですね~。」

『何分の一かは、確実にセレが自分で踏んでるんだけどね。』

「それでも、大多数は皆さんなのですよ。

 ちなみに1000HITの時に記事を書こうと思ったんですけどね?」

『うん。』

「自分で踏んだんですよ…。」

『……。

 でも、それならそれで、ネタにはなるんじゃないの?』

「いやー、他に書くことがあったせいか、すっかり忘れてましてw
 エヘッw」

『また忘れてたの…?
 あんた、もうその年でボケが始まったの?』

「そんな事は無いですよ?
 ただ、ちょっと物忘れが激しいってだけで…。」

『え、いや、それがボケなんだけど…?』

「…まじで?」

『まじで。』

「やべー…。
 これが、巷での最新流行の
 『若年性CHI-HOU-SHOW!』
 ですね?」

『いや、かっこよく言おうとしても無理だから、それ。』

「チェッ。

 せっかく、四捨五入したら30っていう年齢になったからかっこよくしてみようと思ったのに…。」

『関連性が見えないわね、その二つには…。』

「だってほら、紳士ってカッコイイじゃないですか?」

『なんでいきなり紳士の話に…。
 …まぁ、カッコイイ部分が無かったら紳士とは呼べないでしょうねぇ。』

「でもって、紳士って、若い人にはいないじゃないですか?」

『…それはまた、なんとも言えない質問ね…。
 まぁ、一般的に 『紳士』 って聞いて思い浮かべるのは、タキシード着たおじ様っぽい風貌かもしれないわね。』

「なので、

 四捨五入して30って事はもう若くない
    ↓
 私は紳士になった。

 ほら、カッコヨクしないといけないじゃないですか?」

『……?

 いや、セレの場合は、
 四捨五入して30って事はもう若くない
    ↓
 セレは、いい年して幼女にしか恋出来ない変質者としてのレベルが上がった

 だと思うんだけど。』

「ええええええええええ!?

 ちょ…、ちょっと待って下さいよ?
 何、なんで私、幼女にしか恋出来ないって設定にされちゃってるの…?」

『事実でしょ?』

「そんなバカなっ!?
 私だって、同年代の女の人に魅力を感じたりもしますぜ?」

『たとえば誰?』

「え……?

 んー……。

 …………あーーーー?」

『そら見た事か…。
 心の底からもう、ロリコンなのよあんた。』

「…うぅ…。
 魅力的な同年代をパッと浮かべられなかった、自分が憎い…!」

『ほら、安心なさいな?
 わたしは、いつでもセレの味方だからね?
 私は、いつまでもセレの事大好きでいるから、ね?』

「何その哀れみに満ちた表情!?
 明らかに心の病気の患者への対応っぽいんですけど!?」

『あー、今のわたしなら、精神病棟の看護婦の役とかバッチリこなせる自信ある。
 ドンと来いって感じ?』

「わたしは健全だもの!
 健全で健康で、あと、ほら、なんだ。」

『ロリコン。』

「そう!
 健全で健康でロリコンなだk…

 違うよ!
 途中でロリコンとか混ぜるなんて、なんてヒドイ姉なんだ…!」

『おお、セレが乗り突っ込みを…。
 成長したわねぇ…。』

「えぇ、ちょっと正確の悪い女性にもまれてますからね…。」

『ダレノコト…?』

「はい、話を変えますよ!

 えー、RO。
 なんかほとんど出来ない感じになってきてますw

 時間が欲しい!」

『時は金なりって、うまい言葉よね。』

「なので、最近はちょっと早起きして、始業の1時間くらい前に出社して仕事するようにしてみましたw
 なかなかいい感じですが、突然ものすごく眠くなるのが問題ですねー。」

『いや、それは寝る時間を変えないままで起きる時間を早くしたのが原因だと思うんだけど・・・。』

「……あ。」

『待て。
 まったく考えてなかったの、そんな簡単な事を…?』

「イヤー、失念失念w
 世の中って、難しいですね。」

『……まぁ、今日は早く寝なさいな?』

「ですね-。
 ちょっと、体が悲鳴を上げてる感じですしねw

 ほいじゃ、今日はここまででー。
 ではっ!
 ノシ」



ジルタスの名前はエル姉になったヨ、怒られたけど…。

帰宅したら妹が部屋に+字画占い+誕生日ダダダ

セレ「昨日も忙しくて更新できず・・・。」

エル『役所との打ち合わせは、妙に時間がかかって大変みたいね?』

「初めてだったんですけど、長かったですねー。
 といっても、2時間くらいなんですけどねw

 でも、打ち合わせするなんて考えてなかったので、メモ帳も何も持って行ってなかったのは失敗でしたw」

『次回からはちゃんと持っていきなさいな?』

「うぃ!

 さて、そんなこんなで仕事を終わらせて帰宅~。
 いつも通りに、玄関のドアを開けたら疾走してくるログ!」


※ログ・・・セレイン家で飼ってるオス猫。 世界一可愛い猫ダヨ!


『完全に親馬鹿よね、あんた。
 まぁ、飼い猫を世界一だと思ってるのは親馬鹿とは違うかもしれないけど、ニュアンスは間違ってないでしょうね。』

「でもってセレインルーム(カオス)に入ると、何故か私の部屋にいる妹・・・!
 正直、誰もいないと思ってたので、くちゃくちゃ驚いたぜ・・・。」

『・・・たしかに。
 ていうか、自分の部屋に入る時に妹が中に居る事を予想するってのは、たぶん色々と大変な兄妹関係なんでしょうねぇ、主に近親相姦関係で。』

「かもしれないですねー。
 ただ、うちの場合はいろいろとありましてね?
 ・家族全員の下着が置いてあるタンスは妹の部屋にある。
 ・家族全員の上着(コートとかジャンパーとか)は私の部屋おクローゼットにある。
 ・家族全員のパジャマは両親の寝室(和室)に置いてある。
 という感じでして、朝方なんかは突然家族が入ってくるのも日常茶飯事ですw

 お陰で、毎朝私は妹の寝顔に怒りを・・・!」

『なに、
 『俺が早く起きて眠い中仕事行くのにまだ眠ってやがって・・・!
  くそぅ、おっぱいもんでやろうか!』
 とか考えるの?』

「怒りって言ってるのに胸!?
 そんな事しないよ私!」

『まぁ、してたらわたし、引っ越す。
 セレの脳内から撤退する。』

「え、どこに引っ越すんだろ・・・。
 まぁ、その心配は無いですけども。」

『で、なんでいたの?』

「いえね?
 妹が学生時代から使ってたノートPCがお亡くなりになりましてね?
 で、そのノートでずっと見てたネットの動画の続きを見たかったんだそうな。」

『ふむ・・・。
 AVかな?』

「妹が私の部屋でAV見てるのを私が目撃したら、どんな反応したらいいのか分からなくてフリーズしそうw

 まぁ妹のプレイベートなので何を見てたのかは言いませんが、ヒントだけ。
 『ジャンプコミックス』
 『海賊王に、俺はなる!』
 『ゴムゴムのーーーー、バズーーカーーーッ!』
 『アニメ』
 ってとこですかね?」

『・・・え、隠すつもりのヒントなのそれ?
 どう考えても簡単に分かるんだけど・・・。』

「ここで、妹とセレインさんのハートフル会話公開!」




セレ「ただいまー。・・・って何してんだお前?」 (部屋に入って妹を発見して驚きつつ)

妹 『あ、お帰り。 ワ●・ピー●見てんの。』

「あ、ノート壊れたんだっけ?」

『うん。

 ・・・あ、邪魔?
 どこっか?』

「いや、別にいいけど。」

『・・・そういえばお兄ちゃん?』

「んー?」 (スーツ脱ぎつつ)

『えっちなゲーム多すぎ。』

「いや、勝手にパソコン使っててそれは無いだろ・・・。
 ていうか、無いだろそのパソコンに・・・。」

※リトバスEX入ってるけど、デスクトップにショートカットは無い

『パソコンにじゃなくて、背中に。』 (背中の本棚の上に置いてある箱を見つつ)

「あー、あるねぇ。
 でもいいゲーム目白押しだぜ、どれかやる?
 お前がやったら、号泣だぜ?」

『やるわけないし・・・。
 パソコン壊れてるし。』

「じゃ、パソコン直ったら貸してやろう!」

『やんないってば!
 もー、ゲームでいくら使ってるの?
 無駄遣いしすぎー。』

「少なくともお前が今までに買った服の総額よりは安いと思うけど?」

『・・・・・・服はほら・・・・・・。
 あ、ほら、衣食住だし?』

「全部着てるわけじゃないだろ・・・。
 お母さんにお金返したの?」

『・・・キコエナイーイ』

「いや返しとけよ、それは。」

『で、今日はゲームしないの? するなら部屋に戻るけど?』

「いや、いい。
 今日はおにいちゃんはグッタリモードだからこのままベッドイーン・・・。」

『寝るんならどくよ。』

「いいっていいって。
 見たいだけ見てけ、俺は明るくてもうるさくても眠れるから。」

『ん、ありがと。』

「ログー、カモ~~~ン
 おーぅ、お前はいつでも可愛いにゃ~♪
 今、俺の為にアクエリアス用意するからな!」

『・・・ログにじゃないんだ・・・。』

「だって、太るだろうし・・・。
 今もかなりの重量級だろこれ。」

※ログ、5Kgあります。
 一般的には猫は3~4Kgとか聞いたから太り気味か太ってるかそれくらい?

『ま、そーかも・・・。』

「ごゆっくりー。」 (とかいいつつリビングに移動するセレインさん)

『はみ出てるはみ出てる!』 (なんか、しゃべる鹿がドアから覗いてるシーンだった)




「やばいね、ハートフルだね!」

『・・・とりあえず、大量のエロゲーが妹に発見されてるのが分かったわ・・・。』

「でも、ある意味清純派なのしか無いんですよねー。
 無理やりとか、調教とか、好きじゃないので!

 妹が発見したっぽいのだと本棚の上のだから、
 『聖なるかな』
 『ToHeart2』
 『IZUMO2』
 『リトバス』
 『ロトバスEX』
 『Routes』
 かな?

 ほら、引かれるようなのは無いでしょう!」

『いや、エロゲって時点で十分に引かれる対象だと思うんだけど・・・。』

「え、マジデ?

 部屋に堂々とAV置いてあるよりはよくない?」

『え、何その切り返し・・・。
 1:部屋にエロゲを大量に隠し持ってる
 2:部屋にAVが堂々と置かれてる
 のどっちがマシかって?』

「んむ。」

『どうなのかしらね・・・。
 彼女を部屋に入れる時とかにAVが堂々とってのは、ある意味男らしいけど最低なんじゃないかしらね・・・?
 それなら、隠し持ってる方がいいか・・・。

 むしろ選択肢を変えて、
 1:部屋にエロゲを隠し持ってる
 2:部屋にエロゲが堂々と置いてある
 3:部屋にAVを隠し持ってる
 4:部屋にAVが堂々と置いてある
 だったらいいかも。』

「ふむふむ・・・。」

『これだったら、1と3は見つからなければもってないのと同じだから、
 1=3>4>2
 かしらね?(→に行くほど人間としてレベルが低くなる)
 やっぱり、社会的にえろげはやばいと思うわ。』

「にゃるほどー。」

『見つかった場合だとすると、こうかな?
 3>4>2>1

 3なんかは
 『男だもんね、仕方ないよね』
 とかそんな言葉でなんとかなるようなのがマンガとかでも良く見るからそんなもんじゃないかと思うし。
 4はまぁ、わたし的には論外だけど、1・2に比べたらマシかと。

 問題なのは1。
 2みたいに堂々と置いてあったらある意味スッキリだけど、1みたいに隠してあるとキモさ倍増。』

「ふむ・・・。
 そういうもんですかー。」

『ま、少なくともわたしのとっては、だけどね?

 アンケートとってみる?
 RMCとかで。』

「こんなの、そこまでする価値無いですよ!?」

『面白いと思うんだけどなぁ・・・。』

「無垢な子供も使ってるかもしれない場所なんですからね?
 『すみません、AVって何ですか? AV機器の事ですか?』
 とか質問されたらどうするんですか・・・。」

『そんなの、
 『アダルト・ビデオの略称よ?
  お互いに愛の無い男女が仕事の為にf(ピーーー)したりk(ピーーー)したり。
  中には男女じゃないガt(ピーーーーーーーーーーーーーーー)なんてのもあったり。
  最後にはsy(ピーーー)してお仕舞い。
  詳しくはお父さんに聞いてみなさい。』
 って教えてあげる、軽めに。』

「お父さんハートブレイクしちゃいますよ、それ・・・。
 ていうか軽めなのそれ!?」

『軽いでしょ?

 まぁ、まったくエロを感じない説明も出来るけど。』

「・・・気になるけど、どんなのだろ・・・。」

『んー、
『勃起した男性の陰茎を女性の膣内に挿入し、男性側が射精する事によって排出される精子と女性側が排卵した卵子が受精する事を目的とした行為を手ごろな値段で販売している映像商品。』
 とか、そんな感じかしらね?』

「・・・保健体育の授業みたいですね・・・。
 いや、こんなに直接的な単語は出てなかったと思うけど・・・。」

『今とか、教科書に挿入時の断面図が載ってたりするらしいわよ?』

「マジデスカ・・・。
 あー、そういえばそんな内容の議論を国会でやってるのを見たか聞いたかしたような気もしますねぇ。

 そこまで詳しく教える必要あるんですかね?」

『どうなのかしらねぇ・・・。

 ただ、今の日本の教育を見る限り、そういう知識はAVとかエロ本みたいな、いわゆる『年齢制限付き商品』で学ぶ事が多いみたいだしね。
 それを踏まえて、そういう商品をまったく見なくても色々な性知識を教えるのが目的の教科書なんじゃない?
 最終的には、そういう商品を根絶しよう、みたいな?
 まぁ、無駄だと思うけど。』

「無理でしょうねー。

 ・・・あれ、なんでこんな話に・・・?」

『セレの持ってるエロゲが多すぎるって話から。』

「あー、そこからかぁ・・・
 ていうか、なんでそんなプライベート万歳な話を・・・。」

『じゃ、もっとプライベートな話をしてみよっか。

 ちょっと金田朋子の字画で運勢とか見てたから、セレが気になってきた。』

「ちょ・・・。」

『いくわよ?』



天格 20 凶
 社交下手 薄幸 別離
  サービス奉仕業で成功してきました。
  働き者の女性を得ると繁栄するようです。

「あー、サービス業に向いてるってのは、なんとなく分かりますね・・・。」

『以外と、そういう面では人並みだしねぇ。』

「ていうか、社会下手で薄幸なんだ私・・・orz」



人格 13 吉
 円満 名声 人気
  丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。

「丸顔って、物理的にですか?」

『いや、知らないけど・・・。
 笑顔がさわやかかどうかはなんとも言えないけど、世話は好きかもしれないわね?
 寂しがり屋、寂しがり屋・・・?』

「あー、でも長期間一人っきりってのは、ダメかもw」



地格 24 吉
 柔軟性 順調 家庭運
  話し上手で、人に喜びを与えます。詩小説、絵、演劇が得意です。
  やりくり上手で、女性は結婚後幸福になります。

「あ、おしゃべりは大好きですね!
 上手かどうかは知らないけど!」

『詩とか小説に、絵に演劇かぁ・・・。
 絵以外はなんとかなるかしらね?』

「絵は、ちょっと一世紀くらい時代を先取りしちゃってますしね、私w
 演劇はあんまり経験無いですけど、幼稚園の時と小学校の時には主役をやってますねー。」

『主役をやった演目は?』

「小学校の時には、当時やってた何かの番組のキャラクターを元にしたオリジナルだったのかな?
 ヘビイチゴが甘くてすっぱいぞーとか、そんなテーマソングを歌った記憶があるなぁ。」

『まったく分からないわね・・・。
 幼稚園のは?』

「安寿と厨子王丸」

『・・・幼稚園よね・・・?』

「内容は覚えてないんですけどねw
 しかも、年齢で分かる通り、演劇が上手だから主役、とかじゃないですしね?
 たぶん、
 『一番元気いっぱいな子』
 とかそんな判断基準だったんじゃないかと・・・。」

『あー、それならセレかもしれないわね。
 無駄に元気ハツラツだし。』

「うしゃ、次の項目っ!」




外格 31 吉
 判断力 円満 社交性
  人からは、笑顔がさわやか、人なつっこく、誰とも気軽に交際、相談にのる、信頼抜群な人というように見られています。

「うん、確かに友人関係は良好だと、私は思ってますw
 相手がどう思ってるかはわからないですけどね!」

『でもまぁ、色々と相談に乗ったりはしてるでしょ?』

「相談って言うのかな、あれ・・・。
 『なー、俺のパソコンってさ、ソフト何はいってんの?』
 とかいきなり電話されたりはしますけどね?」

※この時の電話、話を聞いてみたらどうやらOSが何なのかを知りたかったらしいです。

『あるわねぇ・・・。』

「あー、でも、他にも色々ありますね、主に小学校の同級生ですけど。
 中学高校が別だったからその期間はほとんど逢ってなかったんですけど、それも私に相談しやすい原因かも?
 色々な現場を知らないから、あくまでも客観的には判断できますしねー。」

『ま、相談の乗る時には大事かもね?』

「私的には絶対条件ですぜb

 ていうかね、大体相談なんてのはどっちが悪いって話じゃないんですよね。
 『Aさんはこう思った。』
 『Bさんはこう思った。』
 『二人の意見が食い違うけど、どっちも自分が正しいと思ってる。』
 ってな状況ですよ。

 もう話も分かる大人なので、冷静に食い違いなんだってな話をしたらお互いに納得も出来るってもんです。
 ていうか本当はお互いに分かってるんでしょうけど、相談先の第三者に言われたらうまく収まるって感じですかね?
 たまたま、離しやすい位置に私が居る事が多いという・・・。」

『ま、そこは人徳なんじゃない?
 信用できない相手だったら、相談なんてされないでしょうし。』

「ですかねぇ・・・。

 あ、ラストだ!」




総格 44 凶
 自滅 考えすぎ
  几帳面でコツコツ努力。
  金儲けのアイデア豊富。
  周囲の人に福運とられ報われにくい。
  結婚後は健康金銭仕事順調、などの特徴があります。

「いきなり『自滅』って・・・?」

『几帳面では無いわね、たぶん。』

「紙を折る時とかそういう時には異常なまでに几帳面ですけどねw
 でも、使った後に道具を片付けなかったりとかあるから、全体的にはずぼらですねw」

『金儲けのアイデア豊富・・・。
 あー、確かにROではうまくやってるかもね?』

「いやー、エル姉いなかったら無理ですw
 いつもいつもありがとうtございまするー。」

『はいはい、どういたしまして・・・っと。
 で、周囲のヒトに福運取られて・・・かぁ。
 どうなのかしらね?』

「どうなんですかねー。
 とりあえず、そんな覚えは無いですけどね。

 あ、二人で一緒に買ったカードゲーム(スクランブルギャザーっていうスパロボのカードゲーム)のパック!
 相手に先に選ばせたらそっちにいいカード入ってた事はあった、それか!?」

『いや、ここに書いてあるのってそんな小事じゃないんじゃないかしらね・・・。』

「ふむー?
 まぁ、思い当たらないからまだ吸われて無いって事ですかね!」

『まぁ、本人がそう思ってるんなら問題無いんじゃないかしらね?』

「で、最後、結婚後には仕事も健康もお金も順調か~。
 ヤッタネ♪」

『結婚出来るかどうかがネックね。』

「・・・そんな、いきなり現実に落とすなんて・・・orz」

『それがわたしの仕事だし?
 ま、たぶん大丈夫よ、根拠はまったく無いけど。』

「望み薄っ!?」

『でもまぁ、思ってたよりも当たってるわねぇ・・・。』

「ですねぇ・・・。」

『あ、やってみるなら、ここで出来るから。

画数と良運 赤ちゃんの命名・名付

 ちなみに初期で入ってるのは、金田朋子嬢(最終兵器)のデータね。
 とんでもない名前ね、もちろん良い意味で・・・。』

「ですねー。
 オールマイティに高スペックですもんねw

 よっしゃ、ここまでー!」

『あ、じゃあ最後に。

 お誕生日おめでとう、セレ。』

「・・・・・・。

 あ、今日私の誕生日だ!
 ありがとー。

 いやー、やっぱり持つべきはお姉ちゃんですね!」

『家族は何人が覚えてるのかしらね?
 私、誰も覚えてないに1票。』

「・・・・・いやー・・・。
 やっぱり、。持つべきものは、お姉ちゃん・・・ですよね・・・orz」


ハッピーバースデー私♪
セレインさんの個人情報(ぇ
セレイン=メネス

セレイン=メネス

Author:セレイン=メネス
ラグナロクオンライン、Fenrirサーバーで活動中。
コメントとかもらえると嬉しいですが、ウィルスページにリンクするのはやめようね!

可愛い過ぎて鼻血必至なこの絵はフラウスさんに描いて頂きました。
ヒャッホーーーウ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
全力で応援中!
RO簡易時給計算機5.10 10.11.25 3次職追加Ver (by Shisen様)

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。